2023.08.15

・#新規事業

ローコード開発とは?DX推進の理由やメリット・デメリットを解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
ローコード開発とは?DX推進の理由やメリット・デメリットを解説

目次

ビジネス・DXを推進させるローコード開発とは

ローコード開発とは

ローコード開発は、プログラミング知識のない人でもアプリケーションやソフトウェアを効率的に開発できる手法です。これにより、従来の開発プロセスに比べて開発スピードが向上し、ビジネスプロセスの改善や新しいアイディアの実現が容易になります。

スクラッチ開発とは

スクラッチ開発とは、ゼロからアプリケーションを開発することを指します。プログラミング言語やフレームワークを使い、アプリケーションの全てをカスタマイズして作成します。スクラッチ開発は柔軟ですが、時間と労力がかかるため、シンプルなアプリケーションでもコストが高くなることがあります。

ノーコード開発とは

ノーコード開発は、プログラミングを一切行わずにアプリケーションを開発する手法です。専用のツールやプラットフォームを使用して、ビジュアルなインターフェースでアプリケーションの要素を組み合わせていきます。これにより、プログラミングの知識がない人でもアイディアを実現できる利点があります。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、テクノロジーを活用して組織やビジネスのプロセスを変革し、効率性や競争力を向上させる取り組みのことを指します。DXにはビジネスモデルの改革や顧客体験の向上などが含まれ、現代のビジネスにおいて重要な戦略となっています。

DXの推進と2025年の変革

DXの推進はますます重要になっており、特に2025年に向けてその重要性が増しています。ビジネス環境は急速に変化しており、デジタル技術を活用しない企業は競争力を失う可能性があります。2025年のビジネスシーンでは、DXを推進することが生存と成長の鍵と言えるでしょう。

ローコード開発が適しているサービス・機能

ローコード開発は特に、複雑なプロセスやデータの流れを伴うサービスや機能に適しています。例えば、顧客管理システムや在庫管理ツール、ワークフローアプリケーションなどが挙げられます。これらのサービスや機能は多くの部門やプロセスと関わるため、効率的な開発が求められ、ローコード開発がそのニーズに応える一つの手段となるでしょう。

ローコード開発が注目される理由

従来のシステム開発の限界

従来のシステム開発は、高度な技術知識と専門スキルを持つエンジニアが必要でした。しかし、そのために開発プロセスが複雑化し、開発期間が長く、開発コストも高騰するという課題がありました。また、ビジネスニーズの変化に対応するのが難しく、柔軟性に欠ける側面もありました。

IT人材の不足

IT人材の不足は多くの企業が直面する問題です。需要が急増する中で、適切なスキルを持ったエンジニアを確保することが難しくなっています。これにより、システム開発プロジェクトの遅延や予算超過といったリスクが高まりました。このような状況の中、ローコード開発が注目を浴びるようになりました。

ローコード開発のメリット

開発期間・開発コストの削減

ローコード開発は、ビジュアルなインターフェースやドラッグ&ドロップ機能を活用することで、プログラミング知識のない人でもアプリケーションを開発できる手法です。これにより、従来の開発プロセスに比べて開発期間が短縮され、開発コストも削減される傾向があります。また、迅速なプロトタイピングが可能となり、ビジネスニーズの変化に迅速に対応できます。

システム開発にエンジニアのスキルを問わない

ローコード開発では、プログラミングスキルに依存せずにアプリケーションを構築できるため、エンジニアリングの専門知識がない人々にも門戸を開きます。ビジネス部門のメンバーや専門的な知識を持たない人々も、ビジュアルなツールを使用してシステムを開発できるため、ビジネスとITの連携が強化され、アイディアを素早く形にできます。

機能の拡張・改修が容易

ローコード開発により構築されたシステムは、モジュール化されており、機能ごとに分かれています。そのため、新しい機能の追加や既存の機能の改修が容易です。ビジネスニーズの変化やフィードバックを受けて、迅速にシステムをアップデートすることが可能であり、競争力を維持しながらシステムを進化させることができます。

ローコード開発のデメリット

プラットフォームによる制限

ローコード開発は、特定のプラットフォームやツールに依存するため、そのプラットフォームの制限に影響されることがあります。例えば、特定の機能やカスタマイズが難しい場合や、セキュリティの脆弱性がある場合などがあります。これにより、柔軟なシステム設計が難しくなることがあります。

ツールの習熟が必要

ローコード開発には、専用のツールやプラットフォームを使用する必要があります。これらのツールの使い方を習得するまでに時間がかかることがあり、チーム全体での習熟度の差や、初期段階での効率の低さが課題となることがあります。特に、従来の開発方法からの移行では、新たなスキルの習得が求められます。

システム設計の知識が必要

ローコード開発では、プログラミング知識は不要ですが、それに代わるシステム設計の知識が必要です。適切なデータモデリングやワークフローの設計、データベースの構築など、システム全体の設計に関する知識が求められます。適切な設計がないと、後々の拡張や変更が難しくなる可能性があります。

ローコード開発におけるシステム構築の流れ

ローコード開発と従来のシステム開発の違い

ローコード開発と従来のシステム開発にはいくつかの違いがあります。従来のシステム開発はプログラミングスキルを必要とし、カスタムなアプリケーションを作成することができますが、開発期間が長くコストがかかる傾向があります。一方、ローコード開発はビジュアルなインターフェースを通じてアプリケーションを構築し、迅速な開発が可能ですが、柔軟性やカスタマイズの範囲に制限があることがあります。

ローコード開発の優位性

ローコード開発の優位性は、主に開発速度とビジネス部門との連携にあります。従来の開発プロセスに比べて迅速なアプリケーションの構築が可能であり、ビジネスニーズの変化に迅速に対応できる利点があります。また、ビジネス部門のメンバーや専門知識のない人々がシステム開発に参加できるため、ビジネスとITの連携が強化され、効果的なアプリケーションの開発が期待されます。

ローコード開発プラットフォームの機能

ビジュアルプログラミング

ローコード開発プラットフォームは、プログラミングの知識がない人でもビジュアルなインターフェースを通じてアプリケーションを構築できる機能を備えています。これにより、ドラッグ&ドロップやフローチャートのような要素を組み合わせることで、アプリケーションのロジックやワークフローを設計できます。ビジュアルプログラミングにより、プログラミングスキルがない人でもアプリケーションの開発が可能となります。

ライフサイクルマネジメント

ローコード開発プラットフォームは、アプリケーションのライフサイクル全体を管理する機能を提供します。これには、アプリケーションの設計から開発、テスト、デプロイ、運用、メンテナンスまでの過程が含まれます。ライフサイクルマネジメントにより、アプリケーションの変更やアップデートを容易に行えるため、ビジネスニーズの変化に柔軟に対応することができます。

再利用可能なコンポーネント

ローコード開発プラットフォームは、再利用可能なコンポーネントを提供する機能があります。これは、あらかじめ作成された部品やモジュールを用いて、アプリケーションを構築することができる仕組みです。例えば、カレンダーやチャートなどの一般的な機能をコンポーネントとして提供し、これらを組み合わせてカスタマイズされたアプリケーションを作成することが可能です。

ローコードプラットフォーム・開発ツールを選ぶポイント

開発に携わる人数

ローコードプラットフォームや開発ツールを選ぶ際に考慮すべきポイントの一つは、開発に携わる人数です。大規模なチームで開発する場合と、少数のメンバーで開発する場合では、必要な機能やカスタマイズ性が異なる可能性があります。選択するプラットフォームは、開発する人数に合った使いやすさや効率性を持っているかどうかを検討する必要があります。

開発者のプログラミングスキル

開発に携わるメンバーのプログラミングスキルも選択ポイントの一つです。ローコード開発プラットフォームは、プログラミングの知識がない人でも活用できる一方、プログラミングスキルを持つエンジニアでも効果的に活用できる場合があります。プラットフォーム選定に際して、開発者のスキルやニーズに合わせて適切なツールを選ぶことが重要です。

ツール・プラットフォームの拡張性

選ぶべきローコードプラットフォームや開発ツールは、将来の拡張性についても検討する必要があります。ビジネスの成長や新たな要件に対応するためには、柔軟な拡張性が求められます。ツールやプラットフォームが拡張モジュールやAPIなどの拡張機能を提供しているかどうかを確認し、長期的な視点での選択を行うことが重要です。

ローコードツール・プラットフォーム紹介

有料のローコードツール・プラットフォーム

近年、ビジネスのデジタル化が進む中、ローコードツール・プラットフォームが注目されています。これには有料のものも多くあり、優れた機能やサポート体制を提供する特徴があります。有料のローコードツール・プラットフォームは、専門的な要件やカスタマイズが必要なプロジェクトに向いており、プロフェッショナルなアプリケーション開発を支援します。

一例として、大規模な企業が顧客管理システムを構築する場合を考えてみましょう。有料のローコードツール・プラットフォームを活用すれば、ビジュアルなインターフェースを通じてシステムを設計し、データベースやワークフローを構築できます。カスタマイズが必要な場合も、プラットフォームが提供する高度な機能を利用して柔軟なアプリケーションを実現できます。

無料のローコードツール・プラットフォーム

一方、無料で利用できるローコードツール・プラットフォームも多数存在します。これらのツールは、基本的なアプリケーションの構築に必要な機能を提供しながらも、コストを抑えて手軽に開発を行うことができるメリットがあります。特に、個人や小規模なプロジェクトに向いています。

たとえば、個人が自身のウェブサイトを制作する場合を考えてみましょう。無料のローコードツール・プラットフォームを用いれば、視覚的なエディタを通じてウェブページをデザインし、必要な要素を配置できます。また、一部のツールでは簡易なデータベースやフォーム機能も利用できます。このようなツールを利用すれば、プログラミングの知識がなくても、手軽にウェブサイトを構築することが可能です。

まとめ

本記事は、ローコード開発とその利点、課題、導入に関する幅広い情報を提供しています。まず、ビジネス・DXを推進するローコード開発の概要や、スクラッチ開発やノーコード開発との違いについて解説されています。また、DXの重要性やその推進における課題、2025年の崖についても触れています。

ローコード開発の注目理由として、従来のシステム開発の限界やIT人材不足の問題が取り上げられ、その中でローコード開発のメリットが紹介されています。開発期間や開発コストの削減、エンジニアのスキルを問わないシステム開発、機能の拡張・改修の容易さが強調されています。

一方で、ローコード開発のデメリットには、プラットフォームによる制限、ツールの習熟が必要な点、システム設計の知識の必要性が挙げられています。さらに、ローコード開発プラットフォームの機能については、ビジュアルプログラミングやライフサイクルマネジメント、再利用可能なコンポーネントに焦点を当てて説明されています。

記事の最後では、ローコードプラットフォーム・開発ツールの選び方に関するアドバイスが提供されています。開発に携わる人数や開発者のプログラミングスキル、ツール・プラットフォームの拡張性についてのポイントが述べられています。最後に、有料と無料のローコードツール・プラットフォームに関する情報が提示され、読者に幅広い選択肢についての知識を提供しています。