2023.08.16

・#新規事業

PowerAppsとは?活用事例と特徴・導入の注意点を解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
PowerAppsとは?活用事例と特徴・導入の注意点を解説

目次

PowerAppsとは

h2下の画像

「PowerApps」は、Microsoftが提供するビジネス向けのアプリケーション開発プラットフォームです。

このプラットフォームを使用することで、ビジネスユーザーや開発者はコードをほとんど書かずに、カスタムのビジネスアプリケーションを作成できます。

PowerAppsは、データソースの接続やユーザーインターフェースの設計、アプリケーションのロジックの組み立てなどを視覚的なインターフェースで行うことができます。

さらに、データの取得や更新、フローの自動化なども簡単に実装できるため、効率的なビジネスプロセスを支援します。

例えば、従来は専門の開発者によって作成されていた業務アプリケーションも、PowerAppsを使えばビジネスユーザーが自身で作成できるようになります。

社内のプロジェクト管理アプリ、顧客管理システム、在庫管理ツールなど、さまざまなビジネスアプリケーションを必要に応じて迅速に開発できるのが特徴です。

PowerAppsの柔軟性と使いやすさは、ビジネスプロセスの最適化やデジタルトランスフォーメーションを進める上で力強いツールとなっています。

ビジネスのニーズに合わせてアプリケーションをカスタマイズし、生産性の向上や効率化を実現する一翼を担っています。

PowerAppsの特徴

h2下の画像

PowerAppsの特徴は、以下の通りです。

  • 手軽にアプリを作成できるMicrosoftのローコードツール
  • Excelなど様々なデータと連携できる
  • 専用の開発環境が必要ない

手軽にアプリを作成できるMicrosoftのローコードツール

PowerAppsは、専門的なプログラミングスキルがなくても、直感的な操作でアプリケーションを作成できる優れたツールです。

たとえば、フォーム入力やデータの表示、更新など、ビジネスプロセスをサポートするアプリを手軽に構築することが可能です。

このツールを使うことで、従来は専門知識が必要だったアプリ開発が、誰もが取り組める活動となります。

Excelなど様々なデータと連携できる

PowerAppsは、Excelや他のデータソースとも簡単に連携できる特徴があります。

例えば、売上データや在庫情報など、企業内で扱う様々なデータをアプリケーションに統合して活用することが可能です。

これにより、リアルタイムでのデータ更新や分析を行いながら、効果的な意思決定を支援できます。

専用の開発環境が必要ない

PowerAppsを使用する際には、専用の開発環境を用意する必要がありません。

クラウドベースのサービスとして提供されており、インストールやセットアップ作業が不要です。

利用するデバイスからインターネット経由でアクセスし、直感的な操作を通じてアプリケーションの開発やカスタマイズを行うことができます。

PowerAppsの上手な活用ポイント

h2下の画像

PowerAppsの上手な活用ポイントは、以下の通りです。

  • 運用に関するルールを予め決めておく
  • WordやExcel、PowerPointなどのMicrosoft製品と連携する

運用に関するルールを予め決めておく

PowerAppsを効果的に活用するためには、運用に関するルールを事前に明確に決定しておくことが重要です。

たとえば、データの入力フォーマットや更新頻度、データの共有範囲などのルールをチーム全体で合意することで、スムーズな運用が実現できます。

このようなルールを定めることで、データの一貫性と正確性を保ちながら、効率的な作業フローを確立することができます。

WordやExcel、PowerPointなどのMicrosoft製品と連携する

PowerAppsの強力な機能の一つは、Microsoft製品とのシームレスな連携です。

たとえば、Excelで管理されているデータをPowerAppsのアプリケーションと連携させることで、リアルタイムでのデータ更新や分析を行うことができます。

また、PowerPoint内のデータをPowerAppsアプリに統合することで、プレゼンテーション内のデータを即座に活用できるようになります。

これにより、データの効果的な利用と共有を強化し、業務プロセスの効率化を実現できます。

PowerAppsは、データの収集やプロセスの自動化、ビジネスアプリケーションの開発など、多岐にわたる活用が可能なツールです。

適切なルールの設定と他のMicrosoft製品との連携をうまく活用することで、ビジネスプロセスの向上と効率化を実現できるでしょう。

PowerAppsを導入するときの2つの注意点

h2下の画像

PowerAppsを導入するときの注意点は、以下の通りです。

  • 小さく始める
  • 要件を明確にする

小さく始める

まず、PowerAppsを導入する際には小さく始めることをおすすめします。

大規模な変更やシステムの導入は、多くのリソースと時間を必要としますが、小さなスコープから始めることで、試行錯誤を重ねながら効果的な展開が可能となります。

例えば、特定の部門やプロジェクトから始めて、その成功体験を元に徐々に拡大していくことが効果的です。

要件を明確にする

PowerAppsを導入する際には、要件を明確にすることが重要です。

システム導入前に、どのような業務プロセスを改善したいのか、どのような機能が必要なのかをしっかりと定義しましょう。

具体的なユースケースや利用シーンを洗い出し、それに基づいてPowerAppsの構築やカスタマイズを進めることで、効果的なシステムを構築することができます。

以上の注意点を踏まえつつ、PowerAppsの導入を進めることで、スムーズな移行と効果的な業務プロセスの改善が実現できるでしょう。

PowerAppsの課題別の活用方法

h2下の画像

PowerAppsの課題別の活用方法は、以下の通りです。

  • アナログ業務をデジタル化する
  • ルーティン業務を自動化する
  • データを一元管理する

アナログ業務をデジタル化する

アナログで行われていた業務プロセスをPowerAppsを使用してデジタル化することで、業務の効率化と正確性の向上が期待できます。

例えば、紙ベースのフォームからデジタルフォームへの移行により、情報の入力ミスや紛失を減少させることができます。

また、デジタル化によってデータの追跡や共有も容易になり、業務プロセス全体の透明性が向上します。

ルーティン業務を自動化する

PowerAppsを活用することで、ルーティン業務を効果的に自動化することができます。

例えば、定型的な承認プロセスやタスクの割り当てなど、手動で行う必要がある作業を自動化することで、作業の手間や時間を削減することが可能です。

これにより、従業員はより価値ある業務に集中することができ、生産性の向上が期待されます。

データを一元管理する

PowerAppsはデータを一元管理するための効果的なツールとなります。

異なるシステムやプラットフォームに分散しているデータを統合し、シームレスなデータ管理環境を構築することができます。

これにより、重要なデータに迅速にアクセスできるだけでなく、データの品質向上や分析の効率化も実現可能です。

PowerAppsを活用したアプリ例7選

h2下の画像

PowerAppsを活用した7つのアプリ例は、以下の通りです。

  • 営業活動支援アプリ
  • 在庫管理アプリ
  • 勤怠管理アプリ
  • 名簿アプリ
  • チケット管理アプリ
  • CRMアプリ
  • デジタルサイネージアプリ

営業活動支援アプリ

営業担当者が顧客情報や商談履歴を効率的に管理し、営業活動をサポートするアプリです。

例えば、クラウド上で顧客情報を一元管理し、商談のステータスや進捗をリアルタイムで追跡できるようにします。

営業プロセスの可視化やタスクの自動化により、営業チームの生産性向上に貢献します。

在庫管理アプリ

企業内での商品や資材の在庫状況を効果的に管理するためのアプリケーションです。

例えば、バーコードスキャン機能を活用して商品の入出庫を追跡し、適切なタイミングで発注を行う仕組みを構築します。

これにより、在庫不足や過剰在庫のリスクを低減し、適切な在庫レベルを維持します。

勤怠管理アプリ

従業員の勤務時間や休暇の管理を効率的に行うためのアプリです。

例えば、スマートフォンからの出勤・退勤打刻や休暇申請の提出を可能にし、管理者側もリアルタイムで勤怠情報を確認できるようにします。

これにより、勤怠管理の精度向上や労働時間の適切な管理が実現します。

名簿アプリ

名簿情報を簡単に管理するためのアプリケーションです。

例えば、従業員の基本情報や連絡先をデータベース化し、検索やフィルタリングを活用して必要な情報にアクセスできるようにします。

さらに、名簿の更新や追加情報の登録もスムーズに行えるため、組織内での情報共有や連絡が円滑化します。

チケット管理アプリ

プロジェクトやタスクの進捗を追跡するためのアプリケーションです。

例えば、プロジェクトのステータスや担当者を可視化し、タスクの優先度や期限を管理します。

これにより、チーム内でのタスクの進行状況が明確になり、プロジェクトの効率的な管理が実現します。

CRMアプリ

顧客関係を強化するためのカスタマーリレーションシップマネジメント(CRM)アプリです。

例えば、顧客情報やコンタクト履歴を一元管理し、営業活動や顧客対応を効果的に支援します。

これにより、顧客との関係構築やセールスプロセスの最適化が促進されます。

デジタルサイネージアプリ

デジタルサイネージを効果的に活用するためのアプリケーションです。

例えば、店舗内やイベント会場でデジタルディスプレイを利用し、広告や情報の表示を管理します。

動的なコンテンツの切り替えやスケジュール管理を行い、効果的な情報発信が可能となります。

PowerAppsを活用した事例4選

h2下の画像

PowerAppsを活用した4つの事例は、以下の通りです。

  • 経済産業省
  • 株式会社ファンリピート
  • Telstra
  • Pinnacle Groupe

経済産業省

引用元:経済産業省

経済産業省は、PowerAppsを活用して業務プロセスの効率化を図っています。

例えば、内部のデータ共有や報告書の作成プロセスをデジタル化し、情報の迅速な共有と正確なデータ収集を実現しています。

株式会社ファンリピート

引用元:株式会社ファンリピート

株式会社ファンリピートは、PowerAppsを顧客対応の強化に活用しています。

営業担当者が顧客情報をスマートフォンから簡単にアクセスし、商談の進捗やニーズを把握することで、効果的な顧客対応を実現しています。

Telstra

引用元:Telstra

オーストラリアの通信事業者であるTelstraは、PowerAppsをフィールドサービスの最適化に利用しています。

技術者が現地でデータを入力し、リアルタイムでアップデートすることで、サービス品質の向上とタスクの迅速な処理を実現しています。

Pinnacle Groupe

引用元:Pinnacle Groupe

Pinnacle Groupeは、PowerAppsを人事管理と勤怠管理に活用しています。

従業員がスマートフォンから勤怠情報を提出し、管理者が効率的に承認することで、従業員と管理者の双方にとって便益をもたらしています。

以上の事例は、さまざまな業界や領域でPowerAppsが活用されていることを示しています。

組織はこれらの成功事例から着想を得て、自身の業務プロセスの改善にPowerAppsを活かすことができるでしょう。

まとめ

h2下の画像

PowerAppsの特徴やメリット、活用事例などを紹介しました。

PowerAppsは、Microsoftのローコードツールを用いて、手軽にアプリを作成し、Excelなど様々なデータと連携することができます。

専用の開発環境も必要ないため、業務効率化に大いに貢献するポテンシャルを秘めています。

PowerAppsを利用するにあたり、運用に関するルールを予め定めたり、Microsoft製品と連携したりすることで、PowerAppsの効果を最大限に引き出すことが可能です。

ただし、導入する際には小さく始めて段階的に拡大し、要件を明確にすることが重要です。

アナログ業務のデジタル化やルーティン業務の自動化、データの一元管理など、PowerAppsの課題別の活用方法も幅広いです。

さらに、営業支援から在庫管理、勤怠管理、名簿、チケット、CRM、デジタルサイネージまで、多彩な事例があります。

実際の事例も経済産業省や企業など、多様な領域でPowerAppsが成功を収めており、組織の業務プロセス改善に有望なツールと言えるでしょう。