2023.05.25

・#ノーコード

カゴ落ちとは?カゴ落ちの原因・対策を徹底的に解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
カゴ落ちとは?カゴ落ちの原因・対策を具体的に解説

目次

カゴ落ち対策とは何か?

h2下の画像

カゴ落ち対策とは、オンラインショッピングやウェブサイトで顧客が商品を選択したにもかかわらず、最終的に購入手続きを完了せずにサイトを離れる現象を軽減または防止するための戦略や手法のことを指します。

カゴ落ちは、ビジネスにとって重要な課題であり、その影響を最小限に抑えるために様々なアプローチが考えられています。

カゴ落ちの基本的な定義

カゴ落ち、あるいは「ショッピングカート放棄」とも呼ばれる現象は、顧客が商品をウェブサイトのショッピングカートに追加した後、購入手続きを途中で中断し、最終的に商品を購入しないままサイトを離れる行動を指します。

この現象は、商品選定の段階での興味を示すにもかかわらず、最終的な購入に至らないケースを指します。

カゴ落ち対策の必要性

カゴ落ち対策の必要性は、オンラインビジネスにおいて大きな課題とされています。

顧客がカゴ落ちを起こす理由はさまざまであり、それに対処しないと、潜在的な収益損失を招くことになります。

例えば、顧客が商品を購入しようとしても、操作性の問題や決済プロセスの複雑性によって途中で断念することがあります。

したがって、カゴ落ち対策はビジネスの成功にとって不可欠です。

カゴ落ちがビジネスに与える影響

カゴ落ちはビジネスに多くの影響を与える可能性があります。

顧客がカゴ落ちを頻繁に行う場合、売上が低下し、利益が減少するリスクが高まります。

また、カゴ落ちが頻発すると、顧客の満足度が低下し、ブランドの評判に悪影響を及ぼす可能性もあります。

したがって、カゴ落ち対策はビジネス戦略の重要な要素となっています。

カゴ落ちの主な原因

h2下の画像

カゴ落ちの主な原因は以下の要因によって引き起こされることがあります。

商品価格とカゴ落ち

商品価格が顧客の予算を超えている場合、カゴ落ちのリスクが高まります。

顧客は商品を購入しようとしても、価格が高すぎると感じた場合、商品をカートに追加したまま購入を躊躇することがあります。

この問題に対処するために、価格戦略やセールなどのプロモーションが考えられます。

ウェブサイトの操作性

ウェブサイトの操作性が低い場合、顧客は商品を選び、カートに追加するプロセスが煩雑で時間がかかると感じることがあります。

顧客はストレスを感じ、購入手続きを中断する可能性が高まります。

ウェブサイトの使いやすさを向上させることは、カゴ落ち対策の一環として重要です。

決済プロセスの複雑性

決済プロセスが複雑で不透明な場合、顧客は最終的な購入手続きを完了することが難しく感じることがあります。

これにより、カゴ落ちのリスクが高まります。

スムーズで信頼性のある決済プロセスを提供することは、カゴ落ち対策の一環として不可欠です。

カゴ落ちの統計データ

h2下の画像

カゴ落ち率の平均値

カゴ落ち率の平均値は、オンラインショッピング業界において重要な指標の一つです。

カゴ落ち率は通常、特定の期間内にカートに商品を追加した顧客のうち、最終的に購入手続きを完了した顧客の割合を示します。

平均カゴ落ち率は業界やビジネスによって異なりますが、一般的には10%から70%の範囲内で変動します。

業界別カゴ落ち率

業界別のカゴ落ち率には大きな差異があります。

例えば、ファッション業界ではカゴ落ち率が比較的高い傾向があり、高額なアパレル商品を購入する際に検討が多くなることが影響しています。

一方で、食品や日用品のオンラインストアではカゴ落ち率が比較的低いことが一般的です。

業界ごとにカゴ落ち率を理解し、対策を講じることが重要です。

カゴ落ちの季節性

カゴ落ちには季節性の要因が影響します。

例えば、年末のホリデーシーズンや特定の祝日には、購買活動が活発化し、カゴ落ち率が低下することがあります。

一方で、セールイベントやキャンペーンが行われない期間には、カゴ落ち率が増加することがよく見られます。

季節性を考慮したカゴ落ち対策を実施することが重要です。

ユーザーエクスペリエンスとカゴ落ち

h2下の画像

サイトデザインとユーザビリティ

サイトデザインとユーザビリティは、カゴ落ち率に直接的な影響を与える要因です。

使いやすいサイトデザインやシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供することは、顧客がスムーズに商品を選択し、購入手続きを完了するのに役立ちます。

ユーザーフレンドリーなサイトを維持し、改善することはカゴ落ち率の低減に寄与します。

モバイル対応とレスポンシブデザイン

モバイルデバイスからのアクセスが増加する現代において、モバイル対応とレスポンシブデザインは重要な要素です。

モバイルユーザーがウェブサイトを簡単に閲覧し、購入手続きを行えることは、カゴ落ち率の低減につながります。

モバイルデバイス向けの最適化を行い、ユーザーに快適な体験を提供しましょう。

ユーザーレビューと評価

ユーザーレビューや評価は、商品の信頼性や品質に関する情報を提供する重要な要素です。

ユーザーが他の顧客のレビューや評価を確認できる場合、商品に対する信頼感が高まり、購入への障壁が低くなります。

商品ページにレビューセクションを設け、顧客の声を活用することはカゴ落ち率の低減に寄与します。

送料とカゴ落ちの関係

h2下の画像

送料無料の効果

送料とカゴ落ちの関係について考える際、送料無料の提供は重要な要素です。

多くの顧客は送料が購買意欲に影響を与えると言えます。

例えば、商品をカートに追加しても、高額な送料が課せられると、購買を躊躇することがあります。

そのため、送料無料を提供することで、顧客は商品を購入する意欲が高まり、カゴ落ち率を低減させることが期待できます。

送料の透明性

送料の透明性はカゴ落ち対策において重要です。

顧客は、商品を購入する際に送料がいくらかかるのかを明確に理解したいと考えます。

不透明な送料設定は顧客の不安を引き起こし、購買意欲を低下させる原因となります。

したがって、送料を明示的に表示し、顧客にわかりやすく伝えることはカゴ落ち率の低減に繋がります。

送料割引キャンペーン

送料割引キャンペーンは、一時的なカゴ落ち対策として有効です。

特定の期間中に送料を割引することで、顧客は購買を促進される可能性が高まります。

例えば、季節のセールや特別イベントで送料割引を提供することで、顧客の購買意欲を喚起し、カゴ落ち率を抑えることができます。

決済方法の多様性とカゴ落ち

h2下の画像

クレジットカード決済

決済方法の多様性はカゴ落ち対策において重要な要素です。

多くの顧客がクレジットカードを利用して購買を行うことが一般的です。

クレジットカード決済を提供することで、顧客は便利さとセキュリティを感じ、購買手続きを途中で中断するリスクが低まります。

クレジットカード以外の決済方法も提供し、顧客の好みに合わせた支払いオプションを提供することが大切です。

銀行振込と代金引換

一部の顧客はクレジットカードを利用しない場合があります。

そのため、銀行振込や代金引換などの代替決済方法を提供することは重要です。

これにより、クレジットカードを持たない顧客も購買を行えるようになり、カゴ落ち率の低減に寄与します。

デジタルウォレットの利用

デジタルウォレットは、近年急速に普及している決済方法の一つです。

スマートフォンアプリを介して支払いを行うデジタルウォレットは、顧客にとって便利で迅速な決済手段となっています。

デジタルウォレットを導入することで、モバイルユーザーに対して購買体験を向上させ、カゴ落ちを軽減させることができます。

カゴ落ちを防ぐためのメールマーケティング

h2下の画像

カートリマインダーメール

カゴ落ちを防ぐためのメールマーケティングの一環として、カートリマインダーメールが効果的です。

これは、顧客がショッピングカートに商品を追加したまま購入手続きを完了しなかった場合に、自動的に送信されるメールのことです。

このメールには、カート内のアイテムや特別オファーなどが含まれ、顧客に購買を思い出させる効果があります。例えば、以下のようなメッセージが含まれます。

「お待ちかねの商品がカートに入っています。今すぐ購入して、お得な特典もお楽しみください。」

パーソナライズされたメール

カゴ落ち対策のもう一つの重要な要素は、パーソナライズされたメールの活用です。

顧客に対して個別に合わせたメッセージを送信することで、購買意欲を高めることができます。

例えば、顧客が特定の商品をカートに入れた場合、その商品に関する情報やレコメンデーションを含んだメールを送信することが効果的です。

「あなたが興味を示した商品がまだカートに残っています。それに加えて、おすすめのアイテムもご紹介します。」

メールによる特別オファー

カゴ落ちを防ぐためには、メールを通じて特別なオファーを提供することが有効です。

顧客に割引コードや無料配送オファーなどの特典を含むメールを送信することで、購買を促進できます。以下はその一例です。

「今回の購入で、特別な10%割引を適用します。この機会をお見逃しなく。」

セキュリティ対策とカゴ落ちの低減

h2下の画像

SSL証明書の導入

セキュリティ対策はオンラインショッピングにおいて不可欠です。

SSL証明書の導入は、顧客が安心してウェブサイト上で情報を入力し、購買手続きを行えるようにする重要な措置です。

SSL証明書が導入されているウェブサイトは、URLが「https://」で始まり、セキュアな通信が行われていることを示します。

これにより、顧客は個人情報の安全性を確信しやすくなり、カゴ落ち率の低減に寄与します。

二要素認証

セキュリティを強化するもう一つの方法は、二要素認証の導入です。

顧客がアカウントにログインし、購買手続きを行う際に、パスワードと追加の認証要素(例:SMSで送信されるコード)が必要となります。

これにより、不正アクセスを防ぎ、顧客データの保護を強化できます。

セキュリティに対する信頼感が高まることで、カゴ落ち率の低減が期待されます。

セキュリティバッジの表示

ウェブサイト上でセキュリティバッジを表示することも、顧客に安心感を提供する方法です。

セキュリティバッジは信頼性のあるセキュリティプロバイダーや認証機関から取得されるもので、ウェブサイトがセキュアであることを証明します。

カゴ落ちを減少させるために、セキュリティバッジの表示を検討しましょう。

カゴ落ち対策の成功事例

h2下の画像

Amazonの1-Click注文

Amazonは、カゴ落ち対策の成功事例としてよく挙げられます。

その中でも、1-Click注文は特に注目されています。

この機能を利用すると、顧客は一度登録情報を入力した後、次回からはワンクリックで商品を購入できます。

購買プロセスの簡略化により、カゴ落ち率を劇的に低減させ、Amazonの利便性を高めています。

ZOZOTOWNの簡易決済

ZOZOTOWNは、簡易決済オプションを提供することでカゴ落ち対策に成功しています。

顧客はクレジットカード情報を一度登録するだけで、以降の購買で簡単かつ迅速な決済が可能です。

この便益を享受することで、顧客は購買プロセスのストレスを軽減し、カゴ落ちを減少させています。

Uniqloのアプリ経由購入

Uniqloは、モバイルアプリを活用してカゴ落ち対策を実施しています。

アプリを通じてシームレスなショッピング体験を提供し、購買プロセスを最適化しています。

また、アプリ限定のプロモーションや特典を提供することで、アプリ経由の購入を促進し、カゴ落ちを防ぐ成功事例です。

カゴ落ち対策のためのツールとリソース

h2下の画像

Google Analyticsの活用

Google Analyticsは、カゴ落ち対策に役立つ貴重なツールです。

ウェブサイトのトラフィックとユーザーの行動を追跡し、カゴ落ち率が高いページやプロセスを特定することができます。

この情報を元に改善策を立案し、効果的なカゴ落ち対策を実施できます。

Shopifyのプラグイン

Shopifyは、オンラインストアを運営する際に便利なプラグインを提供しています。

カゴ落ち率の低減に役立つプラグインも豊富にあります。

例えば、カートリマインダーメールを自動送信するプラグインや、セキュアな決済オプションを提供するプラグインなどがあります。

これらを活用することで、カゴ落ち対策を効果的に実施できます。

Mailchimpのメール自動化

Mailchimpは、メールマーケティングを自動化するためのツールとして利用されています。

カゴ落ち対策として、顧客に自動的にカートリマインダーメールを送信する機能が提供されています。

これにより、顧客に購買を思い出させ、カゴ落ち率の低減に貢献します。

shopifyの基本機能カゴ落ちメール配信機能

h2下の画像

「BASE」や「STORES.jp」などShopify以外にもECサイトはありますが、Shopifyのみカゴ落ちメール機能を利用することができます。

そしてShopifyはカゴ落ちメール配信アプリを追加するのではなく、標準搭載されています。Shopifyの3つのコース全てでで使用することができます。

アプリを入れるなどの操作をしなくともすぐに対策が可能であるというメリットがある一方で、デメリットとしてShopifyのサイトを構築する独自のプログラミング言語、”liquid”コードの知識が必要になります。

アプリを使用する場合、liquidコードの知識がなくとも簡単に設定することが可能ですので、アプリを使用することをおすすめします。

Shopifyアプリを活用したカゴ落ち対策

h2下の画像

コードの知識がなくとも簡単に「カゴ落ち対策」をすることができるアプリを紹介します。

アプリは未だ英語での対応になっているというデメリットもありますが、設定する項目は多くないのでそこまで難易度は高くありません。

「カゴ落ち対策」をすることができるアプリはたくさんありますが、今回は4つ紹介します。

Privy

https://apps.shopify.com/privy?ref=fullbalance-japan)

ショップにポップアップを表示したり、ユーザーにメルマガ登録を促してメールマーケティングを行うことができるアプリです。

1度ショップに入ってきたユーザーの購入率をあげることに特化しています。

FREEプランは無料、STARTERプランは$3.99/月、PROプランは$10.99/月、BUSINESSプランは$79.99/月で利用することができます。

このアプリの優れたカゴ落ち対策機能は、

・クーポン配信をカゴ落ちユーザーに指定可能。

・カゴ落ちメールのデザイン作成が可能

abandoned cart recovery 

https://apps.shopify.com/?locale=ja

カゴ落ユーザーに対してプッシュ通知を送ることができるアプリです。

カゴ落ち対策に特化しています。全てのサービスを無料で使用することができます。

このアプリの優れたカゴ落ち対策機能は

・カゴ落ちして何時間後に送るかなどメールの細かい設定が可能

・細かなデータ分析可能

この2点です。

PushOwl Web Push Notification

https://apps.shopify.com/pushowl?locale=ja)

買い物途中のユーザーにリアルタイムで通知を送ることができるコミュニケーションアプリです。

リアルタイムで通知を送ることに特化しています。

BASICプランは無料、BUSINESSプランは$19/月で利用することができます。

このアプリの優れたカゴ落ち対策機能は

・ショップ内のURLに飛んだ際に買い物途中であることを知らせるタイトルバーを出すことが可能

・カゴ落ちメールのユニークなデザイン作成が可能

・カゴ落ちして何時間後に送るかなどメールの細かい設定が可能

この3点です。

consistent cart 

(https://apps.shopify.com/consistent-cart?locale=ja)

カゴ落ユーザーに対してプッシュ通知を送ることができるアプリです。

カゴ落ち対策に特化しています。BASICプランは無料、Proプランは$29/月で利用することができます。

このアプリの優れたカゴ落ち対策機能は

・カゴ落ちユーザーに対してメールとSMS、facebookのmessengerで送ることが可能

・カゴ落ちして何時間後に送るのかなど細かい設定が可能

・細かなデータ分析可能

この3点です。

比較すると下のようになります。

※各サービス公式サイトを元に作成

この4つの中でも特におすすめなのが「abandoned cart recovery -FREE」です。

カゴ落ち対策の全ての機能が無料で使用でき、シンプルな操作性で使いやすいからです。

abandoned cart recovery -FREEのインストール・使用方法

shopify app storeで「Abandoned Cart Recovery」をインストールします。「Abandoned Cart Recovery」のアイコンはこちらです。そして「Add app」を押してください。

⑵「Add  app」でインストールして、「アプリをインストール」を押します。

⑶3つの項目を選択・入力して、「テスト通知を送信」を押します。

その後テストメールを確認してから「Send test Notification」を押します。

3つの項目はこちらです。

 ①カゴ落ちした後、何分後に「カゴ落ちメール」を送るかの設定

 ②送るメールの題名

 ③メールの内容

⑷最後に「Yes-Looks good!」を押したら、インストールは完了です!

ここからは「abandoned cart recovery -FREE」の機能紹介です。

アプリの管理画面はこのような画面になります。

①ダッシュボード

カゴ落ちメールに反応した顧客の数、メールを通して出た売上高を知ることができます。

この下では通知のオフ/オンの設定をすることができます。

②リカバリフロー

送ったメールが何通開封され、クリックされたのかを知ることができます。

このデータは、メールの題名・メールを送る回数の改善に利用できます。

③分析

このアプリを使用して生じた収益、カゴ落ちユーザーの数、楽天などのチャネルごとの売上高、何時間後に送ったかのメール別反応率を分析することができます。

④放棄されたカート

カゴ落ちユーザーが何を買おうとしていたのかを知ることができます。

このデータは、ECサイトの商品表記の改善に利用できます。

⑤在庫に戻るアラート

ストアの管理画面に戻ります。

⑥設定

同期の確認や毎週の活動レポートを受け取るかどうかの設定ができます。

カゴ落ち対策の今後の展望

h2下の画像

AIと機械学習の活用

カゴ落ち対策の今後の展望において、AI(人工知能)と機械学習の活用が注目されています。

AIは顧客の行動パターンを分析し、カゴ落ちの予測や理解に役立つデータを提供できます。

例えば、顧客が特定の商品をカートに追加してから購入を中断するパターンを検出し、個別に対応することができます。

これにより、顧客に適切なリマインダーや特典を提供し、カゴ落ち率の低減が期待されます。

チャットボットの導入

チャットボットは、カゴ落ち対策においても重要な役割を果たすでしょう。

顧客がウェブサイト上で質問や疑問を持った際に、リアルタイムで対応できるチャットボットを導入することで、顧客の不安や疑念を解消し、購買意欲を高めることができます。

チャットボットは24時間対応可能であり、カゴ落ちを防ぐためのカスタマーサポートとして大きな役割を果たすでしょう。

VRとARの可能性

VR(仮想現実)とAR(拡張現実)は、カゴ落ち対策の今後の展望において革命的な変化をもたらす可能性があります。

顧客が商品を仮想的に体験したり、実際の環境に商品を投影して試すことができるVRとAR技術は、購買前の不安や迷いを軽減する効果が期待されます。

顧客が商品により身近に触れ、詳細を知ることができるため、カゴ落ち率の低減に寄与します。

以上の展望からもわかるように、カゴ落ち対策は常に進化し続けています。

AIやチャットボット、VR、ARなどの新たなテクノロジーを活用することで、より効果的な対策が可能となり、オンラインショッピングの未来はより魅力的になるでしょう。

まとめ

h2下の画像

この記事では、カゴ落ち対策について詳しく探求しました。

最初に、カゴ落ちの基本的な定義から始め、その対策の必要性とビジネスへの影響について考察しました。

次に、主なカゴ落ちの原因として商品価格、ウェブサイトの操作性、決済プロセスの複雑性を検討しました。

その後、統計データを通じてカゴ落ち率の平均値や業界別の傾向、季節性について分析しました。

ユーザーエクスペリエンスの観点から、サイトデザイン、モバイル対応、ユーザーレビューと評価に焦点を当て、改善の方法を提案しました。

送料とカゴ落ちの関係、決済方法の多様性の効果についても探求しました。

最後に、成功事例や未来の展望として、AIと機械学習、チャットボット、VRとARの活用について言及しました。

カゴ落ち対策は常に進化しており、効果的な戦略と新たなテクノロジーの導入がオンラインビジネスの成功に不可欠であることが明らかになりました。