2023.07.04

・#新規事業

マッチングシステムとは?必要な機能や開発費用を徹底解説!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
マッチングシステムとは?必要な機能や開発費用を徹底解説!

目次

マッチングシステムの開発を検討する際、以下のようなお悩みはないでしょうか。

・マッチングシステムの作り方がわからない

・できる限り開発費用を抑えたい

結論として、ノーコードを用いてマッチングシステムを開発することで、開発費用を抑えて開発することができます。

この記事では、マッチングアプリに必要な機能や作り方、費用を抑える方法を解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

QEDでは、以下のような企業様の開発を行なっています。

・マッチングアプリを短期間で開発したい

・できるだけ費用を抑えて開発したい

・ノーコードでシステム開発をしたい

マッチングシステムとは

h2下の画像

マッチングシステムとは、利用者間で需要と供給のマッチングを行う電子的なシステムのことを指します。

その役割は、個々の利用者の要望や条件に最適なパートナーを見つけることです。

たとえば、求人サイトでは、企業(供給者)と求職者(需要者)を繋げる役割を果たしています。

多くのマッチングシステムでは、利用者が自己のプロフィール情報や希望条件を入力し、それを基にシステムがマッチングを行います。

そして、利用者はその結果をもとに交渉を行ったり、具体的な取引へと進むことが可能となります。

マッチングシステムの導入により、情報の透明性が向上し、利用者の探索コストが大幅に減少します。

また、マッチングアルゴリズムの改良により、より精度の高いマッチングが可能となり、利用者の満足度を向上させることが可能となります。

マッチングシステムの形態は多種多様で、例えばオンラインデートサービスやフリーランスの仕事をマッチングするプラットフォームなど、様々な分野で活用されています。

マッチングシステムの種類

h2下の画像

マッチングシステムの種類は、以下の通りです。

  • BtoB
  • CtoC
  • BtoC

BtoB

BtoBは「Business to Business」の頭文字を取った表現で、企業と企業とのマッチングを行うシステムのことを指します。

具体的には、卸売業者と小売業者、または製造業者と販売業者など、異なる業種のビジネスパートナーを見つけるためのプラットフォームなどが挙げられます。

こうしたシステムは、商取引の効率化や新たなビジネスチャンスの発見を可能にします。

CtoC

CtoCは「Consumer to Consumer」の略で、個人間取引をサポートするマッチングシステムを指します。

フリーマーケットアプリや中古品のオークションサイト、個人間でのスキルシェアサービスなどが該当します。

この種のシステムは、物やサービスを直接的に消費者間でやり取りすることで、中間マージンを省くことができ、利用者にとってはコストパフォーマンスに優れた選択肢となることが多いです。

BtoC

BtoCは「Business to Customer」の略で、企業と個人消費者をつなぐマッチングシステムを指します。

一般的なECサイトやフードデリバリーサービス、オンライン教育プラットフォームなどがこのカテゴリーに入ります。

企業は広範囲の消費者に自社の製品やサービスを提供することが可能となり、消費者は多種多様な選択肢から自分に最適な商品やサービスを選ぶことができます。

これらの各システムは、対象とするユーザーのニーズに基づいて最適化され、それぞれが特有の機能やサービスを提供しています。

したがって、マッチングシステムを開発する際には、その目的と対象ユーザーを明確にすることが重要です。

マッチングシステムの仕組み

h2下の画像

マッチングシステムという考え方は、多様な領域で活用されています。

具体的な仕組みは各マッチングサイトの特性により異なりますが、ここでは一般的な仕組みについて説明します。

データ収集

初めに、マッチング対象の情報を集めます。

これは、ユーザーのプロフィール、商品の特性、求人情報などが該当します。

データ分析

次に、収集したデータを解析します。

これには、統計的な手法や機械学習などの高度なアルゴリズムが用いられます。

マッチング処理

続いて、分析結果に基づき、マッチングを行います。

これは、ユーザー間でのマッチング、ユーザーと商品のマッチング、求職者と求人のマッチングなどが該当します。

マッチングシステムの中核となる機能は、マッチング処理です。

このマッチング処理は、マッチングする対象によって処理内容が異なります。

ここでは、一例として出会い系サービスのマッチングアルゴリズムについて紹介します。

ユーザープロフィールの分析

各ユーザーの年齢、趣味、生活スタイル、価値観などを分析します。

互換性の評価

ユーザー間の互換性を評価します。

これは、共通の趣味や価値観、生活スタイルの一致度などに基づきます。

マッチングスコアの計算

互換性の評価に基づき、マッチングスコアを計算します。

これは、一定の閾値以上のスコアを持つユーザーをマッチング候補とします。

最適なマッチングの提案

最後に、マッチングスコアが高いユーザー間でのマッチングを提案します。

このように、マッチングシステムは、複雑なデータ分析とアルゴリズムを用いて、最適なマッチングを提供します。

そして、その結果を通じて、ユーザーが求める結果やサービスを実現します。

マッチングシステムの作り方

h2下の画像

マッチングシステムの制作は、具体的なニーズや目指す結果に応じてカスタマイズされます。

以下に、一般的な制作手順を説明します。

要求分析

制作するシステムの目的と要求を明確にします。

何をマッチングするのか、どのような結果を出すべきなのかを決定します。

データの収集

必要なデータを集めます。

これは、ユーザープロフィール、商品情報、行動記録等が該当します。

アルゴリズムの設計

適切なマッチングを行うためのアルゴリズムを設計します。

協調フィルタリング、コンテンツベースフィルタリング等、目的に適した方法を選びます。

システムの開発

設計したアルゴリズムを元にシステムを制作します。

これには、データ管理、マッチングの処理、結果の表示などが含まれます。

テストと評価

制作したシステムの性能を検証し、評価します。

マッチングの精度や速度、ユーザーの満足度などを確認します。

一連の制作手順の中で、マッチングシステムの品質を決める最も重要な要素は、マッチングアルゴリズムの選定です。

以下に、一般的なアルゴリズムのタイプとその特徴を挙げます。

協調フィルタリング

ユーザーの過去の行動や好みに基づいて推奨する方法です。

同じ趣味や興味を持つユーザー間の情報共有を活用します。

コンテンツベースフィルタリング

アイテムやコンテンツの特性に基づいて推奨する方法です。

ユーザーが過去に好評価をつけたアイテムと同じ特性を持つアイテムを推奨します。

ハイブリッドシステム

上記二つの方法を組み合わせたものです。

複雑な好みや多様な情報源を扱う際に有効です。

マッチングシステムの制作は、高度な専門知識と技術力が必要となりますが、適切に制作されればユーザーエクスペリエンスの向上やビジネス成長を促進する強力なツールとなります。

マッチングシステムに必要な機能

h2下の画像

マッチングシステムに必要な機能は、以下の通りです。

  • 新規登録機能
  • マイページ機能
  • ログイン機能
  • ユーザー管理機能
  • メッセージ機能
  • 検索機能
  • 案件登録機能
  • 評価機能
  • 決済機能

新規登録機能

新規登録機能は、ユーザーがサービスを利用するために、情報を登録する機能です。

通常は以下の情報が必要とされます。

氏名

利用者の本名またはニックネーム

連絡先

電子メールアドレスや電話番号など

パスワード

アカウントの保護のため

マイページ機能

マイページは、利用者が自分の情報を一括して管理・閲覧できる場所です。

以下の機能が一般的に含まれます。

プロフィール情報の編集

自己紹介や興味・趣味など

マッチング履歴の確認

過去のマッチング結果の参照

ログイン・ログアウト機能

ログイン・ログアウト機能は、既存の利用者が自分のアカウントに安全にアクセスできるようにする機能です。

セキュリティの観点から、以下の情報が必要とされます。

ユーザーIDまたはメールアドレス

アカウントを識別するため

パスワード

アカウントの保護のため

ログアウト機能は、ユーザーがマッチングシステムから切断され、他の人に自分の情報を見られないようにする重要な機能です。

適切なログアウト機能を備えることで、ユーザーは自分のデータとプライバシーを確実に保護できます。

ユーザー管理機能

ユーザー管理機能は、システム管理者が利用者の情報を一元管理し、必要に応じて更新や削除を行う機能です。

以下の情報が一般的に扱われます。

ユーザーの詳細情報

登録情報やマッチング履歴など

問題行動の対応

規約違反などの報告や対応

メッセージ機能

メッセージ機能は、システム内での利用者同士のコミュニケーションを担当します。

以下の機能が一般的に含まれます。

ダイレクトメッセージ

利用者と利用者が直接、プライベートに会話を交わす機能

グループメッセージ

複数の利用者が参加できる会話のスペース

検索機能

検索機能は、利用者が自分の要望に合う相手を見つけるための機能です。

以下の機能が一般的に含まれます。

キーワード検索

利用者が特定のキーワードに基づいて検索を行う機能

フィルタリング

性別、年齢、趣味など特定の条件で絞り込む機能

案件登録機能

案件登録機能は、利用者が自分の求める相手を募集するための機能です。

以下の機能が一般的に含まれます。

募集情報の登録

募集の詳細や条件を記入する機能

募集の公開/非公開設定

募集を公開状態にしたり、非公開状態にしたりする機能

評価機能

評価機能は、利用者同士の信頼性を高めるための機能です。

以下の機能が一般的に含まれます。

評価の投稿

利用者が他の利用者に対して評価を行う機能

評価の閲覧

利用者が他の利用者の評価を見る機能

決済機能

決済機能は、利用者間での金銭的な取引を安全に行うための機能です。

以下の機能が一般的に含まれます。

料金の支払い

利用者が料金を支払う機能

料金の受取

利用者が料金を受け取る機能

商品・商材一覧機能

商品・商材一覧機能は、マッチングシステムにおいてユーザーが効率よく商品・商材を検索し、購入に至るまでのプロセスをスムーズにするための機能です。

以下の機能が一般的に含まれます。

商品・商材の詳細情報

以下のような項目を、一覧形式で表示する機能

  • 商品名
  • 商品画像
  • 価格
  • 評価
  • カテゴリ
  • 登録日など

フィルタリングとソート

以下のような項目で、商品・商材一覧を絞り込み・並べ替えする機能

  • 価格帯
  • 評価
  • 新着順
  • カテゴリなど

マッチングシステムの収益化の方法

h2下の画像

広告を掲載して収入を得る

広告掲載は、多くのマッチングシステムで一般的な収益化手法です。

多くのSNSプラットフォームは、利用者の行動履歴やプロフィール情報を分析して広告をパーソナライズすることで収益を上げています。

このモデルでの成功例として、FacebookやX(Twitter)があげられます。

広告掲載は、特にユーザー数が多いプラットフォームで効果的な収益化方法です。

マッチング成功時に報酬を得る

マッチング成功時に報酬を得るモデルは、成果報酬型とも呼ばれます。

ユーザーが実際に価値を感じた場合にのみ料金が発生するため、ユーザーにとってもリスクが低い方法です。

クラウドソーシングサービスのランサーズや人材採用サービスのGreenは、このモデルを採用しています。
成果報酬型はユーザーにとってリスクが低く、サービス提供者にとっても効果的な収益化の方法です。

有料会員の会費によって収入を得る

有料会員制は、特に出会い系アプリでよく見られる収益モデルです。

基本的な機能は無料で、有料会員になることで追加機能が利用できます。

出会い系アプリのPairsやOmiaiがこのモデルを採用しています。

有料会員制は、ユーザーがサービスに満足している場合に継続的な収益を期待できる方法です。

サブスクリプションで収入を得る

サブスクリプションモデルは、定期的な料金支払いによってサービスを利用する形式です。

サブスクリプションは、継続的な収益とユーザーの長期的なエンゲージメントを促すことができます。

オンライン英会話のレアジョブや副業向けマッチングのWorkshipがこのモデルを採用しています。

サブスクリプションは、継続的な収益とユーザーの長期的なエンゲージメントを確保する効果的な収益化手法です。

マッチングシステムの開発費用

h2下の画像

マッチングシステムの開発費用は、主にシステムの規模、開発手法、運用・保守費用によって決まります。

始めに、「システムの規模」はマッチングシステムの開発費用に大きく影響します。

一般的に、機能が多いほど、また利用者数が多いほど、開発費用は増加します。

反対に、最初から大規模なシステムを構築するのではなく、必要最低限の機能から始めて、段階的に機能を追加することで、初期費用を抑えることが可能です。

これは「MVP(Minimum Viable Product)」と呼ばれるアプローチで、新規のマッチングサービス開発においては特に有効です。

次に、「開発手法」もマッチングシステムの開発費用を左右します。

自社で開発する場合、外部の開発会社に依頼する場合、ノーコードツールを使って開発する場合、それぞれで費用は大きく変わります。

自社で開発する場合、人件費が主な費用となりますが、開発スキルを持つ人材を確保するためのコストも考慮する必要があります。

一方、外部の開発会社に依頼する場合は、外注費用が発生しますが、専門的な知識を持つ人材を確保する必要はありません。

ノーコードツールを用いることで、開発の専門知識がなくてもシステムを構築でき、初期費用を抑えることが可能です。

最後に、「運用・保守費用」も忘れてはなりません。

システムを開発した後も、サーバー費用、ドメイン費用、必要に応じてシステムを更新・改良するための費用などが継続して発生します。

これらの費用を考慮に入れた上で、全体のコストを把握することが重要です。

以上のように、マッチングシステムの開発費用は多様な要素によって決まります。

それぞれの事情に合わせて最適な開発手法を選び、コストを抑えながらも品質の高いシステムを構築することが求められます。

マッチングシステムのタイプ別開発費用の相場

h2下の画像

マッチングシステムの開発費用は、その種類や機能によって大きく変動します。

「掲載型タイプ」と「レコメンドタイプ」の2つの主要なタイプに焦点を当て、それぞれの特徴と費用相場を詳しく解説します。

マッチングシステムのタイプ小規模中規模大規模
掲載型タイプ〜100万円100万円〜300万円300万円〜
レコメンドタイプ〜300万円300万円〜1000万円1000万円〜
※自社調べ

掲載型タイプ

掲載型タイプのマッチングシステムは、ユーザーが自ら情報を掲載し、他のユーザーがそれにエントリーする形式が多いです。

求人情報サイトや飲食店の予約サイトなど、多くの場面で活用されています。

ユーザーが能動的にマッチング相手を検索することで、マッチングが実現します。

例えば求人システムであれば、企業が人材募集情報を掲載し、求職者がエントリーします。

飲食店予約システムの場合では、店舗が情報を掲載し、消費者が予約を行います。

開発費用は比較的手頃で、小~中規模で50万円~300万円、大規模な場合は100万円~500万円が相場です。

レコメンドタイプ

レコメンドタイプのマッチングシステムは、AIや特定のロジックによってユーザーに最適なマッチング先を自動で提案します。

レコメンドタイプには、恋愛マッチングアプリや人材マッチングシステムなどが該当します。

恋愛マッチングや人材マッチングなど、より高度なマッチングが求められる場面で使用されます。

ユーザーは受動的にマッチング先を提示され、その中から選択することでマッチングが成立します。

恋愛マッチングアプリでは、ユーザーの趣味や嗜好をAIが学習し、相性が良いと考えられる相手を紹介します。

人材マッチングでは、求職者のスキルや企業の募集要件を学習し、ミスマッチが起こらないような案件を紹介します。

開発費用は高く、小~中規模で300万円~600万円、大規模な場合は1000万円以上が一般的です。

マッチングシステムの開発費用を抑えるには

h2下の画像

マッチングシステムの開発費用を抑えるには、以下の通りです。

  • ノーコードで開発する
  • 補助金・助成金を利用する

ノーコードで開発する

技術的な知識がない人でもアプリケーションを作ることができる「ノーコードツール」の活用が有効です。

ノーコードツールは、一般的に、コーディングの代わりに視覚的なインターフェースを用いてアプリケーションを作ることを可能にします。

これにより、専門的な技術者を雇う必要がなくなり、開発費用を抑えられます

例としては、「Bubble」や「Adalo」などが挙げられます。

これらのツールは、ドラッグアンドドロップの操作でユーザーインターフェースを設計し、データベースを設定し、複雑なワークフローを構築することができます。

しかし、ノーコードツールを使う場合でも注意が必要です。

その一つが、アプリケーションの複雑さです。

複雑な機能を必要とするアプリケーションの場合、ノーコードツールでは対応できないこともあります。

また、ノーコードツール自体の学習にも時間がかかる場合があります。

それでも、初期の開発コストを大幅に削減する手段として、注目されているのは間違いありません。

補助金・助成金を利用する

補助金や助成金の利用も、開発費用を抑える有効な手段の一つです。

多くの地方自治体や国が、中小企業やスタートアップの技術開発を支援するための補助金・助成金を提供しています。

例としては、中小企業基盤整備機構の「中小企業IT導入補助金」や、経済産業省の「地域未来投資促進法」に基づく補助金などがあります。

これらの補助金は、IT導入による生産性向上や、地域経済の活性化を目指して提供されています。

しかし、これらの補助金・助成金を利用するには、申請の手間や審査に通るための条件があります。

具体的な条件は各補助金・助成金の公式ウェブサイトで確認できます。

以上のように、ノーコードでの開発や補助金・助成金の利用は、マッチングシステムの開発費用を抑える有効な手段です。

ただし、それぞれには注意点があり、適切に利用することが求められます。

マッチングシステムの開発を成功させるには

h2下の画像

マッチングシステムの開発を成功させるには、以下の6点が重要です。

  • 開発前の準備
  • 非機能要件を考慮する
  • 予算やスケジュールの管理
  • ユーザーの視点
  • 運用と改善
  • 信頼できるパートナー

開発前の準備

まず一つ目として、開発前の準備が重要です。

具体的には、開発するシステムがどのようなユーザーに向けて、何を提供するものなのかを明確に理解しておくことが求められます。

目的やターゲットが定まらないままシステム開発に取り組むと、最終的な出来上がりが期待と異なるものになるリスクがあるからです。

さらに、開発プロセスが始まる前に収益化の戦略を明確にしておくと、開発全体の指針となります。

明確な収益化戦略があることで、開発段階での優先順位が明確になり、結果として運用フェーズでもスムーズな展開が可能になります。

非機能要件を考慮する

非機能要件とは、システムがどのような機能を持つべきかではなく、どのような品質を持つべきかを指定する要件のことです。

非機能要件は開発初期に定義し、開発中にテストや評価を行うことが必要です。非機能要件には以下のようなものがあります。

拡張性

マッチングシステムが将来的に機能やユーザー数を増やすことができるかどうかに関する要件です。

信頼性

マッチングシステムが正常に動作し、障害やエラーに対応できるかどうかに関する要件です。

セキュリティ

マッチングシステムがユーザーの個人情報や取引情報を保護し、不正アクセスや改ざんなどに対抗できるかどうかに関する要件です。

キャパシティ

マッチングシステムが一度に処理できるデータ量やリクエスト数などに関する要件です

非機能要件を考慮することで、マッチングシステムの品質を高めるとともに、ユーザーの満足度や信頼性を向上させることができます。

予算やスケジュールの管理

予算やスケジュールの管理も大切な要素となります。

資金面や期間の制約を理解した上で、どの程度の機能を備えたシステムを作るのかを見極めることが必要です。

リソースが無限ではないので、最適な戦略を立てることが求められます。

ユーザーの視点

システムを使用するユーザーの視点が最も重要です。

システム開発者と利用者とでは視点が異なるため、必ずユーザビリティテストを行い、利用者のフィードバックを取り入れることが重要です。

運用と改善

システム開発は一度きりのものではなく、運用と改善の繰り返しであるという意識を持つことも大切です。

システム運用後、利用者の反応やシステムの稼働状況から、新たな課題が見えてくることもあります。

そうした課題に対応してシステムを更新し続けることで、より良いマッチングシステムを提供できます。

信頼できるパートナー

最後に、信頼できるパートナーを見つけることも重要です。

特に外部の開発会社と協力する場合、その会社が信頼できるかどうかを見極めることが必要です。

開発会社の評判や実績、コミュニケーション能力などを確認することで、開発プロジェクトの成功確率を高めることができます。

これらのポイントを念頭に置いてシステム開発に取り組むことで、マッチングシステムの開発を成功させることができます。

ノーコードでマッチングシステムを作るメリット

h2下の画像

ノーコードでマッチングシステムを作るメリットは、以下の通りです。

  • 開発期間を短縮できる
  • コストが低い

開発期間を短縮できる

ノーコードでマッチングシステムを製作する一番の利点は、開発期間を短縮できることです。

一般的に、従来型の開発手法では時間をかけてコードを書く必要がありますが、ノーコードではその必要がなくなります。

たとえば、ソーシャルマッチングサービスの開発では、ユーザー間のマッチングロジックやチャット機能、プロフィール作成機能など多くの機能を含むことが一般的です。

これらをゼロからコーディングするとなると、時間とコストが大きくかかる場合があります。

しかし、ノーコードプラットフォームを使えば、これらの機能をすぐに利用できるため、開発期間を大幅に短縮できます。

コストが低い

次のメリットは、開発コストの削減です。

ノーコードプラットフォームは、多くの場合、定額制のサービスです。

これに対し、従来の開発手法では、開発者の人件費、維持管理費、サーバー代など、さまざまなコストが発生します。

例えば、マッチングシステムの開発には多くの開発者が必要です。

しかし、ノーコードプラットフォームを使用すると高度な知識を持つ開発者でなくても、マッチングシステムを開発できます。

また、ノーコードプラットフォームには、通常、サーバーやデータベースの管理機能が含まれています。

これにより、自社でのサーバー管理やデータベースの維持管理が不要となり、それらにかかるコストを節約できます。

以上のように、ノーコードでのマッチングシステム開発は、開発期間の短縮とコスト削減の大きなメリットがあります。これらの利点を活用し、効率的な開発を行うことができます。

ノーコードでマッチングシステムを作るデメリット

h2下の画像

ノーコードでマッチングシステムを作るデメリットは、以下の通りです。

  • 非常に大規模で複雑なサービス開発にやや不向き
  • プラットフォームに依存する

非常に大規模で複雑なサービス開発にやや不向き

ノーコードプラットフォームの使用によるデメリットの一つとして、大規模で複雑なサービス開発には向いていないということが挙げられます。

ノーコードのシステム作成ツールは、手軽さと短期間での開発を可能にします。

しかし、その反面、一部の高度で複雑なシステムを構築するための柔軟性に欠ける場合があります。

例えば、独自のアルゴリズムや特殊な機能を持つマッチングシステムを開発したい場合、ノーコードでは実装できない場合があります。

プラットフォームに依存する

もう一つのデメリットは、プラットフォームへの依存性です。

ノーコードツールを使用すると、そのツールのプラットフォームに大きく依存することになります。

ノーコードツールの更新や変更、あるいはサービスの終了が行われた場合、その影響を大きく受ける可能性があります。

それらのリスクは自社でソフトウェアを開発した場合には発生しません。

また、プラットフォームが提供する機能に制約されるため、全ての要望を満たすことができない場合もあります。

例として、ユーザーデータの取り扱い方や、システムのカスタマイズ性に関する要件が高い場合、ノーコードツールがその要件を満たせない可能性があります。

これらの点から、ノーコードでマッチングシステムを開発する際は、メリットだけでなくデメリットもしっかりと理解しておくことが重要です。

マッチングシステムを個人で開発できる?

h2下の画像

マッチングシステムの開発は、個人でも可能です。

ただし、それはある程度の技術知識を持っていること、そして時間と労力を十分に投資できるかどうかによります。

一人で開発を始める場合、最初に考えるべきはプログラミング言語の選択です。

JavaやPython、Rubyなどの汎用言語は学習リソースが豊富で、ウェブアプリケーション開発に適しています。

次に、マッチングシステムに必要な機能を列挙し、それぞれをどのように実装するかを計画します。

機能の具体的なリストは、サービスの内容や目標によりますが、一般的にはユーザー登録、プロフィール作成、検索、メッセージ送信などが含まれます。

開発工程は、データベースの設計、サーバーサイドとクライアントサイドのコーディング、UI/UXデザイン、セキュリティ対策など、多くのステップを含みます。

そのため、全てを自分一人で行うのは困難で、時間も大量に必要となります。

また、テストも重要なステップです。

ユーザーに提供する前に、システムが正しく機能するか、セキュリティ上の問題がないかを確認します。

個人でマッチングシステムを開発することは可能ですが、難易度が高く、求められるスキルも多いので、多大な労力と時間を必要とします。

それでも、新たなスキルを習得し、自分のアイデアを実現する喜びは、それだけの価値があります。

しかし、ノーコードツールを使用すれば、個人でのマッチングシステム開発が可能になります。

ノーコードツールは、主にドラッグ&ドロップの操作でシステムを構築していきます。

自分でプログラムを書くことは少ないので、プログラミングスキルが高くなくても開発することができます。

一人で全てを学び、開発するのが困難な場合でも、ノーコード開発ツールを利用することで、マッチングシステムを作成することが可能です。

おすすめのマッチングシステム開発会社3選

h2下の画像

おすすめのマッチングシステム開発会社3選は、以下の通りです。

  • 株式会社QED
  • 株式会社エムズ
  • 株式会社ロボラボ

株式会社QED

(引用:株式会社QED 2023年10月1日時点)

株式会社QEDは、マッチングシステムを始め、システム開発の実績が豊富な企業です。

お客様の、言語化できない要望もしっかりと把握し、実際のプロダクトを作り上げます。

株式会社QEDの開発手法の一番の特徴は、「Bubble」や「STUDIO」などのノーコードツールを使用する点です。

ノーコードツールを使用することで、安く、早くシステムを構築できます。

また、ノーコードツールに精通しているため、お客様の要望に合わせてカスタマイズも可能です。

開発費用を抑えつつ、満足のいくマッチングシステムを早く作りたい際におすすめです。

株式会社エムズ

(引用:株式会社エムズ 2023年10月1日時点)

株式会社エムズは、CtoCのマッチングシステム開発に特化しています。

これにより、個人間の取引を可能にするプラットフォームの構築を実現しています。

ユーザーフレンドリーなインターフェースと信頼性の高い完全オリジナルのシステムを提供します。

また、システム構築後のフォローにも定評があります。

オリジナルのマッチングシステムを構築し、長期間の運営を予定している場合におすすめです。

株式会社ロボラボ

(引用:株式会社ロボラボ 2023年10月1日)

株式会社ロボラボは、求人マッチングサイトやM&Aマッチングサイトなど、BtoCのマッチングサイトに注力しています。

マッチングサイトの受託開発だけでなく、オンラインでマッチングサイトを構築できるサービス「マッチングクラウド」を運営しています。

株式会社ロボラボの強みは、開発から運用までトータルでサポートすることです。

毎月の分析レポートや問い合わせ回答などシステム構築後も手厚くサポートしています。

また、個別のニーズに応じたカスタマイズ開発も得意としていますので、一風変わったシステムを作りたい方におすすめです。

まとめ

h2下の画像

この記事では、マッチングシステムについて詳しく解説しました。

マッチングシステムとは何か、その種類や仕組み、作り方を紹介しました。

また、マッチングシステムを作る際には、必要な各種機能やその開発費用、開発費用を抑える方法などを考慮する必要があります。

個人でマッチングシステムを開発する場合、高度な開発スキルと膨大な時間を要します。

そのため、機能に制限があるものの、ノーコードツールで開発することを検討することをおすすめしました。

最後に、おすすめのマッチングシステム開発会社を紹介しました。

この記事の内容を参考に、マッチングシステムを効率よく開発しましょう。