2023.06.29

・#新規事業

オフショア開発が失敗する要因とは?成功するための対策も徹底解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
オフショア開発が失敗する要因とは?成功するための対策も徹底解説

目次

オフショア開発とは

h2下の画像

オフショア開発とは、情報技術のプロジェクトを海外に委託する行為を指します。

オフショア開発には、いくつかの特性があります。

まず、オフショア開発は国際的な枠組みの中で行う開発です。
国内に拠点を置く企業が、海外のベンダーに開発タスクを委託する形態を取ります。
これにより、時差を利用して、24時間開発を行うことが可能です。

次に、オフショア開発の主なメリットとして、人件費の削減が挙げられます。
特に開発力があると認識されている国や地域では、人件費が国内よりも大幅に低い場合があります。
これにより、開発費用の削減を図ることが可能です。

さらに、特定の専門分野のスキルを持つ人材を確保しやすいというメリットもあります。
世界中から適切な専門家を探し、その専門的なスキルを利用することが可能です。

しかし、オフショア開発にはリスクも存在します。
文化的な違いやコミュニケーションの問題、品質管理、データの保護等、国内開発と比較して複雑な課題が存在します。
そのため、オフショア開発を選択する際には、これらのリスクについて理解し、適切な対策を講じることが必要です。

オフショア開発を選択する理由

h2下の画像

オフショア開発を選択する理由は、以下の通りです。

  • IT人材の確保
  • 開発費用を抑えるため

IT人材の確保

国内では、IT人材の需要が供給を上回っています。

その結果、新規開発プロジェクトを進めるにあたって、必要な人材を確保することが困難な場合があります。

そこで、海外の人材を活用することで、この問題を解決することが可能です。

また、海外には特定の技術領域における専門知識を持ったエンジニアが多数存在しています。

そのため、海外のIT人材を活用することで、国内では得られない知識や技術を取り入れることが可能です。

開発費用を抑えるため

一部の国や地域では、労働力のコストが比較的低いです。

これは、国の経済状況や労働市場の構造などによります。

そのため、開発作業を海外に持ち出すことで、大幅なコスト削減が期待できます。

例えば、開発者の時間単価が国内の半分であれば、開発費用も半分に抑えることができます。

これにより、資金調達の負担を軽減することが可能です。

オフショア開発で失敗する4つの要因

h2下の画像

オフショア開発で失敗する4つの要因は、以下の通りです。

  • コミュニケーションがうまく取れない
  • 為替の影響を受ける
  • 委託先国の選択ミス
  • 実績がない会社への発注

コミュニケーションがうまく取れない

オフショア開発が失敗する要因の一つ目は、言語の違い、時間帯のズレ、文化的な違いによりコミュニケーションがうまく取れないことです。

例えば、英語が母国語ではない両者が英語でコミュニケーションをとる場合、技術用語や専門用語の理解にズレが生じ、誤解を招く可能性があります。

また、時間帯の違いによる生活リズムのズレは、スケジュール調整や緊急の問題対応に影響を及ぼします。

さらに、文化の違いも無視できません。

一部の地域では、直接的な意見表現が避けられる傾向があり、問題の早期発見・解決を阻む場合もあります。

為替の影響を受ける

オフショア開発が失敗する原因の二つ目は、為替の影響です。

オフショア開発では、外国の企業と契約を結ぶため、その国の通貨で支払いを行う場合が多いです。

しかし、通貨の価値は常に変動しており、この変動が予想外のコスト増につながることがあります。

委託先国の選択ミス

オフショア開発が失敗する原因の三つ目は、委託先国の選択を誤ることです。

技術力が高く、人件費が安い国は多く存在しますが、それぞれ国には固有のリスクも伴います。

例えば、その国の社会情勢や法制度、教育環境などを見極めることなく委託先を選んだ結果、予期せぬ問題に遭遇することもあります。

実績がない会社への発注

オフショア開発が失敗する原因の四つ目は、実績がない会社への発注です。

安価な開発費で魅力を感じるかもしれませんが、その背景には低い技術力や経験不足が隠れている可能性があります。

この結果、開発の遅延や品質の低下というリスクを招くことがあります。

オフショア開発の失敗事例4選

h2下の画像

オフショア開発の失敗事例4選は、以下の通りです。

  • 品質が悪い
  • 設計と違うものが納品される
  • 開発予算を超える
  • 納期が遅れる

品質が悪い

成果物の品質が悪い場合の多くは、意志疎通の問題や、提供元の能力不足によるものです。

例えば、提供元が自身の技術力を過大評価していた場合や、必要な機能や要件の説明が不十分だった場合に生じます。

これらの問題は、初めから明確な要件定義を行い、提供元の実力を正確に評価することで避けることが可能です。

設計と違うものが納品される

ここでいう設計とは、要件定義やソフトウェア設計、ハードウェア設計など、製品の完成形を決定するための設計工程全般のことです。

この失敗事例は、提供元が要求や設計を理解できずに進めてしまったり、あるいは要求自体があいまいだったりすると、このような事態に陥ります。

これは、明確な要件定義と設計を行い、適切に伝えることで避けられます。

開発予算を超える

開発予算を超えてしまうのは、コスト管理の問題で、提供元がコストを抑える能力を持っていなかった、あるいは予算と作業量のバランスがとれていなかった場合に起こります。

例としては、当初の予算内で開発が完了すると見積もったにも関わらず、途中で発生した技術的な問題や要求の追加などによって予算を超えてしまったケースが考えられます。

これは、きちんとした予算計画とその管理、そして適切なコスト見積もり能力を持つ提供元の選定によって防ぐことが可能です。

納期が遅れる

納期が遅れるのは、進捗管理の問題で、提供元がタスクの進捗状況を適切に報告せず、または進捗管理がうまくいかなかった結果、納期遅延が生じることがあります。

具体例としては、開発途中で新たな問題が発覚し、その解決に時間がかかりすぎてしまったというケースが考えられます。

これは、定期的な進行状況のチェックと、早期に問題を発見・解決できる体制作りによって防ぐことが可能です。

オフショア開発を失敗させないために重要なことは?

h2下の画像

オフショア開発を失敗させないために重要なことは、以下の通りです。

  • 実績のある企業を選ぶ
  • コミュニケーションに注力する
  • 見積もりを細かく行う
  • 委託先国の特性を理解する
  • 進捗管理を徹底する

実績のある企業を選ぶ

オフショア開発では、技術力はもちろんのこと、過去の開発経験やコミュニケーション能力も重要な要素となります。

例えば、類似のプロジェクトを成功させた経験がある企業は、同じような問題に遭遇した際に、過去の経験を活かして問題を解決することが可能です。

また、通信技術や言語などの違いを理解し、それを乗り越えて業務を進める能力も、開発の成功には必須と言えます。

コミュニケーションに注力する

異なる文化や言語を持つ人々と働く際には、意思疎通が難しくなる場合があります。

そのため、明確なコミュニケーションを行い、互いの認識を合わせることが大切です。

具体的には、開発の進捗状況や問題点を定期的に共有し、必要な修正や改善を行うことが重要となります。

また、相手の文化を理解し、それに配慮したコミュニケーションを行うことも大切です。

見積もりを細かく行う

オフショア開発では、開発コストや納期など、プロジェクトの全体像を把握することが重要です。

そのため、開発の各フェーズごとに細かく見積もりを行い、リスクを予測し、その対策を講じることが求められます。

例えば、新たな機能の追加や仕様変更が発生した際には、それがコストや納期にどのように影響を与えるかを評価し、適切な対応を行う必要があります。

委託先国の特性を理解する

この理解がなければ、期待と異なる結果を招きます。

たとえば、インドとフィリピンでは英語の使い方やビジネススタイルが異なります。

また、時間に厳しい国とそうでない国もあります。

委託先の特性を把握し、それに基づいたマネジメントを行うことが肝要です。

進捗管理を徹底する

開発進捗は、プロジェクトの健全性を判断するための重要な指標です。

進捗が計画通りでない場合、問題が生じている可能性があります。

例えば、品質に問題があるか、開発工数が見積もりを超えている可能性があります。

これらを早期にキャッチし、対策を講じることが重要です。

具体的には、開発状況の定期的な報告を求め、随時フィードバックを行うことが効果的です。

オフショア開発の失敗を防ぐためにはノーコード開発がおすすめ

h2下の画像

ノーコード開発とは、具体的なプログラミングの知識が不要であり、コーディングをせずにアプリを生成する開発手法のことを言います。

これにより、コーディングのスキルがない人でも、自分の思い描いたものを実現することができます。

ノーコード開発の特徴は主に以下の通りです。

専門知識なしでも開発可能

コーディングの知識がなくても、アプリを作成できます。

短期間での開発

高度なプログラミングスキルが不要なため、短い時間でアプリを開発できます。

低コスト

高給取りの専門家を雇う必要がないため、開発コストを抑制することができます。

以上のノーコード開発の特徴を活かして、オフショア開発の失敗を防ぐことができます。

コーディングを必要としないので、技術的な認識のずれが減り、コミュニケーションを円滑にすることができます。

また、ノーコード開発ツールのテンプレートを使用することで、設計とのずれを防ぎます。

オフショア開発において、ノーコード開発は有効な手法だと言えます。

ノーコード開発のメリット

h2下の画像

ノーコード開発のメリットは、以下の通りです。

  • 開発期間を短縮できる
  • 費用を抑えられる

開発期間を短縮できる

ノーコード開発のメリットの一つは、開発時間の短縮です。

実際のコーディングが不要であるため、ソフトウェア開発に必要な時間を大幅に削減できます。

コーディングを伴うソフトウェア開発では、アプリを作成するためには複数のプログラミング言語を習得している必要があります。

そのため、必要なプログラミング言語を習得している人材を探すのにも、実際にコーディングをするのにも時間がかかります。

しかし、ノーコード開発では以下のようなプロセスで開発が進められます。

要件定義

開発するアプリケーションの要件を明確にします。

デザイン

GUIを利用して直感的に画面設計が行えます。

実装

ドラッグ&ドロップや設定項目の選択などで実装が可能です。

例えば、営業支援ツールを開発する場合、顧客情報の管理や営業活動のスケジュール管理などの機能を持つアプリを、短期間で実装することができます。

これにより、開発期間を大幅に短縮でき、ビジネスチャンスを逃さずに済むという大きな利点があります。

費用を抑えられる

もう一つのノーコード開発の大きな利点は、開発費用の削減です。

コーディングを伴うソフトウェア開発では、エンジニアを雇うためのコストが必要です。

また、開発ツールのライセンス費用や研修費用など、その他のコストも発生します。

しかし、ノーコード開発では以下のような経済的なメリットがあります。

人件費の削減

プログラミングスキルがないスタッフでもアプリ開発が可能なため、専門的な開発者を雇う必要がありません。

ツールのコスト削減

ノーコード開発ツールは、月額料金制で利用できるものが多く、大きな初期投資を抑えることができます。

オフショア開発でノーコード開発ツールを使用すれば、実績のある専門的なプログラマーを雇うことなく、低コストでアプリ開発が可能となります。

また、新たなビジネスアイデアを試す際の試作品を作るコストも大幅に削減できます。

これにより、事業リスクを抑えつつ、新しいアイデアを迅速に試すことが可能となります。

ノーコード開発のデメリット

h2下の画像

ノーコード開発のデメリットは、以下の通りです。

  • プラットフォームに依存する
  • 複雑で大規模な開発ができない

プラットフォームに依存する

ノーコード開発は、多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットもあります。

その一つが、開発プラットフォームへの依存性です。

ノーコード開発ツールを使用することで、開発プロセスがプラットフォームに大きく依存します。

以下にその詳細を挙げます。

ツールの制約

選択したツールが提供する機能や設定の範囲内で開発を進める必要があります。

互換性問題

他のツールやシステムとの連携が難しくなることがあります。

プラットフォームの更新

プラットフォームがアップデートされた際に、開発したアプリに影響が出ることがあります。

例えば、特定の業務フローを自動化したい場合でも、選択したノーコードツールがその機能をサポートしていなければ、実現は難しくなります。

また、プラットフォームがビジネスの要件に合わなくなった場合や、新しいプラットフォームへの移行が必要になった場合、大きなリスクとなり得ます。

複雑で大規模な開発ができない

もう一つのノーコード開発のデメリットは、複雑な開発や大規模な開発が困難であることです。

以下にその詳細を挙げてみます。

機能の制約

ノーコードツールは簡易的なアプリケーション開発には適していますが、複雑なロジックや高度な機能を実装するのは難しい場合があります。

パフォーマンスの問題

大規模なデータ処理や高いパフォーマンスを必要とする開発には限界があります。

例えば、大量のデータを処理する必要があるビッグデータ分析のツールや、リアルタイム性が求められるゲームアプリなどの開発には、ノーコードツールの使用は難しい場合が多いです。

オフショア開発とノーコード開発の違い

h2下の画像

オフショア開発とノーコード開発の違いは、以下の通りです。

  • 費用
  • 開発期間
  • クオリティ

費用

ソフトウェアをつくるための費用は、オフショア開発とノーコード開発で大きく異なります。

オフショア開発では、外部の開発チームに依存します。

そのため、人件費やプロジェクトの複雑さによっては、多額の費用が必要です。

一方、ノーコード開発ツールを使用すれば、コードを書くための特別なスキルが必要ないため、大幅にコストを削減することが可能です。

しかし、ノーコード開発ツールも、プラットフォームによっては高価なものもあります。

また、特定の機能や拡張性を求める場合には、追加料金が発生することもあります。

開発期間

開発時間もまた、オフショア開発とノーコード開発で大きな違いがあります。

オフショア開発では、開発チームとの調整、プロジェクトのスケジュール、タスクの分配など、事前に計画を立てることが必要です。

これらの要素は、開発期間に大きな影響を与えます。

一方、ノーコード開発ツールを使用すれば、誰でも短時間でアプリを作成できます。

これは、プログラムのコーディング時間を大幅に削減するためです。

ただし、複雑なアプリを作成する場合や、特定の機能を実装する場合には、相応の時間が必要となります。

クオリティ

オフショア開発では、経験豊富なプロの開発者がプロジェクトを担当します。

これにより、ハイクオリティなソフトウェアを作成することが可能です。

しかし、コミュニケーションの課題や時差などの問題が生じる可能性もあります。

これらは、プロジェクトの品質に影響を及ぼす要因です。

一方、ノーコード開発では、アプリの品質は使用するツールとユーザーのスキルに大きく依存します。

既存のテンプレートやコンポーネントを使用してアプリを作成するため、品質は一定の範囲内に収まります。

ただし、ノーコード開発ツールには限界があり、複雑なアプリや特殊な機能を持つアプリを作成することは難しいです。

まとめ

h2下の画像

この記事では、オフショア開発とノーコード開発について解説しました。

オフショア開発は、IT人材の確保や開発費用の削減などの理由から選択されますが、コミュニケーションの問題や為替の影響、委託先国の選択ミスなどにより失敗する要因も存在します。

一方、ノーコード開発は開発期間の短縮や費用の削減などのメリットがありますが、プラットフォーム依存の問題や複雑な開発が難しいというデメリットもあります。

オフショア開発とノーコード開発の選択は、プロジェクトの費用、開発期間、品質の要求によって決まります。

その選択を正しく行うためには、両者の特性とメリット・デメリットを理解することが重要です。