2023.08.16

・#AI

AIの導入費用の相場は?失敗しないためのポイントもあわせてご紹介

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
AIの導入費用の相場は?失敗しないためのポイントもあわせてご紹介

目次

AI開発の導入費用

h2下の画像

AI開発の導入費用について、以下の2点を紹介します。

  • AI開発費の算出方法
  • AI作成・開発費用は「人件費+諸経費」、人件費は「人月×人月単価×期間」

AI開発費の算出方法

AI技術の導入は、事業を進める上での大きな要因となり得ます。

しかし、この導入費用の計算は簡単ではないのが現状です。

算出の際は、全体の構築コストと、それに伴う各種経費の合計と考えると良いでしょう。

AI作成・開発費用は「人件費+諸経費」、人件費は「人月×人月単価×期間」

AIの構築において、主な出費は「人の働き」に関連するものです。

この「人の働き」とは、専門家たちの労働時間を指します。

例として、一名の専門家が一か月かかって開発する場合の費用や、複数の専門家が数か月かけて行う場合の費用など、様々なケースが考えられます。

加えて、開発ツールやライセンス料などの諸経費も忘れずに計上する必要があります。

AI開発の流れと各費用

h2下の画像

AI開発の流れと各費用は、以下の通りです。

  • AI開発の各費用の参考
  • ヒアリング、見積り:無料
  • コンサルティング、要件定義:月額60万~200万円
  • AI化の可能性チェック:約40万~100万円
  • プロトタイプ作成(PoC):100万円以上
  • モデル開発、チューニング:月額80万~300万円×人月
  • システム実装:月額50万~200万円×人月
  • 運用保守:月額60万円〜200万円前後×人月

AI開発の各費用の参考

AI技術の導入は、いくつかの工程を経て行われます。

ここでは、それぞれの工程でかかるおおよその金額の参考値を示します。

紹介する費用は一般的な値であり、プロジェクトの規模や要求により大きく異なることもあり得ますので、具体的な金額は別途専門家に確認することをおすすめします。

ヒアリング、見積り:無料

最初のステップは、事業の目的や要望を詳しく聞き取るヒアリングです。

この段階では、多くの企業や専門家が費用を取らないケースが多いです。

これは、お互いの期待値を明確にし、適切な提案を行うための重要な工程となります。

コンサルティング、要件定義:月額60万~200万円

このフェーズで行うのは、AI技術の活用方法や必要なリソースについての詳細な話し合いです。

具体的な計画や範囲、そしてそれに伴う費用の見積もりが出されます。

例として、大規模な事業では費用が増える傾向にあります。

AI化の可能性チェック:約40万~100万円

事業の目的や要件に基づき、AI技術を取り入れることが適切かどうかを確認するステップです。

これには、初期のデータ分析やリサーチが含まれます。

プロトタイプ作成(PoC):100万円以上

実際のデータを使用して、簡易的なAIモデルの作成を行います。

これにより、AIの導入が事業にどれだけの効果をもたらすかを確認できます。

モデル開発、チューニング:月額80万~300万円×人月

AIの性能を最大限に引き出すため、詳細なモデルの調整や最適化を行います。

この工程では、専門家の労働時間が多くかかります。

システム実装:月額50万~200万円×人月

実際のシステムやアプリケーションにAI技術を組み込む工程です。

インフラやツールの導入費用も考慮する必要があります。

運用保守:月額60万円〜200万円前後×人月

AIシステムの運用開始後、継続的な監視やメンテナンスが必要となります。

これには、不具合の対応や性能向上のための調整などが含まれます。

AI導入費用の相場

h2下の画像

AI導入費用の相場は、以下の通りです。

  • 需要予測システム
  • 画像認識・外観検査システム
  • 音声認識・議事録作成システム
  • チャットボット作成

需要予測システム

AIの需要予測は、ビジネス戦略の基盤となるものです。

企業は、このシステムによって、商品の在庫管理や販売予測を行います。

相場は、プロジェクトの複雑さや要件に応じて変わりますが、大体数十万から数百万円程度と言われています。

例として、小売業者がピーク時の商品需要を予測する場合などが挙げられます。

画像認識・外観検査システム

画像の分析を行うAIは、製造業などでの欠陥検出や、品質管理に活用されています。

この技術の費用も、取り組む課題や精度によりますが、数百万から数千万円と考えられます。

製品の品質を確保するための工場での使用例が考えられます。

音声認識・議事録作成システム

会議やセミナーでの発言を文字に変換する技術は、多くの企業で導入が進んでいます。

システムの導入費用は、要件や品質に応じて数十万から数百万円程度が一般的です。

講演会での発言内容をリアルタイムで文字に起こす用途などが存在します。

チャットボット作成

企業のカスタマーサポートやFAQ対応を効率化するためのツールとして、チャットボットが注目されています。

導入費用は、ボットの機能や対応範囲によりますが、数万から数百万円程度が相場です。

企業の公式サイトでの問い合わせ対応として活用されることが多いです。

AI導入の事例

h2下の画像

AI導入の事例は、以下の通りです。

  • 自動車の自動運転技術
  • お掃除ロボット
  • Google翻訳
  • 工場などの不良品検知

自動車の自動運転技術

自動車産業では、自動運転技術の研究が進められています。

多くの自動車メーカーが、安全性や効率性を追求するための技術を導入しています。

お掃除ロボット

家庭用のロボット技術も進化を続けています。

特に、お掃除ロボットは、自動で部屋の清掃を行う技術を持っており、多くの家庭で利用されています。

Google翻訳

通訳ツールとして、Google翻訳は、複数の言語を瞬時に変換する力を持っています。

観光やビジネスの場面で、このツールの力を借りることが多くなっています。

工場などの不良品検知

製造業での品質管理のため、AIを活用した不良品の検出が行われています。

高精度なカメラやセンサーを組み合わせ、生産ライン上での欠陥をリアルタイムで検知する技術が導入されています。

AI開発で失敗しないための3つのポイント

h2下の画像

AI開発で失敗しないための3つのポイントは、以下の通りです。

  • 課題や目的を明確にする
  • コストや予算をしっかりと算定しておく
  • 開発会社との協力

課題や目的を明確にする

AI導入の最初のステップは、目指す方向性をはっきりさせることです。

具体的な課題を理解し、AIを使って何を達成したいのかを明確にします。

例えば、業績予測を正確に行いたい、顧客対応を自動化したいなどの具体的な目標が考えられます。

コストや予算をしっかりと算定しておく

投資対効果を最大化するため、必要な費用と期待されるリターンを正確に把握しておくことが重要です。

事前に開発や運用にかかる費用を算出し、その上でのROIを試算します。

開発会社との協力

専門家や外部の開発企業との連携が求められます。

信頼できるパートナーを選ぶことで、品質の高いAIシステムを構築できます。

実績や経験を持った会社との提携は、成功への道のりを確実にします。

AI開発の導入費用を安くする4つのポイント

h2下の画像

AI開発の導入費用を安くする4つのポイントは、以下の通りです。

  • 国の補助金制度を活用する
  • 必要な機能や目的を決めておく
  • SaaSを導入を検討する
  • アジャイル開発を取り入れてスモールスタートで始める

国の補助金制度を活用する

政府や自治体は、AI技術の導入を促進するための補助制度を提供しています。

これらの制度を利用することで、初期費用を抑えることが可能です。

必要な機能や目的を決めておく

不必要な機能を削減することで、開発費用を抑えることができます。

必要な機能だけをピックアップして、シンプルなシステムを構築します。

SaaSを導入を検討する

SaaS型のAIツールは、初期投資が少なく、月額制での利用が可能です。

特別なカスタマイズが不要な場合は、この方法を選ぶことで、費用を抑えられます。

アジャイル開発を取り入れてスモールスタートで始める

大規模な開発ではなく、小さく始めて段階的に拡張していく手法を取り入れます。

これにより、初期の失敗を最小限にし、効率的にシステムを構築することができます。

AI開発会社を選ぶ5つのポイント

h2下の画像

AI開発会社を選ぶ5つのポイントは、以下の通りです。

  • 要望に沿った開発実績はあるか
  • 開発以外のサポートの充実
  • 課題や問題点を明確にしておく
  • 予算を明確化し必要なコストを割り出しておく
  • 複数の会社への相見積もりで判断する

要望に沿った開発実績はあるか

AIを導入する際、その企業の過去の業績を確認することが必要です。

例として、流通業界のAI導入を検討している場合、同じ業界での取り組みがあるかを問い合わせます。

開発以外のサポートの充実

技術の導入だけでなく、後の運用やメンテナンスも重要です。

教育やサポート体制の有無をチェックし、長期的なパートナーシップを目指します。

課題や問題点を明確にしておく

自社の問題点や目的を明確に理解し、開発会社に伝えることが大切です。

そうすることで、的確な提案がもらえます。

予算を明確化し必要なコストを割り出しておく

コスト面の透明性は、トラブルを避けるための鍵です。

初めから費用の上限や必要な資金を明らかにし、それに沿った提案を受け取ります。

複数の会社への相見積もりで判断する

一つの企業だけでなく、複数の会社から情報を収集します。

それにより、最適なサービスや価格を見極めることができます。

AI開発は慎重に計画しよう!

h2下の画像

AI技術の導入は、革命的な成果をもたらす可能性があります。

しかし、計画なく導入すると、期待した結果が得られないことも多いです。

よく考え、計画的に進めることで、成功の確率を上げることができます。

あなたの目的に合うAI開発企業の紹介

h2下の画像

多数のAI専門企業が存在していますが、それぞれの強みや特色が異なります。

自社のニーズや要望に合わせて、ベストなパートナーを見つけることが大切です。

例えば、製造業向けのAIを強みとする企業や、サービス業に特化した企業など、目的に応じて選ぶことがポイントとなります。

よくある質問

h2下の画像
よくある質問は、以下の通りです。
  • AI開発の期間はどれくらい?
  • AI開発の工程はどれだけあるの?
  • AI導入の費用相場はいくら?
  • AI導入費用を抑える方法は?
  • AI開発で成功するためには?

AI開発の期間はどれくらい?

AIの開発期間はプロジェクトの複雑さや要件によります。

小さなタスクであれば数週間、大規模なものでは数か月から一年以上となる場合もあります。

具体的な例として、簡易的なチャットボットの構築では1ヶ月程度、複雑な画像認識システムでは半年以上の期間がかかることが多いです。

AI開発の工程はどれだけあるの?

AIの開発には、いくつかの段階が含まれます。

データ収集、前処理、モデル選択、学習、テスト、実装などが主な工程として挙げられます。

各工程において時間や労力が異なり、プロジェクトの内容によっては特定の工程に重点を置くこともあります。

AI導入の費用相場はいくら?

AIの導入費用も、プロジェクトの規模や複雑さに応じて変動します。

一般的な範囲として、数十万円から数千万円の間が多いです。

大手企業での大規模導入の場合、さらに高額となることも考えられます。

AI導入費用を抑える方法は?

AIの導入費用を抑えるためには、以下のような方法が考えられます。

  1. 既存のオープンソースツールを活用する
  2. 専門家ではない内部スタッフを研修して活用する
  3. 小規模での試験導入を行い、段階的に拡大する

AI開発で成功するためには?

AIを成功させるためには、明確な目標設定や十分なデータ収集が重要です。

また、開発後のフォローアップや継続的な学習・更新も必要となります。

最後に、ステークホルダーとのコミュニケーションを密に取り、期待値や目的を共有することも大切です。

まとめ

h2下の画像

AI開発の導入に関して、費用は「人件費+諸経費」として算出が可能です。

具体的な費用はプロジェクトの内容や段階により異なり、ヒアリングや見積りは無料で行える一方で、モデル開発やシステム実装は月額の人月単価がかかります。

導入費用の相場は、導入するAI技術の種類によって大きく変動します。

実際の事例として、自動車の自動運転技術やお掃除ロボットなどが挙げられます。

AI開発の成功のためには、課題や目的の明確化、予算の算定、開発会社との協力が必要です。

また、費用を抑える方法として、国の補助金制度の活用やSaaSの導入、アジャイル開発の採用が考えられます。

開発会社を選ぶ際には、開発実績やサポート体制、予算の明確化などがポイントとなります。

AI開発は計画的に進めることが重要であり、多くの質問や疑問が存在するため、慎重な検討が求められます。