2023.05.25

・#新規事業

動画配信プラットフォームの作り方は?構築方法・費用・メリットを解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
動画配信プラットフォームの作り方は?構築方法・費用・メリットを解説

目次

動画配信プラットフォーム・システムとは?メリット・需要を解説

動画配信プラットフォーム・システムとは、インターネットを通じて動画を配信するためのシステムのことです。

最近では、様々なコンテンツを動画で提供する動画配信サービスが急増しています。

その背景には、動画配信プラットフォーム・システムが持つ多くのメリットがあるとされています。

それでは、以下の2点について解説します。

  • 動画配信プラットフォームを作るメリット
  • 動画配信プラットフォームの需要

動画配信プラットフォームを作るメリット

動画配信プラットフォームを作るメリットには以下のようなものがあります。

  • コンテンツを自由に配信できること
  • 視聴者にとっても利便性が高いこと
  • 収益化が可能であること

動画配信プラットフォームを作ることにより、配信するコンテンツの選択肢が広がります。

また、配信スケジュールも自由に設定できるため、視聴者にとっても利便性が高まります。

さらに、広告収入や有料会員制度を導入することにより、収益化が可能となるのです。

動画配信プラットフォームの需要

動画配信プラットフォームの需要は年々増加しています。

その理由としては以下の点が挙げられます。

  • コンテンツの多様化
  • スマートフォンやタブレットの普及
  • オンラインでの情報収集
  • 学習の需要

動画配信プラットフォームを利用することで、テレビや映画以外にも様々なコンテンツを楽しむことができます。

そのため、多様化したコンテンツの需要が高まっています。

また、スマートフォンやタブレットの普及により、いつでもどこでも手軽に視聴することができるため、利便性が高いとされています。

さらに、オンラインでの情報収集や学習の需要も高まっており、そのために動画を活用する人が増えているのです。

以上のように、動画配信プラットフォーム・システムはコンテンツの自由な配信や利便性の高さ、収益化が可能であるといったメリットがあり、それに伴い需要も年々増加しているのです。

動画配信プラットフォームの収益モデル

h2下の画像

近年、動画配信プラットフォームは大きな市場になっており、多くの企業が参入しています。

しかし、その多くは広告収益だけで利益を出すことが難しく、さまざまな収益モデルを模索しています。

以下では、動画配信プラットフォームにおける代表的な収益モデルを4つ説明します。

  • 広告収益
  • アフィリエイ
  • サブスクリプション
  • 投げ銭の手数料

広告収益

広告収益は、多くの動画配信プラットフォームが利用する収益モデルです。

広告収益は、主に以下の3つの方法で得られます。

  • プリロール広告:動画再生前に表示される広告
  • ミドルロール広告:動画の途中で表示される広告
  • ポストロール広告:動画再生後に表示される広告

広告収益は、広告主が支払う広告費から得られます。

広告費は、配信回数や広告の露出時間などによって変動します。

アフィリエイト

アフィリエイトは、商品やサービスを紹介することで得られる収益モデルです。

動画配信プラットフォームでは、商品のレビューや紹介を行い、その商品にリンクを貼ることでアフィリエイト収益を得ることができます。

サブスクリプション

サブスクリプションは、動画配信プラットフォームが提供する有料コンテンツの収益モデルです。

ユーザーは、月額料金を支払うことで、限定コンテンツや広告なしのコンテンツなどを楽しむことができます。

また、サブスクリプションによって、定期的な収益を得ることができます。

投げ銭の手数料

投げ銭は、視聴者が配信者に対して自発的にお金を支払うことです。

投げ銭を受け付けることで、視聴者とのコミュニケーションを深め、視聴者の支援を受けることができます。

動画配信プラットフォームは、投げ銭の手数料を取ることがあるため、注意が必要です。

動画配信システムを作る流れ

h2下の画像

動画配信システムを作る流れは、以下の通りです。

  • コンセプトを明確化する
  • 要件定義書を作成する
  • 開発会社で見積もりを取る
  • 実装・リリースする

コンセプトを明確化する

動画配信システムを作る前に、コンセプトを明確化することが重要です。

具体的には、どのような動画を配信するのか、どのような視聴者をターゲットにするのか、どのような機能を備えた動画配信システムを作るのかを決めます。

例えば、会員制動画配信サービスを作る場合は、どのようなジャンルの動画を提供するのか、有料会員向けの特典やサービスをどうするのか、無料会員向けにはどのようなコンテンツを提供するのかを考える必要があります。

要件定義書を作成する

コンセプトを明確化したら、次に要件定義書を作成します。

要件定義書は、どのような機能や性能を備えたシステムを作るのかをまとめたものです。

具体的には、以下のような項目を含めます。

  • 動画のアップロード機能
  • 動画再生機能
  • 会員管理機能
  • 決済機能
  • お問い合わせフォーム

要件定義書を作成することで、どのようなシステムを作るのかを明確にすることができます。

開発会社で見積もりを取る

要件定義書が完成したら、開発会社に見積もりを依頼します。

見積もりには、システムの機能や性能、開発期間、費用などが含まれます。

複数の開発会社に見積もりを依頼し、それぞれの提案内容を比較することで、最適な開発会社を選ぶことができます。

実装・リリースする

開発会社が決まったら、実際にシステムを開発します。

開発の進捗状況を定期的に確認し、品質や納期の管理を行います。

開発が完了したら、テストを行い、問題がなければ正式にリリースします。

リリース後も、システムの運用や改善を行い、ユーザーにとってより使いやすい動画配信システムを提供し続けます。

動画配信プラットフォームに必要な機能

h2下の画像

動画配信プラットフォームには、以下の機能が必要です。

  • 会員管理機能
  • セキュリティ対策
  • 決済機能
  • システム連携機能

会員管理機能

会員登録をすることで、有料コンテンツを視聴することができる動画配信サイトを作る場合、会員情報を管理する機能が必要になってきます。

会員情報は、名前や住所、電話番号などが含まれるため、個人情報保護法に基づく対策が求められます。

会員管理機能には、以下のような機能が含まれます。

  • 会員登録、ログイン、ログアウト機能
  • 会員情報の登録・編集・削除機能
  • 有料コンテンツの購入履歴管理機能

セキュリティ対策

動画配信サイトには、不正アクセスやコンテンツの盗用など、セキュリティ上の問題が発生する可能性があります。

そのため、適切なセキュリティ対策が必要であり、以下のような機能が含まれます。

  • SSL証明書の導入
  • パスワードのハッシュ化
  • 不正ログイン防止策
  • コンテンツのダウンロード制限

決済機能

動画配信サイトで有料コンテンツを提供する場合、決済機能が必要です。

ユーザーは、クレジットカードや銀行振り込みなどの方法で支払いを行います。

そのため、適切な決済機能を用意する必要があります。

決済機能には、以下のような機能が含まれます。

  • クレジットカード決済や銀行振り込み決済など、複数の決済方法の提供
  • 購入したコンテンツの履歴管理
  • 課金額の設定やキャンペーンの実施

システム連携機能

動画配信プラットフォームには、多くの外部システムとの連携が必要です。

例えば、広告配信システム、会員管理システム、動画編集ソフトなどが挙げられます。

これらのシステムとの連携ができるように、APIやSDKなどの機能が必要です。

システム連携機能の重要性は、配信プラットフォームが自社開発できる機能に限界があることにあります。

外部システムとの連携がなければ、動画配信プラットフォームは独立した存在となり、システム全体の機能が制限されることになります。

動画配信プラットフォームの種類

h2下の画像

動画配信プラットフォームには、以下の種類があります。

  • ダウンロード
  • プログレッシブ・ダウンロード
  • ストリーミング

ダウンロード

ダウンロード型は、動画をダウンロードして再生する方式です。

一度ダウンロードした動画は、オフラインでも視聴できます。

主にビジネスシーンでの視聴に向いており、シンプルで利用しやすいのが特徴です。

プログレッシブ・ダウンロード

プログレッシブ・ダウンロード型は、動画を視聴しながらダウンロードを進める方式です。

ダウンロードが完了しなくても一定時間経過後に視聴を開始できるため、ストリーミング型に比べて再生開始までの待ち時間を短縮できます。

しかし、ダウンロードが途中で失敗した場合は、視聴が中断されるため、ダウンロード完了後に視聴するダウンロード型に比べると不安定な点があります。

ストリーミング

ストリーミング型は、動画を配信サーバーから直接再生する方式です。

動画をダウンロードする必要がないため、再生までの待ち時間が短く、視聴がスムーズに行えます。

また、視聴中にダウンロードを開始することもできるため、オフラインでも視聴可能です。

ただし、視聴中にネットワークに問題が発生すると、再生が途切れてしまうことがあります。

ストリーミング型は、YouTubeやニコニコ動画などの一般的な動画共有サイトでも採用されている方式であり、多くのユーザーに親しまれています。

動画配信プラットフォームの作り方と構築費用

h2下の画像

動画配信プラットフォームを作る方法と構築費用は、以下のようになります。

  • スクラッチ開発する
  • パッケージで構築する
  • 既存のクラウドシステムで作る

スクラッチ開発する

スクラッチ開発とは、自分たちで動画配信システムを設計・開発する方法です。

構築費用は、150万円以上かかることが一般的です。

機能やデザインを完全に自由に設計できますが、開発に時間と費用がかかるため、中小規模の企業ではあまり採用されていません。

スクラッチ開発を行う場合、以下のような費用がかかります。

  • 開発者の人件費
  • 開発に必要なツールやソフトウェアの購入費用
  • サーバーの購入費用
  • ネットワーク機器の購入費用
  • 開発中のテストや保守費用

パッケージで構築する

パッケージで構築する方法は、既存のシステムをベースに、機能をカスタマイズして自社にあったシステムにする方法です。

構築費用は、80万円〜の場合が多いです。

既存のシステムを活用するため、開発期間が短く、費用も安く抑えることができます。

パッケージで構築する場合、以下のような費用がかかります。

  • パッケージソフトの購入費用
  • サーバーの購入費用
  • ネットワーク機器の購入費用
  • カスタマイズに必要な人件費
  • 保守費用

既存のクラウドシステムで作る

動画配信プラットフォームを作る方法の一つとして、既存のクラウドシステムを使用する方法があります。

クラウドシステムで構築する場合、費用は10万円〜の場合が多いです。

既存のクラウドシステムを使用することで、自社でサーバーやネットワークなどを構築する必要がなく、すぐに動画配信サービスを提供することができます。

また、クラウドサービスの利用者数が多いため、高速で安定した配信が可能です。

一般的に、既存のクラウドサービスを使用する場合は、以下のような手順が必要です。

  • クラウドサービスを選定する
  • 契約を結ぶ
  • サービスを利用するために必要な設定を行う
  • 動画のアップロードや配信を行う

代表的なクラウドサービスとしては、Amazon Web Services(AWS)やGoogle Cloud Platform(GCP)、Microsoft Azureがあります。

それぞれのクラウドサービスには、動画配信に最適化されたサービスが用意されています。

クラウドサービスの利用料金は、利用するサービスや利用量に応じて異なります。

また、サービス提供会社によっても異なりますので、契約前には必ず料金プランを確認することが重要です。

ライブ配信するならサーバー構築が必要

h2下の画像

ライブ配信を行う場合には、以下の内容について理解しておく必要があります。

  • ストリーミングサーバーとWebサーバーの違い
  • ストリーミングサーバーが適している理由

ストリーミングサーバーとWebサーバーの違い

ストリーミングサーバーとWebサーバーは、その名の通り、配信するものが異なります。

ストリーミングサーバーは、ライブ配信される映像や音声をリアルタイムで送信することができるサーバーです。

一方、Webサーバーは、静的なファイルやHTMLページなどを提供するサーバーです。

ストリーミングサーバーは、高品質なライブ配信に必要な機能を備えており、配信の安定性や再生の速度も高速です。

ストリーミングサーバーが適している理由

ストリーミングサーバーがライブ配信に適している理由は以下の通りです。

  • リアルタイムで配信される映像や音声を高速かつ安定的に送信することができる
  • エラーが発生しても再送信することで、配信の途中で映像や音声が途切れることがない
  • 配信者や視聴者に最適化された機能を備えている

まとめ

h2下の画像

ライブ配信を行う場合、ストリーミングサーバーの構築が必要であることが分かりました。

ストリーミングサーバーは、リアルタイムで配信される映像や音声を高速かつ安定的に送信することができ、配信の品質も向上します。

しかし、ストリーミングサーバーを構築するには、一定の知識が必要であるため、専門的な知識を持った人に依頼するか、クラウドサービスを利用することがおすすめです。