2023.08.16

・#新規事業

販売管理システム開発のポイントや種類・導入のメリットを解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
販売管理システム開発のポイントや種類・導入のメリットを解説

目次

販売管理システム導入で作業効率や競争力を強化

販売管理システムの導入は、企業の業務効率向上や競争力強化に大きく寄与します。業務プロセスの自動化やデータのリアルタイム管理によって、従来の手作業に比べて効率的な作業環境を実現できます。また、正確な情報の迅速な取得が可能となり、迅速な意思決定や顧客対応が可能になります。

販売管理システム開発で意識すべき6つのポイント

販売管理システムを開発する際には、以下の6つのポイントに意識を向けることが重要です。

システム導入によるビジネスニーズへの効果

システム導入の際、ビジネスニーズを明確に把握し、システムがどのようにそれをサポートするかを評価することが不可欠です。ニーズに合った機能やモジュールの選定、運用における効果的なカスタマイズが求められます。

自社のニーズや要件を満たすシステムの定義・策定

自社のニーズや要件を具体的に定義し、システムの設計や開発に反映させることが重要です。ビジネスプロセスやワークフローに合わせて柔軟なカスタマイズが行えるよう、要件定義段階での検討が欠かせません。

ニーズや要件を満たすために伴うコストの把握・設定

システム導入にはコストが伴いますが、コストの範囲内でニーズや要件を満たす最適なシステムを選定することが重要です。過度なコスト増加を抑えつつ、必要な機能や品質を確保するバランス感覚が求められます。

システム導入による投資対効果の検証・評価

システム導入にかかる投資対効果を検証し、長期的な視点で評価することが必要です。ROI(投資収益率)やコスト削減効果、生産性向上などを考慮して、システム導入の合理性を確認することが重要です。

システム導入によるデータセキュリティの管理・保護

システム導入によって取り扱うデータのセキュリティ管理は欠かせません。機密情報の漏洩や不正アクセスからデータを保護するためのセキュリティ対策が重要であり、適切な暗号化やアクセス制御を実施する必要があります。

システム管理・メンテナンスに伴う研修・人材の育成

システムの導入後も適切な管理とメンテナンスが必要です。従業員に対する適切な研修やトレーニングを提供し、システムを効果的に運用できるスキルを育成することが大切です。

販売管理システムの主な種類とは

販売管理システムには様々な種類があり、それぞれ異なる機能を提供しています。

顧客管理システム

顧客情報の一元管理を行うシステムです。顧客の購買履歴や連絡先情報などを統合的に管理し、個別のニーズに合わせたサービス提供が可能です。

受発注管理システム

受注から出荷までの一連のプロセスを管理するシステムです。注文受付や在庫確認、出荷手配などの業務を効率化し、正確な納期管理が可能です。

出荷・物流管理システム

商品の出荷や物流プロセスを管理するシステムです。在庫状況の把握や配送スケジュールの最適化を通じて、顧客への迅速な商品提供が実現できます。

在庫管理システム

商品在庫の管理と適切な補充を支援するシステムです。在庫レベルのモニタリングや発注点の設定によって、在庫過剰や不足を防ぎます。

売上げ管理システム

売上げや収益のデータを収集・分析し、経営判断に役立つ情報を提供するシステムです。売上げ動向の把握や売上げ分析によって、戦略の見直しや改善が可能です。

販売予測システム

将来の需要を予測し、適切な在庫管理や生産計画を立てるためのシステムです。過去のデータや市場動向の分析に基づいて、需要予測を行います。

販売管理システムの主なタイプとは

販売管理システムにはいくつかの主なタイプがあります。

クラウドベースSaaS型

クラウド上で提供されるサービスとして、必要な機能を選択して利用することができるタイプです。サーバーの運用やメンテナンスはプロバイダが行い、導入コストを削減しながら柔軟な運用が可能です。

オンプレミス型

企業内のサーバーやインフラでシステムを運用するタイプです。データのセキュリティやカスタマイズ性を高められる一方、運用コストやリソースの必要性が高まります。

カスタム開発型

企業のニーズに合わせて独自に開発されるタイプです。特定の業務プロセスに最適化されたシステムを構築できるため、業務の効率向上が期待できますが、開発コストと時間が必要です。

オープンソース型

無料または低コストで利用できるオープンソースのソフトウェアをベースにしたタイプです。カスタマイズや拡張が可能であり、コミュニティのサポートを受けながらシステムを導入できます。

モバイルアプリ型

スマートフォンやタブレット向けに開発されたアプリケーション形式の販売管理システムです。営業担当者などが外出先でもリアルタイムで情報を入力・参照できる利点があります。

販売管理システム開発で得られる補助金や助成金の活用

販売管理システムの開発においては、補助金や助成金を活用することで、導入費用の軽減や効率的な開発が可能です。

IT導入補助金2023

2023年においても、IT導入補助金が提供されています。中小企業や個人事業主などが、情報システムの導入や活用に関する費用の一部を補助してもらえる制度です。業務効率向上や競争力強化のために、活用を検討する価値があります。

ものづくり補助金総合サイト

ものづくり分野において、製造業者が技術開発や新製品の開発を支援するための補助金情報が集約されたサイトです。販売管理システムの開発が、製造業のプロセス改善や新商品の販売戦略に寄与する場合、この補助金制度を利用することができます。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者向けに提供される持続化補助金は、事業の発展や継続を支援する制度です。販売管理システムの導入や業務効率化によって事業の収益向上が期待できる場合、この補助金を活用して取り組むことができます。

【失敗しない】販売管理システム開発企業の選び方

販売管理システムを開発する際には、適切な開発企業の選定が成功への鍵となります。

内容・詳細が具体的な見積書を提供する企業

開発企業から提供される見積書は、プロジェクトのスコープや費用を正確に把握するための重要な情報です。具体的な機能や作業内容、見積もり金額が明確に記載された見積書を提供している企業を選びましょう。

望む機能に類似したシステム開発実績・経験を持つ企業

販売管理システムの開発実績や経験は、企業の信頼性を示す要素です。望む機能や業界に合わせた類似の実績を持つ企業を選ぶことで、ニーズに合ったシステム開発が期待できます。

企業のレビュー・評判など安心できる企業

他の顧客からの評価やレビューは、企業の信頼性やサービス品質を把握する手段です。信頼できる口コミや評判が多い企業を選び、トラブルを避けるための情報収集を行いましょう。

アフターケアのサポートが手厚い企業

システムの導入後もトラブルや疑問が生じることがあります。アフターケアのサポートが充実している企業を選ぶことで、安心してシステムを運用し続けることができます。

予算内で理想的なシステムを開発できる企業比較

予算内で要求される機能を提供する開発企業を選ぶことが重要です。複数の企業の見積もりを比較し、コストと品質をバランス良く満たす最適な選択肢を見つけましょう。

【おすすめ】販売管理システム導入の企業3選

適切な販売管理システム導入企業の選定は成功のカギです。以下におすすめの企業3選をご紹介します。

株式会社Q.E.D.

Q.E.D.は販売管理システムの開発と導入において幅広い経験を持つ企業です。顧客ニーズに合わせたカスタマイズやスムーズな導入プロセスを提供し、多くの企業から高い評価を得ています。

株式会社セールスフォースジャパン

セールスフォースジャパンはクラウド型の販売管理システムを提供するリーディングカンパニーです。独自のクラウドテクノロジーを活用したシステムで、多くの企業が効率的な販売活動を実現しています。

株式会社サンプランソフト

サンプランソフトは多くの業界で幅広いシステム開発経験を持つ企業です。販売管理システムの導入から運用までをトータルでサポートし、企業の成長に貢献しています。

これらの企業はそれぞれ得意分野や提供するサービスが異なりますが、販売管理システムの導入を検討する際の参考になるでしょう。

販売管理システムで得られる7つのメリット

販売管理システムの導入によって以下の7つのメリットが得られます。

システム一元化による情報共有のスマート化

販売関連情報を一元化することで、チーム内の情報共有がスムーズに行えます。顧客情報や受注データなどがリアルタイムで共有され、チーム全体で一貫した情報を活用できます。

販売プロセスやワークフローの効率化

販売プロセスをシステム化することで、受発注や在庫管理などの業務が効率的に実行されます。業務の自動化やタスクのステップ化によって、作業の手戻りや待ち時間を減少させます。

在庫管理の最適化によるコスト削減

正確な在庫情報を元に、適切なタイミングで発注や補充を行うことで、在庫過剰や不足を防ぎます。無駄な在庫を減少させることで、コスト削減が実現します。

作業時間削減による生産性の向上

システムによる自動化やプロセスの最適化によって、作業時間が削減されます。手作業の繰り返しや重複作業を減少させることで、従業員の生産性が向上します。

販売データの分析による経営戦略をサポート

販売データを分析し、売上動向や顧客の傾向を把握することで、戦略的な経営判断が可能です。過去のデータから将来の展望を予測し、ビジネス戦略を立案するサポートを行います。

自動化による人為的ミスの削減・信頼性の向上

システムによる自動化は人為的なミスを減少させ、データの正確性と信頼性を向上させます。正確な情報の入力や処理が保証されることで、誤った情報に基づくトラブルを回避します。

事業を成長させる指標の把握・分析が容易

システム化されたデータから、売上や収益、在庫などの指標を容易に把握できます。事業の健全な成長や課題の洗い出しがしやすくなり、経営戦略の方向性を確立できます。

販売管理システム導入に伴う5つの課題点

販売管理システムを導入する際には、以下の5つの課題点が考慮される必要があります。

システム障害による顧客サービスの停止

導入後にシステム障害が発生すると、顧客へのサービス提供が滞る可能性があります。システムの信頼性やバックアップ体制の強化が求められます。

システムカスタマイズによる追加コストの発生

システムを企業のニーズに合わせてカスタマイズする場合、追加の開発コストや時間が発生することがあります。カスタマイズの必要性とコストのバランスを考慮する必要があります。

想定外な予算のオーバーラン

導入プロジェクトにおける予算計画が狂うことがあります。新たな要件の追加や開発工程の遅延などによって予算オーバーランが発生しないよう、適切な予算管理が必要です。

社内研修期間や人材育成・理解が乏しい人への配慮

新しいシステムの運用には従業員の研修と理解が欠かせません。特にシステムに不慣れな人へのサポートや研修計画の策定が重要です。

既存システムとの整合性が損なわれる可能性

既存のシステムと新しい販売管理システムの整合性を保つことが難しい場合、データの連携やプロセスの調整に課題が生じる可能性があります。システム間のスムーズな連携を考慮する必要があります。

まとめ

販売管理システム導入に関する記事では、導入のメリットから主なタイプ、企業選びのポイント、補助金活用、さらには課題点まで幅広く取り上げられました。導入に際しては、効率化や競争力強化、データ分析など7つのメリットを期待できますが、システム導入に伴う課題点も注意が必要です。システム障害や予算オーバーラン、既存システムとの整合性などが挙げられます。また、販売管理システムの種類や企業の選び方、補助金の活用方法についても詳しく紹介されています。記事全体を通じて、販売管理システムの導入においては十分な計画と注意が必要であり、選択肢を検討し、課題に対処しながら成功へと導くことが重要であることがまとめられています。