2023.06.29

・#新規事業

マッチングアプリの開発費用を抑えるには?相場や事例も徹底解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
マッチングアプリの開発費用を抑えるには?相場や事例も徹底解説

目次

マッチングアプリとは

h2下の画像

マッチングアプリとは、多様な目的で人々を繋ぐアプリケーションです。

人々が互いに繋がり、共通の関心事を共有するための場所を提供します。

一般的には、出会いや恋愛を目的としたアプリがよく知られていますが、実際は、さまざまなジャンルのマッチングアプリが存在します。

製品を発注したい企業と受注したい企業を結びつけるアプリや、パーソナルトレーナーを探すためのアプリ、ペットの世話を頼む人を見つけるためのアプリ等、目的によって選択するマッチングアプリは様々です。

マッチングアプリには、ユーザーのプロフィール作成、検索機能、チャット機能などの機能が備わっています。

また、特定の条件を満たす人物を絞り込むフィルタリング機能などが備わっているアプリもあります。

マッチングアプリは、恋愛の場では新しいパートナーを見つける手段として、またビジネスの場では新しい接触を築く手段として利用されています。

また、特定の共通点を持つ人々を繋げ、新たな交流の場を生み出す可能性もあります。

一方で、情報を公開する際には、自己のプライバシーを守るためにも注意が必要です。

そして、インターネット上の交流では、対面とは異なるコミュニケーションの取り方が求められます。

事実と異なる情報を掲載することは避け、誠実な対応を心掛けることが望ましいです。

マッチングアプリの開発費用相場は?

価格帯費用期間目的
低価格帯50万円以下1〜2ヶ月プロトタイプの作成、最小限の機能を持つアプリの開発
中程度50万~300万円3〜6ヶ月機能追加やデザイン改善、ユーザビリティの向上
高価格帯300万円以上6ヶ月以上大規模なサービスの開発、複数のプラットフォーム対応、高度なカスタマイズ

低価格帯のマッチングアプリ開発では、試作品としてのアプリや最小限の機能に絞ったアプリを開発することが多いです。

マッチングアプリをとにかく早く市場に公開し、市場からの反応を得たい場合に適している価格帯です。

続いて、中程度の価格帯のマッチングアプリ開発では、機能やデザインの追加、改善及びユーザビリティの向上を含めてマッチングアプリの開発を行います。

市場調査の結果、ニーズがあることがわかっている場合に適している価格帯です。

最後に、高価格帯のマッチングアプリ開発では、大規模かつ高度なカスタマイズを必要とするマッチングアプリを開発します。

すでに大量のユーザーを獲得しているアプリの規模の拡大やリニューアルをする場合に適している価格帯です。

マッチングアプリの開発費用の内訳

h2下の画像

マッチングアプリの開発費用の内訳は、以下の通りです。

  • 人件費
  • サーバー費用
  • ツールライセンス料

人件費

マッチングアプリを開発する際の一番の経費は、おそらく人件費となるでしょう。

具体的には、プログラマーやデザイナー、プロジェクトマネージャー、QAエンジニアなどの報酬が含まれます。

マッチングアプリ開発に必要な人件費は、開発の規模や難易度、開発期間などによって大きく変動します。

また、自社で開発するか外部の開発会社に委託するかでも異なります。

例えば、小規模なマッチングアプリを開発する場合、数人のエンジニアで数ヶ月間開発を行うと考えれば、数百万円程度の人件費がかかるでしょう。

一方、大規模なマッチングアプリを開発する場合、多くのエンジニアが数年にわたり開発に携わるため、人件費は数千万~数億円にも及ぶ可能性があります。

サーバー費用

マッチングアプリの運用には、必ずと言っていいほどサーバーが必要となります。

サーバーは、ユーザーデータの保存や管理を担う重要な要素です。

サーバー費用は、サーバーの種類(物理サーバーかクラウドサーバーか)、規模、利用するサービスによって大きく変動します。

小規模なアプリの場合、クラウドサービスを利用して月数千~数万円程度で運用できる場合もあります。

一方、大規模なアプリの場合、高性能なサーバーが必要となるため、月数十万~数百万円程度の費用がかかることもあります。

ツールライセンス料

マッチングアプリの開発には、さまざまなソフトウェアツールが必要となります。

例えば、開発環境のライセンスやデザインツールのライセンス、テストツールのライセンスなどです。

これらのツールは、無料のものもありますが、より高機能なものや商用利用をする場合はライセンス料が必要になることがあります。

ライセンス料は、利用するツールの種類や数、ライセンス形態によって大きく変動します。

無料のオープンソースツールを主に利用する場合はライセンス料はかかりませんが、商用ツールを多く利用する場合は数十万~数百万円程度の費用がかかることもあります。

開発以外にかかる費用

h2下の画像

開発以外にかかる費用は、以下の通りです。

  • 集客費用
  • 保守・運用費
  • アプリストアの登録料(App StoreやGoogle Playでリリースする場合)

集客費用

アプリを完成させても、それだけでは利用者は増えません。

ユーザーにアプリを知ってもらうための集客活動が必要になります。

具体的には、広告宣伝費やPR活動にかかる費用が含まれます。

その規模は、ターゲットとするユーザーの規模や広告媒体によって大きく変動します。

例をあげると、小規模なマッチングアプリであれば、地元の新聞やフリーペーパーに広告を掲載するくらいで十分かもしれません。

その場合、集客費用は数十万~数百万円程度でしょう。

一方、全国規模でユーザーを増やすためには、テレビCMやインターネット広告などの大規模な広告活動が必要となるでしょう。

その場合、集客費用は数百万~数千万円、あるいはそれ以上になることもあります。

保守・運用費

マッチングアプリを運用する上で重要なのが、アプリの保守・運用費です。

アプリの保守・運用費には、アプリのバグ修正や機能追加、サーバーの運用管理などに必要な費用が含まれます。

保守・運用費は、アプリの規模や複雑さ、ユーザー数などによって大きく変動します。

小規模なアプリであれば、月数万~数十万円程度の運用費がかかることでしょう。

一方、大規模なアプリであれば、多数のエンジニアが運用に携わる必要があり、月数百万~数千万円程度の運用費がかかることもあります。

アプリストアの登録料(App StoreやGoogle Playでリリースする場合)

マッチングアプリを公開するためには、アプリストアへの登録が必要となります。

この際に、アプリストアの登録料が必要になります。

例えば、AppleのApp Storeでは、年間99ドル(約10,000円)の登録料が必要です。

一方、Google Playでは、一度の登録料として25ドル(約2,500円)が必要です。

これらの費用は、アプリを公開するためには避けて通れない費用です。

そのため、開発費用だけでなく、これらの費用も合わせて計算に入れて、予算を計画することが重要です。

マッチングアプリの開発費を下げるには

h2下の画像

マッチングアプリの開発費を下げるには、以下の通りです。

  • ノーコードで開発する
  • 補助金・助成金を利用する
  • 不要な機能をつけない

ノーコードで開発する

アプリ開発のコストを抑える方法の一つとして、ノーコード開発があります。

ノーコードとは、コーディングスキルが無くてもアプリ開発が可能になるプラットフォームのことを指します。

これにより、プログラムを一から作る必要がなく、既存のテンプレートやパーツを組み合わせることでアプリを作成できます。

例を挙げますと、BubbleやAdaloといったノーコード開発ツールがあります。

これらは直感的なインターフェースをしており、ドラッグ&ドロップでアプリの画面を設計し、データベースの連携も容易に行うことができます。

一方で、ノーコードではアプリの細かなカスタマイズや高度な機能が制限されることもあるため、どの程度の機能を持たせるのか、どの程度の品質を求めるのかを事前に見極めることが重要です。

補助金・助成金を利用する

補助金や助成金を利用することも、開発費用を抑える有効な手段の一つです。

例えば、IT導入補助金や、小規模事業者持続化補助金、地方創生補助金などが存在します。

また、地方自治体や商工会議所なども、地元のビジネスを応援するための補助金を出していることがあります。

しかし、これらの補助金や助成金を得るためには、一定の要件を満たす必要があります。

具体的には、ビジネスプランの明確さや事業の成長性、地域への貢献度などが評価されます。

また、申請手続きや報告義務も伴うため、その手間を考慮に入れる必要もあります。

不要な機能をつけない

アプリ開発においては、必要な機能だけをつけることもコストを抑える重要なポイントです。

一見、多機能であることがユーザーにとって魅力的に見えますが、それぞれの機能を開発・保守するためのコストがかかります。

また、多機能すぎるとユーザーが混乱してしまう可能性もあります。

そのため、必要な機能だけを厳選して設計することが重要です。

機能を厳選するためには、ユーザーのニーズを正確に把握し、そのニーズに対して最も効果的な機能を提供するという視点が求められます。

これらを踏まえて、余計な機能を排除し、ユーザー体験を最優先に設計することで、開発費を下げることができます。

マッチングアプリ開発の手順

h2下の画像

マッチングアプリの開発費を下げるには、以下の通りです。

  • 要件定義
  • 設計
  • 開発
  • テスト・検証

要件定義

マッチングアプリの開発では、一番最初に行うステップが要件定義です。

この工程は、自分たちが作りたいアプリの特徴を明らかにします。

つまり、作り出すアプリがどんなものになるべきなのか、それが何を果たすべきなのかを明らかにするフェーズなのです。

ここで明らかにする情報としては、まずアプリの目指すべき方向性が挙げられます。

これは例えば、恋愛のためのマッチングアプリか、それとも友達探しのためのアプリなのか、というような基本的な目的のことです。

次に、このアプリを使うことを想定しているユーザー層について考えます。

これには年齢や性別、趣味、住んでいる場所といった情報が含まれます。

最後に、このアプリで実現するべき機能についてのリストアップが行われます。

これには、例えばユーザー間のメッセージのやり取り、プロフィールの閲覧、検索フィルターといった機能が含まれます。

設計

要件定義が終わったら、次に進むのが設計のフェーズです。

この段階では、アプリの全体構造やインターフェースの設計、データベースの設計などが行われます。

具体的には、アプリにどんな画面が必要で、それらがどのように連携するべきかを設計します。それからデータベース設計も行います。

これには、どんな情報を保存するべきなのか、それらの情報がどのように関連するのかといった点を決めていきます。

開発

設計が終わったら、次に進むのが開発のフェーズです。

この段階で、設計を元に実際のアプリケーションを作り出していきます。

具体的には、まずはコーディングが行われます。

コーディングは、設計を元にアプリの機能を実現するためのプログラムを書く作業のことです。

それと同時にデータベースの構築も行われます。

データベースの構築は、設計したデータベースの設計を元に実際のデータベースを構築する作業のことです。

テスト・検証

開発が終わったら、最後に進むのがテスト・検証のフェーズです。

この段階で、アプリが正しく動作すること、そして要件定義で設定した目標を達成していることを確認します。

具体的には、まずアプリが正しく動作することを確認するためのテストが行われます。

このテストには、一つ一つの機能が正しく動作することを確認する単体テスト、そして全体が連携して正しく動作することを確認する統合テストが含まれます。

それから、要件定義で設定した目標を達成しているかを確認する検証が行われます。

これには、ユーザーの視点でアプリを使ってみて、その使用感や満足度を評価するといった作業が含まれます。

マッチングアプリをノーコードで開発するメリット

h2下の画像

マッチングアプリをノーコードで開発するメリットは、以下の通りです。

  • コストが低い
  • 開発期間を短縮できる

コストが低い

ノーコードでマッチングアプリを開発する一つの利点は、そのコストの低さにあります。

伝統的なコーディングを必要とするアプリ開発では、専門的なプログラミングスキルを持つ開発者が必要となります。

エンジニアの登用には、雇用コストや教育・訓練コストがかかることから、初期投資としては大きな負担となることが多いのです。

しかし、ノーコード開発では、その名の通りコーディングの知識が不要となります。

つまり、高度なプログラミングスキルを持つ専門家を雇う必要がありません。

それだけでなく、既存のノーコードプラットフォームを利用することで、開発にかかる費用を大幅に抑えることが可能です。

そのため、起業家やスタートアップにとって、大きなメリットとなります。

開発期間を短縮できる

ノーコードでマッチングアプリを作るもう一つの長所は、開発期間の短縮にあります。

従来のアプリ開発では、要件定義や設計、コーディング、テストといった工程を経て初めてアプリが完成します。

特にコーディングの部分は時間がかかりますし、問題が見つかれば修正のために更なる時間が必要となります。

ノーコード開発では、既存のプラットフォームを用いて直感的にアプリを作り上げることが可能です。

これにより、各工程でかかる時間を大幅に短縮することができ、一つのアイデアから製品までの時間を劇的に縮めることができます。

また、すぐに動作するプロトタイプを作り出すことができるため、市場投入までのスピードも早くすることが可能です。

マッチングアプリをノーコードで開発するデメリット

h2下の画像

マッチングアプリをノーコードで開発するデメリットは、以下の通りです。

  • 大規模な開発ができない
  • プラットフォームに依存する

大規模な開発ができない

ノーコード開発はコストと時間を削減できる一方で、ある程度以上の大きな開発が難しいというデメリットが存在します。

具体的には、複雑なロジックや高度な機能を実装するのが難しく、アプリケーションの規模が大きくなればなるほどその制約は大きくなります。

その理由として、ノーコードツールは基本的にはGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を用いた直感的な操作で機能を追加するため、提供されている機能やテンプレートの範囲内でしかアプリケーションを開発することができません。

これにより、独自性の高い機能や特殊な要件を持つアプリケーションを開発するのは難しいです。

例えば、高度なAI機能を搭載したり、独自のデータベースを構築したりするようなケースでは、ノーコード開発では対応が難しいです。

プラットフォームに依存する

もう一つのデメリットとして、ノーコード開発では開発したアプリケーションが開発プラットフォームに依存するという点が挙げられます。

すなわち、ノーコードプラットフォームが提供する機能やサービスの範囲内でしかアプリケーションを構築することができないという制約があります。

これは、プラットフォームがアップデートを行った場合やサービスを終了した場合に影響を受けやすいというリスクを孕んでいます。

また、プラットフォームの変更に伴って、自身が開発したアプリケーションも修正しなければならないことがあります。

マッチングアプリを開発する手法3選

h2下の画像

マッチングアプリを開発する手法3選は、以下の通りです。

  • ノーコードで開発する
  • プログラミングで開発する
  • 開発会社に発注する

ノーコードで開発する

ノーコードでの開発とは、文字通りプログラミングの知識がなくてもソフトウェアを構築することが可能な技術です。

GUIにより直観的な操作でアプリケーションの設計が行えます。

ノーコードの主なメリットは、短期間での開発能力と低コストにあります。

コードを書く必要がないため、開発スピードが大幅に向上します。

また、専門的な知識を必要とせず、高度な技術を持つエンジニアを登用する必要がないため、人件費を抑えることができます。

しかし、デメリットも存在します。

独自性の高いアプリケーションを作るのは難しく、プラットフォームによって提供される範囲でのみ作成可能です。

プログラミングで開発する

プログラミングでの開発とは、JavaやPytyonなどのプログラミング言語を使ってソフトウェアを作成する方法です。

プログラミングによる開発の最大のメリットは、自由度が高いことです。

自身でコードを書くことにより、自分の理想とするアプリケーションを具現化することができます。

また、知識があれば、どんなに複雑な機能でも実装可能です。

しかし、その反面、プログラミングには時間とコストがかかります。

ノーコードでの開発と異なり、プログラミング言語に精通するエンジニアと、アプリ開発を行う期間が必要になります。

開発会社に発注する

アプリケーション開発の専門家にアプリ開発を依頼する方法です。

この方法のメリットは、専門家が最新のテクノロジーとノウハウを持っているため、高品質なアプリケーションが開発できる点です。

また、発注先が開発全体を管理するため、発注者はその他の業務に集中することができます。

しかし、開発会社に依存することで発生するコストや、自身の要望を適切に伝える必要があるという点は注意が必要です。

マッチングアプリの開発事例3選

h2下の画像

マッチングアプリの開発事例3選は、以下の通りです。

  • M&Aのマッチングアプリ「M&A BASE」
  • 野球選手とコーチのマッチングアプリ「First Look」
  • 生徒と指導者のマッチングアプリ「Marlow」

M&Aのマッチングアプリ「M&A BASE」

(引用:M&A BASE 2023年7月10時点)

「M&A BASE」は、企業の売買を目的とした情報を提供する場となっています。

事業者同士のコミュニケーションを助けるために作られ、企業のM&A(合併や買収)をスムーズに進行させることができます。

ユーザーは、自社のビジネスモデルや価値をアピールすることで、適切なパートナーを見つけ出すことができます。

この「M&A BASE」の開発は、M&Aに関わる課題を解決するという明確な目的のもと行われました。

売買対象の企業と投資家を結びつけ、M&Aのプロセスを効率化するためのツールとして、多くのユーザーから評価されています。

野球選手とコーチのマッチングアプリ「First Look」

(引用:First Look 2023年7月10日時点)

「First Look」は、野球選手とコーチをマッチングさせるためのアプリケーションです。

このアプリケーションは、野球選手が自分の技術をコーチにアピールし、コーチが選手の潜在能力を見つけ出すためのツールとなっています。

これにより、選手は自身のスキルを磨き、より良い成績を出すためのサポートを受けることが可能となります。

「First Look」の開発は、選手とコーチの間に存在するコミュニケーションの障壁を解消するという目的がありました。

「First Look」は、選手の成長をサポートするための独自の機能を提供しており、その独自性が高評価を得ています。

生徒と指導者のマッチングアプリ「Marlow」

(引用:Marlow 2023年11月10時点)

「Marlow」は、学習を必要とする生徒と、生徒を指導できる教師をマッチングするアプリケーションです。

学習者は自分の学習目標や現在のスキルレベルを登録し、教師はその情報を元に教えるべき内容をカスタマイズします。

これにより、一人一人の生徒に合わせた指導が可能となります。

「Marlow」の開発は、教育のパーソナライゼーションという大きなトレンドに基づいています。

「Marlow」は、生徒一人一人のニーズに合わせた教育を実現することを目指しており、その点がユーザーから高く評価されています。

まとめ

h2下の画像

本記事では、マッチングアプリの開発に関する情報をさまざまな視点から紹介しました。

マッチングアプリとは、特定のユーザーグループをマッチングさせるためのアプリであり、開発費用は様々な要素、例えば人件費、サーバー費用、ツールライセンス料などによって変動します。

開発に関わる費用以外にも、集客費用や保守・運用費、アプリストアへの登録料も考慮する必要があります。

開発費を抑えるための方法としては、ノーコードでの開発や補助金・助成金の活用、不要な機能の排除などが挙げられます。

開発の手順としては、要件定義から設計、開発、テスト・検証と進みます。

ノーコードでの開発は、コストを低く抑えられ、開発期間を短縮できるというメリットがありますが、大規模な開発が難しい、プラットフォームへの依存性が高いというデメリットもあります。

開発手法としては、プログラミングや開発会社への発注も選択肢となります。

また、実際の開発事例として、「M&A BASE」、「First Look」、「Marlow」の3つのマッチングアプリを紹介しました。

それぞれ異なる目的とユーザーのニーズに応える形で開発されており、幅広い活用が見られます。

本記事の内容を参考に、思い通りのマッチングアプリを開発してください。