2023.05.25

・#新規事業

MVP開発とは?メリットと新規事業開発で役立つ基本知識を解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
MVP開発とは?メリットと新規事業開発で役立つ基本知識を解説

目次

MVP開発とは?リーンスタートアップとの関係

h2下の画像

初めに、以下の3点について解説します。

  • MVP開発とは?
  • リーンスタートアップとは?
  • MVP開発が注目されている理由

MVP開発とは?

MVP開発とは、最小限の機能だけを持つプロトタイプを作成し、市場での需要を検証する開発手法です。

例えば、SNSアプリの場合は「友達追加」、「メッセージ送信」といった最小限の機能だけを持つものをリリースし、ユーザーの反応を見ながら改善を進めていきます。

リーンスタートアップとは?

リーンスタートアップは、ビジネスモデルを迅速に検証し、市場の反応を受けて迅速に改善を加える手法です。

ビジネスの最初の段階では、市場での需要を確認し、企画を修正することが求められます。

MVP開発はリーンスタートアップの一部であり、プロトタイプの開発を迅速化して、リスクを最小限に抑えることができます。

MVP開発が注目されている理由

現代のニーズを元に新規事業を立ち上げ、商品やサービスを提供しても失敗する可能性があります。

VUCAな時代と言われる現代において、ニーズや市場の変化を読めず、理想とは異なる結果に陥る場合があるためです。

したがって、急なニーズ変化への対応力も求められるといえます。

そこで、市場のニーズを迅速に分析して仮説を検証し、実用最小限のリリースで改善を行いつつ、コストやリスクを最小化できるMVP開発が注目されています。

MVP開発のメリット

h2下の画像

MVP開発のメリットは、以下の3点です。

  • 開発スピードを上げられる
  • 金銭的なコストを抑えられる
  • ユーザーの視点で開発できる

開発スピードを上げられる

MVP開発は、開発の最初の段階で市場での需要を検証するため、開発スピードを大幅に短縮することができます。

企画の修正に要する時間が短くなるため、より早期に市場に参入することができます。

また、最小限の機能だけを開発するため、開発作業に必要なリソースや人員のコストを抑えることもできます。

金銭的なコストを抑えられる

MVP開発では、市場での需要を確認するために最小限の機能だけを開発するため、必要な資金を抑えることができます。

開発の初期段階で大量の資金を投入する必要がなく、リスクを抑えながらビジネスを開始することができます。

また、市場での需要が確認された場合は、より高機能な製品の開発に投資することもできます。

ユーザーの視点で開発できる

MVP開発では、最低限必要な機能や特徴を開発することに重点が置かれるため、ユーザーの視点から見て必要なものを開発することができます。

また、プロトタイプを早期にリリースすることで、ユーザーのフィードバックを得ることができるため、より使いやすい製品を開発することができます。

MVP開発の進め方

h2下の画像

新しいプロダクトを開発する際、MVP(Minimum Viable Product)と呼ばれる最小限の機能を持った最初のバージョンをリリースすることで、市場での評価を確認することができます。

MVPの開発においては、以下のような進め方が推奨されます。

  • 検証する仮説を明確化
  • ターゲットを決める
  • MVPの種類を決める
  • 検証・分析する

検証する仮説を明確化

MVP開発の最初のステップは、検証したい仮説を明確化することです。

どのような問題を解決しようとしているのか、どのような価値を提供することを目指しているのかを明確にすることで、MVPの機能やデザインに集中することができます。

ターゲットを決める

MVPの成功には、正しいターゲットの設定が不可欠です。

どのようなユーザーに向けてプロダクトを提供するのかを明確にし、そのユーザーが必要とする機能や機能の優先順位を決めます。

これにより、開発リソースの最適化と、MVPのターゲット層への効果的なマーケティングが可能になります。

MVPの種類を決める

MVPにはいくつかの種類があります。

例えば、「問題解決型」「解決策型」「機能型」などがあります。

開発者は、MVPの目的に合わせて、どの種類を採用するかを決定する必要があります。

検証・分析する

MVPをリリースした後、検証・分析を行うことが重要です。

ユーザーの反応を把握し、問題点を特定することで、改善すべきポイントを見つけることができます。

この検証・分析を継続的に行うことで、MVPの改善や新しい機能の開発につなげることができます。

MVP開発を成功させるためには、常にユーザーのフィードバックを取り入れ、改善を行う姿勢が重要です。

MVP開発の種類

h2下の画像

MVPとはMinimum Viable Productの略であり、最小限の機能を備えた製品を早期にリリースし、市場の需要を確かめる手法です。

MVP開発には、以下の種類があります。

  • プロトタイプ
  • コンシェルジュ
  • オズの魔法使い
  • ランディングページ
  • スモークテスト

プロトタイプ

プロトタイプは、アイデアの検証を目的として、仮の製品を作成する手法です。

開発期間が短く、コストも安く済むため、アイデアの検証に最適です。

プロトタイプは、市場にリリースされる前に、限られたユーザーに対してテストすることが必要です。

コンシェルジュ

コンシェルジュは、人力でサービスを提供する手法です。

顧客のニーズを理解し、手動でそのニーズに応えることで、実際に市場での需要を確認することができます。

手動で行われるため、自動化されたシステムに比べて開発期間やコストはかかりますが、市場のニーズを的確につかむことができます。

オズの魔法使い

オズの魔法使いは、システム構築の前に、人間がユーザーに提供するシステムをマニュアルで行い、ニーズを確かめる手法です。

ユーザーが使い勝手を試すことができ、市場での需要を確認することができます。

実際のサービスや商品と違い、手間をかけずに簡単に作成することができるため、短期間で市場の反応を試すことができます。

ランディングページ

ランディングページでユーザーにとって興味を持つ要素を提供し、事前申し込みの数などを測ることで、ニーズがどれだけあるか確かめる手法です。

ランディングページは、アクセス数を集めるために広告を出稿することが多いため、市場での反応を確認することができます。

スモークテスト

スモークテストとは、ユーザーがプロダクトに興味を示すか検証するテストです。

アプリケーションが起動し、基本的な機能を持つことを確認するシステム開発のテストとは異なります。

プロダクト開発をしないで需要があるか調査できるため、重要なテストの1つです。

MVP開発と通常の開発方法との違い

h2下の画像

MVP開発と通常の開発方法の違いについて、以下の2点を解説します。

  • 通常の開発方法
  • MVP開発方法

通常の開発方法

通常の開発方法は、事前に開発する機能や仕様を決定してから、それらを実装していく方法です。

開発前に要件定義や設計を行い、それらに基づいてシステムを開発します。

通常の開発方法では、一度に多くの機能を開発することが多く、完成するまでに時間と労力がかかります。

MVP開発方法

MVP開発方法は、Minimum Viable Product(最小限の実行可能製品)の略称で、必要最低限の機能を実装して、その機能が市場で受け入れられるかどうかを検証する方法です。

MVP開発は、仮説を立てて検証を行うため、開発コストを削減できます。

また、市場での評価を受けてから、必要に応じて機能追加や改良を行うことができます。

MVP開発とアジャイル開発の違いとは?

h2下の画像

MVP開発は市場での検証、アジャイル開発はプライオリティの高い開発進捗といった重点の置き場所に違いがあります。

MVP開発は、最小限バージョン製品をリリースして顧客の反応を収集し、最も重要な機能の組み込みや市場での検証、確認に重点を置きます。

市場の検証に重点を置くことで、リソースの最適活用を促進し、よりスピーディな開発が可能です。

一方のアジャイル開発は、プライオリティの高い箇所から実装や機能改善を短期間で繰り返し、無駄の少ない開発進捗に重点を置きます。

アジャイル開発ではMVP開発を採用することもありますが、より広い範囲でプロジェクトを管理し、チームと顧客のコラボレーションを重視します。

MVP開発とPoCの違いとは?

h2下の画像

MVPは市場でのリアルな評価や検証を目的とし、PoC(Proof of Concept)は、実現可能性を示すといった開発プロセスの目的に違いがあります。

MVP開発の目的は、市場で利用できる重要な機能製品をリリースし、顧客から得られるリアルな反応の収集と検証です。

顧客のニーズに基づいて製品を形成し、顧客からの反応をテストします。主要な機能が含まれるため、実際の反応や需要を正確に評価できます。

一方、PoCの目的は、具体的な機能やビジョンを実現するために必要な、技術面での実用可能性を示すことです。

PoCは、市場での動作や需要に焦点を当てず、アイデアの探求段階でリスクや問題を特定し、投資価値の評価に役立ちます。

どちらも、新しい概念や製品の開発プロセスにおいて重要な役割を果たします。

MVP開発で仮説の検証を行う方法を解説

h2下の画像

MVP開発では、仮説を立ててその正しさを検証することが重要です。

以下に、MVP開発で仮説の検証を行う方法について解説します。

  • 仮説の設定
  • MVPの開発
  • 検証の実施

仮説の設定

まずは、何を検証するのか、何を目的として開発を行うのかを明確にします。

その上で、仮説を設定します。

仮説は、市場での受け入れや需要の有無、顧客のニーズなどに関する予想です。

MVPの開発

次に、設定した仮説に基づいてMVPを開発します。

MVPは、最低限の機能を実装して、市場での受け入れや需要の有無を検証するためのプロトタイプです。

検証の実施

MVPをリリースした後、市場での反応や顧客の反応を確認します。

その結果をもとに、仮説が正しいかどうかを判断します。

仮説が正しい場合は、機能を拡張することができます。仮説が正しくない場合は、原因を分析して修正し、再度検証を行います。

MVP開発を成功させるポイント

h2下の画像

MVP開発を成功させるためには、以下のポイントに注意する必要があります。

  • スモールスタートを意識してアジャイル開発を取り入れる
  • 具体的なフィードバックをもらう
  • 開発者としっかりすり合わせを行う
  • スピードを重視した開発を行う
  • ユーザーニーズを理解する
  • 何を検証したいか明確化する

スモールスタートを意識してアジャイル開発を取り入れる

MVP開発においては、スモールスタートが重要です。

大掛かりな機能を盛り込んだプロダクトをリリースすることは、時間とコストの浪費につながります。

アジャイル開発手法を取り入れることで、小さなスタートから段階的に機能を追加していくことができます。

これにより、ユーザーのフィードバックを得て、必要な改善点を把握しやすくなります。

具体的なフィードバックをもらう

MVP開発に向けて重要なポイントは、具体的なフィードバックを的確に収集することです。

ユーザーから得られるリアルなフィードバックは、プロダクト改善に不可欠な情報源になり得ます。

したがって、ユーザーからの意見や要望を積極的に取り入れ、改善点の把握が効率の高いアプローチ方法です。

より具体的なフィードバックを得るためには、ニーズの把握やユーザビリティのテストで得た情報、継続的なアンケートの実施が求められます。

他にも、アナリティクスデータを分析することで、プロダクトの使用パターンや問題点の把握、アクセス数、クリック率、離脱率などの確認も必要です。

これらのアプローチを組み合わせることが、質の高いフィードバックメカニズムを構築し、ユーザーニーズに応えるプロダクト開発の実現に繋がります。

開発者としっかりすり合わせを行う

MVP開発の成功には、開発者としっかりしたすり合わせが不可欠です。

開発プロジェクトを始める前に、まずアイデアや要件を明確に定義し、開発者と共有します。

クリアなコミュニケーションを確保し、開発の進捗や課題を共有することで、円滑なプロジェクト進行が理想的だからです。

どの機能が必要で、どのようなユーザー体験が求められているかを明確にすることで、開発過程での誤解を回避できます。

また、プロトタイプを作成することで、開発者との意思疎通がスムーズになり、さらにコミュニケーションツールの活用で、工数を効率化できます。

他にも、開発者に対して具体的な要件提示や、問題や障害の対応策検討も必要です。

そのため、定期的なミーティングで進捗状況や課題の確認は、重要な課題といえます。

スピードを重視した開発を行う

MVP開発では、スピード感を重視することも重要といえます。

実際の製品を早期に市場へ提供し、ユーザーからのフィードバックを受けることが目的だからです。

迅速なプロトタイプのリリースを通じて、ユーザーからのリアルな反応を得られます。

有力なフィードバックを収集し、製品を改善するイテレーションを繰り返すことで、より使いやすく価値の高い製品提供できます。

他にもMVP開発では、最小限の機能を厳選する判断力も重要です。

ユーザーにとって最も価値のある機能を厳選することで、開発をスピーディに、より効率よく行えるためです。

製品のコアと言える開発を優先し、スピーディな実装を重視することにより、市場での競争力を高められます。

ユーザーニーズを理解する

MVPの目的は、ユーザーニーズを把握し、必要な機能を提供することです。

そのため、MVPを開発する前に、ユーザーが抱える問題やニーズを理解することが重要です。

具体的には、以下のようなアプローチが考えられます。

・ユーザーインタビューを実施し、直接ユーザーの声を聞く

・アンケート調査を行い、ユーザーの意見を集める

・類似のサービスを分析し、競合サービスと差別化できるポイントを見つける

これらのアプローチを取ることで、ユーザーが抱える問題やニーズを正確に把握することができます。

何を検証したいか明確化する

MVP開発では、何を検証したいかを明確にすることが重要です。

具体的には、以下のような観点を考慮します。

・仮説:何を仮定しているか

・測定指標:何を測定するか

・期間:どの程度の期間で検証を行うか

・結果:何を期待するか

これらの観点を考慮して、何を検証するかを明確にすることで、必要な機能を絞り込むことができます。

以上のポイントに注意することで、MVP開発を成功させることができます。

MVPキャンバスとは

h2下の画像

MVPキャンパスについて、以下の2点を解説します。

  • MVPキャンパスとは?
  • MVPキャンパスに必要な項目

MVPキャンパスとは?

MVPキャンバスとは、MVPによる検証を効率化させる目的で行われるフレームワークです。

機能向上に役立つ具体的な仮説定義、検証項目の追加と立案、必要とされる機能など、理想的な製品にすべき情報をより明確にできます。

綿密で効率的なMVP検証を行えるため、失敗のリスク低減にも効果的です。

MVPキャンバスに必要な項目

MVPキャンバスに必要な項目を以下に紹介します。

  • 顧客セグメントの特定
  • 目的・価値の設定
  • 検証の条件指定
  • MVPの明確化
  • コスト構造
  • 主要リソースとパートナー
  • リスクマネジメント
  • 検証結果の理解と改善
  • 提供価値と製品の学習

顧客セグメントの特定

ターゲットとなる顧客層を特定し、そのニーズや要求を理解、また綿密な仮説を立てます。

これによって、MVPの開発方向性を定めます。

目的・価値の設定

顧客に提供する目的・価値を明確に設定します。

目的がハッキリしていないと、リソースのムダやメンバー間で共有認識の相違が発生する原因です。

どの問題を解決し、どのような利益をもたらすのかを定めます。

検証の条件指定

具体的な検証を行う上で必要な情報収集と条件を指定します。

よりリアルな検証結果を得るために、綿密なデータが必要です。

MVPの明確化

顧客ニーズに応えるため、MVPに最も必要な機能を明確化します。

この時点で、上述した目的・価値をメンバー全員が共有できていることが大切です。

コスト構造 

MVPの開発・運用にかかるコストを洗い出し、予算の設定やコスト最適化を行います。

主要リソースとパートナー

MVPの実現に必要なリソース(人材、技術、資金など)を特定し、具体的な工数の計画を立てます。

加えて、提供する価値を補完するためのパートナーシップを構築する方法を検討します。

リスクマネジメント

成功を測るための指標、検証時点に伴うリスクや防げるリスクを設定します。

MVPの成果を定量的に評価するための大切な部分です。

検証結果による理解と改善

仮説検証によって得た情報や結果を理解し、今後の改善点を洗い出します。

提供価値と製品の学習

顧客に提供する価値やプロダクトの概要をビジュアル化して示します。

これにより、コンセプトや検証結果の理解を深められます。

MVP開発を費用と開発期間を抑えて行うなら

h2下の画像

開発期間と費用をを抑えてMVP開発を行いたい場合、 ノーコードツールを使用した開発がおすすめです。

多くのノーコードツールは、プログラミングの様なコーディングを必要としないため、誰にでも簡単に操作できる分、複雑なアプリ開発に向かない場合があります。

しかし、Bubbleというノーコードツールは、より複雑なアプリ開発に対応し、クオリテイの高いアプリを開発できるためおすすめです。

アプリ開発の依頼ならQEDにお任せください。

ノーコードツールのメリットは大きく3つです。

  • 専門的なプログラミング知識が無くても対応可能
  • 開発に伴うコストと工期の削減
  • スピーディな開発を実現

ノーコードツールはWebサイトやECサイト、業務効率化に向けたアプリ開発など、様々なニーズに応えられます。

開発に伴う人材確保の手間・コスト削減が可能です。

弊社では最大で70%近くコストを抑え、最短1ヶ月でリリースできます。

詳しくは、ノーコードツールのメリットや目的別のおすすめツールを解説した記事をご覧ください。

システム開発の事例

h2下の画像

システム開発の事例について2社を紹介します。

  • M&A BASE
  • Hi! STAFF

M&A BASE

(引用:M&A BASE 2023年9月6日時点)

M&A BASEは、M&A(企業の合併と買収)に関わるシステム開発事例です。

企業間の取引プロセスを効率化し、信頼性の高いIT企業に特化したマッチングサイトの開発に寄与しています。

実装にかかった開発期間は、およそ3ヶ月です。

ユーザーインターフェースの向上や、簡単な登録で自社に最適な企業を探せるシステムの開発に貢献し、M&Aのリサーチから企業プロセスの分析と最適化を実現しています。

M&A自体に魅力を感じつつも、具体的な手順や方法が分からない企業は、少なからずあるものです。

IT業界の経験豊富なアドバイスと充実したサポート体制で、安心してM&Aに取り組めるのがM&A BASEの魅力といえます。

Hi! STAFF

(引用:Hi! STAFF 2023年9月6日時点)

Hi! STAFFは、人材採用と管理を支援するシステム開発事例で、舞台技術者や関連設備シェアに特化したマッチングサイトです。

舞台監督や助監督、音響、ヘアメイクといった人材だけに留まらず、舞台設備のシェアリングに対応するためのシステム開発に寄与しています。

実装にかかった開発期間は4ヶ月ほどです。

登録自体は無料なので、幅広い人材確保や、使わない機材を有効活用できる場の提供に貢献しています。

利用者はマイページを名刺として活用でき、スケジュール管理も簡単です。

依頼発注だけでなく、受注にも対応できるシステムなので、舞台技術者や、設備の所有者にはおすすめのマッチングサイトです。

開発費用の相場

h2下の画像

開発費用の相場について、以下3点を解説します。

  • 開発費用の相場はプロジェクト次第
  • ノーコードツール開発との比較
  • 開発費用を抑えるコツ

開発費用の相場はプロジェクト次第

システム開発に伴う費用は、プロジェクトによって大きく異なります。

規模やスコープの広さ、システムや機能の複雑さによって変動するためです。

他にも、相場に影響する要因を以下に紹介します。

  • 開発チームのスキル
  • 緊急性の高いプロジェクト
  • デザイン要件
  • サポートと保守

開発チームのスキル

高い技術力を持つ開発チームが関与する場合、高品質の成果物が見込める一方、開発費用も増加する可能性が考えられます。

緊急性の高いプロジェクト

緊急性の高い開発を求められる場合、追加リソースや投入する時間に応じ、費用もかさむ可能性が考えられます。

デザイン要件

魅力的なデザインや使いやすさなど、ユーザビリティの重要性に応じて費用は変動します。

サポートと保守

開発後のサポートやデバッグ、バグ修正など、アップデートの保守作業にかかる費用も考慮する必要があります。

ノーコードツール開発との比較

開発に伴う費用はプロジェクト次第と解説しましたが、スピーディな開発に向いたノーコードツールを活用すれば、開発費用を抑えられます。

下記は、一般的なシステム開発とノーコード開発に伴う費用を比較したものです。

一般的なシステム開発ノーコードでの開発
開発に伴う初期費用300〜500万円100〜200万円
システム更新に伴う費用20〜50万円2〜5万円
参照:ノーコードツールとは?特徴やメリット、目的別のおすすめツールを解説

開発費用を抑えるコツ

プロジェクトの開発費用を抑えるコツは、以下のポイントに注意することです。

  • スコープの絞り込み
  • MVPの導入
  • アジャイルの採用
  • オープンソフトウェアの活用

スコープの絞り込み

スコープを厳密に定義し不要な要件を排除することで、開発に伴う費用を削減できます。

MVPの導入

最小限の機能で動作するMVPをリリースし、ユーザーの反応を収集しながら進化させることで、初期の費用を最小限に抑えられます。

アジャイルの採用

アジャイルな開発手法を採用して、継続的な改善と柔軟な対応を行いながら、効果的なプロジェクト管理を行います

オープンソフトウェアの活用

既存のオープンソースのライブラリやフレームワークを活用することで、開発にかかる労力と費用を軽減できます。

まとめ

h2下の画像

今回はMVP開発を成功させるためのポイントについて解説しました。

まず、スモールスタートを意識してアジャイル開発を取り入れることが重要です。

これにより、開発プロセスをスピーディに進め、早期にフィードバックを受けることができます。

次に、ユーザーニーズを理解することが大切です。

ユーザーが抱える問題やニーズを把握し、それに応じた機能を開発することで、ユーザー満足度を高めることができます。

最後に、何を検証したいかを明確化することが重要です。

開発した機能がユーザーにとってどのような価値を提供するのかを明確にし、その価値が実現できたかどうかを検証することで、MVPの改善につなげることができます。

以上の3つのポイントを意識しながらMVP開発を進めることで、成功に近づくことができます。