2023.08.16

・#新規事業

オフショア開発におすすめの会社22選|会社選びのポイントもご紹介

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
オフショア開発におすすめの会社22選|会社選びのポイントもご紹介

目次

オフショア開発ってなに?

オフショア開発とは、企業が国内外の境界を超えて、他国の専門的な人材を活用してソフトウェアやプログラムを開発する手法を指します。このアプローチは、コスト削減や効率的な開発プロセスを実現する上での重要な選択肢となっています。

開発する人材を低コストで確保できるメリットがある

オフショア開発の最大の魅力の一つは、低コストで高品質な人材を確保できるという点です。発展途上国などで高度な技術スキルを持つエンジニアやプログラマーが働いており、彼らの専門知識を活かすことで開発コストを削減し、同時に品質の向上も図ることができます。これにより、予算の制約がある企業でも競争力のあるソフトウェアを開発する道が開かれます。

コミュニケーションの壁がデメリットになる場合もある

一方で、オフショア開発にはコミュニケーションの壁が潜在的なデメリットとして考えられます。異なる国や文化で働くチームメンバーとのコミュニケーションには誤解や情報の不足が生じる可能性があり、プロジェクトの進行に支障をきたすことがあります。効果的なコミュニケーション手段やプロジェクト管理体制を確立することが、この問題を解決する鍵となります。

以上のように、オフショア開発はその低コストな人材確保メリットと、コミュニケーションの壁といったデメリットを含むアプローチです。企業はこれらの要素をバランス良く考慮し、自身のプロジェクトに最適な開発手法を選択することが重要です。

オフショア開発に失敗しない会社選びのポイント7選

オフショア開発を成功させるためには、適切な会社を選ぶことが重要です。以下に、オフショア開発の際に失敗しないためのポイントを7つ紹介します。

会社の得意分野を見て、自社に合っているか確認する

まず、オフショア開発会社の得意分野を確認し、それが自社のニーズに合っているかを検討しましょう。例えば、ウェブアプリケーション開発やモバイルアプリ開発など、会社ごとに得意とする分野が異なります。自社のプロジェクトと会社のスキルセットがマッチするかどうかを確認することで、開発の品質を向上させることができます。

料金の目安を知り知り、見積もりを取る

予算はプロジェクトの重要な要素です。複数のオフショア開発会社の料金体系を比較し、適切な価格設定かどうかを確認しましょう。安価な会社が良いとは限らず、高品質な成果物を提供できるかどうかも検討しなければなりません。見積もりを複数取り、コストと品質のバランスを考えることが重要です。

会社の開発実績を参考にする

過去の開発実績は、会社の信頼性や技術力を確認する手がかりとなります。同様のプロジェクトを成功させた経験があるか、どれだけの実績があるかをチェックしましょう。類似したプロジェクトの成功例を参考にすることで、開発会社の実力を判断することができます。

会社の契約形態をよく確認する

契約内容はトラブルを避けるために非常に重要です。納期、品質保証、サポート体制などの契約条件を十分に確認しましょう。特に違約金や保証条項に関する内容は注意深く検討する必要があります。明確な契約がプロジェクトの円滑な進行を支えます。

オフショア開発を依頼する開発国を調べる

開発国の選択も重要です。開発国の文化や時差、言語の違いなどがコミュニケーションや進行に影響を及ぼす可能性があります。複数の候補国を検討し、それぞれの特性を理解した上で最適な選択をすることが求められます。

コミュニケーションがしっかり取れるか確認する

オフショア開発ではコミュニケーションの取り方が成功の鍵です。タイムゾーンの違いや言語の壁を乗り越え、円滑なコミュニケーションが図れるかを確認しましょう。週次の進捗報告や定期的な会議を設けるなど、コミュニケーションプランを策定することが重要です。

開発会社のサポート体制と推進体制をしっかり確認する

オフショア開発の成功は、強力なサポート体制と効果的な推進体制にかかっています。問題発生時の対応やプロジェクトの進行管理が円滑に行えるかを確認しましょう。プロジェクトマネージャーやチームリーダーの存在、コミュニケーションプランなどを検討します。

これらのポイントを念頭に置きながら、オフショア開発会社を選ぶ際には慎重な検討が求められます。成功するプロジェクトを実現するために、適切なパートナーを見つけることが大切です。

オフショア開発におすすめのシステム開発会社22選

株式会社エイブリッジ

エイブリッジは、システム開発分野で優れた実績を誇る会社です。顧客のニーズに合わせたカスタマイズされたソリューションを提供し、効率的なプロジェクト進行を実現します。実績には、大手企業からの信頼が多数含まれており、信頼性と品質に定評があります。

株式会社ハイブリッドテクノロジーズ

ハイブリッドテクノロジーズは、幅広い技術スタックと経験豊富な開発チームを持つ会社です。柔軟なアプローチで、顧客のビジョンを具現化し、革新的なソリューションを提供します。プロジェクトの進捗管理やコミュニケーションもスムーズに行い、クオリティの高い成果物を提供しています。

インディビジュアルシステムズ株式会社

インディビジュアルシステムズは、アジャイル開発を得意とする会社です。スクラムなどの手法を駆使して、スピーディーなプロジェクト進行を実現し、顧客のフィードバックを取り入れながら柔軟な変更に対応します。多様な業界での経験があり、高い信頼性を誇ります。

株式会社日比谷コンピュータシステム

日比谷コンピュータシステムは、長年にわたるシステム開発の実績を持ちます。高度な技術力を駆使して、複雑なプロジェクトにも対応し、クライアントのビジネスニーズにマッチするソリューションを提供します。信頼性の高さと堅実なプロジェクト管理が特徴です。

株式会社デジタリーフ

デジタリーフは、革新的なアプローチでシステム開発を行う会社です。デジタルトランスフォーメーションの導入や新たなテクノロジーの活用により、クライアントのビジネス価値向上を支援します。アジャイルなチーム体制とクライアントとの緊密な連携が強みです。

株式会社アイティ・フォレスト

アイティ・フォレストは、多岐にわたる業界での経験を持ち、幅広いニーズに対応するソリューションを提供する会社です。クライアントとのコミュニケーションを重視し、要件定義からデリバリーまでのプロセスを透明に管理します。品質と信頼性を追求する姿勢が特徴です。

SHIFT ASIA CO.,LTD.

SHIFT ASIAは、国際的な視点でシステム開発を行う企業です。多様な文化背景を理解し、グローバルなプロジェクトを推進します。専門知識豊富なチームが、高い技術力と共にクライアントのニーズに応えます。シームレスなコラボレーションを実現し、成果を上げることに注力しています。

株式会社キャピタルナレッジ

キャピタルナレッジは、経験豊富なエンジニアとデザイナーが連携してシステム開発を行う会社です。ユーザーエクスペリエンスに焦点を当て、使いやすさと効果的な機能を両立させるソリューションを提供します。ユーザー目線の開発手法が特徴です。

株式会社Sun Asterisk

Sun Asteriskは、クリエイティブなアプローチでシステム開発を行う会社です。デザイナーやエンジニアが連携して、魅力的でユーザーコネクテッドなソリューションを創出します。ユーザーの感情に訴えるデザインと効果的な機能組み合わせが特徴です。

株式会社コウェル

コウェルは、堅実なプロジェクトマネジメントと高度な技術力でシステム開発に取り組む企業です。クライアントのビジネスニーズを深く理解し、最適なソリューションを提供します。プロジェクトの進捗管理と効率的なコミュニケーションを重視し、納期と品質を両立させます。

株式会社ハイペリオン

ハイペリオンは、新たなテクノロジーを駆使して革新的なシステム開発を行う企業です。先進的なアプローチとアイデアで、クライアントのビジョンを実現するソリューションを創造します。スピーディーなプロジェクト進行とクオリティの高さが特徴で、競争力を向上させる支援を行います。

株式会社モンスターラボホールディングス

モンスターラボホールディングスは、幅広い分野でのシステム開発を手掛ける企業です。多彩な専門知識を有するエンジニアが、クライアントのニーズに合わせた柔軟なソリューションを提供します。経験豊富な開発チームと迅速な対応力が強みです。

VITALIFY(株式会社バイタリフィ)

VITALIFYは、デジタルトランスフォーメーションを支援するシステム開発企業です。クライアントのビジネスプロセスを最適化し、効率を向上させるソリューションを提供します。エキスパートチームがビジョンを共有し、高い価値を創出します。

株式会社ベスト・コム

ベスト・コムは、多様な業界での経験を持ち、信頼性の高いシステム開発を行う会社です。柔軟なアプローチと確かな技術力で、クライアントの要望に応えるカスタムソリューションを提供します。プロジェクトの進行状況を透明にし、クオリティを追求します。

株式会社トラント

トラントは、アジャイルな開発手法を用いてスピーディーなシステム開発を行う企業です。顧客との綿密なコミュニケーションを重視し、柔軟な変更にも対応します。ユーザーエクスペリエンスと高品質なコードを両立させ、クライアントのビジョンを実現します。

株式会社デザインワン・ジャパン

デザインワン・ジャパンは、デザイン思考を取り入れたシステム開発を行う会社です。ユーザーエクスペリエンスに焦点を当て、使いやすさと美しさを追求したソリューションを提供します。デザイナーとエンジニアの共同作業により、魅力的なプロダクトを生み出します。

株式会社LIG

LIGは、ビジネス課題の解決を目指すシステム開発企業です。クライアントのニーズを深く理解し、効果的なソリューションを提供します。経験豊富な専門家がプロジェクトに参画し、高い品質と信頼性を追求します。アフターケアも充実しています。

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

パーソルプロセス&テクノロジーは、多彩なサービスを提供するシステム開発企業です。人材やテクノロジーの専門知識を活かし、クライアントの課題解決をサポートします。トータルソリューションの提供と、ビジネス価値の向上を追求します。

株式会社Grrow

Grrowは、デジタルトランスフォーメーションを推進するシステム開発会社です。革新的なアプローチとテクノロジーを駆使して、ビジネスプロセスを最適化し、成果を最大化します。クライアントとの緊密な協力により、価値あるソリューションを提供します。

株式会社ブライセン

ブライセンは、高品質なシステム開発を提供する企業です。エキスパートなチームがクライアントのビジョンを実現し、効果的なソリューションを創出します。プロジェクトのスケジュール管理や品質保証に注力し、クライアントの信頼を得ています。

株式会社イノベイト

イノベイトは、革新的なアプローチでシステム開発を行う企業です。新たなテクノロジーやアイデアを活用し、クライアントのビジネスをトランスフォームします。クリエイティブなチームがビジョンを具現化し、業界の常識に挑戦します。

dot.global / 株式会社dot.global

dot.globalは、国際的な視点でシステム開発を行う企業です。多様なカルチャーを尊重し、グローバルなプロジェクトに取り組みます。エキスパートな専門家との協力により、高い技術力と革新的な発想を結集してソリューションを提供します。クライアントのビジネス拡大を支援し、国際競争力を高めます。

これらのシステム開発会社は、それぞれ異なる専門性やアプローチを持ちながら、クライアントのニーズに合わせた優れたソリューションを提供しています。多様な選択肢の中から、プロジェクトの性格や要件に最適な会社を選び、成功に導くことができるでしょう。

オフショア開発会社を比較する3つの確認事項

依頼した人が担当者をどう評価したか

オフショア開発会社を選ぶ際、担当者の評価は重要なポイントです。プロジェクトの円滑な進行とクオリティの確保に直結します。依頼者の評価が高いと、コミュニケーションの円滑さや専門知識の豊富さがうかがえます。たとえば、A社では、担当者が積極的なコミュニケーションを取り、的確な提案を行っていたことから、プロジェクトは円滑に進行し、満足のいく成果物が得られました。

依頼した人が開発会社をどう評価したか

オフショア開発を行う際、開発会社の評価も見逃せません。過去の実績やクライアントからの評価は、その会社の信頼性や品質を示す手がかりとなります。依頼者が高評価を与える企業は、プロジェクトの目標達成やクオリティの維持に努めている傾向があります。B社は、多くのクライアントから高評価を獲得しており、特に納期の守り方や適切なアドバイス提供において定評がありました。

開発費用が相場に近いか

開発費用はプロジェクト選定において欠かせない要素ですが、相場を知ることも重要です。過度に高額な場合はコスト効率が低下し、低すぎる場合は品質が犠牲になる可能性があります。開発費用が適正であるかは、市場の価格動向や他社との比較によって判断できます。C社は、リーズナブルな価格設定にも関わらず、高品質な成果物を提供しており、依頼者からの支持を受けています。

これらの3つのチェック項目を確認することで、オフショア開発会社の選定がスムーズに行え、プロジェクトの成功に一歩近づくでしょう。複数の会社の評価を比較し、クライアントの要望に最適なパートナーを見つけることが肝要です。

オフショア開発会社を比較する3つのチェック項目

依頼した人が担当者をどう評価したか

オフショア開発会社を選ぶ際、依頼主が担当者の評価をどのようにしているかは重要なポイントです。プロジェクトの円滑な進行とクオリティの確保に直結します。依頼主が担当者のコミュニケーション能力や専門知識を高く評価している場合、その企業は信頼性が高い可能性があります。

依頼した人が開発会社をどう評価したか

オフショア開発を検討する際、その企業の過去の実績や依頼主からの評価は見逃せません。依頼主の評価が高い会社は、信頼性がありクオリティの高い成果物を提供する傾向があります。クライアントの声から、企業の強みや専門性を把握しましょう。

開発費用が相場に近いか

プロジェクトの成功には適正な開発費用の設定が不可欠です。過度に高額な場合、コスト効率が低下する可能性がありますし、逆に低すぎる場合は品質が犠牲になることもあります。相場を把握し、他社との比較を行うことで、適切な価格設定かどうかを確認できます。

これらの3つのチェック項目を確認することで、オフショア開発会社の選定が容易になり、プロジェクトの成功に近づくでしょう。異なる会社の評価を比較し、クライアントの要望に適したパートナーを見つけることが重要です。

オフショア開発を行う費用の相場

オフショア開発とは、国外の専門家と協力してソフトウェアやアプリを作成することを指します。この方法は、コスト削減や技術力の確保といったメリットがあります。しかし、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

各国のエンジニアの人件費相場

オフショア開発の費用は、協力する国や地域によって大きく異なります。例えば、アジア地域では、特にインドやフィリピンの技術者の給与は比較的安価です。一方、ヨーロッパの国々やアメリカでは、技術者の給与が高い傾向にあります。このような地域差を理解することで、適切な予算を組む手助けとなります。

さらに、技術者のスキルや経験によっても給与は変動します。たとえば、初級の技術者と比べ、経験豊富な技術者の給与は高くなることが一般的です。そのため、プロジェクトの要件や目的に応じて、適切な技術者を選ぶことが重要です。

各国のプロジェクトの規模による費用相場

プロジェクトの規模も、オフショア開発の費用に影響を与えます。小規模なプロジェクトは、少数の技術者で対応可能ですが、大規模なプロジェクトでは、多くの技術者や時間が必要となります。

例として、シンプルなウェブサイトの開発と、複雑なシステムの開発では、必要な技術者の数やスキルが異なります。このような違いを考慮し、予算を計画することが大切です。

また、プロジェクトの期間や難易度によっても、費用は変わります。短期間での納品を希望する場合や、特別な技術を要する場合は、費用が高くなる可能性があります。そのため、事前にプロジェクトの詳細を明確にし、適切な予算を設定することが求められます。

補助金を使ってシステム開発の費用を安く抑える

システム開発は、多くの場合、高額な費用がかかるものです。しかし、補助金を活用することで、そのコストを大きく削減することが可能です。

補助金の種類と活用方法

さまざまな公的機関や団体から、システム開発に関する補助金が提供されています。これらの補助金は、中小企業の技術革新や、地域経済の活性化を目的としています。例えば、デジタル化を進めるための補助金や、新しい技術の研究開発を支援するための補助金などがあります。

補助金を活用する際のポイントは、自社の事業内容や開発するシステムの特性に合った補助金を選ぶことです。また、申請書類の作成や、補助金の使用方法に関するルールをしっかりと理解することも大切です。

補助金の活用によるメリット

補助金を利用することで、システム開発の初期投資を大幅に削減することができます。これにより、より高度なシステムを低予算で開発することが可能となります。

また、補助金を活用することで、新しい技術やサービスの導入を積極的に進めることができます。これは、企業の競争力を高めるための大きな武器となります。

さらに、補助金を受け取ることで、公的機関や団体との連携が強化されることもあります。これにより、今後の事業展開や新しいプロジェクトの際に、さまざまなサポートを受けることができるようになります。

オフショア開発をしている人気6カ国を比較・解説

オフショア開発の場所として選ばれる国は多岐にわたりますが、特に注目されている6カ国をピックアップして、その特徴やメリットを解説します。

欧米企業としては圧倒的な実績:インド

インドは、IT技術者の数が多く、英語のスキルも高いため、欧米の企業からの依頼が多いです。
特に、大手IT企業との取引実績が豊富で、高度な技術力を持つ技術者が多いのが特徴です。
しかし、時差や文化の違いに注意が必要です。

海外進出を考える上で有望:フィリピン

フィリピンは、英語教育が進んでいるため、コミュニケーションがスムーズに行えるのが魅力です。
また、人件費が安く、若い世代の技術者が増えてきているので、新しい技術の導入も期待できます。

中長期的な成長を望める:バングラデシュ

バングラデシュは、近年、IT産業の成長が著しい国として注目されています。
初期の投資は必要ですが、中長期的には高いリターンが期待できるでしょう。

コストを削減したいなら:ミャンマー

ミャンマーは、人件費が非常に安いため、コストを抑えたい企業におすすめです。
ただし、インフラの整備が進んでいない部分もあるので、事前のリサーチが必要です。

日本語能力と開発スピードに定評がある:中国

中国は、日本との取引が多いため、日本語スキルを持つ技術者が多いです。
開発スピードも速く、大規模なプロジェクトにも対応できるのが特徴です。

幅広い選択ができる:ベトナム

ベトナムは、多様な技術分野に対応できる技術者が多いため、幅広い選択が可能です。
また、近年の経済成長に伴い、IT産業も急速に発展しています。

まとめ

オフショア開発は、国外の専門家との協力でソフトウェアやアプリを開発する手法で、低コストでの人材確保がメリットとして挙げられますが、コミュニケーションの壁がデメリットとなることも。成功するための会社選びのポイントとして、得意分野の確認や料金の目安、開発実績の参照などが重要です。また、22のおすすめのシステム開発会社が紹介されており、それぞれの会社を比較する際のチェック項目も提供されています。さらに、オフショア開発の費用相場や、補助金を活用したコスト削減方法、人気のあるオフショア開発国の特徴とメリットについても詳しく解説されています。