2023.07.26

・#新規事業

システム開発を外注するメリットは?外注先の選び方や費用を抑えるポイントも解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
システム開発を外注するメリットは?外注先の選び方や費用を抑えるポイントも解説

目次

システム開発とは

h2下の画像

システム開発は、情報システムを設計・構築するプロセスのことを指します。

情報システムは、組織や個人の業務や活動を支援し、効率化や品質向上を図るために開発されます。

システム開発では、要件定義から設計、実装、テスト、運用までの一連の工程を経てシステムを完成させることが目標となります。

システム開発の主な種類

h2下の画像

システム開発の主な種類、以下の三つについて紹介します。

  • スクラッチ開発
  • パッケージ開発
  • ノーコード開発

スクラッチ開発

スクラッチ開発とは、システムをゼロから設計・構築する方法です。

要件定義を行い、必要な機能や仕様を明確化した上で、プログラミング言語やフレームワークを用いてシステムを開発します。

スクラッチ開発では、開発者が全てのコードを手作業で記述するため、柔軟なシステム設計やカスタマイズが可能です。

ただし、開発には時間や労力がかかるため、プロジェクトの規模や要求仕様に応じて適切な選択が求められます。

パッケージ開発

パッケージ開発とは、既存のソフトウェアやアプリケーションを利用してシステムを構築する方法です。

パッケージとは、一般的な業務処理や機能を備えたソフトウェアのことであり、そのパッケージを利用してシステムを開発します。

パッケージ開発では、既に開発されたコンポーネントやモジュールを活用することで、効率的な開発が可能となります。

また、パッケージ提供元からのサポートやアップデートも受けられるため、保守性や信頼性の高いシステムを構築できます。

ノーコード開発

ノーコード開発とは、プログラミングの知識がないユーザーでもコードを書かずにシステムを開発できる手法です。

ノーコード開発では、専用の開発ツールやプラットフォームを使用し、視覚的にわかりやすいインターフェースやドラッグ&ドロップの操作によってシステムを構築することが可能です。

プログラミングのコーディング作業が不要であるため、非エンジニアでもシステム開発を行うことができます。

ただし、柔軟性やカスタマイズ性は限定される場合があります。

システム開発には、これらの種類以外にもさまざまな手法やアプローチが存在します。

プロジェクトの要件や目標に合わせて最適な開発方法を選択することが重要です。

システム開発は内製か外注か?

h2下の画像

システム開発における内製、外注について紹介します。

  • 内製とは
  • 外注とは

内製とは

内製とは、企業や組織が自らの内部でシステム開発を行うことを指します。

具体的には、自社のエンジニアや開発チームがプロジェクトを担当し、システムの設計・開発を行います。

内製のメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

・自社の要件やニーズに柔軟に対応できる

・セキュリティや機密情報の管理がしやすい

・長期的な保守・運用が可能

外注とは

外注とは、企業や組織が外部の専門企業や開発会社にシステム開発を委託することを指します。

外注のメリットとしては、以下のような点があります。

・専門知識や技術を持った外部のプロフェッショナルが開発を担当する

・開発にかかる時間やリソースを削減できる

・短期間での開発が可能

システム開発を外注したほうがいい企業

h2下の画像

大規模なシステム開発を行いたい企業にとって、外注は有益な選択肢となります。

ここでは、システム開発を外注した方がいい企業の特徴を三つ紹介します。

  • 大規模なシステム開発を行いたい
  • システム開発を効率よく行いたい
  • 自社にシステム開発の専門知識や技術を持った人がいない

大規模なシステム開発を行いたい

大規模なプロジェクトでは、多くのリソースと専門知識が必要ですが、外部の開発会社に委託することで、必要なスキルを持った開発者が揃います。

外部の開発会社は、過去の経験や実績を持っており、複雑なプロジェクトにも対応することが可能です。

さらに、開発における最新の技術や優れたノウハウを持っていることがあります。

システム開発を効率よく行いたい

外部の開発会社は、開発に特化したプロフェッショナル集団であるため、経験に基づいた効率的な開発プロセスを持っています。

外注による開発では、企業内のリソースを他の業務に割り当てることができるため、開発に関わる時間や労力を節約することが可能です。

自社にシステム開発の専門知識や技術を持った人がいない

システム開発には高度な技術や専門知識が必要ですが、自社に技術を持った人材がいない場合、外部の開発会社に依頼することで専門知識を補完できます。

外部の開発会社は、最新の技術トレンドや手法に詳しい場合があり、自社のシステムにもその手法を取り入れることができます。

システム開発を内製するか外注するかは、企業の状況や目標に応じて慎重に判断する必要があります。

システム開発を外注するメリット

h2下の画像

システム開発を外注するメリットを五つ紹介します。

  • エンジニアの採用・育成をせずに開発できる
  • 開発設備の初期投資が不要
  • 請負契約の場合に契約不適合責任が発生する
  • 構想段階から任せることができる
  • 運用後の保守を依頼できる

エンジニアの採用・育成をせずに開発できる

システム開発を外注することでエンジニアの採用や育成にかかる時間やコストを削減できます。

専門的なスキルを持った外部の開発者が開発を担当するため、高品質なシステムを効率的に実現できます。

開発設備の初期投資が不要

システム開発を外注することで、開発に必要なハードウェアやソフトウェアの導入にかかる初期投資を回避できます。

外部の開発会社が必要な開発環境を整えてくれるため、迅速にプロジェクトを開始できます。

請負契約の場合に契約不適合責任が発生する

システム開発を外注する際に請負契約を結ぶ場合、外部の開発会社には契約不適合責任が発生します。

つまり、契約した仕様や品質基準に合致しない場合は、外部の会社が責任を負う必要があります。

構想段階から任せることができる

システム開発を外注する際、構想段階から外部の開発会社に依頼すると専門知識や経験を持った開発者がプロジェクトに参画し、適切なアドバイスや提案をしてくれます。

運用後の保守を依頼できる

システム開発を外注する際、開発会社にシステムの運用や保守を依頼することができます。

そのため、長期的な関係を築くことで、システムの継続的な改善やサポートを受けることができます。

システム開発を外注するデメリット

h2下の画像

システム開発を外注するデメリットを五つ紹介します。

  • 自社事業に関する理解が浅い
  • 費用がかかる
  • 情報漏洩のリスクがある
  • 開発会社によって技術力に差がある
  • システム開発のノウハウが社内に貯まらない

自社事業に関する理解が浅い

外部の開発会社は、自社の事業や業務の細かなニュアンスを十分に把握していない場合があります。

そのため、要件定義やコミュニケーションにおいて誤解やズレが生じる可能性があります。

費用がかかる

外部の開発会社に開発を委託すると、費用が発生します。

特に大規模なプロジェクトや長期間の開発では、膨大な費用がかかる場合があります。

情報漏洩のリスクがある

システム開発を外注すると、外部の開発会社には、自社の機密情報やデータにアクセスする機会が生じます。

情報漏洩のリスクが存在するため、情報セキュリティに十分な配慮が必要です。

開発会社によって技術力に差がある

外部の開発会社によっては、技術力や品質に差がある場合があります。

信頼性や成果物の品質を評価するためには、事前の調査や参考情報の収集が重要です。

システム開発のノウハウが社内に貯まらない

外部の開発会社がシステム開発を担当するため、自社内に開発のノウハウや経験が蓄積されない可能性があります。

将来的な自社開発の際には、不利な状況になることがあります。

システム開発を外注するかどうかの判断には、企業の特定の要件や制約、リソースの有無などを考慮する必要があります。

システム開発を外注する基本的な流れ

h2下の画像

システム開発を外注する基本的な流れについてステップごとに説明します。

  1. 開発したいシステムの内容を決める
  2. 外注先を探す
  3. RFP(Request For Proposal)を作成する
  4. 外注先と打ち合わせする
  5. 相見積もりから外注先を絞り込む
  6. 取引基本契約書を締結
  7. 要件定義
  8. 基本設計
  9. 詳細設計
  10. 個別契約書の作成
  11. テスト計画書の作成
  12. 開発(コーディング/プログラミング)
  13. 単体テスト
  14. 結合テスト
  15. 総合テスト
  16. 運用テスト
  17. 納品
  18. リリース
  19. 保守・運用

1.開発したいシステムの内容を決める

開発したいシステムの具体的な内容や要件を明確に定義します。

システムの目的や機能、利用するユーザーのニーズなどを考慮し、開発すべきシステムの範囲を決定します。

2. 注先を探す

開発するシステムに適した外注先を探します。

市場調査や参考情報を活用し、信頼性や実績のある外部の開発会社を選定します。

3.RFP(Request For Proposal)を作成する

外部の開発会社に対して、RFP(提案依頼書)を作成します。

RFPには、開発するシステムの詳細な要件やスケジュール、予算などが含まれます。

4.外注先と打ち合わせする

選定した外注先と打ち合わせを行います。

開発の要件や目標、スケジュールなどについて詳細に話し合い、双方の合意を得ます。

5.相見積もりから外注先を絞り込む

受け取った外注先からの相見積もりを比較し、最も適切な外注先を絞り込みます。

価格や開発実績、提案内容などを総合的に考慮します。

6.取引基本契約書を締結

選定した外注先との間で取引基本契約書を締結します。

契約書には、開発の範囲や納期、報酬などの詳細が明記されます。

7.要件定義

開発するシステムの要件を定義します。

ユーザーからの要求やニーズを洗い出し、システムの機能や仕様、制約条件などを具体化します。

8.基本設計

要件定義を基に、システムの基本設計を行います。

システムの構造やデータベース設計、インターフェースなどを詳細に計画します。

9.詳細設計

基本設計を基に、システムの詳細設計を行います。

プログラムの詳細仕様や画面レイアウト、データの処理フローなどを具体的に定義します。

10.個別契約書の作成

契約内容や納期、報酬などの詳細を定めた個別契約書を作成します。

開発の進捗や品質管理などに関する取り決めが含まれます。

11.テスト計画書の作成

テストの計画や方法をまとめたテスト計画書を作成します。

システムの品質を確認するためのテストケースやテストデータなどが含まれます。

12.開発(コーディング/プログラミング)

プログラムのコーディングやプログラミング作業が行われます。

開発環境やプログラミング言語に基づいて、システムの実装が進められます。

13.単体テスト

個々のプログラムや機能に対して単体テストを実施します。

各部品の動作や挙動を確認し、プログラムの品質を検証します。

14.結合テスト

個々のモジュールや機能が組み合わさった際の動作やデータの連携を確認するために、結合テストを実施します。

異なるモジュールやコンポーネントの相互作用が正しく行われるかを検証します。

15.総合テスト

システム全体の動作や機能を確認するために、総合テストを実施します。

複数のモジュールや機能が組み合わさった状態でシステムをテストし、ユーザーの要求や仕様に適合するかを検証します。

16.運用テスト

実際の運用環境に近い状態で、システムの性能や安定性をテストするために運用テストを実施します。

負荷テストやストレステストなどを行い、負荷のかかる状況下でシステムが適切に動作するかを確認します。

17.納品

開発が完了し、品質が確認されたシステムを納品します。

納品物は、開発成果物やドキュメント、ソースコードなどの形態で提供されます。

18.リリース

納品されたシステムを実際の運用環境に導入し、ユーザーが利用できるようにします。

システムの安定性や互換性を確認し、正常に稼働することを確認します。

19.保守・運用

システムの保守や運用を行います。

不具合の修正や機能の追加、セキュリティの維持などを担当し、システムの安定的な運用を支えます。

システム開発を外注する場合、上記の流れを適切に管理・監督することが重要です。

外注先とのコミュニケーションや品質管理を行いながら、効果的なシステム開発を実現しましょう。

失敗しないシステム開発を外注する会社の選び方

h2下の画像

失敗しないシステム開発を外注する会社を選ぶ際に重要なポイントを三つ紹介します。

システム開発を外注する際には、以下のポイントに注意しながら会社を選びましょう。

  • 開発実績
  • 開発担当者の提案力・コミュニケーション力
  • 運用・保守体制が充実しているか

開発実績

開発会社の実績や経験を確認します。

過去にどのようなプロジェクトに携わってきたのか、どのくらいの規模や領域の開発実績があるのかを調査しましょう。

開発担当者の提案力・コミュニケーション力

開発担当者の提案力やコミュニケーション能力が重要です。

要件定義や設計の段階で、適切な提案や意見を行ってくれるか、円滑なコミュニケーションが取れるかを確認しましょう。

運用・保守体制が充実しているか

開発後の運用や保守体制が充実しているかを確認しましょう。

システムの安定稼働やトラブル対応、バージョンアップなど、長期的な運用を考慮した体制が整っていることが重要です。

システム開発外注における失敗事例

システム開発外注における失敗事例を三つ紹介します。

システム開発を外注する際には、以下のポイントに注意しながら失敗を避けましょう。

  • 納品されたシステムが意図していたものと違った
  • 納期に間に合わなかった
  • 当初の予算を超えてしまった

納品されたシステムが意図していたものと違った

納品されたシステムが予想と異なる場合があります。

要件定義や仕様書の作成に時間をかけ、開発会社とのコミュニケーションを密にし、ミスマッチを防ぎましょう。

納期に間に合わなかった

納期遅延はプロジェクトに深刻な影響を与えることがあります。

開発会社のスケジュール管理能力やプロジェクト管理体制を確認し、納期遵守が期待できるかを慎重に判断しましょう。

当初の予算を超えてしまった

予算超過は企業にとって重大な問題です。

開発費用の見積もりの透明性や、追加工数や仕様変更に対する柔軟性を確認しましょう。

システム開発を外注する時の注意点【外注前】

h2下の画像

システム開発を外注する前に注意するべきことを五つ紹介します。

システム開発を外注する際には、以下のポイントに注意しながら準備を進めましょう。

  • ゴールが曖昧なまま依頼しない
  • 信頼できる会社か確認する
  • 保守・運用費用も予算に含める
  • 「何を作りたいか」を明確に言語化する
  • 契約内容を確認する

ゴールが曖昧なまま依頼しない

システム開発のゴールや目的を明確に定義しましょう。

開発会社に正確な要件を伝えるためにも、具体的なゴール設定が重要です。

信頼できる会社か確認する

外注先の信頼性や実績を確認しましょう。

過去のプロジェクトや顧客の評価、信頼できる情報源からの情報収集を行い、信頼性の高い会社を選びましょう。

保守・運用費用も予算に含める

システムの保守や運用にかかる費用も予算に含めましょう。

開発後のサポートや保守には費用やリソースが必要であるため、見落とさないようにしましょう。

「何を作りたいか」を明確に言語化する

開発するシステムの目的や必要な機能、要件などを明確に言語化しましょう。

外部の開発会社に正確に伝えるためにも、具体的で明確な要求を定義しましょう。

契約内容を確認する

契約内容や納期、報酬などの詳細を明確に確認しましょう。

納品物や納品形式、保証期間などの取り決めを明示し、トラブルの防止に努めましょう。

システム開発を外注する際には、慎重な準備と適切な選定が重要です。

上記のポイントに留意しながら、外注前の準備を進めましょう。

システム開発を外注する時の注意点【外注後】

h2下の画像

システム開発を外注した後に注意するべきことを2点紹介します。

  • 発注者もプロジェクトにコミットする
  • 要件定義書を確認する

発注者もプロジェクトにコミットする

システム開発を外注した後も、発注者自身がプロジェクトに積極的に関与し、コミットメントを持つことが重要です。

以下のポイントに留意しましょう。

外注先との定期的な打ち合わせや進捗報告を行い、適切なコミュニケーションを取りましょう。

また、必要な情報や資料の提供、迅速な意思決定を行うことで、プロジェクトの進行をスムーズにすることができます。

要件定義書を確認する

システム開発を外注した後は、要件定義書の確認が重要です。

外注先が作成した要件定義書を詳細に確認し、要件が正確に記載されているか、目的や目標に適合しているかを検証することで、誤解やミスマッチを未然に防ぐことができます。

システム開発の外注費用相場と内訳

h2下の画像

システム開発の外注費用相場と内訳について説明します。

システム開発を外注する場合の費用には、以下の内訳が含まれます。

  • 設備費
  • 人件費

設備費

外注先が必要な設備やハードウェアを提供する場合、その費用が設備費として発生します。サーバー、ネットワーク機器、開発ツールなどの購入や利用料などが含まれます。

人件費

外注先のエンジニアや開発チームの人件費が発生します。

開発工程にかかる人件費、プロジェクトマネージャーや品質管理者などの役割を担う人材の費用などが含まれます。

システム開発の外注費用を抑えるならノーコードがおすすめ

h2下の画像

システム開発の外注費用を抑える方法として、ノーコード開発が注目されています。

以下にそのメリットとデメリットを紹介します。

ノーコード開発のメリット

h2下の画像

まず、ノーコード開発のメリットを二つ紹介します。

  • コストを抑えられる
  • 納品までの期間が短い

コストを抑えられる

ノーコード開発では、プログラミングの知識やスキルが不要です。

そのため、開発にかかるコストを抑えることができます。

納品までの期間が短い

ノーコード開発では、既存のプラットフォームやツールを活用してシステムを構築するため、開発期間を短縮することができます。

迅速な納品を実現することが可能です。

ノーコード開発のデメリット

h2下の画像

次に、ノーコード開発のデメリットを二つ紹介します。

  • 複雑なシステムの開発が困難
  • ノーコードのプラットフォームに依存する

複雑なシステムの開発が困難

ノーコード開発は、比較的シンプルなシステムやビジネスプロセスに適していますが、複雑なシステムの開発には限界があります。

柔軟なカスタマイズや高度な機能の実現が難しい場合があります。

ノーコードのプラットフォームに依存する

ノーコード開発では、特定のプラットフォームやツールに依存することがあります。

そのため、プラットフォームの変更やアップグレードによってシステムが影響を受ける可能性があります。

システム開発を外注する際には、外注費用の把握とノーコード開発の選択肢を検討することで、効果的な外注を実現できるでしょう。

まとめ

h2下の画像

システム開発を外注する際の基本的な流れや注意点、外注のメリット・デメリット、外注費用相場と内訳、さらにはノーコード開発についてのメリットとデメリットなどについて解説しました。

システム開発を外注する場合には、外注先の選定や契約内容の確認、要件定義から開発・テスト・納品までの流れに注意しながら進めることが重要です。

また、外注のメリットとしてエンジニアの採用や育成をせずに開発できること、初期投資が不要なこと、構想段階から任せることができることなどがありますが、デメリットとしては自社事業に関する理解が浅くなる可能性や費用の増加、情報漏洩のリスク、開発会社の技術力の差などがあります。

さらに、ノーコード開発については、コストを抑えられることや納品までの期間が短いことがメリットですが、複雑なシステムの開発が困難であり、プラットフォームに依存するというデメリットもあります。

システム開発を外注する際には、これらの情報を参考にしながら、成功事例や失敗事例を踏まえた適切な判断を行いましょう。