2023.07.04

・#業務効率化

【DX成功事例】デジタルトランスフォーメーション推進のポイントを解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
【DX成功事例】デジタルトランスフォーメーション推進のポイントを解説

目次

DX(デジタルトランスフォーメーション)の定義とは

DXとは、デジタルトランスフォーメーションの略語で、デジタル技術を使い組織の業務プロセスやビジネスモデルなどを変化させることをいいます。

  • DXを推進する企業に欠かせない「デジタルの民主化」とは
  • 日本のDXが加速した2021年
  • DXを推進できている指標
  • DXの事例を知ることの大切さ

DXを推進する企業に欠かせない「デジタルの民主化」とは

デジタルの民主化とは、企業内でのデジタルツールや情報へのアクセスを平等にすることです。

全ての従業員がデジタル技術を活用し、その恩恵を受けられる環境を整備することが重要です。

具体的には、全社員がデータを視覚化するツールを使えるようにしたり、社内情報を共有するためのデジタルプラットフォームを導入するなどがあります。

日本のDXが加速した2021年

日本のDXは2021年を境に、大きく進展しました。

新型コロナウイルスの影響により、リモートワークやオンラインでのビジネスが一般的になったことが大きな要因です。

また、政府もDX推進に力を入れ、関連補助金の拡充やデジタル庁の設立など、DXを加速させるための施策を積極的に進めました。

各企業もテレワークの導入やクラウド化、AI活用など、より効率的な運営のためのDXを進めました。

DXを推進できている指標

DXを推進しているかを判断する指標として、次のようなことが挙げられます。

デジタルツールの使用状況

全社員がデジタルツールをどの程度活用しているかが指標となります。

データの活用度

データが日々の仕事や業務改善にどの程度活用されているかも重要です。

デジタルによる新規事業の開拓

デジタル技術を活用して新しいビジネスモデルを生み出しているかも、判断する材料になります。

DXの事例を知ることの大切さ    

事例を知ることは、自社のDXを推進させる上で重要です。

他社がどのようにDXを進めてきたかを知ることで、自社にも適用できる戦略や取り組みが見えてきます。

一部の企業ではリモートワークを活用し、地域や時間に縛られず、働きやすい環境を整備しています。

また、AIなどを活用して顧客のニーズを予測し、商品開発やマーケティングに生かす事例もあります。

これらの事例を知ることで、自社のDXの進め方を見つけ、自社の成長に繋げることが可能です。

DXのその前に!デジタライゼーション・デジタイゼーションの違い・関係性とは    

DXについて説明する前に「デジタライゼーション」と「デジタイゼーション」の違いを知る必要があります。

これらは、DXの基礎を作っている要素で、その違いと関係性を知ることでDXの成功に繋げることが可能です。

まず「デジタライゼーション」について説明します。

デジタライゼーションとは、アナログ情報をデジタル形式に変換する方法のことをいいます。

これにより、データなどは機械で処理できる形になり、情報が効率的に共有や保存、分析可能です。

次に、「デジタイゼーション」について説明します。

デジタイゼーションとは、ビジネスプロセスや活動をデジタル技術を用いて改善または変革させることです。

これには、ビジネスの自動化や効率化、顧客体験の改善などが含まれます。

デジタライゼーションとデジタイゼーションの関係性は、前者がデータをデジタル化する基盤を提供し、後者がそのデータを活用してビジネスの価値を向上させる、というものです。

この2つの要素を理解し、うまく活用することがDXを成功させる鍵となります。

それぞれの要素が互いに組み合わさることで、組織はデジタル技術を最大限に活用し、新たなビジネスチャンスを生み出すことが可能です。

DX(デジタルトランスフォーメーション)が求められている理由とは

DXが求められている理由を3つ紹介します。

  • 少子高齢化の影響による人員不足
  • 変化した消費者の行動形態
  • 既存ビジネスモデルの変革

少子高齢化の影響による人員不足

現代社会において、少子高齢化による労働力の減少が進んでおり、多くの企業が人員不足を感じています。

少子高齢化は、企業の業務量と労働力とのバランスを崩しているのです。

この問題を解決するために、多くの企業は業務を効率化し、人員配置を最適化することを求められています。

デジタル技術を活用することで、AIやロボットを利用して労働集約的な業務を自動化し、働き手の負担を軽減することが可能です。

変化した消費者の行動形態

消費者の行動形態の変化もDXの推進要因となっていて、デジタル化の波により大きく変化しています。

これに対応するためには、企業もまた自身のビジネスモデルや提供するサービスをデジタル化する必要があります。

SNSやオンラインショッピングなど、デジタルな空間での活動が増えている現代において、企業がデジタル技術を駆使して消費者のニーズに応えることは必須となっています。

また、デジタル技術を用いることで、より個別化されたマーケティング活動やサービス提供が可能です。

既存ビジネスモデルの変革

既存ビジネスモデルの見直しも、DX推進に重要です。

経済の動きや社会の状況は常に変化し、企業はその変化に対応する新しいビジネスモデルを模索しています。

デジタル化は、新しいビジネスモデルを開発し、新たな顧客を獲得するための重要な手段です。

例えば、ネット上での販売やサービス提供などが挙げられます。

これらの要素から、デジタルトランスフォーメーションは今の社会で必要とされています。

企業が直面する課題を解決し、新たなビジネスチャンスを作り出すためには、デジタル化の推進が必要です。

日本国内のDX(デジタルトランスフォーメーション)業種別成功事例

日本国内のDX業種別の成功事例を9つ紹介します。

  • 【製造】:クボタ
  • 【小売】:ファミリーマート
  • 【情報・通信】:メルカリ
  • 【金融・保険】:三井住友銀行
  • 【不動産・建設】:株式会社長谷工コーポレーション
  • 【化学・医薬】:三菱ケミカルグループ株式会社
  • 【運輸・物流】:日本航空株式会社(JAL)
  • 【行政・地方自治体】:滋賀県
  • 【観光・サービス】:JTB

【製造】:クボタ

(引用:クボタ 2023年6月11日現在)

製造業でDXを取り入れた企業として「クボタ」が挙げられます。

クボタは農業機械の製造を手がけており、IoTとAIを用いて作業効率化や故障予測などを実現しています。

具体的には、IoT技術を活用し機械の運用データを収集してAIで解析することで、早期に故障を予知し、メンテナンスの効率化を図っています。

【小売】:ファミリーマート

(引用:ファミリーマート 2023年6月11日現在)

小売業におけるDXの成功例として「ファミリーマート」があります。

ファミリーマートは、店舗運営にAIを導入し、在庫管理の効率化や売上予測の精度向上を実現しています。

また、スマホ決済や自動レジなど、デジタル技術を用いた顧客体験の改善にも取り組んでいます。

【情報・通信】:メルカリ

(引用:メルカリ 2023年6月11日現在)

情報・通信業界でDXを実践している代表例として「メルカリ」があります。

メルカリは、スマホ1つで誰でも簡単に物品の売買ができるCtoCのオンラインフリーマーケットです。

AI技術を活用して商品の価格を自動的に算出したり、不適切な商品の出品を防止したりするなど、顧客体験の向上に役立てています。

【金融・保険】:三井住友銀行

(引用:三井住友銀行 2023年6月11日現在)

金融・保険業界におけるDXの成功例として「三井住友銀行」が挙げられます。

三井住友銀行では、AIを活用したチャットbotの導入や、オンラインでの口座開設サービスなど、デジタル技術を使った新しいサービス提供に力を入れています。

これらの取り組みにより、顧客の利便性を高めつつ、業務の効率化を実現しています。

【不動産・建設】:株式会社長谷工コーポレーション

(引用:株式会社長谷工コーポレーション 2023年6月11日現在)

不動産・建設業界での事例として「長谷工コーポレーション」があります。

長谷工コーポレーションでは、AIやIoTなど最先端の技術を活用しています。

具体的には、建設現場の労働者の安全を確保するためのAI監視システムの開発や、IoTを用いた建築物のメンテナンス管理などを行っています。

【化学・医薬】:三菱ケミカルグループ株式会社

(引用:三菱ケミカルグループ株式会社 2023年6月11日現在)

化学・医薬業界では「三菱ケミカルグループ」の取り組みが、成功例として挙げられます。

三菱ケミカルグループは、製品開発を効率化するためにデータ分析を活用しています。

また、AIを利用して新素材を探したり、製造プロセスの最適化など、生産性の向上にも取り組んでいます。

【運輸・物流】:日本航空株式会社(JAL)

(引用:日本航空株式会社(JAL) 2023年6月11日現在)

運輸・物流業界の成功例には「日本航空株式会社(JAL)」があります。

AIを活用し、航空機の燃費効率を上げるためのプロジェクトを実施しています。

フライトデータの収集を通じて、飛行ルートや高度、速度などを最適化し、燃料消費量の削減を目指しています。

【行政・地方自治体】:滋賀県

(引用:滋賀県 2023年6月11日現在)

行政・地方自治体は「滋賀県」の取り組みがいい例になります。

滋賀県では、IT技術を活用して公共サービスの改善を進めています。

特にオンラインでの申請サービスやデータの一元化により、行政手続きの効率化や市民サービスの向上に成功しています。

【観光・サービス】:JTB

(引用:JTB 2023年6月11日現在)

観光・サービス業界には「JTB」があります。

データ解析を活用して、お客様一人ひとりに合わせた旅行プランを提案しています。

また、VR技術を取り入れることで、事前に旅行先の雰囲気を体験してもらい、満足度の向上に繋げています。

これらの成功事例を見ると、テクノロジーの適切な活用が、それぞれの業務において大きな変革をもたらしていることがわかります。

DXは、単なる業務の効率化だけでなく、新たな価値を生み出す手段となっています。

海外のDX(デジタルトランスフォーメーション)成功事例

海外のDX成功事例を紹介します。

  • Netflix(IT)
  • Spotify(音楽)
  • Airbnb(観光)
  • Shake Shack(飲食)
  • Nike(アパレル)
  • Microsoft(IT)

Netflix(IT)

(引用:Netflix 2023年6月9日現在)

IT業界のNetflixについて解説します。

映像ストリーミングサービスのパイオニアとして、個々の視聴者の好みを分析し、オリジナルコンテンツの制作に活かしています。

世界中の利用者の視聴データを活用し、より高精度なレコメンデーションを提供しています。

Spotify(音楽)

(引用:Spotify 2023年6月9日現在)

音楽業界のSpotifyについて紹介します。

音楽ストリーミングサービスの中心的存在として、個々が聴いている音楽のデータに基づいたプレイリスト作成や新曲の選定を行っています。

アーティストとリスナーを直接繋ぐことで、新たな音楽市場を作り出しています。

Airbnb(観光)

(引用:Airbnb 2023年6月9日現在)

観光事業の「Airbnb」について紹介します。

宿泊先の提供者と旅行者を直接つなぐ新たな形のサービスを展開しています。

住宅所有者が余った部屋や住宅を利用して収入を得ることができ、旅行者はホテルとは異なる体験を得られます。

Shake Shack(飲食)

(引用:Shake Shack 2023年6月9日現在)

飲食業界の「Shake Shack」の取り組みを見てみましょう。

アプリを通じて、注文と支払いが可能で、店舗での待ち時間を大幅に減らしています。

顧客の利便性を重視したサービス提供が、ビジネスの成長をさらに進めています。

Nike(アパレル)

(引用:Nike 2023年6月9日現在)

アパレル業界の「Nike」も、成功例として挙げられます。

一般的な衣服製造企業の範囲を超え、デジタル技術を活用して顧客に対するカスタマイズサービスを提供しています。

専用のアプリを用いて、ユーザーの足の形状を3Dスキャンし、最適な靴のサイズを選べる機能を実装しているのが特徴です。

デジタル化を通じて顧客体験の向上を図り、ブランド価値を高めています。

Microsoft(IT)

(引用:Microsoft 2023年6月9日現在)

IT業界の「Microsoft」の取り組みを説明します。

オフィスソフトウェアの提供にとどまらず、クラウドサービスの「Azure」やチームコミュニケーションツールの「Teams」などを展開しています。

顧客の働き方やビジネスの進行をサポートするため、あらゆる場面でデジタル化を進めており、顧客の生産性向上を支援しています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)推進のメリット

DX推進のメリットを3つ紹介します。

  • 新たなビジネスモデルの創出
  • 生産性向上のための業務効率化
  • レガシーシステムの改善と更新

新たなビジネスモデルの創出

DX推進のメリットとして「新たなビジネスモデルの創出」できることが挙げられます。

デジタル技術の活用により、従来のやり方を一新することが可能です。

データ分析によって、ユーザーの需要を正確に把握し、それに応じた商品開発やサービス提供が可能となります。

また、VRやARなどの新しいテクノロジーを活用することで、これまでにない体験価値を提供することもできます。

生産性向上のための業務効率化

次に「生産性向上のための業務効率化」ができるというメリットもあります。

ビッグデータの活用により、市場の動きを瞬時に把握し、早急に意思決定が可能です。

AIやロボット技術の導入により、面倒な業務を自動化し、従業員がより新しい業務に専念できます。

また、クラウドサービスを利用することで、データの一元管理やリモートワークの実現など、業務プロセスを大幅に効率化できます。

レガシーシステムの改善と更新    

最後に「レガシーシステムの改善と更新」について解説します。

以前まで使っていたシステムや運用方法を見直すことで、コストの削減やシステムの安定性の向上が期待できます。

そして、新たな技術の導入により、データ分析や意思決定のスピードを向上させることが可能です。

また、クラウドやサーバーレスアーキテクチャの導入により、システム運用の柔軟性と拡張性が高まります。

DX(デジタルトランスフォーメーション)推進のデメリット

DX推進のデメリットを3つ紹介します。

  • 結果が出るまでに時間がかかるため、忍耐強く取り組む必要がある
  • 全社的な協力を得る必要があり、異なる部署間の利害調整が複雑になる
  • 既存システムの見直し・移行に、大幅な予算と人員を要する

結果が出るまでに時間がかかるため、忍耐強く取り組む必要がある

デメリットの1つ目は「結果が出るまでに時間がかかるため、忍耐強く取り組む必要がある」ことです。

DXの成功は一朝一夕には成し遂げられないので、結果が出るまで長期的な視野と忍耐強さが必要になります。

投資対効果がすぐに現れないため、経営者やステークホルダーの理解とサポートが必要です。

また、新たな技術の導入や業務の変革には、従業員のスキルアップや教育が必要となり、それには時間とコストが必要です。

全社的な協力を得る必要があり、異なる部署間の利害調整が複雑になる

デメリットの2つ目は「全社的な協力を得る必要があり、異なる部署間の利害調整が複雑になる」ことです。

DXは全社的な取り組みであり、各部署の協力が欠かせませんが、各部署の利害が異なるため、その調整が難しくなることがあります。

そのため、新しいシステムや業務フローの導入は、既存の業務に影響を及ぼすため、抵抗感を持つ従業員もいるかもしれません。

データの共有化や一元化は、情報セキュリティやプライバシー保護という点からも、慎重な対応が求められます。

既存システムの見直し・移行に、大幅な予算と人員を要する    

デメリットの3つ目は「既存システムの見直し・移行に、大幅な予算と人員を要する」ことです。

古いシステムから新しいシステムへの切り替えは、多くの投資と労力が必要です。

これには、新しい技術に対する教育やデータの移行、システムのテストなどが含まれます。

また、移行に伴うトラブルの対処も必要となり、それには予想以上の時間とコストがかかることもあります。

DX推進の企業課題    

DXを推進させるためには、様々な課題があります。

1つ目の課題として、新技術への対応力が挙げられます。

デジタル化は、新しいテクノロジーの導入が必要で、そのためには社員のスキルアップが欠かせません。

技術の進化についていくためには、継続的な学習とトレーニングが必要不可欠です。

2つ目の課題は、社内の抵抗感です。

今までの方法に固執する社員がいても珍しくありませんが、DX推進のためには全社員の理解と協力が必要です。

社員の意識改革も、企業の重要な責務となります。

3つ目は、投資に対するリターンが不安定であることです。

DXには大きな費用が必要ですが、投資対効果はすぐに現れません。

そのため、長期的な視野を持つことが重要です。

4つ目は、情報セキュリティの強化です。

デジタル化が進むほど、サイバーセキュリティの問題も増加するので、企業はデータを保護するシステムを導入し、維持する責任があります。

これらの課題に対応するためには、全社的なコミットメントと戦略的な取り組みが求められます。

一方で、これらの課題を乗り越えた企業は、新たなビジネスチャンスと競争力を得ることができます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)を成功させるポイント

DXを成功させるポイントを6つ紹介します。

  • トップが自ら率先してコミットする
  • 小さい規模でのDXからスタートする
  • レガシーシステムの見直しと改善
  • DX推進する人材を確保する
  • 円滑な情報の共有
  • 社内の意識改革を行う

トップが自ら率先してコミットする

DXを成功させるためには、企業のトップが先頭に立ってコミットすることが求められます。

トップが自身でDXの必要性を理解し、実行する意志を示すことで、組織全体へのメッセージとなります。

また、トップのリーダーシップは、社員の動機付けや企業文化を作るのに直接的な影響を与えることが可能です。

例えば、大手IT企業のCEOが自らプログラミングを学ぶ姿勢を見せることで、社員も新たな技術への学習意欲を高めた事例もあります。

小さい規模でのDXからスタートする

成功させるポイントとして、小さい規模でのDXから始めることも有効です。

大規模プロジェクトから始めると、失敗時のリスクが大きくなりますが、小規模なプロジェクトから始めることで、失敗を経験しながら学習することが可能です。

このやり方は、リーンスタートアップと呼ばれ、効果的なイノベーション戦略として知られています。

リーンスタートアップの手法を用いた事例として、一部の業務だけをデジタル化した企業があります。

その結果、段階的に他の業務へとデジタル化を拡大し、全社的なDXを達成しました。

レガシーシステムの見直しと改善

レガシーシステムの見直しと改善もDXを成功させるためのポイントになります。

レガシーシステムとは、過去に導入された情報システムのことを指し、そのまま使用していると効率や安全性に課題が出てきます。

レガシーシステムを見直すことで、ビジネスプロセスの効率化やセキュリティリスクの低減が可能です。

例えば、古いデータベースをクラウドベースのものに移行した企業があります。

その結果、コスト削減とデータアクセスの迅速化を実現しました。

DX推進する人材を確保する

DX推進に向けた人材の確保も、成功させるための大切な要素です。

デジタル化を進めるためには、新しい技術を理解し、活用できる人材が必要です。

これには、ITスキルを持っている人だけでなく、デジタル技術をビジネスに活かせる人材も含まれます。

また、組織内でDX推進を引っ張るリーダーの存在も大切で、DXの考え方を組織内に広め、具体的な行動を示します。

一部企業では社内のDX研修プログラムを設け、全社員がデジタル技術の理解を深める取り組みを行っています。

円滑な情報の共有

情報の円滑な共有は、DX推進における大切なポイントです。

情報共有は、組織内の各メンバーが同じ方向を向いて動くための重要な基盤になります。

具体的には、各部門やチーム間でのデータや知見、課題などの共有を進めることが必要です。

ある企業では、共有ツールを活用して全社的に情報共有し、各部門の課題解決につなげています。

このような情報の共有が進むことで、組織全体としての知見が深まり、DXの取り組みがスムーズに進められます。

社内の意識改革を行う

社内の意識改革も重要なポイントです。

DXは単なる技術の導入ではなく、企業の文化や組織全体の変革をもたらすものです。

そのため、全社員がDXの重要性を理解し、取り組む姿勢が必要です。

具体的な手段としては、教育プログラムを実施したり、DXに関する勉強会を開くなどがあります。

また、DX推進に賛同するリーダーシップの存在も重要で、その存在が意識改革を牽引します。

DX(デジタルトランスフォーメーション)推進に必要な組織の条件

DX推進に必要な組織の条件を3つ紹介します。

  • DXの実現に必要なデジタル・リテラシーを持つ
  • 変革するべき自社ビジネス領域の観点
  • 縦割り組織の壁を乗り越える

DXの実現に必要なデジタル・リテラシーを持つ

DXの実現にはデジタル・リテラシーが不可欠です。

デジタル・リテラシーとは、デジタル技術を理解し、適切に活用することをいいます。

すなわち、技術的な理解だけでなく、その技術を活用して新しい価値を生み出すことが必要です。

ある企業では、従業員全員に対して定期的なデジタル技術の研修を実施し、一人ひとりが最新のデジタル・リテラシーを身につける取り組みを行っています。

こういった組織全体でのデジタル・リテラシーの向上が、DX推進の重要なステップとなります。

変革するべき自社ビジネス領域の観点

変革するべき自社のビジネス領域の観点もDX推進に重要です。

ビジネスごとに必要なことを理解し、それぞれに最適なDXのやり方を導入することが求められます。

これは、自社の事業内容やビジネスモデルに対する深い理解が必要です。

例えば、製造業においてはAIなどを活用した生産効率の改善、サービス業ではCRMやデータ解析を用いた顧客体験の向上など、それぞれ異なるDXのアプローチが必要となります。

自社のビジネスにおけるDXの具体的な方向性を理解することで、具体的な行動計画を立てやすくなります。

縦割り組織の壁を乗り越える

縦割り組織の壁を乗り越えることも、条件として必要になります。

共通目標を設定し、組織全体で共有することが重要です。

それにより、各部門が別々の方向に進むのではなく、1つの目標に向かって進むことが可能です。

ある企業では、月例の全体会議で、各部門のDXの取り組み状況を共有する取り組みを行っています。

このように、縦割り組織の壁を乗り越えることで、DXの推進がスムーズになります。

まとめ

DXは、組織のビジネスモデルや働き方をデジタル技術を使って変革することです。

そのためには、「デジタルの民主化」が欠かせません。

この記事では、少子高齢化や消費者の行動形態の変化、既存ビジネスモデルの変革といったDXが求められる理由を説明し、各業種で成功しているDXの事例を紹介しています。

また、DXを推進するためのメリットとデメリット、そして企業が直面する課題についても触れています。

DXを成功させるためには、トップのコミットメントや小規模からのスタート、レガシーシステムの見直しと改善などが必要です。

そして、DX推進に必要な組織の条件としては、デジタルリテラシーの保有や自社ビジネス領域の変革視点、縦割り組織の壁の乗り越えが大切になります。