2023.05.25

・#新規事業

Shopifyとは?構築方法やメリット、購入率を上げる施策を解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
Shopifyで制作したサイトで購入率を上げる施策を列挙してみた

目次

はじめに

h2下の画像

まずはじめに、この記事のポイントと、読んで欲しい人を記載します。

1.この記事のポイント

ECの売り上げを効率よく伸ばすためには、「購入率」「集客数」「客単価」が大切です。

今回は”購入率”に特化しました。

ShopifyでつくられたECサイトの、購入率を上げるための具体的な方法をご紹介します。

2.この記事を読んで欲しい人

・ECの売り上げに直結する施策を行いたい人

・購入率を上げるための具体的な方法を知りたい人

このような方におすすめの記事です。

ECサイトの売り上げ≒訪問数×購入率×客単価 と表されるように、集客の他に購入率と客単価をあげる施策も大切です。

こちらの記事では、ECサイトの売り上げをあげる施策を詳しく書いているので、一緒にご覧ください。

今回は、Shopifyで制作したECサイトの購入率をあげる施策を詳しく解説していきます。

Shopify サイトとは何か?

h2下の画像

基本概念の解説

Shopify サイトは、オンラインビジネスを展開するためのプラットフォームです。

基本的な概念を理解することから始めましょう。

Shopifyの歴史

Shopifyは2006年にカナダで設立されました。

当初は自社のスノーボードショップを運営するためのツールとして開発されましたが、その後、多くのビジネスオーナーに利用されるプラットフォームへと成長しました。

主な用途と対象者

Shopifyは、小規模から大規模までさまざまなビジネスに適しています。

物販、デジタル商品、サブスクリプションモデルなど、さまざまなタイプのビジネスモデルに対応できるため、幅広い対象者に利用されています。

Shopify サイトのメリット

h2下の画像

利用の手軽さ

Shopifyは、テクニカルな知識がなくても使い始めることができます。

直感的なインターフェースと設定ウィザードにより、ウェブサイトの構築やカスタマイズが容易に行えます。

機能の豊富さ

Shopifyには、オンラインショップを成功させるための多彩な機能が備わっています。

商品管理、在庫管理、顧客管理、マーケティングツールなどが統合されており、効率的な運営をサポートします。

コストパフォーマンス

Shopifyは、多くのプランを提供しており、ビジネスの成長に合わせてプランを選ぶことができます。

初めてのビジネスから大規模な事業まで、適切な価格帯のプランを選ぶことで、コストパフォーマンスを最大化できます。

Shopify サイトのデメリットと注意点

h2下の画像

初期費用と月額費用

Shopifyを利用する際には、初期費用と月額費用がかかります。

初期費用にはテーマやアプリの購入費、カスタマイズにかかる費用が含まれます。

さらに、選んだプランに応じた月額費用も発生します。

これらの費用を事前にしっかりと把握しておくことが大切です。

機能制限の問題

一部の機能に制限がある点も注意が必要です。

特定のプランでは、高度なカスタマイズや機能の追加が難しい場合があります。

ビジネスの成長に伴い、必要な機能が制限される可能性も考慮する必要があります。

サポート体制

Shopifyのサポート体制も検討が必要です。

基本的なサポートは提供されていますが、問題が発生した際の対応や迅速なサポートを求める場合には、追加の費用がかかることもあります。

適切なサポートを確保することで、トラブル時の対応を円滑に行うことができます。

Shopifyで制作したサイトの購入率を上げる施策例

h2下の画像

1.Volume & Tiered Discountsアプリ

https://apps.shopify.com/volume-discount-by-hulkapps?locale=ja&shpxid=b83c365d-17D2-46A6-C354-AD481FFB2C27

このアプリでは、購入する商品数に基づいた割引であるボリュームディスカウントを設定することができます。

つまり、同じ商品を複数回提供する方に対して割引をするということです。

無料プランと9.99$(約1000円)の有料プランがあります。

無料プランでは基本機能を使用することができ、有料プランでは追加機能をが使用できます。

有料プランの追加機能には、①特定の顧客グループを対象にした割引 ②割引のスケジュール設定 ③カートでのメッセージ ④まとめ買割引が適用されない数量でカートに追加すると「あと○個購入で~円引」とメッセージ表示の4つがあります。

14日間の試用期間があるので、悩んでいる方は有料プランを試してみて下さい。

2.Bulk Discountsアプリ

https://apps.shopify.com/bulk-discounts?shpxid=b895f275-1198-403A-94A5-908B1A94C265

このアプリでは、ソーシャルキャンペーンなどに使う割引クーポンコードを簡単に作成することができます。

シーズンやイベントごとにコードを設定することで、クーポンの管理がしやすくなります。

基本は無料で利用でき最大25万の割引コードが作成できますが、その後は割引セットごとに1回の支払いです。

3.かご落ちを防ぐ

カゴ落ちとは、オンラインショップで購入する際に商品をカートに入れて、購入手続きまで行かずにショップを離脱することを言います。

世界のECサイトのカゴ落ちユーザーの平均値は「69.57%」というデータがあるほどカゴ落ちユーザーはとても多いです。

ですので、カゴ落ちを防止する施策を取ることで購入率を上げることができます。

そして、カゴ落ちを防止するにはアプリを使用することで効率的に実践できます。

カゴ落ちを防止することができるアプリを紹介している記事がありますので合わせてご覧ください。

https://docs.google.com/document/d/11_xhiyd-je456ezvLtPQwNokPIMTF7YoGh3S0_Bm3Qc/edit?usp=sharing

4.Bold Upsellアプリで商品ページ・カートページのアップセルを狙う

(https://apps.shopify.com/product-upsell?locale=ja)

このアプリでは、カートページでcheckoutボタンを押した時にも関連商品を表示することができます。

4つのプランがあり、 $9.99 /月(約1000円)から利用できます。

全プランで14日間の無料体験ができるので、気になるプランを試してみてください。

5.「Gift Wizard」アプリ

(https://apps.shopify.com/gift-card-loyalty-program)

このアプリは、お店で使用できるギフトカードや送り主が指定した商品のギフトカードを送ることができます。

また、送り主、どのようなお店か、商品の種類かなどあらゆる情報を収集し、そのような情報を元に広告を出すこともできます。

4つのプランがあり、 $9.99 /月(約1000円)から利用できます。

全プランで7日間の無料体験ができるので、気になるプランを試してみてください。

Shopify サイトの設定手順

h2下の画像

アカウント作成からログイン

まず最初に、公式ウェブサイトでアカウントを作成します。

必要な情報を入力し、登録手続きを完了させます。

その後、ログインすることで管理画面にアクセスできます。

基本設定の方法

ログイン後、基本設定を行います。

店舗名やロゴ、連絡先情報などを設定しましょう。

また、決済方法や送料設定などもここで行います。

正確な情報を入力することで、顧客に信頼感を与えることができます。

商品登録のステップ

商品の登録は、オンラインショップの運営にとって重要なステップです。

商品名、説明文、価格、画像などの情報を入力し、新しい商品を追加します。

カテゴリ分けやタグの設定も忘れずに行いましょう。

商品ページの充実は、顧客の購買意欲を高める一因となります。

これらの設定手順を丁寧に行うことで、Shopifyサイトの運営をスムーズに進めることができます。

デメリットに注意しつつ、効果的な運用を目指しましょう。

Shopify サイトでの商品管理

h2下の画像

商品の追加方法

Shopifyサイトでの商品追加は簡単です。

管理画面にログインし、「商品を追加」ボタンをクリックします。

商品名、価格、説明などの情報を入力し、画像をアップロードします。必要な情報を埋めることで、新しい商品を素早く追加できます。

在庫管理の仕組み

在庫管理は大切なタスクです。

Shopifyでは、商品ごとに在庫数を設定し、自動的に在庫が減少する仕組みがあります。

在庫数が少なくなると通知が行くため、適切なタイミングで再注文や補充を行うことができます。

売上分析ツール

売上分析ツールを活用することで、売上の推移や人気商品などの情報を把握できます。

売上データを見ながら戦略の見直しや改善策を考えることで、ビジネスの成長を支援することができます。

Shopify サイトのデザインカスタマイズ

h2下の画像

テンプレートの選び方

Shopifyでは多くのテンプレートが提供されています。

テンプレートを選ぶ際には、自身のブランドや商品に合ったものを選ぶことが重要です。

カラースキームやレイアウトを検討し、ユーザーに魅力的なサイトを作成しましょう。

デザイン要素の編集

テンプレートを選んだら、デザイン要素を編集してカスタマイズできます。

ロゴやバナー、フォントなどを変更することで、独自のブランドイメージを打ち出すことができます。シンプルかつ魅力的なデザインを心掛けましょう。

モバイル対応の重要性

現代のオンラインビジネスでは、モバイルユーザーの割合が増加しています。

モバイル対応のデザインを重視することで、ユーザー体験を向上させることができます。

画面サイズに適したデザインを確保し、モバイルユーザーにも快適な閲覧体験を提供しましょう。

Shopify サイトでの支払いオプション

h2下の画像

クレジットカード決済

Shopifyサイトでは、クレジットカード決済が簡単に利用できます。

顧客は主要なクレジットカードを使用して、スムーズな支払いを行うことができます。

セキュリティ対策もしっかりと行われており、安心してクレジットカードでの決済が可能です。

銀行振込と代引き

銀行振込や代引きといったオプションも提供されています。

顧客の支払い方法に合わせて選択できるため、柔軟な支払い体系を構築することができます。

特に代引きは商品受け取り時に支払うため、顧客にとって利便性が高い選択肢です。

海外決済オプション

海外顧客への対応も大切です。

Shopifyでは、異なる通貨や国際的な支払い方法に対応したオプションも提供されています。

これにより、世界中の顧客とシームレスな取引が可能となります。

Shopify サイトのSEO対策

h2下の画像

キーワード戦略

SEO対策はオンラインビジネスの成功に不可欠です。

キーワード戦略を確立し、検索エンジンでの表示を意識的に高めましょう。

関連するキーワードを選定し、コンテンツ内に自然な形で組み込むことで、検索順位を向上させることができます。

メタデータの最適化

メタデータは、検索結果に表示される情報です。

タイトルタグやメタディスクリプションを適切に設定することで、ユーザーに対して魅力的な情報を提供し、クリック率を向上させることができます。

内部リンクと外部リンク

内部リンクと外部リンクはSEO対策において重要な要素です。

関連するコンテンツへの内部リンクを設置することで、ユーザーの滞在時間やページ閲覧数を増加させることができます。

また、信頼性のある外部サイトからのバックリンクも検索エンジンの評価を向上させます。

Shopify サイトでのマーケティング戦略

h2下の画像

メールマーケティング

Shopifyサイトでのマーケティングにおいて、メールマーケティングは有力な手法です。

顧客のメールアドレスを収集し、新商品情報やセール情報などを定期的に配信することで、顧客との関係を深めることができます。

SNS活用法

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を活用することで、多くのユーザーに情報を発信することが可能です。

InstagramやFacebookなどのプラットフォームを活用し、商品の魅力やブランドのストーリーを発信しましょう。

広告戦略

広告を活用してターゲットユーザーにアプローチすることも重要です。

Google広告やFacebook広告などを活用し、効果的な広告キャンペーンを展開することで、新規顧客の獲得や売上の向上を図ることができます。

Shopify サイトの成功事例

h2下の画像

国内の成功事例

国内の多くの企業がShopifyを活用して成功を収めています。

例えば、ファッションブランドのA社は、オンラインストアを通じて幅広い顧客にアプローチし、売上を伸ばしました。

使いやすいプラットフォームと効果的なマーケティング戦略が成功の要因です。

海外の成功事例

海外でも多くの事例があります。

B社は、ユニークな商品とストーリーを持ち、SNSを駆使して世界中にファンを獲得しました。

地域を超えて広がる成功事例は、Shopifyの国際展開のポテンシャルを示しています。

成功へのポイント

成功するためのポイントは、商品の質やブランドイメージの構築はもちろんですが、顧客とのコミュニケーションや効果的なマーケティング戦略が重要です。

顧客のニーズを把握し、戦略的にアプローチすることで、Shopifyサイトの成功を実現できるでしょう。

Shopify サイトのよくある質問と解決策

h2下の画像

初心者が陥る罠

初めてのShopify利用では、商品の登録方法やテンプレートの選び方などに戸惑うことがあります。

しかし、Shopifyは使いやすいインターフェースを提供しており、初心者でもオンラインストアを構築できるようサポートされています。

よくある技術的問題

Shopifyサイトでの技術的な問題も発生することがあります。

例えば、カスタマイズしたデザインの表示が崩れる、決済プロセスがうまくいかないなどの問題が挙げられます。

しかし、Shopifyのサポートやコミュニティの協力を得て、問題を解決することができます。

コミュニティとサポート

Shopifyユーザー向けには充実したコミュニティとサポートが提供されています。

フォーラムやチャット、ヘルプセンターなどを通じて、他のユーザーや専門家と情報交換ができ、困ったことに対する解決策を見つける手助けとなります。

Shopify サイトを始める前に知っておくべきこと

h2下の画像

必要なスキルと知識

Shopifyを始める際に必要な特別なスキルや知識はありません。

基本的なコンピュータ操作やインターネットの利用ができれば、初心者でもスムーズに始めることができます。

必要な情報はドキュメントやガイドを通じて簡単に学ぶことができます。

予算と時間の計画

Shopifyサイトを始める際には、予算と時間の計画が重要です。

オンラインストアの設計や商品登録、マーケティング活動には時間と労力が必要です。

また、テーマやアプリにかかる費用も考慮し、予算を適切に設定することが成功への一歩です。

ビジネスプランの重要性

Shopifyを利用したオンラインビジネスを成功させるためには、ビジネスプランを明確に定めることが重要です。

目標設定やターゲット市場の分析、競合他社の調査などを通じて、戦略的なビジョンを描くことで、ビジネスの成長をサポートします。

まとめ

h2下の画像

Shopifyサイトについての記事では、まず基本概念や歴史、主な用途と対象者について説明しました。

その後、利用の手軽さや機能の豊富さ、コストパフォーマンスなどのメリットについて解説しました。一方で、初期費用や機能制限、サポート体制といったデメリットや注意点も取り上げました。

また、アカウント作成から商品登録の手順、商品管理やデザインカスタマイズ、支払いオプション、SEO対策、マーケティング戦略、成功事例、よくある質問と解決策、そしてサイトを始める前に知っておくべきポイントについても詳しく紹介しました。

これらの内容を通じて、Shopifyサイトの概要から具体的な手法や注意点まで幅広い情報を提供しました。

Shopifyを利用する際の基本的なスキルや知識、予算計画、ビジネスプランの立案など、成功への道筋を示す記事となっています。