2023.05.25

・#新規事業

システム開発の費用相場は?費用を抑える方法もご紹介

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
システム開発の費用相場は?費用を抑える方法もご紹介

目次

はじめに

h2下の画像

1.この記事のポイント

高額になりがちな「システム開発」。

できることならばできるだけ費用を抑えて開発したいですよね。

ノーコードを用いることで、システム開発費を大幅に抑えることが可能です。

この記事では、ノーコードを用いてアプリケーションやサービスなどのシステム開発を行うと、従来と比べてどのくらい費用を削減できるのかを具体的にわかりやすく解説していきます。

 2.この記事を読んで欲しい人

この記事を読んで欲しい人は、下記のような方です。

・システム開発の開発費を、できるだけ抑えたい人

・ノーコードでシステム開発を行うと、どのようなメリットがどのくらいあるのか知りたい人

システム開発費用とは何か?

h2下の画像

基本的な定義

システム開発費用について理解するためには、その基本的な定義を把握することが重要です。

システム開発費用とは、新しいソフトウェアやアプリケーションを設計・開発する際にかかる費用のことを指します。

これにはプログラマーやデザイナーの給与、開発ツールや設備のコスト、テストやデバッグにかかる費用などが含まれます。

費用の構成要素

システム開発費用は複数の構成要素から成り立っています。

まず、人件費が大きな部分を占めます。

プロジェクトチームのメンバーが開発に従事するため、彼らの給与や福利厚生費が費用に影響します。また、開発に必要なハードウェアやソフトウェアの購入・ライセンス費用も含まれます。

さらに、テストや品質保証のためのリソースも費用の一部です。

なぜ費用がかかるのか

システム開発には、高度な専門知識やスキルを持つ人材が必要です。

プログラミング言語や開発ツールの選定、データベースの設計など、多岐にわたる作業が必要となります。

さらに、開発過程でのトラブルシューティングやバグ修正も時間と労力を必要とします。

こうした作業のために、専門家の協力や各種リソースの投入が欠かせないため、費用が発生するのです。

システム開発の種類とそれぞれの費用

h2下の画像

ウェブアプリケーション開発

ウェブアプリケーションの開発では、フロントエンドとバックエンドの両方の開発が必要です。

ユーザーインターフェースの設計や実装、データベースの構築などが費用の一部です。

また、セキュリティ対策やパフォーマンス最適化も重要な要素となります。

モバイルアプリ開発

モバイルアプリの開発では、異なるプラットフォーム(iOSやAndroidなど)に対応するための開発が必要です。

各プラットフォームごとに最適化されたデザインと機能を提供するため、費用が増加します。

また、ユーザー体験を向上させるために、アプリの動作確認やテストにも費用がかかります。

クラウドシステム開発

クラウドシステムの開発では、インフラストラクチャやサービスの設計・構築が主な費用の要因となります。

クラウドプロバイダの利用料やデータストレージの費用も影響を及ぼします。

スケーラビリティやセキュリティの考慮も必要であり、これらを実現するために費用が必要です。

ツール導入型とスクラッチ開発型の費用比較

h2下の画像

ツール導入型のメリットとデメリット

ツール導入型の開発手法は、既存の開発ツールやフレームワークを使用することで、効率的な開発を実現します。

これにより、開発期間の短縮や品質の向上が期待できます。

しかし、ツールの導入やカスタマイズに初期コストがかかることや、柔軟性に制約があることがデメリットとして挙げられます。

スクラッチ開発型のメリットとデメリット

スクラッチ開発型のアプローチは、ゼロからシステムを構築する方法です。

これにより、ニーズに合わせたカスタマイズや柔軟な設計が可能です。

しかし、開発に時間と手間がかかるため、初期段階での費用や納期の延長が懸念されます。

また、スキルや経験が必要なこともデメリットです。

コストパフォーマンスの比較

ツール導入型とスクラッチ開発型のコストパフォーマンスを比較する際には、初期投資と開発期間、品質などの要因を総合的に考慮する必要があります。

ツール導入型は初期コストが高いが効率的な開発が可能な一方、スクラッチ開発型は柔軟性が高いが開発に時間がかかることを踏まえ、プロジェクトのニーズに合った選択が求められます。

プログラマとシステムエンジニアの人件費

h2下の画像

プログラマの平均給与

プログラマの平均給与は、経験や専門知識によって大きく異なります。

プログラミング言語やフレームワークのスキルが高いほど、市場価値が向上し給与も増加する傾向があります。また、業界や地域によっても給与水準は変動します。

システムエンジニアの平均給与

システムエンジニアの平均給与も、スキルや経験によって大きく変動します。

システム全体の設計や運用など、幅広い領域にわたるスキルが求められるため、給与もそれに応じて変動するでしょう。

業界の需要や市場のトレンドも影響を与える要因です。

スキルセットと給与の関係

プログラマやシステムエンジニアの給与は、所持しているスキルセットに密接に関連しています。

新しい技術やツールに対する熟練度や、プロジェクトの規模に対応できる能力が高いほど、給与がアップする可能性があります。

しかし、スキルだけでなくコミュニケーションやチームワーク能力も重要であることを忘れずに考慮することが大切です。

開発規模による費用の違い

h2下の画像

小規模プロジェクトの費用

小規模なプロジェクトの場合、開発にかかる費用は比較的抑えられます。

少数の人員で短期間で開発が進むため、人件費や開発ツールのコストが低く済むことが多いです。

ただし、プロジェクトの範囲や要件が増加すると、追加の費用が発生する可能性も考慮しなければなりません。

中規模プロジェクトの費用

中規模のプロジェクトでは、プロジェクト規模や開発期間が中程度になるため、費用もそれに比例して増えてきます。

プロジェクトメンバーの数や必要なリソースが増加することで、人件費や開発環境のコストが増えることがあります。

大規模プロジェクトの費用

大規模なプロジェクトは、開発に多くの人員と長期間を要するため、費用が高額になることが一般的です。

プロジェクト全体の調整やコミュニケーションコスト、複雑なシステム設計やテストにかかるコストが増加します。

こうした大規模プロジェクトでは、予算の適切な管理と効率的なリソースの配分が求められます。

運用・保守費用の考慮点

h2下の画像

定期的なアップデート

システムの機能追加やバグ修正など、定期的なアップデートは運用・保守において重要です。

これによりシステムの最新化や改善が行われますが、開発・テスト・導入の手間やコストがかかることを考慮する必要があります。

セキュリティ対策

セキュリティ対策は運用・保守において欠かせません。

定期的なセキュリティ監査や脆弱性のチェック、必要に応じた対策の実施が必要です。

これによりデータ漏洩や攻撃を防ぐことができますが、専門家の協力やセキュリティツールの導入に費用がかかる可能性があります。

バックアップと復旧

データのバックアップと復旧計画も運用・保守の重要な要素です。

システム障害やデータ損失時に迅速な復旧ができるよう、適切なバックアップ戦略を策定する必要があります。

バックアップ用のストレージや復旧テストなど、これに関連するコストが発生することを考慮しましょう。

費用を抑制するためのコツと方法

h2下の画像

費用を抑制するためには、いくつかのコツと方法があります。

オープンソースソフトウェアの活用

オープンソースのソフトウェアを活用することで、ライセンス費用を節約できます。

例えば、ウェブサイトの構築にWordPressを使用することで、高額なソフトウェアライセンスの代わりに無料で高品質なソリューションを導入できます。

アジャイル開発の採用

アジャイル開発手法を取り入れることで、開発プロセスの効率を向上させることができます。

短い開発サイクルで成果物を提供し、フィードバックを受けながら進化させることで、無駄な作業やコストを最小限に抑えることが可能です。

リモートワークの導入

リモートワークを取り入れることで、オフィススペースや設備にかかるコストを削減できます。

従業員が自宅や遠隔地から働ける環境を整備することで、不必要な経費を減少させつつ、柔軟な働き方を提供できます。

ノーコードで開発

ノーコードプラットフォームを活用することで、プログラミング知識がなくてもアプリケーションを開発できます。

既存のテンプレートやコンポーネントを活用してシステムを構築するため、開発工数やコストを削減できるでしょう。

ノーコードでシステム開発費用はどれくらい安くなる

h2下の画像

1. システム開発費が高額なのはなぜなのか

「システム開発」ときくと、「高い」というイメージを持ってる方は多いです。

事実として、一般的にシステム開発は高額です。

数百万円かかることもしばしばあります。

そもそもなぜ、システム開発はこんなにも高額なのでしょうか。

その理由は、開発や運用に時間がかかり、「人件費」が高額だからです。

システム開発のコストには、次のようなものが挙げられます。

①プロジェクト管理費

プロジェクトの管理者が進捗管理や品質管理などのマネジメントを行う際にかかる費用です。

②システム開発費

設計、コーディング、テスト、ドキュメント作成などにかかる人件費です。

③その他間接費

オフィスの賃貸料や開発機材のレンタル費、スタッフの交通費などです。

また、この他トラブル発生に備えて「リスク費」として予備費用を確保する場合もあります。

上記の通り、システム開発のコストは、プロジェクト管理費やシステム開発費のような人件費が多くを占めます。

つまり、開発期間や開発手法によって、コストが増大します。

そのため、プロジェクトに適した開発手法を採用し、最適な開発スケジュールを組むことでコストを削減することが可能です。

 2. 従来の開発方法から削減できる工程

それでは、従来のシステム開発とノーコードを用いた開発一般的な開発を比較していきましょう。

システム開発は、①要件定義②基本・詳細設計③実装④運用・プロダクト改善という4つのフェーズで進んでいきます。

①要件定義は機能要件や非機能要件はノーコードの場合でも同様に決めておく必要があり工数は変わりません。

依頼主へのヒアリングを通して、課題の正しい認識・その課題を正しく解決するための要件とは何なのかを深掘っていきます。

②基本・詳細設計に関しては、改善フェーズで機能を付け足していくことを想定して作るため、必要最低限の設計が可能となります。

要件定義で明確にしたコア要件を、実際に設計していきます。概算で1/2の工程の短縮が可能です。

③実装に関しては、フロントやバックエンドの設定がコーディングに比べて簡易なため、大きな期間短縮につながります。

従来、このフェーズはコーディングによる作業を行っており、長大なコードを書かなければならなかったり、エラーの修正をしなければならないものでした。

しかし、ノーコードはそれらの作業をほとんど削減できるため、大幅な期間短縮が可能となります。

概算で従来の1/5へ期間を短縮可能となります。

④運用・改善に関しては、素早く機能を追加し、アップデートしていくことが可能であるため、より早くPSF(Product Service Fit : 開発するシステムがベストパフォーマンスを発揮している状態)に到達できます。

概算で、1/5の工程の短縮が可能です。

 3. どれくらい安くなる

これまで、従来の制作工程とノーコードでの制作工程の違いについて解説してきました。

それでは、具体的に費用面に落とし込むと、どのくらいのコストがカットできるのでしょうか。

ノーコードを用いて開発を行うと、概算で従来の開発費用の最大1/10に削減可能となります。

1/10と聞いて驚かれたかもしれませんが機能によっては、このくらいの期間短縮が実際に可能です。

概算で、一般的な開発の場合、初期費用が300-500万、ユーザーテストをしながらシステム更新が20-50万かかります。

ノーコードであれば、初期費用が50-100万、ユーザーテストをしながらシステム更新を月2-5万で行うことが可能となります。

費用対効果を高めるためのポイント

h2下の画像

費用対効果を向上させるためには、以下のポイントに注意を払うことが大切です。

ROI(投資対効果)の計算

プロジェクトや取り組みの投資対効果を評価することで、リターンを最大化できる活動を選択できます。

投資したコストと得られる成果をバランスよく見極めることで、効果的な意思決定が可能です。

ユーザーエクスペリエンスの向上

顧客やユーザーの満足度を向上させることで、売上や評判を向上させることができます。

使いやすさや満足度を追求することで、顧客ロイヤルティを高めつつ、長期的な収益を確保できるでしょう。

プロジェクトの進捗管理

プロジェクトの進捗管理を徹底することで、予定通りの進行を確保できます。

タスクの進捗や課題の特定を素早く行い、スケジュール遵守を心がけることで、遅延による余分なコストを回避できます。

予算設定と見積もりの重要性

h2下の画像

予算の設定と見積もりはプロジェクトの成功にとって重要な要素です。

予算の設定方法

プロジェクトの目標やスコープに基づいて、適切な予算を設定することが必要です。

過去の類似プロジェクトの経験や市場調査を参考にしながら、必要なリソースやコストを見極めることが大切です。

見積もりのリクエストと比較

複数のベンダーや専門家から見積もりをリクエストし、提案を比較することで適切な費用を評価できます。

それぞれの提案を詳細に分析し、価格と品質のバランスを考慮して選択しましょう。

隠れたコストの警戒

見積もりの際には隠れたコストや予期せぬ費用を考慮することが重要です。

例えば、追加の機能要件や変更リクエストに伴うコスト、サポートや保守にかかる費用などを見逃さないようにしましょう。

外注と自社開発の費用比較

h2下の画像

外注と自社開発の費用比較は、プロジェクト戦略の選択に影響を与えます。

外注のメリットとデメリット

外注を選択すると、専門的なスキルや経験を持つチームがプロジェクトに参加できます。

しかし、コミュニケーションの課題やスケジュールの調整が難しくなる可能性もあります。

自社開発のメリットとデメリット

自社開発を選択すると、プロジェクトのコントロールが容易です。

しかし、必要なスキルやリソースを確保することが難しい場合や、時間と労力がかかる場合もあります。

総費用の比較

外注と自社開発の総費用を比較する際には、開発コストだけでなく運用や保守にかかる費用も考慮することが大切です。

将来的な費用予測を行い、長期的な視点で判断しましょう。

費用に関するよくある質問と回答

h2下の画像

プロジェクトにおける費用について、よくある質問とその回答をまとめました。

初期費用とは?

初期費用とは、プロジェクトやサービスを開始する際に必要な一回限りの費用のことです。

開発コストや導入費用、設備の購入費などが含まれます。

これに対して、運用や保守にかかる費用はランニングコストとして別途かかります。

隠れた費用とは?

隠れた費用とは、初めに予測されていなかったが後から発生する費用のことを指します。

例えば、追加の機能要件や変更リクエストによる追加開発費用、サポートやトレーニングにかかる費用などが該当します。

プロジェクト計画の際にも考慮しておくことが重要です。

費用削減のための補助金はあるか?

一部のプロジェクトや取り組みでは、政府や団体からの補助金や助成金を受けることができる場合があります。

特定の条件を満たす場合に申請できることがあり、プロジェクトの実施費用を削減する一助となることがあります。

ただし、応募条件や手続きに注意が必要です。

まとめ

h2下の画像

この記事では、システム開発費用に関するさまざまな側面を探求してきました。

システム開発費用の基本的な定義から、費用の構成要素やその背後にある理由について詳しく説明しました。

また、ウェブアプリケーション、モバイルアプリ、クラウドシステムの開発にかかる費用や、ツール導入型とスクラッチ開発型の費用比較についても解説しました。

さらに、プログラマとシステムエンジニアの人件費や、開発規模による費用の違い、運用・保守費用の考慮点についても触れました。

費用を抑制するためのコツや方法、費用対効果を高めるポイント、予算設定と見積もりの重要性、外注と自社開発の費用比較、さらにはよくある質問と回答に至るまで、幅広いテーマをカバーしています。読者はこれらの情報を通じて、システム開発プロジェクトの費用についての理解を深め、効果的な意思決定や計画を行えるでしょう。