2023.08.16

・#新規事業

会員制サイトの構築方法や必要な機能・作成のメリットについて解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
会員制サイトの構築方法や必要な機能・作成のメリットについて解説

目次

会員制サイトとは?

会員制サイトは、特定のユーザーが登録や有料のサブスクリプションを通じてアクセスできるウェブサイトのことを指します。これによって、一般公開されていないコンテンツやサービスにアクセスするための閉じられた環境が提供されます。

会員制サイトの基本とは?

会員制サイトの基本は、ユーザーに対して特別な付加価値を提供することです。これにより、一般のウェブサイトでは得られない情報や体験を提供することができます。基本的な要素は、登録プロセス、ログイン機能、会員限定コンテンツの提供などです。

会員制サイトの目的とは?

会員制サイトの目的は、いくつかの側面にわたります。まず、収益の面では、会員からの定期的な課金によって安定した収入を得ることができます。また、限定コンテンツの提供によってユーザーエンゲージメントを高め、ブランドの認知度向上や顧客との強化された関係を築くことも重要な目的です。

会員制サイトを構築するメリット

限定のオリジナルコンテンツを提供できる

会員制サイトでは、会員限定のオリジナルコンテンツを提供できます。これにより、一般公開されていない情報や特別なコンテンツを通じて、ユーザーの興味を引きつけることができます。

継続課金から収益を得ることができる

会員制サイトは、継続的な課金モデルを採用することができるため、安定した収益を見込むことができます。これによって、事業の安定性を高めることができるでしょう。

顧客やユーザーとの関係性が強化できる

会員制サイトは、会員に対して特別な価値を提供するため、顧客やユーザーとの関係性を強化する手段となります。会員限定のコミュニケーションチャネルやイベントなどを通じて、より深いつながりを築くことができます。

顧客やユーザーを増やすことができる

会員制サイトが提供する特別なコンテンツやサービスは、新たな顧客やユーザーを引き寄せるための魅力的な要素となります。口コミや共有を通じて、会員数の増加につなげることができるでしょう。

自社と製品・サービスのブランド強化ができる

会員制サイトを通じて提供される高品質なコンテンツやサービスは、自社の専門知識や価値を示すものとなります。これによって、ブランドの信頼性や専門性を高める効果が期待できます。

会員制サイトを構築するデメリット

会員制サイトへ登録するハードルがある

会員制サイトに登録するには、ユーザーに一定の情報提供や手続きが必要です。これがハードルとなり、一部のユーザーは煩わしさを感じて登録を躊躇する可能性があります。

会員制サイト構築の専門知識が必要になる

会員制サイトを構築するためには、ウェブ開発やセキュリティに関する専門知識が必要です。専門知識がない場合、適切なセキュリティ対策や使いやすいインターフェースを提供することが難しくなるでしょう。

会員制サイト構築の費用や期間がかかる

会員制サイトを構築するには、開発やデザイン、セキュリティ対策など多くの要素に費用がかかります。また、それらの要素を組み合わせてサイトを構築するためには時間もかかるため、即座な運用が難しいことがあります。

会員制サイト構築後の運用に費用や人員が必要になる

会員制サイトを構築した後も、運用にはコンテンツ更新やユーザーサポートなどのコストがかかります。また、顧客からの問い合わせやトラブル対応などに対応するために人員を配置する必要があります。

会員制サイト構築を成功させるポイント

会員制サイト構築の目的を明確にする

成功するためには、まず会員制サイトの目的を明確にすることが重要です。例えば、コンテンツ提供、コミュニティの形成、収益化など、具体的な目的を定めることで、適切な戦略を構築することができます。

会員制サイトに必要な機能を明確にする

成功の鍵は、会員制サイトに必要な機能を明確にすることです。例えば、会員登録、ログイン、コンテンツ閲覧、決済機能など、ユーザー体験を向上させるためにどの機能が不可欠かを洗い出しましょう。

会員に使いやすいインターフェースを用意する

会員にとって使いやすいインターフェースを提供することが成功の鍵です。シンプルなナビゲーション、直感的なデザイン、スムーズな操作性などを考慮して、ユーザーがストレスなくサイトを利用できる環境を整えましょう。

簡単に構築できるようノーコードを取り入れる

成功へのアプローチとして、ノーコードツールを活用することも考えてみましょう。これによって、プログラミングの知識がなくてもサイトを構築できるため、迅速な展開が可能となります。

セキュリティ対策を万全にする

会員情報や決済情報などのセキュリティは絶対に疎かにできません。成功するためには、SSL暗号化や脆弱性対策など、セキュリティ対策を徹底することが不可欠です。

実績がある制作会社を選ぶ

成功を支えるためには、実績のある制作会社を選ぶことが大切です。過去の実績やクライアントの評判などを確認し、信頼性のあるパートナーを選ぶことが成功の一歩です。

実績がある構築ツールを利用する

成功を追求する際には、実績のある構築ツールを活用することも検討しましょう。安定した動作や豊富な機能を持つツールを選ぶことで、効率的なサイト構築が可能です。

会員制サイト構築で実装すべき必要機能

会員登録機能・登録フォーム

会員登録機能は、ユーザーがサイトにアカウントを作成するための基本的な機能です。登録フォームでは、ユーザーが必要な情報を入力し、アカウントを作成できるようにする必要があります。

ログイン機能・ログアウト機能

ログイン機能は、登録したユーザーがアカウントにアクセスする際に使用される機能です。ログアウト機能は、ログインしたユーザーが安全にログアウトできるようにする役割を果たします。

マイページ機能

マイページ機能では、ユーザーが自分の情報やアクティビティを確認・編集できる場所を提供します。これによって、ユーザーの利便性とカスタマイズ性を向上させることができます。

検索機能

検索機能は、ユーザーがサイト内のコンテンツや情報を効率的に探し出せるようにする重要な機能です。適切なキーワードやフィルターを用いて、的確な情報の検索を可能にします。

会員管理機能

会員管理機能は、登録ユーザーの情報や状態を管理するための機能です。登録情報の確認や編集、退会手続きなどを適切に管理することが求められます。

コンテンツ管理機能

コンテンツ管理機能は、会員に提供するコンテンツのアップロードや編集、削除などを管理するための機能です。定期的な更新や新しいコンテンツの追加がスムーズに行えるようにします。

権限管理機能・閲覧制限機能

権限管理機能は、登録ユーザーごとに異なるアクセス権を設定するための機能です。閲覧制限機能によって、特定のコンテンツや機能を特定のユーザーグループに制限して提供することができます。

パスワード管理機能・パスワードリマインダー機能

パスワード管理機能は、ユーザーがパスワードを変更したり、忘れた場合にリセットできる機能です。パスワードリマインダー機能によって、ユーザーがパスワードのリセット手続きを容易に行えます。

メッセージ配信機能

メッセージ配信機能は、会員に対してお知らせやプロモーション情報を配信するための機能です。ユーザーとのコミュニケーションを保つために有用な機能です。

お問い合わせ機能

お問い合わせ機能は、ユーザーが疑問や問題をサイト運営者に連絡するための手段を提供する機能です。適切なフォームや連絡先を用意して、円滑なコミュニケーションを実現します。

使いやすいデザイン

成功のポイントは、使いやすいデザインを提供することです。直感的なナビゲーションや分かりやすいレイアウト、モバイルフレンドリーなデザインなどを考慮して、ユーザー体験を最適化しましょう。

会員制サイトを構築する方法

WordPressをはじめとする無料のCMSを導入する

WordPressなどの無料のCMSを活用する方法は、手軽で多くの機能を提供します。テーマやプラグインを利用して、会員制サイトをカスタマイズし、必要な機能を追加することができます。

ASPサービスなど有料サービスを利用する

ASPサービスや有料の会員制サイト構築サービスを利用する方法もあります。これによって、セキュリティや運用面の面倒を外部に任せることができます。必要な機能が提供されているか確認しましょう。

自社でスクラッチ開発する

自社で会員制サイトをスクラッチから開発する方法も選択肢です。これによって、ニーズに合わせたカスタマイズや独自の機能を実装できます。ただし、開発には時間と労力がかかることを考慮してください。

会員制サイトをWordPressを使って構築する方法

目的・テーマを決める

まず、会員制サイトの目的やテーマを明確に決めましょう。どのようなコンテンツや価値を提供するかを考え、サイトの方向性を定めます。

必要な機能を決める

成功するためには、どの機能が必要かを洗い出しましょう。会員登録やログイン、コンテンツ提供、決済機能など、ユーザー体験を向上させるために不可欠な機能をリストアップします。

制作担当者・制作会社を決める

自社で制作するか、制作会社に依頼するかを決定しましょう。実力ある制作担当者や制作会社を選ぶことが、サイトの品質向上に繋がります。

独自ドメインを取得する

サイトのアイデンティティを確立するために、独自のドメインを取得しましょう。ユーザーにとって覚えやすく、ブランドの一貫性を保つために重要です。

サーバーを調達・レンタルする

安定したサイト運営のために、適切なサーバーを調達・レンタルします。パフォーマンスやセキュリティを考慮して選択しましょう。

WordPressを導入する

WordPressを導入し、サイトの基盤を構築します。WordPressは使いやすいCMSであり、カスタマイズ性が高いため、多くのユーザーに選ばれています。

WordPressプラグインを適用する

必要な機能を実装するために、適切なWordPressプラグインを導入します。これによって、コンテンツ管理やセキュリティ対策などを効果的に行うことができます。

デザイン

ユーザーに親しみやすいデザインを考えます。カラースキームやフォントの選定など、ユーザーに快適な閲覧体験を提供するデザインを構築します。

コーディング

デザインを元に、実際のウェブページをコーディングします。HTML、CSS、JavaScriptなどを使用して、サイトの見た目と機能を具現化します。

テスト・受入テスト

完成したサイトをテストし、動作の確認やバグの修正を行います。ユーザー視点でのテストや受入テストを実施し、品質を確保します。

リリース・公開

テストが完了したら、サイトを公開します。正式なリリース前に最終確認を行い、ユーザーが利用できる状態にします。

LPを作る

集客を促進するために、ランディングページ(LP)を作成します。効果的なコピーと魅力的なデザインを組み合わせて、ユーザーの関心を引きます。

SNS・広告で集客する

サイトへの集客を図るために、SNSや広告を活用します。ターゲット層に合わせた戦略を立て、効果的なマーケティングを展開します。

収益化する

サイトの運営コストを賄うために、収益化戦略を実施します。広告収益や有料コンテンツ提供など、収益化の方法を選びます。

会員制サイトをWordPressを使って構築するメリット

無料・格安で使える

WordPressは無償で提供されており、多くのテーマやプラグインも無料または格安で利用できます。これによって、初期費用を抑えて会員制サイトを構築できます。

独自のサイトが作れる

WordPressのテーマやカスタマイズ性の高いプラグインを活用することで、独自のデザインや機能を持つ会員制サイトを作成できます。ブランディングやユーザー体験の向上に役立ちます。

既存のWebサイトが活かせる

すでに運営中のウェブサイトがある場合でも、WordPressを導入することで会員制サイトを追加できます。既存のコンテンツを活かしながら、新たな収益源を創出できます。

SEOに強い

WordPressはSEOに対する機能やプラグインが豊富です。適切な設定やコンテンツ最適化を行うことで、検索エンジンでの表示を向上させることが可能です。

会員制サイトをWordPressを使って構築するデメリット

セキュリティ対策が必要

WordPressは広く使われているため、セキュリティ上の脆弱性に対する脅威も存在します。適切なセキュリティ対策を行う必要があります。

利用・導入に専門知識が必要

WordPressの導入やカスタマイズには一定の専門知識が必要です。テーマやプラグインの選定、設定、トラブルシューティングなどに取り組むため、学習や外部の専門家の協力が求められることがあります。

会員制サイト構築でWordPressプラグインを上手に選ぶ方法

会員制サイトの目的・必要な機能を明確にする

まずは会員制サイトの目的を明確にし、どのような機能が必要かを洗い出しましょう。例えば、会員登録、コンテンツ提供、決済機能など、具体的な目的に合わせてプラグインを選定します。

標準機能と拡張機能を理解する

WordPress自体が提供する標準機能と、プラグインを通じて追加できる拡張機能を理解しましょう。必要な機能がプラグインを導入することで実現できるかどうかを確認します。

カスタマイズの範囲を確認する

プラグインのカスタマイズ性を確認してください。テーマとの統合やデザインの調整、動作の最適化など、プラグインをカスタマイズする必要があるかどうかを考えます。

動画配信・オンライン講座が必要な場合

動画配信やオンライン講座など特定の機能が必要な場合、それに適したプラグインを選びましょう。例えば、動画コンテンツのストリーミングやアクセス制御をサポートするプラグインが適しています。

会員制サイトの活用例

コンテンツ提供

会員制サイトを通じて、専門的なコンテンツや情報を提供することができます。例えば、専門知識を持つ人々が記事や動画を共有し、会員に有益な情報を提供することができます。

サービス・サポート提供

特定のサービスやサポートを会員に提供することも可能です。会員限定の特典やアドバイス、カスタマーサポートを提供して、価値あるサービスを提供できます。

ツール提供

会員制サイトを通じて、特定のツールやアプリケーションを提供することも考えられます。例えば、デジタルツールやオンラインツールを会員に提供して、便益を享受させることができます。

ECサイト

会員制ECサイトとして商品やサービスを提供することも可能です。会員特典やポイント制度を導入し、ロイヤルな顧客層を形成することができます。

動画配信

動画コンテンツを提供する会員制サイトも人気です。特定のトピックに関する動画コンテンツを提供し、会員に視聴権限を与えることで、高品質な情報を提供できます。

オンラインセミナー開催

専門知識を持つ人々がオンラインセミナーを開催することで、会員に有益な学習機会を提供できます。セミナーへのアクセス権を会員に提供し、学びの機会を提供します。

社内専用ポータルサイト

会員制サイトを企業内で利用する場合、社内専用ポータルサイトとして活用できます。社内情報の共有やコミュニケーションツールとして活用し、効率的な業務遂行を支援します。

まとめ

会員制サイトについて、基本的な概念や構築のメリット、デメリット、成功のポイント、必要な機能、構築方法、WordPress利用時の利点と注意点、そして活用例について紹介しました。

会員制サイトは、独自のコンテンツやサービスを提供し、ユーザーとの関係を強化し、収益化やブランド強化を図る手段として効果的です。ただし、構築や運用には専門知識と労力が必要であり、セキュリティ対策にも注意が必要です。

成功するためには、明確な目的と必要な機能の洗い出し、使いやすいデザインやセキュリティ対策の徹底、プラグインの選定などが重要です。WordPressを活用する場合、無料で利用可能なCMSとしてのメリットもありますが、セキュリティ対策や専門知識の必要性も考慮すべきです。

会員制サイトは、コンテンツ提供やサービス提供、ECサイト、動画配信、オンラインセミナーなど多岐にわたる活用例があります。目的に合わせて適切な機能やプラグインを選び、成功を目指しましょう。