2023.05.25

・#新規事業

コーポレートサイト制作の費用相場と費用を抑える方法・制作会社を紹介

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
コーポレートサイト制作の費用相場と費用を抑える方法・制作会社を紹介

目次

コーポレートサイトとは?役割を解説

h2下の画像

コーポレートサイトとは、企業の情報を発信するためのWebサイトのことです。

企業が自社情報を発信する場として企業の顔として、また顧客や投資家など外部に向けてアピールする場として、重要な役割を果たします。

コーポレートサイト制作のメリット

h2下の画像

コーポレートサイトを制作することには以下のようなメリットがあります。

  • 自社のサービス・商品の発信やブランディングに役立つ
  • 優秀な人材に自社の魅力を伝えられる
  • 取引先からの信頼を得やすい

自社のサービス・商品の発信やブランディングに役立つ

コーポレートサイトを制作することには、多くのメリットがあります。

まず、自社のサービス・商品を発信することができ、潜在顧客にアプローチすることができます。
また、自社のブランディングにも役立ちます。企業の理念やビジョンを掲載することで、自社のイメージを向上させ、顧客からの信頼を高めることができます。

優秀な人材に自社の魅力を伝えられる

コーポレートサイトは、求人情報を掲載することもできます。

優秀な人材を募集するために、自社の魅力を伝えることが重要です。
コーポレートサイトには、企業の文化や価値観、福利厚生などを紹介することで、優秀な人材にアピールすることができます。

取引先からの信頼を得やすい

コーポレートサイトは、取引先からの信頼を得やすい手段の一つです。

企業情報を公開することで、企業の信頼性を高めることができます。
また、事業内容や業績などの情報を提供することで、取引先との信頼関係を深めることができます。

以上のように、コーポレートサイトの制作には、多くのメリットがあります。
企業の情報を発信し、自社の魅力をアピールすることで、潜在顧客や優秀な人材の獲得につながります。

また、取引先からの信頼を得ることもできます。

優れたコーポレートサイトの特徴3選

h2下の画像

優れたコーポレートサイトには、以下のような特徴があります。

  • 必要な情報へ直ぐにアクセスできる
  • ターゲット層が明確
  • デザインやレイアウトがわかりやすい

必要な情報へ直ぐにアクセスできる

優れた企業ウェブサイトには、必要な情報に直ぐにアクセスできるようになっています。
例えば、会社の概要、製品やサービスの詳細、採用情報、IR情報など、訪問者が求める情報に素早くアクセスすることが可能です。

また、ウェブサイト内でのナビゲーションがわかりやすく整理されていることも重要です。

ナビゲーションメニューに必要な項目をすぐに見つけられるようにすることで、訪問者は簡単に目的の情報を見つけ出すことができるでしょう。

ターゲット層が明確

優れた企業ウェブサイトは、ターゲット層が明確に設定されています。

訪問者が自分たちにとって価値がある情報を見つけることができるように、企業はサイトの内容やデザインをターゲット層に合わせてカスタマイズすることが重要です。

例えば、製品を販売する企業のウェブサイトは、その製品を購入するために必要な情報を提供する必要があります。
また、求人情報を掲載する企業のウェブサイトは、採用情報を見つけやすくすることが重要です。

デザインやレイアウトがわかりやすい

優れた企業ウェブサイトは、訪問者が簡単に情報を見つけることができるように、わかりやすいデザインやレイアウトを採用しています。

例えば、フォントや色使いが適切であること、余白を適切に設けていることなどが挙げられます。

また、ウェブサイトのデザインやレイアウトは、企業のブランドイメージに合わせて作られていることが多いです。

このようにすることで、訪問者はウェブサイトを見ただけで、その企業のイメージや価値観を理解することができるでしょう。

以上が、優れた企業ウェブサイトの特徴となります。

コーポレートサイト制作の費用相場と内訳

h2下の画像

コーポレートサイト制作について、以下の2点を解説します。

  • 費用相場
  • 費用内訳

費用相場

コーポレートサイト制作の費用相場は、制作するサイトの規模や機能、デザインなどによって大きく異なります。
一般的には、一から開発する場合では200万円〜、大規模なサイトであれば300万円を超えることもあります。

ノーコード開発などの、テンプレートを活かした開発の場合では、100万円〜コーポレートサイトを制作する事が可能です。

極端に安価な制作費用で制作されたサイトは、デザインや機能性に乏しく、企業のイメージアップには繋がらない場合があります。

また、コーポレートサイトの制作費用には、外注費用やシステム導入費用など、制作以外にかかる費用も含まれます。

これらを含めた総費用を計算することが重要です。

費用内訳

コーポレートサイトの制作費用には、初期費用と運用費用があります。

初期費用には、サイトの企画・デザイン・コーディング・システム構築など、サイトを制作するために必要な一連の工程にかかる費用が含まれます。
また、ドメイン取得費用やサーバー代など、サイトの運用に必要な費用も初期費用に含まれます。

初期費用の割合は、サイトの規模や機能、デザインなどによって異なりますが、全体の6割程度を占めることが多いようです。

一方、運用費用には、サイトのメンテナンスや更新作業、広告宣伝費用など、サイトを運用するために必要な費用が含まれます。
運用費用は、初期費用に比べて低く抑えられる傾向にありますが、長期的に見ると大きな負担になることがあるため、事前に計画を立てておくことが重要です。

以上のように、コーポレートサイトの制作費用には、初期費用と運用費用があり、それぞれの内訳を理解することが、費用の見積もりや管理につながります。

制作するサイトの規模や機能に応じて、費用相場や内訳を把握し、効果的なサイト制作を行いましょう。

コーポレートサイト制作会社の選び方

h2下の画像

コーポレートサイト制作会社の選び方は、以下の通りです。

  • サイト作成の目的・ターゲットを明確化する
  • お見積りを取り、料金相場と比較する
  • 開設後・リニューアルについてサポート体制を確認する
  • サイトの更新やページ追加を自社で行えるか確認する

サイト作成の目的・ターゲットを明確化する

まずは、サイト作成の目的やターゲットを明確化しましょう。
自社のビジネスモデルやアイデンティティに合ったサイトを制作するためには、その目的やターゲットを制作会社に伝えることが必要です。
制作会社によって得意分野や得意なターゲット層が異なるため、自社に合った制作会社を選ぶことが重要です。

お見積りを取り、料金相場と比較する

次に、制作会社の料金について調べましょう。
複数の制作会社からお見積りを取り、料金相場を調べることで、適正価格を把握することができます。
ただし、料金だけで制作会社を選ぶのは危険です。
制作会社の実績や信頼性、サポート体制なども確認しましょう。
開設後・リニューアルについてサポート体制を確認する
サイト制作後には、開設後やリニューアルに関するサポートが必要となることがあります。

そのため、制作会社のサポート体制についても確認しておくことが重要です。
サポート体制が充実している制作会社を選ぶことで、トラブルが発生した際にも迅速に対応することができます。

サイトの更新やページ追加を自社で行えるか確認する

最後に、サイトの更新やページ追加について、自社で行えるか確認しましょう。

更新やページ追加が必要になった場合、制作会社に依頼することもできますが、自社で対応できるとコスト削減につながります。

そのため、CMS(コンテンツ管理システム)など、自社で更新作業がしやすいシステムを導入している制作会社を選ぶことが望ましいです。

コーポレートサイトに掲載すべき項目

h2下の画像

コーポレートサイトに掲載すべき項目は、以下の通りです。

  • 会社概要
  • 会社の住所・電話番号
  • 社員紹介
  • 採用情報
  • 製品・サービスの紹介
  • 株主・投資家向けの情報
  • お客様の声
  • お問い合わせフォーム
  • 実績

会社概要
会社概要は、会社についての概要を紹介する項目です。
この項目には、会社の設立背景や経営理念、事業内容、企業の強み、実績などが含まれます。
会社概要は、訪問者にとって会社を知る最初の情報となるため、簡潔で分かりやすく記述することが重要です。


会社概要の例:

弊社は、0000年に設立され、〇〇を事業の柱としています。
弊社の経営理念は、〇〇であり、〇〇に取り組んでいます。
また、〇〇において〇〇を実現しており、〇〇などの実績を持ちます。

加えて、以下の情報を含めることが一般的です。

  • 会社名
  • 設立日
  • 本社所在地
  • 事業内容
  • 代表取締役
  • 従業員数
  • 資本金
  • 売上高
  • 主要取引先
  • 関連会社
  • 公式サイトのURL

会社の住所・電話番号

会社の住所・電話番号は、訪問者が会社にアクセスするために必要な情報です。
この項目には、会社の所在地、最寄り駅やアクセス方法、電話番号、FAX番号、Eメールアドレスなどが含まれています。
また、地図やアクセス方法の説明を掲載することで、訪問者が会社に来る際の参考になるので大切です。

会社の住所・電話番号の例:
〒〇〇〇-〇〇〇〇
東京都〇〇区〇〇町〇〇
アクセス方法:〇〇駅〇〇口より徒歩3分
TEL:03-0000-0000
FAX:03-0000-0001
E-mail:info@example.com
社員紹介
コーポレートサイトに掲載するべき項目の一つに「社員紹介」があります。
社員紹介は、企業の信頼性向上やブランドイメージの形成に大きく寄与するとされており、企業の理念や文化、雰囲気などが伝わる重要な場所です。
以下の情報を含めることが一般的です。

  • 社員の名前、役職、写真
  • 社員のプロフィール(経歴や業務内容など)
  • 社員の趣味や特技などプライベートな情報
  • 社員が思う「企業の魅力」や「仕事のやりがい」などのコメント

ただし、社員紹介のページを作成する際には、以下の点にも注意する必要があります。

  • 社員のプライバシーや個人情報の保護
  • 社員の写真やコメントの取得にあたっては、事前に許可を得ること

これらの情報を通じて、社員紹介ページを活用し、企業の魅力や文化を伝えることができます。

採用情報

採用情報は、企業の成長に欠かせないものです。
コーポレートサイトには、求人情報や採用に関する情報を掲載することが重要です。
具体的には、以下のような情報が挙げられます。

採用情報の概要

  • 採用方針
  • 応募方法
  • インターンシップ情報
  • 新卒採用情報
  • 中途採用情報
  • 福利厚生

これらの情報を掲載することで、企業の魅力をアピールし、優秀な人材を採用することができます。

製品・サービスの紹介

製品・サービスの紹介は、顧客獲得に欠かせないものです。
コーポレートサイトには、製品やサービスに関する情報を掲載することが重要です。

具体的には、以下のような情報が挙げられます。

  • 製品・サービスの概要
  • 特長や特徴
  • 使い方や活用方法
  • 価格や料金
  • お客様の声
  • キャンペーン情報

これらの情報を掲載することで、顧客のニーズに合わせた製品やサービスを提供し、顧客満足度の向上につなげることができます。

株主・投資家向けの情報

株主・投資家向けの情報とは、企業の経営状況や財務状況、株主優待などの情報を提供することで、株主や投資家に企業価値を正確に理解してもらうことを目的としています。

具体的には以下のような情報が掲載されることが多いです。

  • 決算短信・有価証券報告書・中間報告書などの財務情報
  • 経営方針・事業戦略・投資計画などの経営情報
  • 株主総会の開催情報・議決結果・決算説明会などのIRイベント情報
  • 株主優待の案内
  • 投資家向けのIR資料のダウンロード

これらの情報は、株主や投資家だけでなく、社外の人々も閲覧できるように公開されることが多いです。
そのため、情報の正確性や適時性は非常に重要です。
また、企業の透明性を高めるためにも、積極的に情報開示を行うことが求められます。

お客様の声

企業が保有するコーポレートサイトには、顧客やパートナー、株主などが訪れた際に、必要な情報を提供する必要があります。
特に、お客様の声とお問い合わせフォームは、企業が信頼を築く上で欠かせない要素となります。

お客様の声とは、製品やサービスを実際に利用した顧客からのフィードバックです。

お客様がどのような製品やサービスを求めているのか、また、実際に利用した際の感想や改善点などを知ることができます。
これらの情報は、企業が製品やサービスの改善につなげることができます。

また、お客様の声を公開することで、企業の透明性や信頼性が高まります。
ただし、掲載する際には、個人情報保護法に基づき、顧客の同意を得る必要があります。
また、お客様の声を掲載する場合は、偽りのないように注意が必要です。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームは、お客様からの問い合わせや要望を受け付けるためのものです。

企業側は、お問い合わせフォームを通じて、お客様からのフィードバックや要望を収集し、改善につなげることができます。

お問い合わせフォームを設置する際には、以下の点に注意する必要があります。

  • 入力項目は必要最小限に留める
  • 送信完了メッセージを表示する
  • 運営側からの返信を行う場合は、適切な期間内に行う

また、お問い合わせフォームを設置することで、お客様とのコミュニケーションがスムーズになります。

しかし、返信が遅れたり、内容に誤りがあると、お客様からの信頼を損ねることになるので、迅速で正確な対応が求められます。

以上のように、お客様の声とお問い合わせフォームは、企業が顧客と信頼関係を築く上で重要な要素です。

実績

企業のコーポレートサイトに掲載すべき項目の1つに、「実績」が挙げられます。

これは、過去に企業が行った実績や成果をまとめたものであり、信頼性の高い企業であることをアピールすることができます。

以下に、実績の掲載についてのポイントを紹介します。

  • 実績は数値化することが望ましいです。
  • 受賞した賞や認証、特許なども実績として掲載することができます。

例えば、建設業界の企業があったとします。

その企業の実績として、「過去10年間において、総工事費用が100億円を超えるプロジェクトを10件以上手掛けています」といった内容を掲載することで、その企業が大規模なプロジェクトを手掛けることができる実力があることをアピールすることができます。

また、この実績を見たお客様が、この企業に大型プロジェクトの依頼をしようと考える可能性が高まります。

実績を掲載することで、企業の信頼性を高め、お客様にアピールすることができます。

ただし、虚偽の実績を掲載することは大変危険であり、結果的に企業の信頼性を損なうことになりかねません。

実績の掲載にあたっては、正確な情報を掲載することが大切です。

コーポレートサイトのデザイン事例4選

h2下の画像

コーポレートサイトのデザインの事例を、以下の4つ紹介します。

  • 任天堂
  • ユニクロ
  • 株式会社デンソー
  • 電通

任天堂

(引用:任天堂 2023年3月27日時点)

任天堂株式会社のコーポレートサイトでは、ブランドカラーである赤をキーカラーとして使用しています。

トップページは発売中や発売予定のゲームソフトの画像でカラフルになっているため、サイト自体の色味は抑えています。

サイトの色味を抑えることで、ゲームの紹介が引き立ち、訪問者に心地よい印象を与えています。

ユニクロ

(引用:ユニクロ 2023年3月27日時点)

株式会社ユニクロのトップページは、洗練されたデザインが印象的で、ユーザーの目を引きつけます。

インタビューやコラボ商品の詳細記事、不定期に更新される雑誌の発行など、訪問者の好奇心をくすぐる工夫がなされています。

このコンテンツは常に最新のもので、トップページには新しいインタビューやビデオ、コラボレーションが大きく掲載されています。

オンラインストアでは、購入者の評価が星で表示され、どの商品が人気なのかが一目でわかるようになっています。

株式会社デンソー

(引用:デンソー 2023年3月27日現在)

株式会社デンソーは、自動車の技術、システム、製品を世界中に提供するグローバルな自動車部品メーカーです。

サイトのトップページはもちろん、スクロールする画像や印象的なキャッチコピーで、見る人の心を掴んでいます。

デザインは、一目で企業イメージが伝わるよう、日常を意識した温かみのある画像を前面に配置し、配色は白をベースにブランドカラーである赤をアクセントとして使用しています。

株式会社デンソーは、品質、技術、利便性を重視し、お客様の購買意欲を高める製品を提供しています。

ウェブサイトは、ユーザーフレンドリーでナビゲートしやすいデザインであると同時に、赤をメインカラーとした鮮やかな色彩で構成されています。

電通

(引用:電通 2023年3月27日現在)

コーポレートサイトのトップページには、横の動きをふんだんに取り入れたアニメーションを採用しました。

イラストは使用していませんが、横の動きが自然に鉄道をイメージさせます。

アニメーションにはさまざまな色が使われていますが、落ち着いた色を使うことで、ごちゃごちゃした印象を与えず、落ち着いた雰囲気のアニメーションを引き立てています。

トップページをスクロールすると、アニメーションに合わせて最新情報や社員紹介が表示され、文脈がわかるようになっています。

また、最新情報の詳細な画像やテキストを折り返しの下に隠すことで、具体的な内容を読む前に自分なりの印象を持つことができるなど、情報量のバランスにも配慮したデザインになっています。

コーポレートサイトは自社で制作できる?依頼した方がいいケースも解説

h2下の画像

コーポレートサイトの制作には、自社で制作する方法と、制作会社に依頼する方法がありますが、どちらがよいのでしょうか?

  • 自社で制作したほうがいいケース
  • 制作会社に依頼したほうがいいケース

自社で制作したほうがいいケース

企業にWebデザインやプログラミングの技術がある場合は、自社で制作することができます。

特に、運用や保守に必要な技術が揃っている場合は、外部に依頼する必要はありません。

自社で制作する場合のメリットを見てみましょう。

費用を抑えられる

制作会社に依頼する場合、制作費が発生しますが、自社で制作する場合はその費用を抑えることができます。

柔軟性が高い

自社で制作する場合、細かな変更や修正をすぐに反映させることができます。

内部の人間が把握しやすい

自社で制作する場合、サイトの構造や内容を把握している人が制作するため、問題点や改善点を見つけやすく、対応もスムーズに行えます。

制作会社に依頼したほうがいいケース

一方、制作会社に依頼したほうが適しているケースもあります。以下にその例を挙げます。

技術力がない場合

Webデザインやプログラミングの技術が不十分な場合は、外部の制作会社に依頼することが必要です。

ブランドイメージの向上を図りたい場合

制作会社には、多数の実績があり、高品質なWebサイトを制作することができます。

自社で制作する場合と制作会社に依頼する場合、それぞれにメリットやデメリットがあるため、状況に合わせて選択することが重要です。

また、自社で制作する場合でも、制作会社にアドバイスをもらったり、協力してもらったりすることで、より高品質なサイトを制作することができるでしょう。

コーポレートサイト制作の流れ

h2下の画像

コーポレートサイトを制作する場合の一般的な流れは、以下の通りです。

  • ターゲットを明確化し、必要な情報を整理する
  • ビジュアル設計を行う(ワイヤーフレーム)
  • 開発を行う
  • テスト完了後に公開する
  • 保守・運用を行う

ターゲットを明確化し、必要な情報を整理する

企業のコーポレートサイトに掲載すべき項目は、訪問者にわかりやすく情報を提供することが求められます。

そのためには、まずターゲットを明確化し、必要な情報を整理することが重要です。

ターゲットを明確化するためには、まず訪問者が求める情報を把握することが必要です。企業の業種や商品・サービスの種類によって求められる情報は異なるため、訪問者が何を求めているかを把握し、その情報を提供することが重要です。

ビジュアル設計を行う(ワイヤーフレーム)

企業のコーポレートサイトに掲載すべき項目を整理するためには、まずビジュアル設計を行うことが必要です。

ビジュアル設計とは、ウェブページの構成やコンテンツの配置などを考えることです。
その際に用いるのが、ワイヤーフレームです。
ワイヤーフレームを用いることで、サイト全体の構成や必要な情報の優先順位を決定することができます。

ワイヤーフレームは、ざっくりとした線描で表現されたウェブページのレイアウトです。
ワイヤーフレームを用いることで、ページの構成や配置を簡単に変更することができます。

また、ワイヤーフレームを用いることで、必要な情報を整理し、訪問者がスムーズに情報を入手できるようにすることができます。

開発を行う
ターゲットを明確化し、必要な情報を整理した後は、実際にサイトを開発する段階に入ります。

ここでは、以下のような工程があります。

  • コーディング
  • サーバー環境の構築
  • プログラムの実装
  • セキュリティ対策

コーディング

デザインを元にHTMLやCSSなどのコーディングを行います。

コーディングの際には、SEO対策やアクセシビリティなどにも配慮する必要があります。

サーバー環境の構築

Webサイトを公開するためには、サーバー環境を整備する必要があります。

サーバー環境の構築には、Webサーバーやデータベースサーバーなどが必要となります。

プログラムの実装

動的なコンテンツやデータベースとの連携などを実現するために、プログラムの実装が必要となります。

セキュリティ対策

Webサイトのセキュリティ対策は非常に重要です。

SSL証明書の導入や、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなどの脆弱性対策が必要となります。

テスト完了後に公開する

開発が終了したら、Webサイトのテストを行い、問題がないことを確認した上で公開する必要があります。

テストの内容としては、以下のようなものがあります。

  • レスポンシブデザインの確認:PCやスマートフォン、タブレットなど、様々な端末での表示を確認。
  • リンク切れのチェック:リンクが正しく遷移するかどうかを確認。
  • ブラウザの互換性チェック:様々なブラウザでの表示を確認し、互換性があるかどうかをチェック。
  • 機能のチェック:フォームや検索機能など、サイトの機能が正しく動作するかどうかを確認。

保守・運用を行う

コーポレートサイトの制作が完了したら、その後の保守・運用が重要となります。

保守・運用を行うことで、サイトの維持・改善を行い、訪問者にとって魅力的で使いやすいサイトを提供し続けることができます。

具体的には、以下のような作業を行います。

  • コンテンツの更新
  • セキュリティの確保
  • サイトの改善
  • メンテナンス作業
  • 問い合わせ対応

コンテンツの更新

新しい情報やトピックについての記事を投稿するなど、定期的にコンテンツを更新することで、訪問者にとって常に新鮮な情報を提供することができます。

セキュリティの確保

サイトのセキュリティを維持することで、ハッキングや不正アクセスからサイトを守り、情報漏洩などのトラブルを防ぐことができます。

サイトの改善

アクセス解析を行い、訪問者の傾向やニーズを把握することで、サイトの改善点を把握し、改良を行うことができます。

メンテナンス作業

サイトの動作状況を定期的に確認し、必要に応じて修正を行うことで、サイトのスムーズな運用を維持することができます。

問い合わせ対応

訪問者からの問い合わせに迅速かつ正確に対応することで、信頼感を築き、サイトの評価向上につなげることができます。

保守・運用は、コーポレートサイト制作の最終段階であると同時に、最も長期にわたる作業でもあります。

適切な対応を行い、訪問者にとって魅力的なサイトを提供し続けることが重要です。

おすすめのコーポレートサイト制作会社4選

h2下の画像

おすすめのコーポレートサイト制作会社は以下の4つです。

  • QED
  • LIG
  • GIG
  • ソニックジャム

QED

(引用:QED 2023年3月27日現在)

弊社QEDでは、コードを一切使用しないテンプレートをベースに開発するため、デザインや設計にもよりますが、100万円~で企業サイトを制作することができます。

下記のLIG社の場合、最低でも200万円はかかるので、他社の相場より「安くて早い」という明確なアドバンテージがあります。

ノーコード開発で100万円からという低価格は、他社の200万円からという価格と比較しても、大きなメリットとなります。

このことから、一流のデザイン、品質、サービスを備えた企業ウェブサイトをお得に作りたい場合、QEDは最適な選択肢です。

LIG

(引用:LIG 2023年3月27日現在)

LIGは、電通やNTTドコモなどの有名大企業と取引している実績のある制作会社です。
LIGは、Webサイト制作、Webマーケティング支援、業務システム・アプリケーションシステム構築、さらにはWebクリエイター育成事業などを手掛けています。

費用期間
キャンペーンサイト100万~1ヶ月~
コーポレートサイト200万~2ヶ月~
メディアサイト200万~1.5ヶ月~
WPテンプレートプラン80万~1ヶ月~
ランディングページ30万~0.5ヶ月~
保守・運用月額5万〜
システム開発応相談


(引用:LIG 2023年3月27日現在)

GIG

(引用:GIG 2023年3月27日現在)

GIGは、高品質かつ開発スピードの速さに特化した制作会社で、日本航空(JAL)、チャットワーク、サッポロホールディングス(サッポロビール)など、さまざまな業種の企業との取引実績があります。
完成した膨大なプロジェクトのポートフォリオにより、制作プロセスを細かく調整し、お客様に価値をお届けしています。
また、GIGは、お客様に包括的なサービスパッケージを提供するために、さまざまなサービスを提供しています。

ソニックジャム

(引用:ソニックジャム 2023年3月27日現在)

ソニックジャムは、Webサイトやアプリケーションの開発、インストールデバイスの開発などを行うクリエイティブ制作会社です。また、デジタルコミュニケーション戦略の立案も行っており、事業やサービスのDXに関するコンサルティングを必要とする企業にもおすすめです。

まとめ

h2下の画像

企業のコーポレートサイトは、自社のサービス・商品の発信やブランディング、優秀な人材の採用を左右するものであり、自社で制作するか、制作会社に依頼するかは慎重に比較検討していく必要があります。

この記事では、コーポレートサイトの役割やメリット、制作の流れや費用相場、制作会社の選び方などについてご紹介しました。

現在コーポレートサイトの制作を考えている方にとって参考になる情報が盛り沢山となっているので、ぜひお役に立てれば幸いです。