2023.05.25

・#新規事業

新規事業立ち上げを成功させるプロセスやフレームワーク・事例を紹介

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
新規事業立ち上げを成功させるプロセスやフレームワーク・事例を紹介

目次

新規事業立ち上げ前に知っておきたいこと

h2下の画像

新規事業を立ち上げる前に知っておきたいことを紹介します。

  • 新規事業の成功率は1割以下と言われている
  • 黒字化までに3〜5年かかる

新規事業の成功率は1割以下と言われている

一般的に、新規事業の成功率は1割以下と低くなっています。

新規事業の成功率は「アイデア数×事業成功率×収益成功率」で見積もることが可能です。

主な失敗の原因として、売れる仕組みが作られていないことや、新規事業を立ち上げるのに必要な経営資源が不足していること、社内の考え方が統一化されていないなどが考えられます。

少しでも新規事業立ち上げの成功率を上げるには、足りないリソースをしっかりと把握し、社内全体で取り組むことが重要です。

また、情報収集を徹底して競合と差別化を図ったり、顧客のニーズを把握することも大切になります。

黒字化までに3〜5年かかる

新規事業立ち上げに成功しても、黒字化までには3〜5年かかるといわれています。

なぜなら、新規事業は既存の事業とは違い、分からないことが多いため、試行錯誤しながら進めなくてはいけないからです。

短期的な利益を求めることやメンバーの選定を誤ってしまうと、新規事業を黒字化することは困難になる可能性があります。

そのため、市場規模や競合をしっかり調査し、継続か撤退するかを見極めることが重要です。

新規事業の立ち上げが重要な理由

h2下の画像

新規事業の立ち上げが重要な理由を解説します。

  • 環境の変化に対し、リスクヘッジを行う
  • 優秀な人材を育てる機会になる

環境の変化に対し、リスクヘッジを行う

現代のビジネス環境は、技術の進化や消費者のニーズの変化など、様々な要因により急速に変化しています。

このような変化の中で、企業が一つの事業にのみ依存していると、その事業が衰退するリスクが高まります。

例えば、かつてフィルムカメラが主流であった時代からデジタルカメラへと移行した際、フィルム事業に依存していた企業は大きな打撃を受けました。

新規事業を立ち上げることで、このようなリスクを分散し、企業の安定した成長をサポートすることができます。

優秀な人材を育てる機会になる

新規事業の立ち上げは、社内の優秀な人材にとって新しいチャレンジの場となります。

新しい事業をゼロから育てる経験は、リーダーシップや問題解決能力、戦略的思考など、多くのスキルを磨く絶好の機会となります。

例として、新規事業のプロジェクトリーダーに選ばれた若手社員が、その経験を通じて次世代の経営者としての資質を培ったケースがあります。

新規事業の立ち上げを通じて、企業は未来のリーダーを育成することが可能です。

以上の理由から、新規事業の立ち上げは企業にとって非常に重要な活動と言えるでしょう。

環境の変化に柔軟に対応し、絶えず成長し続けるためには、新規事業の立ち上げを積極的に進めることが必要です。

新規事業立ち上げのプロセス

h2下の画像

新規事業を立ち上げる流れは、以下の通りです。

  • 立ち上げの担当者を決める
  • 理念・目標を明確化
  • 市場・事業調査を行う
  • ニーズを検討する
  • 事業モデルを作る
  • 計画を立てる
  • 人材をアサイン・実行する

立ち上げの担当者を決める

新規事業を立ち上げるプロセスとして最初に行うのは、立ち上げの担当者を決めることです。リーダーシップがある人や新規事業を成功させるビジョンが明確な人を担当者にすることで、ついて行く人の考えが分かるので、全員が同じ方向に進むことができます。

理念・目標を明確化

新規事業を立ち上げるにあたっては、企業の理念・目標を明確にすることが重要です。新規事業が企業全体のビジョンに合致しているかを確認し、新規事業が企業の成長に貢献するように設計する必要があります。

市場・事業調査を行う

新規事業を立ち上げる前に、市場・事業調査を行うことが不可欠です。市場規模や市場動向、競合状況、顧客ニーズなどを把握し、事業戦略を策定するための情報を収集します。

ニーズを検討する

市場・事業調査の結果をもとに、ニーズを検討します。どのような問題を解決することができるのか、顧客が求めるものは何かを考え、新規事業の方向性を決定します。

事業モデルを作る

ニーズを検討したら、事業モデルを作ります。ビジネスモデルの考え方をもとに、収益モデルやコスト構造、リソースの活用方法などを考え、事業をどのように展開するかを決めます。

計画を立てる

事業モデルを作成した後は、具体的な計画を立てます。費用や期間、プロジェクトマネジメントなど、詳細に計画を策定します。

人材をアサイン・実行する

計画が立てられたら、実行に移します。必要な人材をアサインし、タスクを割り振りながら、計画を実行します。

新規事業立ち上げが失敗する事例・要因

h2下の画像

新規事業立ち上げが失敗する事例・要因を紹介します。

  • 人材不足
  • 資金不足
  • ニーズ調査不足
  • スピード不足

人材不足

新規事業の成功には、専門的な知識やノウハウを持つ人材が必要ですが、多くの企業では、新規事業に必要な人材が社内に不足していることが多くあります。

例えば、新しい技術や市場に関する知識が必要な場合、その分野の専門家が社内にいないと、事業の進行が難しいです。

また、人材が不足している場合、外部からの専門家の協力を求めることも考えられますが、それにはコストがかかります。

さらに、適切な人数の確保も重要で、人数が多すぎると、コミュニケーションが困難な場合があります。

逆に、人数が少なすぎると、必要な業務を遂行するのが難しくなることが考えられます。

資金不足

新規事業の立ち上げには、多額の資金が必要となります。

初期投資だけでなく、事業が軌道に乗るまでの資金も考慮する必要があり、資金不足になると事業の継続が困難です。

例として、新規事業が順調に進行しているにも関わらず、資金が尽きることで事業を撤退しなければならないケースが考えられます。

資金調達の方法として、国や地方自治体の支援金や補助金を利用することも考えられます。

しかし、これらの支援を受けるためには、一定の条件を満たすことが必要です。

ニーズ調査不足

商品やサービスが売れるかどうかは、顧客のニーズに合っているかどうかにかかっています。

事業で提供する価値が顧客のニーズに合っていなければ、どれだけ良い商品やサービスであっても売れません。

そのため、事前に顧客が何を求めているのか、ターゲット層がどのような視点で商品やサービスを選んでいるのかを把握することが重要です。

例として、Google Glassは技術的には革新的でしたが、一般の消費者のニーズとは合っていなかったため、一般販売は中止されました。

スピード不足

新規事業の展開においては、タイミングが非常に重要です。

なぜなら、準備をしている間に競合他社に先を越されることがあるからです。

そのため、顧客のニーズを踏まえ、いかに迅速に事業を展開できるかが、成功のカギとなります。

例として、流行やブームが去った後や競争が激化している時期に事業を開始すると、成功する可能性が低くなります。

以上の内容は、新規事業を立ち上げる際の注意点として、多くの企業や経営者が参考にするべき情報です。

新規事業の立ち上げを成功させるために必要な要素

h2下の画像

新規事業を立ち上げるにあたり、成功するために必要な要素を以下の4つ紹介します。

  • 事業撤退の条件を決める
  • 必要なリソースを明確化し最低限の人材をアサインする
  • 自社のノウハウ・強みを活かす
  • 補助金・助成金が貰えないか検討する
  • 経営資源
  • ビジョンを明確に定める
  • メンバーのモチベーションを維持する

事業撤退の条件を決める

事業を立ち上げる前に、事業撤退の条件を明確にしておくことが重要です。

事業がうまくいかなかった場合に、どのような条件で撤退するかを事前に決めておくことで、迅速な判断ができるようになります。

必要なリソースを明確化し最低限の人材をアサインする

新規事業を立ち上げるにあたり、必要なリソースを明確化し、最低限必要な人材を派遣することが重要です。

特に、開発やマーケティングなどの重要な業務に携わる人材は、適切に配置することが必要です。

自社のノウハウ・強みを活かす

新規事業を立ち上げる際には、自社のノウハウを活かしましょう。

自社が持つ技術やノウハウを活かすことで、新規事業を成功させやすくなります。

また、過去に行った事業の失敗や成功事例からも学びを得られます。

補助金・助成金が貰えないか検討する

新規事業を立ち上げる際には、補助金や助成金を活用することも重要です。

政府や地方自治体、金融機関などから提供される補助金や助成金を利用することで、リスクを軽減することができます。

また、補助金や助成金を受けることで、事業の発展に繋がることもあります。

以上が、新規事業を立ち上げる際に成功するための4つのポイントです。

事業撤退の条件を明確化し、必要なリソースを明確化し、自社のノウハウを活かし、補助金や助成金を検討することが重要です。

経営資源

新規事業を成功させるためには、経営資源としての「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の4要素を適切に活用することが必要です。

例えば、「ヒト」に関しては、新規事業の立ち上げ段階では、少数精鋭の2〜3人チームが最も効果的であると言われています。

これは、コミュニケーションのスピードや濃度を保ちながら、効率的に事業を進めるためです。

また、「情報」に関しては、市場調査や事業調査を行い、顧客のニーズや競合他社の動向をしっかりと把握することが重要です。

これにより、市場の変化に迅速に対応し、競争力を維持することができます。

ビジョンを明確に定める

新規事業を立ち上げる際のもう一つの重要な要素は、ビジョンを明確に定めることです。

ビジョンとは、事業の最終的な目標や方向性を示すもので、これを明確にすることで、事業の方向性がはっきりとし、全員が同じ方向を向いて努力することができます。

例として、新規事業のコンセプトや理念を定める際には、市場やユーザーのニーズだけでなく、自社の強みや企業理念との整合性も考慮することが重要です。

これにより、自社の強みを最大限に活かした事業を展開することができます。

メンバーのモチベーションを維持する

最後に重要なのは、事業に関わるメンバーのモチベーションを維持することです。

新規事業は多くの困難や不確実性を伴うため、メンバーのモチベーションが低下すると、事業の進行が停滞してしまうこともあります。

例えば、新規事業の初期段階で売上が伸び悩んだ場合、メンバーの士気が下がることは避けられません。

しかし、リーダーがポジティブな姿勢を持ち続け、チームの絆を深める活動を行うことで、モチベーションを維持することができます。

また、定期的なフィードバックや評価、報酬制度の見直しも効果的です。

モチベーションが高い状態であれば、困難を乗り越える力が生まれ、事業を成功に導く可能性が高まります。

新規事業立ち上げのアイディア出しに使えるフレームワーク

h2下の画像

新規事業立ち上げのアイディア出しに使えるフレームワークを紹介します。

  • マンダラート
  • KJ法
  • マトリックス法
  • ペルソナ分析

マンダラート

マンダラートは、アイディア出しのためのフレームワークの一つです。

中心にテーマを書き、その周りに関連するキーワードやアイディアを放射状に書き出していく方法です。

例えば、新規事業のテーマが「健康」であれば、中心に「健康」と書き、その周りに「食事」「運動」「睡眠」などのキーワードを書き出します。

さらに、それぞれのキーワードから連想される言葉やアイディアを書き足していくことで、広い視点から新しいアイディアを生み出すことができます。

KJ法

KJ法は、グループでのブレインストーミングを効果的に行うためのフレームワークです。

まず、参加者全員がアイディアを書き出し、それを共有します。

次に、似たようなアイディアをグループ化し、それぞれのグループに名前をつけます。

例として、新規事業のテーマが「持続可能な社会」であれば、アイディアとして「リサイクル」「再生可能エネルギー」「地域コミュニティ」などが挙げられるでしょう。

これらのアイディアをグループ化することで、全体の方向性や重要なポイントが見えてきます。

マトリックス法

マトリックス法は、2つの異なる要素を組み合わせて新しいアイディアを生み出す方法です。

具体的には、2つの要素を軸にしてマトリックス(表)を作成し、その交差点にアイディアを書き込むことで、新しい組み合わせや視点を発見します。

例えば、新規事業のテーマが「健康」と「テクノロジー」であれば、健康の要素(食事、運動、休息など)とテクノロジーの要素(アプリ、ウェアラブルデバイス、AIなど)を組み合わせて、新しいサービスや商品のアイディアを考えることができます。

ペルソナ分析

ペルソナ分析は、顧客を仮想の人物像として捉え、その人物像に対するニーズや課題を分析することで、顧客視点での製品やサービス開発を行うためのフレームワークです。

新規事業立ち上げの市場調査に使えるフレームワーク

h2下の画像

新規事業を立ち上げの市場調査に使えるフレームワークを紹介します。

  • 3C分析
  • STP
  • ポジショニングマップ
  • PEST・SWOT分析

3C分析

3C分析は、市場調査の基本的なフレームワークの一つです。

3Cとは、Company(企業)、Competitor(競合)、Customer(顧客)の頭文字を取ったもので、3つの要素を分析することで、市場の全体像を把握することが可能です。

例えば、新規事業として健康食品を販売する場合、Companyでは自社の強みや弱み、Competitorでは競合他社の製品や価格、Customerではターゲットとなる顧客のニーズや購買動機を分析します。

これにより、市場のポジショニングや差別化のポイントを明確にすることができます。

STP

STPは、Segmentation(セグメンテーション)、Targeting(ターゲティング)、Positioning(ポジショニング)の頭文字を取ったフレームワークです。

市場を特定のセグメントに分け、その中から最も魅力的なターゲットを選定し、そのターゲットに対してどのように商品やサービスを位置付けるかを考える方法です。

例えば、新規事業としてスマートウォッチを販売する場合、Segmentationでは年齢やライフスタイルに基づいて市場を分割します。

Targetingでは「20代〜30代の健康志向の強い若者」を主なターゲットと定め、Positioningでは、ターゲットに対してどのような価値を提供するか、「健康管理のための最適なスマートウォッチ」として位置付けることを考えます。

ポジショニングマップ

ポジショニングマップは、市場内の競合商品やサービスの位置付けを視覚的に表現するツールです。

2つの主要な要因を軸にして、商品やサービスの特徴や価値をマッピングします。

例えば、新規事業としてコスメ商品を販売する場合、軸として「価格」と「品質」を設定し、市場内の競合商品と自社商品の位置関係をマップ上にプロットします。

これにより、自社商品の市場内での位置付けや差別化のポイントを明確にすることが可能です。

PEST・SWOT分析

PEST分析は、政治・経済・社会・技術の4つの要因を分析することで、市場の環境を理解するためのフレームワークです。

SWOT分析は、自社の強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)を分析することで、自社の戦略を立てるためのフレームワークです。

ビジネスモデルの構築に使えるフレームワーク

h2下の画像

ビジネスモデルの構築に使えるフレームワークを紹介します。

  • ビジネスモデルキャンパス
  • ピクト分析
  • 9セルフレームワーク

ビジネスモデルキャンパス

ビジネスモデルキャンバスは、1枚の大きなキャンバス上に9つの要素を配置し、ビジネスモデル全体を視覚的に捉えることができるツールです。

これらの要素には、「顧客セグメント」「価値提案」「チャネル」「顧客関係」「収益の流れ」「キーリソース」「主要活動」「キーパートナー」「コスト構造」が含まれます。

例えば、新規事業としてカフェを開業する場合、価値提案として「落ち着いた空間での高品質なコーヒー」、主要活動として「コーヒー豆の選定や焙煎」などをキャンバス上に配置します。

このツールを使用することで、ビジネスモデルの全体像を一目で把握し、強みや弱みを明確にすることができます。

ピクト分析

ピクト分析は、事業の「Product(製品)」「Information(情報)」「Customer(顧客)「Technology(技術)」の4つの要素を分析するフレームワークです。

これらの要素を詳細に分析することで、事業の方向性や競争力を強化するポイントを見つけることが可能です。

例として、新規事業としてIT関連のサービスを提供する場合、Technologyの観点から最新の技術トレンドや自社の技術力を分析します。

また、Customerの観点からは、ターゲットとなる顧客のニーズや課題を深堀りします。

9セルフレームワーク

9セルフレームワークは、事業の「競争力」と「市場の魅力」の2つの要素を軸に、9つのセルに分けて事業を位置付ける方法です。

このフレームワークを使用することで、事業の成長性や競争状況を一目で把握することができます。

例として、新規事業としてオーガニックコスメの販売を考える場合、市場の魅力として「健康志向の高まり」や「環境への配慮」が挙げられます。

一方、競争力としては「独自の成分配合」や「持続可能な生産方法」などが考えられます。

9セルフレームワークを活用することで、事業のポジショニングや戦略の方向性を明確にすることが可能です。

新規事業立ち上げの成功事例

h2下の画像

新規事業立ち上げの成功事例を紹介します。

  • OKIPPA(日本郵便)
  • ラクピタ送迎(ダイハツ工業)
  • レンタルサービス

OKIPPA(日本郵便)

(引用:OKIPPA(日本郵便) 2023年2月16日時点)

日本郵便では、不在の時の受け取り方法として、宅配ボックスや物置、玄関前で受け取れるサービスを取り入れています。

しかし、玄関前を受け取りの場所にした場合は、盗難を防止するために専用の容器が必要で、その容器にはYper株式会社の「OKIPPA」の宅配便受け取りの置き配バックが利用できます。

OKIPPAを利用することで、配達の時間を気にする必要がなくなるだけでなく、在宅ワークで忙しい時でも置き配でおいてくれるため、非常に便利です。

また、使わない時はコンパクトに折りたためるので、邪魔にならないのがポイントです。

ラクピタ送迎(ダイハツ工業)

(引用:ラクピタ送迎(ダイハツ工業) 2023年2月16日時点)

ラクピタ送迎とは、介護事業の送迎業務をサポートするサービスになっています。

デイサービスなどで行われている送迎サービスは、職員がドライバーを担当するケースが多くあります。

しかし、道が混んでいる時や複数の利用者を時間通りに送り迎えするのが難しいです。

ラクピタ送迎では、利用者のリストと車両の情報を登録しておけば、特別な装置が不要で最適なルートを表示してくれます。

また、出席者の変動に対応したり、相性が悪い同乗者を避けたりなどの配慮もされるのが特徴です。

ラクピタ送迎を利用することで、人材が不足している介護業界で送迎をサポートしてくれるため、時間の短縮などができて便利です。

レンタルサービス

レンタルサービスは、最近急速に伸びているビジネスモデルの1つであり、多くの新規事業が展開されています。

レンタルサービスは、消費者にとって利便性が高く、コストを抑えることができるため、特に若年層や子育て世帯から支持を受けています。

例えば、ウェアラブルデバイスやカメラ、家電製品など、さまざまな商品のレンタルサービスが提供されています。

レンタルサービスを展開する企業は、商品の管理や修理、顧客サポートなど、様々なサービスを提供することで、顧客満足度の向上を図っています。

まとめ

h2下の画像

新規事業の立ち上げにおいて成功するためには、事前に慎重な計画立案や市場調査が必要であることが分かりました。

具体的には、事業撤退の条件を明確にし、必要なリソースや人材を派遣すること、自社のノウハウを活かし、補助金や助成金の取得も検討することが重要です。

また、フレームワークを活用し、PEST・SWOT分析やペルソナ分析、3C・ポジショニングマップの活用も役立ちます。

成功事例として、日本郵政のOKIPPAやレンタルサービスの事例が挙げられ、これらはそれぞれ独自のビジネスモデルや技術を活かした事業展開によって成功を収めました。

新規事業の立ち上げには多くのリスクが伴いますが、こちらの記事を参考に、慎重な計画と努力をおこなうことで、成功につながります。