2023.05.25

・#新規事業

集客だけではない!ECの売上を効率よくアップさせる方法5選

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
集客ばかりではない!ECの売上を効率よくアップさせる方法5選

目次

ECサイト売上アップとは?

h2下の画像

ECサイトの売上アップとは、電子商取引サイトにおいて商品やサービスの販売額を増加させることを指します。

これは企業や個人事業主にとって重要な目標であり、競争の激しいオンライン市場において生き残るために不可欠です。

売上アップの基本概念

売上アップの基本概念は、顧客の購買意欲を高め、購入率を向上させることです。

これにはさまざまな要素が影響を及ぼします。

商品の魅力的なプレゼンテーションや説明、使いやすいウェブサイトデザイン、効果的なマーケティング戦略などが含まれます。

なぜ売上アップが必要なのか

売上アップは収益の増加に直結し、事業の成長と繁栄につながります。

また、競争が激しいEC市場においては、他社との差別化が求められます。売上アップを実現することで、ブランドの認知度向上や新規顧客の獲得にもつながるため、持続的な成功に不可欠です。

売上アップのメリットとデメリット

売上アップのメリットは多岐にわたります。

増加した売上は収益の向上につながり、事業の拡大や新たな投資の機会を提供します。

一方で、売上アップを追求する過程でコストが増加する可能性もあります。

また、需要の変動や競争の激化によってリスクが伴うこともあります。

ECサイトの売上を高める基本的な戦略

h2下の画像

ECサイトの売上を高めるためには、いくつかの基本的な戦略が存在します。

商品選定とプライシング

魅力的な商品を選定し、適切な価格設定を行うことが重要です。

顧客のニーズや市場の動向を分析し、競合他社と比較して競争力のある価格を設定することが売上アップの鍵となります。

ターゲット顧客の特定

効果的なマーケティングを行うためには、ターゲット顧客を明確に特定することが必要です。

顧客のニーズや好みに合わせて商品や広告をカスタマイズし、購買意欲を喚起することが大切です。

オンラインとオフラインの連携

ECサイトの売上アップにおいて、オンラインとオフラインの連携も重要です。

実店舗との連動プロモーションやイベント、顧客情報の共有などを通じて、顧客体験を向上させることができます。

これらの基本的な戦略を適切に組み合わせながら、ECサイトの売上アップを実現することが成功への道です。

集客方法はビジネスの成長に欠かせない要素です。新規顧客を引きつけるための戦略を以下に示します。

購入率UPするには

h2下の画像

せっかく自社サイトに来てくれたのに何も買わずに帰ってしまっては、集客しても意味がありません。そのようなことを減らすには、購入率をアップさせる必要があります。

最も効果的かつ簡単な方法は4つ考えられます。

1つ1つ解説していきます。

施策①モール型ECと自社ECを連携させる

モール型ECと自社ECを連携させることで、リピーターが増えて、結果的に購入率を上げることができます。

モール型ECで注文した後に自社SNSのフォロー等を促し、2回目以降の購入から自社ECにという流れができるからです。

自社サイトで購入させることで、手数料を安く抑えることができたり、マーケティングツールの活用ができるからです。

なので、モール型ECのみで商品を売っている事業者は、自社ECサイトを作って連携させることが重要です。

そうすることによって、手数料の安さやカゴ落ち等の施策を実行することができるというメリットがあります。

モール型ECと自社ECサイトの連携は、Baseでもできますが、Shopifyは連携できる販売チャネルの数が圧倒的に多いです。

施策②カゴ落ち対策

カゴ落ちとは、オンラインショップで購入する際に商品をカートに入れて、購入手続きまで行かずにショップを離脱することを言います。

カゴ落ちユーザーは7割ほどというデータもあるほど多いので、カゴ落ち対策をすることによって売り上げをあげることは十分に可能だと考えられます。

「BASE」や「STORES.jp」などECサイトの種類はたくさんありますが、Shopifyのみカゴ落ちメール機能を利用することができます。

詳しくは、「SHopifyのカゴ落ち対策」についての記事がありますのでこちらをご覧ください。

施策③決済方法を増やす

決済方法を増やすと購入率を増加することができます。

お客さんによって希望する決済方法が異なるため、希望する決済方法がないから購入をやめる出来事を減らすことができるからです。

例えば、あまり家にいない人には「コンビニ決済」、手元にお金が人には「後払い」が最適です。そのため、なるべく多くの種類の決済方法を導入することをおすすめします。

それぞれのECサイトで導入できる決済方法は異なりますので、自社サイトを作成する際に参考にしてください。

施策④クーポンを導入する

クーポンを導入することで購入率を増加させることができます。

なぜなら、1度買ってもらった際に次回以降使用できるクーポンを発行することで、リピーターになってくれる可能性が高くなるからです。

例えば、ユーザーの誕生月に、「お誕生日おめでとうございます」というメッセージとともにクーポンを配布することで、そのユーザーは商品を買ってくれやすくなります。このように、クーポンを発行することで購入率を上げることができます。

クーポン機能を使用する場合、Shopify・Baseではどのプランでも使用するとができますが、STORES.jpは有料コースでしか機能を追加することができません。

客単価UPの方法

h2下の画像

客単価をあげる方法としてクロスセル・アップセルがあります。

施策⑤クロスセル・アップセルを狙う

クロスセルとは、お客さんが買おうとしている商品に関連する商品を勧めるマーケティング手法です。その商品に合うものを揃えようという気持ちが動き、客単価アップにつながります。

身近な例で言うと、macbookを買う際にAppleCareやappleMouseを勧めることに当てはまります。

アップセルとは、お客さんが買おうとしている商品よりも価格が高い商品を勧めるマーケティング手法です。

どうせ買うなら良いものを買おうという気持ちが働き、客単価アップにつながります。身近な例で言うと、macbookを買う際にメモリやストレージのアップを勧めることに当てはまります。

Shopifyでは、クロスセル・アップセルの設定ができる無料アプリが使用できます。また、STORESでは、まとめ割引・セット割引を設定する機能を利用して、クロスセル・アップセルを狙うことができます。

集客方法: どうやって新規顧客を引きつけるか

h2下の画像

広告戦略

効果的な広告戦略を展開することで、ターゲット層にアプローチし興味を引くことができます。

オンライン広告やSNS広告を活用して、効果的なキャンペーンを展開しましょう。

口コミとレビュー

顧客の口コミやレビューは信頼性を高めるための重要な手段です。

満足した顧客が広める口コミやポジティブなレビューは、新規顧客の獲得につながります。

パートナーシップと提携

他社とのパートナーシップや提携を活用することで、新しい顧客層にアクセスできる可能性があります。関連業界との連携やコラボレーションを通じて、新たな顧客を獲得しましょう。

ユーザーエクスペリエンスの最適化

h2下の画像

ユーザーエクスペリエンスの向上は顧客満足度を高め、リピート購買や口コミ拡散に繋がる重要な要素です。

サイトデザインとUI

使いやすいサイトデザインと直感的なUIは、顧客がサイトを利用しやすくする要素です。

シンプルなレイアウトや分かりやすいナビゲーションを提供しましょう。

ページ速度とモバイル対応

ページの読み込み速度とモバイル対応は、顧客の満足度に大きな影響を与えます。

サイトの軽量化やモバイル表示の最適化を行い、快適なユーザーエクスペリエンスを提供しましょう。

カートとチェックアウトの簡素化

カートやチェックアウトプロセスの簡素化は、購買完了までのステップを減らし、顧客のストレスを軽減します。

簡単な手続きを提供することで、購買意欲を高めることができます。

SEO対策で売上を伸ばす

h2下の画像

検索エンジン最適化(SEO)の戦略を活用することで、ウェブサイトの可視性を高め、売上を増やすことが可能です。

キーワードリサーチ

適切なキーワードの選定はSEO成功の鍵です。

競合の少ない長尾キーワードや、ターゲット顧客がよく検索するキーワードを見つけ出し、コンテンツに組み込みましょう。

コンテンツマーケティング

有益で質の高いコンテンツを提供することで、検索エンジンでのランキング向上やユーザーエンゲージメントの増加が期待できます。

ブログ記事やガイドを通じて、顧客の問題解決や情報提供を行いましょう。

バックリンク戦略

高品質な外部サイトからのバックリンクは、検索エンジンの信頼性を高め、ウェブサイトのランキング向上に寄与します。

業界関連のサイトとの提携やゲスト投稿などを通じて、バックリンクを獲得しましょう。

リピート購入を促すための施策

h2下の画像

顧客のリピート購入は収益の安定化につながります。

リピート購入を促す施策を以下に紹介します。

ロイヤルティプログラム

顧客に対して特典や報酬を提供するロイヤルティプログラムを導入することで、顧客の長期的な関与を促進できます。

ポイント制度や会員特典などを通じて、リピート購入を奨励しましょう。

メールマーケティング

顧客に定期的に情報や特典を提供するメールマーケティングは、顧客とのコミュニケーションを強化し、リピート購入の機会を増やす手段です。

個別のニーズに合わせたメッセージを送ることで、顧客の関心を引き続き惹きつけましょう。

クーポンと特典

リピート購入を促進するために、クーポンや特典を提供することが有効です。

次回の購入時に割引やプレゼントを提供することで、顧客のリピート率を向上させることができます。

SNSマーケティングでの売上アップ

h2下の画像

SNSマーケティングを活用して、効果的な売上向上策を展開できます。

Instagramマーケティング

Instagramは視覚的なコンテンツを通じてターゲット顧客にアプローチするのに適したプラットフォームです。

魅力的な画像やストーリーズを通じて商品を宣伝し、フォロワーとのエンゲージメントを促進しましょう。

Facebook広告

Facebook広告は多様なターゲット層にアプローチする手段として効果的です。

ターゲット設定を細かく設定し、興味関心に合わせた広告を展開することで、効果的な広告キャンペーンを実施できます。

Twitterキャンペーン

Twitterはリアルタイムの情報共有が特徴であり、キャンペーンの実施にも適しています。

ハッシュタグキャンペーンやプロモーションツイートを通じて、広範なオーディエンスに対して宣伝活動を展開しましょう。

データ分析: 売上成長のカギを握る

h2下の画像

データ分析を通じて売上成長の方向性を把握し、戦略の最適化を図ることが重要です。

Google Analyticsの活用

Google Analyticsを使用してウェブサイトのトラフィックやコンバージョンをモニタリングしましょう。ユーザーの行動分析やサイトの強み・弱点の把握を通じて、改善ポイントを見つけ出します。

A/Bテスト

A/Bテストを実施して異なる要素の比較を行うことで、最適な戦略やデザインを見つけ出すことができます。

ランディングページや広告の要素を変更し、効果的なバージョンを見極めましょう。

KPIと目標設定

KPI(重要業績評価指標)を設定し、売上向上に向けた目標を明確にしましょう。

定量的な目標設定を通じて、進捗をモニタリングし継続的な改善を図ることが大切です。

プロモーションとディスカウント戦略

h2下の画像

プロモーションとディスカウント戦略は、売上アップを促進するための重要な手段です。

セールとイベント

定期的なセールや季節イベントを活用して、顧客の購買意欲を刺激しましょう。

バーゲンセールやクリスマスセールなど、特定の期間における価格割引や特典付き販売が効果的です。

限定オファー

限定的なオファーや初回購入特典を提供することで、顧客に緊急感や特別感を与え、購買を促進することができます。

数量限定商品や期間限定キャンペーンを展開しましょう。

バンドル販売

複数の商品をバンドルとしてセット販売することで、単品よりもお得感を提供する戦略です。

関連性のある商品を組み合わせることで、顧客の購買金額を増加させることが可能です。

ケーススタディ: 成功したECサイトの売上アップ事例

h2下の画像

実際の成功事例を通じて、売上アップの手法や戦略を学ぶことができます。

Amazonの事例

Amazonは幅広い商品カテゴリーと便利な配送サービスを組み合わせて提供し、顧客の利便性を追求しました。

プライム会員特典やパーソナライズされたレコメンデーションなど、顧客エクスペリエンスの向上に注力しました。

ZOZOTOWNの事例

ZOZOTOWNはファッションECサイトとして、トレンドアイテムの取り扱いやオリジナルブランドの展開を行いました。

多彩なアイテムの提供と、限定コラボレーション商品などの独自性を活かして顧客を魅了しました。

Uniqloのオンライン戦略

Uniqloはオンラインストアでの独自展開を行い、ユニークなプロモーションやキャンペーンを展開して注目を集めました。

コンテンツの充実やソーシャルメディア活用など、オムニチャネル戦略を推進しました。

売上アップのための無料と有料のツール

h2下の画像

売上アップのために無料および有料のツールを活用することで、効果的な戦略を展開できます。

Shopifyの活用

ECサイト構築プラットフォームであるShopifyは、簡単な操作性と豊富な機能を提供し、オンライン販売をスムーズに行うためのツールです。

カスタマイズ性が高く、商品管理や注文処理、決済システムの導入などが可能です。

Mailchimpでのメールマーケティング

Mailchimpはメールマーケティングツールとして広く知られており、顧客との効果的なコミュニケーションを支援します。

セグメンテーションや自動化機能を活用して、ターゲットに合わせたメールキャンペーンを展開することができます。

SalesforceのCRMソリューション

Salesforceは顧客関係管理(CRM)ソリューションとして、顧客データの統合やセールスプロセスの最適化をサポートします。

顧客情報の一元管理や販売チームの効率向上、顧客対応の強化に役立つツールです。

まとめ

h2下の画像

この記事では、ECサイトの売上アップについて幅広いアプローチを探求しました。

基本概念やなぜ売上アップが必要なのか、メリットとデメリットを解説しました。

商品選定や価格設定、ターゲット顧客の特定、オンラインとオフラインの連携など、売上を高める基本戦略を紹介しました。

集客方法には広告戦略、口コミとレビュー、パートナーシップと提携などがあり、ユーザーエクスペリエンスの最適化にはサイトデザインとUI、ページ速度とモバイル対応、カートとチェックアウトの簡素化が関わります。

さらに、SEO対策やリピート購入促進の施策、SNSマーケティングの戦略、データ分析の重要性、プロモーションとディスカウント戦略、成功した事例、無料と有料のツール活用なども取り上げました。

これらの要素を組み合わせ、効果的な売上アップの手法を展開できることがわかりました。