2023.05.25

・#新規事業

SNSの作り方!開発方法・費用相場と個人でアプリを構築可能かを解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
SNSの作り方!開発方法・費用相場と個人でアプリを構築可能かを解説

目次

SNSの開発を検討する際、以下のようなお悩みはないでしょうか。

・どのような流れで開発するかわからない

・自社で開発するか外注するか迷っている

・できるだけ費用を安く抑えたい

そのような場合、ノーコードのシステム開発会社に外注するのがおすすめです。

ノーコードのシステム開発会社に外注することで、以下のようなメリットがあります。

・社内にエンジニアがいなくても開発できる

・短期間で開発できる

・費用を抑えて開発できる

QEDでは、ノーコードを用いたシステム開発を数多くおこなっております。

この記事では、SNSの作り方や費用相場、注意点を開発していますので、ぜひ最後までご覧ください。

SNSアプリの作り方とは?開発の前提知識

h2下の画像

SNSアプリを作る前に知っておくべきことについて、以下の項目があります。

  • SNSアプリとSNSサイトの違い
  • SNSの種類
  • SNSに必要な機能

SNSアプリとSNSサイトの違い

SNSアプリとSNSサイトの最も大きな違いは、SNSアプリはスマートフォンやタブレットなどのデバイスにインストールされ、オフライン環境でも利用できる点です。

一方、SNSサイトはブラウザ上で利用するWebサービスです。

SNSアプリは利用者にとって手軽で、SNSサイトと比べて通知機能や位置情報などのハードウェアにアクセスしやすい点がメリットとなります。

SNSの種類

現在では、様々な種類のSNSが存在します。

代表的なものは、Twitter、Facebook、Instagram、TikTokなどです。

それぞれに独自の特徴があり、利用者層も異なります。

開発するアプリのターゲット層に応じて、どのSNSに似た機能を取り入れるかを考える必要があります。

最後に、SNSアプリに必要な機能について説明します。

SNSに必要な機能

SNSアプリを作る際に必要な機能について紹介します。

ユーザー登録機能

SNSアプリを利用するためには、ユーザー登録が必要です。

ユーザー登録機能は、メールアドレスやSNSアカウントでのログイン機能と併せて実装するとより使いやすくなります。

プロフィール機能

プロフィール機能は、ユーザーが自分自身の情報を登録し、公開する機能です。

プロフィールには、ユーザー名、アイコン画像、自己紹介文、居住地などが含まれます。

投稿機能

ユーザーが投稿したい内容を投稿する機能です。

投稿内容には、テキスト、画像、動画などがあります。

コメント機能

ユーザーが投稿に対してコメントをする機能です。

コメントをすることで、他のユーザーと交流を深めることができます。

いいね機能

ユーザーが投稿に対して「いいね」をする機能です。

いいねをすることで、他のユーザーとの交流を深めることができます。

フォロー機能

ユーザーが他のユーザーをフォローする機能です。

フォローすることで、自分が興味のあるユーザーの投稿を見ることができます。

検索機能

ユーザーが自分が興味のある投稿を探すための検索機能です。

検索機能には、キーワード検索やユーザー名検索などがあります。

SNSアプリを作るメリット

h2下の画像

SNSアプリを作ることには、以下のようなメリットがあります。

  • マーケティングの有効な手段になる
  • 独自性のある特化型SNSを作れる

マーケティングの有効な手段になる

SNSアプリは、利用者同士がコミュニケーションを取ることができるため、企業にとってマーケティングの有効な手段となります。

アプリ内で広告を出すことも可能であり、自社の商品・サービスの宣伝やブランディングにも利用できます。

また、SNSアプリを通じてユーザーが投稿する情報から、そのユーザーの興味関心を把握することもできます。

それによって、より効果的な広告を行うことができ、顧客獲得やリピート率の向上につながることが期待されます。

独自性のある特化型SNSを作れる

既存の大手SNSサイトとの差別化を図るために、特化型SNSアプリを開発することも可能です。

例えば、音楽好きなユーザーが集まるSNSアプリや、特定の地域や趣味に特化したSNSアプリなど、様々なターゲットに合わせたSNSアプリが開発されています。

特化型SNSアプリは、利用者同士がより熱心にコミュニケーションを取ることができるため、ユーザーの満足度も高くなることが期待できます。

また、独自性のあるアプリであれば、そのアプリ自体が話題になる可能性もあり、マーケティングにもつながることがあります。

以上のように、SNSアプリを開発することには、企業にとって大きなメリットがあります。

ただし、既存の大手SNSサイトに対抗するには、独自性のあるアプリを開発する必要があるため、よく調べた上で開発を進めることが大切です。

SNSを作る際の注意点

h2下の画像

SNSアプリを作る際には、以下のような注意点があります。

  • 既存のSNSと競合しないようにする
  • ユーザビリティ・セキュリティに注意する

既存のSNSと競合しないようにする

SNSを作る際には、既存のSNSと競合しないようにすることが重要です。

競合すると、ユーザーが既存のSNSに留まる可能性が高くなります。

また、競合するSNSは、サービスの開発や運用に多くの時間とコストをかける必要があります。

以下は、既存のSNSと競合しないようにする方法です。

  • 競合しているSNSの分析を行う
  • 特化型SNSを作る
  • 未開拓のニーズに注目したSNSを作る

ユーザビリティ・セキュリティに注意する

SNSの開発において、ユーザビリティとセキュリティに配慮することは非常に重要です。

以下に、ユーザビリティとセキュリティに関する注意点をまとめました。

ユーザビリティに関する注意点

ユーザビリティに関する注意点には、以下のようなものがあります。

  • 読みやすいデザインを採用する
  • ボタンやリンクの配置を工夫する
  • レスポンシブデザインに対応する
  • フォームの入力を簡単にする

セキュリティに関する注意点

セキュリティに関する注意点は、以下の4点です。

  • パスワードのハッシュ化を行う
  • SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティングなどの攻撃の対策を行う
  • HTTPSプロトコルを使用する
  • 2段階認証を導入する

以上の注意点を踏まえて、SNSを開発することで、ユーザーにとって使いやすく安全なSNSを提供することができます。

SNSアプリの作り方

h2下の画像

SNSアプリを作る際には、様々な方法があります。

本項では、開発会社に依頼する方法、個人で開発する方法、そしてノーコードの制作会社に外注する方法について解説します。

SNSアプリを作る方法には、以下の選択肢があります。

  • 開発会社に依頼する
  • 個人開発する
  • ノーコードの制作会社に外注する

開発会社に依頼する

SNSアプリを作るために、開発会社に依頼することができます。

開発会社には、スキルや実績に応じて様々なタイプがあります。

以下に、開発会社に依頼する際のポイントをまとめます。

  • 開発会社のスキルや実績を確認する
  • 開発会社の評判を調べる
  • 費用や納期、保守・運用などの条件を確認する
  • プロジェクトの進捗状況を定期的に確認する

個人開発する

もう一つの方法は、個人でSNSアプリを開発することです。

個人開発には、以下のようなメリットがあります。

  • 費用が安く済む
  • 自分の思い通りに開発できる
  • ポートフォリオとして活用できる

しかし、個人開発には、以下のようなデメリットがあります。

  • スキルや時間が必要
  • セキュリティ対策などの面倒な作業が必要
  • ユーザ数を獲得するためのマーケティングが必要

目的に合わせて選択しましょう。

ノーコードの制作会社に外注する

ノーコードの制作会社に外注する方法をとると、プログラミングやデザインのスキルがない人でも簡単にアプリを作成することができます。

主な特徴は以下のとおりです。

  • プログラミングの知識がなくても、ドラッグアンドドロップでアプリを作成できる
  • 短期間での制作が可能
  • コストが比較的安く抑えられる

しかし、以下のような注意点もあります。

  • 制作するアプリによっては、機能やデザインに制約がある場合がある
  • セキュリティやプライバシーに関する問題について、十分な対策が必要

大規模なサービスを作る場合を除いて、コストや開発期間を抑えて開発したい場合では、ノーコードの制作会社に外注するのがおすすめです。

SNSアプリを作る流れ

h2下の画像

SNSアプリを作る流れは、以下の通りです。

  • 要件定義
  • 設計・開発
  • テスト
  • リリース
  • 運用保守

要件定義

SNSアプリを作る際には、まず要件定義を行うことが重要です。

要件定義は、システムに必要な機能や制約条件を明確に定義し、その機能や条件を満たすために必要な技術要素を把握することを目的とします。

要件定義の際には、以下のようなことを考慮する必要があります。

  • アプリの目的や利用者層
  • 提供する機能や機能の優先度
  • 制限事項や技術要素

これらを明確に定義しておかないと、後の設計・開発段階で不具合が発生する可能性が高くなります。

設計・開発

要件定義が完了したら、次に設計・開発の段階に移ります。

この段階では、実際にアプリの仕様を決定し、プログラミングを行います。

設計の際には、以下のようなことを考慮する必要があります。

  • アプリの構成や機能
  • システムアーキテクチャ
  • データベースの設計

設計が完了したら、プログラミングを行い、実際にアプリを開発します。

開発には、以下のような技術要素が必要となります。

  • プログラミング言語
  • フレームワーク
  • データベース

開発が完了したら、テストを行い、不具合がないことを確認します。

テスト

アプリの開発が完了したら、テストを行い、品質を確保する必要があります。

テストの際には、以下のようなことを考慮する必要があります。

  • ユーザーインターフェースのテスト
  • 機能のテスト
  • 性能評価のテスト

テストが完了したら、アプリのリリース準備を行い、利用者に提供します。

また、リリース後も定期的なメンテナンスを行い、利用者に快適なアプリ環境を提供することが重要です。

リリース

SNSアプリのリリースは、開発者にとって非常に重要なフェーズです。リリースの成功は、アプリの人気と評判に直結するため、十分な準備と注意が必要です。以下は、SNSアプリをリリースするための手順です。

事前にテストを行い、不具合を修正する

リリース前に、アプリの機能やUI/UXに不具合がないか確認するためにテストを行います。

テストの結果に基づいて、不具合を修正する必要があります。

アプリのストア登録を行う

アプリを公開するためには、App StoreやGoogle Playなどのアプリストアに登録する必要があります。

アプリストアの登録には、アプリの説明文やスクリーンショット、プライバシーポリシーなどの情報を提供する必要があります。

プロモーションの準備を行う

アプリがリリースされたことを多くのユーザーに知ってもらうために、プロモーションの準備を行います。

広告やSNS、メールマガジンなどを活用し、アプリの魅力をアピールする必要があります。

リリース後の対応を決める

ユーザーからのフィードバックや不具合報告などに対応するための対応方針を決める必要があります。

万が一の際に備えて、サポート体制や対応時間なども事前に決めておく必要があります。

運用保守

SNSアプリをリリースした後も、運用保守が必要になります。以下に、運用保守に必要なことを示します。

ユーザーサポート

ユーザーからの問い合わせに対応することが必要です。

問題を解決するだけでなく、ユーザーのフィードバックを収集し、アプリ改善に役立てることも重要です。

セキュリティ対策

アプリのセキュリティに関する問題に対応することが必要です。

悪意のある攻撃に対して、アプリの脆弱性を調査し、対策を講じる必要があります。

バグ修正

アプリのバグを修正することが必要です。

バグの発生原因を調査し、修正を行うことで、ユーザーのストレスを減らし、アプリの利用環境を改善することができます。

アプリ改善

ユーザーからのフィードバックを収集し、アプリ改善に役立てることが必要です。

新しい機能の追加やUIの改善など、ユーザーのニーズに合わせた改善を行い、アプリの満足度を高めることができます。

SNSアプリは自分で作れる?外注すべき?

h2下の画像

SNSアプリを自分で作ることは可能です。

自分で作ることで、カスタマイズ性が高く、自分のアイデアを自由に実現することができます。

しかし、アプリ開発にはプログラミング知識や経験が必要であり、開発期間やコストがかかることもあります。

SNSを外注するべきかについて、以下の順に解説します。

  • 外注することのメリットとデメリット
  • ノーコード開発を活用する
  • セキュリティについて

外注することのメリットとデメリット

SNSアプリを開発する場合、外注することも検討することができます。

外注することのメリットとしては、プロの開発チームが携わることで、高品質なアプリを開発することができることが挙げられます。

また、専門の開発チームに開発を任せることで、自分自身がアプリ開発に必要な時間やリソースを割く必要がなくなります。

しかしながら、外注することで、アプリ開発に関するコストがかかることや、開発チームとのコミュニケーションがうまくいかないこともあるため、慎重に検討する必要があります。

ノーコード開発を活用する

最近では、プログラミングの知識がなくてもアプリ開発が可能なノーコード開発ツールが登場しています。

ノーコード開発ツールを活用することで、開発期間や開発コストを抑えることができます。

ただし、ノーコード開発ツールには、制限された機能やカスタマイズ性があるため、本格的なアプリを開発する場合には、プログラミングの知識が必要になることもあります。

セキュリティについて

アプリ開発において、セキュリティは非常に重要な要素です。

特に、個人情報やプライバシーを含む情報を扱う場合には、セキュリティに十分な配慮が必要です。

セキュリティに関する知識がない場合には、専門の開発会社にアプリ開発を依頼することをおすすめします。

また、自分でアプリを開発する場合には、セキュリティについてもきちんと学び、対策を行うことが必要です。

SNSアプリを作る際の費用相場

h2下の画像

SNSアプリを作成するには、外注する場合と自分で作る場合があります。

それぞれにかかる費用相場を見ていきましょう。

  • 外注する場合
  • 自分で作る場合
  • ノーコードの制作会社に外注する場合

外注する場合

SNSアプリを外注する場合、開発会社によって費用は異なります。

一般的に、開発会社は以下のような基準で見積もりを行います。

  • 開発期間
  • 開発人数
  • 開発環境
  • 機能要件
  • UI/UXデザイン

これらの要素を踏まえて、開発会社は見積もりを出します。

一般的に、SNSアプリの外注制作にかかる費用は以下のようになります。

  • 基本的なSNSアプリの場合:670万円〜
  • SNSアプリに機能を追加する場合:追加機能により価格が変動する

(費用相場の引用元:SPD LOAD 2024年2月14日参照)

一から開発する場合と比較して、ノーコード開発で外注すると、100〜500万円ほどに抑えることができます。

自分で作る場合

自分でSNSアプリを作成する場合、費用は以下のようなものになります。

  • 開発環境の購入費用:5万円〜10万円程度
  • 開発期間により金額が変動する

しかし、自分でSNSアプリを作成する場合には、セキュリティ対策やバグ修正にかかる費用も考える必要があります。

これらのことを踏まえると、自分でSNSアプリを作成する場合の費用は予想以上に高くなることがあります。

ノーコードの制作会社に外注する場合

ノーコードの制作会社に外注する場合、開発会社によって費用は異なります。

一般的に、ノーコードでSNSアプリを作成する場合の費用相場は以下のようになります。

  • プランによって異なるが、月額数万円程度
  • 機能要件により価格が変動する

ノーコードでSNSアプリを作成する場合、専門の技術やプログラミング知識が必要なく、簡単にアプリを作成できます。

また、開発期間が短く、費用を抑えることができます。

ただし、プランによっては機能制限があるため、事前に確認が必要です。

まとめ

h2下の画像

SNSの作り方について紹介しました。

外注する場合の費用相場は、機能やデザインの要件によって大きく異なるため、開発会社の見積もりを参考にする必要があります。

自分で作る場合は、開発の知識や経験が必要になりますが、無料の開発ツールやテンプレートを利用することで費用を抑えることができます。

また、ノーコード開発を利用すれば、コーディングの知識がなくてもアプリを制作することができ、開発期間と費用を抑えることができます。

しかし、セキュリティ面やカスタマイズ性などの面で、外注や自分で制作する場合に比べて制限があることもあります。

最適な方法は、目的や要件、予算に応じて選ぶことが重要です。