2023.09.04

・#AI

GPT-4とは?料金体系や使い方、GPT3.5との違いを徹底解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
GPT-4とは?料金体系や使い方、GPT3.5との違いを徹底解説

目次

GPT-4とは

h2下の画像

GPT-4は、Open AIが開発した最新の自然言語処理モデルです。

このモデルは、言語理解と生成の能力を飛躍的に向上させ、さまざまなタスクにおいて優れたパフォーマンスを発揮します。

GPT-4は、テキスト生成、質問応答、文章要約、言語翻訳など、多岐にわたる自然言語処理タスクに利用できます。

その優れた汎用性と高度な言語理解能力により、幅広い分野で活用されています。

GPT-4とGPT-3.5の違い

GPT-4とGPT-3.5の主な違いは下記の通りです。

GPT-3.5GPT-4
賢さ司法試験下位10%司法試験上位10%
情報2021年9月まで2021年9月まで
回数制限なしあり(3時間に40メッセージ)
入力データテキストテキスト、画像
最大トークン数4,096トークン32,768トークン
料金無料月額20ドル
OpenAI公式サイトを元に作成

性能向上

GPT-4は、GPT-3.5に比べて言語処理の性能が向上しています。

これは、文脈理解、文章生成、質問応答などのタスクにおいて、より高度な結果を提供します。

GPT-4は、文脈をより正確に理解し、より自然な文章を生成できます。

大規模なトレーニングデータ

GPT-4は、より多くのトレーニングデータを利用して訓練されています。

この豊富なデータセットにより、GPT-4は多岐にわたるトピックや言語に対応でき、より幅広い知識を持っています。

長文の生成

GPT-4は、長文の生成においても優れた性能を発揮します。

文章の連続性を保ちながら、GPT-4はより長い文章を生成できます。

これは、文章要約や長文の生成が必要なタスクにおいて特に有用です。

対話の流暢さ

対話型アプリケーションにおいて、GPT-4は対話の流れをより自然に維持する能力が向上しています。

ユーザーとのコミュニケーションがより滑らかになり、チャットボットや仮想アシスタントなどの応用分野で優れたパフォーマンスを発揮します。

これらの違いにより、GPT-4はGPT-3.5に比べてより高度な自然言語処理能力を提供し、幅広いアプリケーションで優れた成果をもたらします。

GPT-4の料金

h2下の画像

GPT-4を利用するためには、ChatGPT Plusという有料プランを契約する必要があります。

ChatGPT Plusは、月額20ドル(2023年12月時点で約2,900円)で利用することができます。

引用元:OpenAI

ChatGPT Plusの登録方法

h2下の画像

ChatGPT Plusの登録は、以下の手順で行います。

  1. 画面左下の「Upgrade plan」をクリックする
  2. 「Upgrade plan」ボタンをクリックする
  3. カード情報を入力し、「申し込む」ボタンをクリックする

画面左下の「Upgrade plan」をクリックする

「Upgrade plan」ボタンをクリックする

カード情報を入力し、「申し込む」ボタンをクリックする

GPT-4の無料オプションと制限

h2下の画像

GPT-4の無料オプションと制限は、以下の通りです。

  • 無料プランの制限
  • トライアル期間

無料プランの制限

GPT-4では、無料の利用オプションが提供されていますが、一定の制限が設けられています。

無料プランではテキスト生成や質問応答などが利用可能ですが、月間のAPIコール数に制限があります。

小規模な個人プロジェクトやテストに適している一方で、商用利用や大規模なプロジェクトには有料プランの検討が必要です。

トライアル期間

ChatGPT Plusは、友達紹介機能により、被紹介者は14日間無料でChatGPT Plusを利用することができます。

紹介者の紹介コードからChatGPTにサインインすることで、無料トライアルを受けることができます。

ただし、紹介できるのは3人までですので、注意して紹介するようにしましょう。

ChatGPTの有料版と無料版の違いについては、下記の記事で詳しく解説しています。

GPT-4の料金と競合サービスの比較

h2下の画像

GPT-4の料金と競合サービスの比較は以下の通りです。

  • Bing AI
  • IBM Watson

Bing AI

引用元:Microsoft Bing

Bing AIは、Microsoftが提供する自然言語処理サービスで、Microsoftエコシステムとの連携が得意です。

Bing AIを利用することで、カスタムモデルの構築や特定の業界に合わせた自然言語処理を実施できます。

料金は無料で、アカウント登録する必要もないため、気軽に利用できる点が特徴的です。

しかし、ログインしている場合は1日300回利用できるのに対し、ログインしていない場合では1日5回しか利用できず、画像生成機能もログインしていないと利用できない点には注意が必要です。

IBM Watson

引用元:IBM Watson

IBM Watsonは、IBM社が提供するビジネスに特化したAIおよびデータ・プラットフォームです。

IBM WatsonもGPT-4と同様に自然言語処理に関する機能を提供しており、電話やWebチャットへの導入が可能です。

どちらのサービスが自分のプロジェクトやニーズに適しているかを比較検討し、最適な選択を行うことが重要です。

GPT-4の今後の展望

h2下の画像

GPT-4料金の今後の展望は以下の通りです。

  • 予想される値下げ
  • 新プランの可能性

予想される値下げ

技術の進化や市場競争の影響により、将来的にGPT-4の料金が下がる可能性があります。

新しいモデルの導入や競合サービスの登場によって、料金がよりアクセスしやすくなる可能性も考えられます。

新プランの可能性

GPT-4の料金体系は今後も変化する可能性があります。

利用者のニーズに合わせた新しいプランやオプションが追加されることで、より多様な利用スタイルに対応することが期待されます。

まとめ

h2下の画像

GPT-4を利用するためにはChatGPT Plusを契約する必要があり、ChatGPT Plusは月額20ドルで契約することができます。

また、トライアル期間も提供されており、GPT‐4を利用するか否かの判断をすることが可能です。

一方で、その高い性能とコストのバランスについても言及しました。

課金することで得られるメリットとして、高度な自然言語処理とカスタマイズの可能性があります。

料金以外のコストとしてはセットアップ時間や維持管理の手間があり、料金の今後に関しては値下げの予想と新プランの可能性についても展望されています。

GPT-4の料金体系や、利用する規模や機能を考慮してプランを選定することが必要です。