2023.07.04

・#新規事業

Webアプリとは?メリットや開発費用を抑える方法を徹底解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする

目次

Webアプリケーションとは

h2下の画像

Webアプリとは、Webアプリケーションの略称で、インターネットを通じて利用可能なソフトウェアの一種です。

Webブラウザを介してアクセスし、さまざまなタスクやサービスを提供します。

これらのアプリケーションは、ユーザーが特定の機能を実行したり、情報を取得したりする際に利用されます。

Webアプリケーションの範囲は、オンラインショッピングやソーシャルメディアから、タスク管理やクラウドベースのツールまで多岐にわたります。

Webアプリケーションの仕組み

h2下の画像

Webアプリケーションの動作は、クライアントとサーバーの間での相互作用に基づいています。

ユーザーはWebブラウザを通じてアプリケーションにアクセスし、クライアントとしての役割を果たします。

ユーザーの要求は、HTTPリクエストとしてサーバーに送信され、サーバーはそれに対する応答としてHTTPレスポンスを生成します。

Webアプリケーションの仕組みの詳細を、下記の順に解説します。

  • データベース
  • サーバーサイド=バックエンド
  • クライアントサイド=フロントエンド

データベース

h2下の画像

Webアプリケーションは、ユーザーの情報やデータを効果的に管理するためにデータベースを使用することが一般的です。

データベースは、情報を整理して格納するための仕組みであり、ユーザーの操作に応じてデータの取得や更新を行います。

例えば、ユーザーのプロフィール情報や注文履歴などがデータベースに保存されることがあります。

サーバーサイド=バックエンド

h2下の画像

Webアプリケーションのバックエンドは、サーバーサイドとも呼ばれます。

ここでは、ユーザーのリクエストを受け取り、処理を行い、必要なデータをデータベースから取得してクライアントに送信します。

バックエンドはアプリケーションのロジックやデータの処理を担当しており、ユーザーには直接見えない部分となっています。

クライアントサイド=フロントエンド

h2下の画像

一方、クライアントサイド、またはフロントエンドは、ユーザーが直接操作する部分を指します。

Webブラウザ上でアプリケーションの表示や操作を可能にし、ユーザーの操作をサーバーに送信します。

フロントエンドは、ユーザーインターフェースの構築やデザイン、ユーザー体験の向上に焦点を当てています。

これらの要素が連携して、ユーザーに対して使いやすく、効果的なWebアプリケーションが提供されています。

さまざまな技術やプログラミング言語が使用され、多くの開発者が協力して、高品質なWebアプリケーションを実現しています。

Webアプリケーション開発

h2下の画像

Webアプリケーション開発について、下記の順に解説します。

  • フレームワークと開発言語
  • Webアプリケーション開発の流れ

フレームワークと開発言語

Webアプリケーションを開発する際には、フレームワークと開発言語の選択が重要です。

フレームワークは、開発の基盤となる構造や機能のセットを提供し、効率的な開発を可能にします。

一方、開発言語は、プログラミングのためのツールであり、フレームワークと組み合わせてアプリケーションのロジックを実装します。

例えば、JavaScriptを使用してフロントエンドの開発を行い、PythonやRubyを使用してバックエンドを構築することがあります。

Webアプリケーション開発の流れ

Webアプリケーションの開発は、複数の段階を経て進行します。

まず、要件定義や設計段階でアプリケーションの目的や機能を明確にし、どのように実装するかを計画します。

次に、実際のコーディングとテストが行われます。

開発されたコードは継続的にテストされ、バグやエラーを修正していきます。

最後に、テストが完了したらアプリケーションは本番環境にデプロイされ、ユーザーに提供される準備が整います。

Webアプリケーション開発におすすめのノーコードツール3選

h2下の画像

ノーコードツールを使用してWebアプリケーション開発を行うことで、開発期間を短縮しつつ、費用を抑えることができます。

そのため、これからWebアプリケーション開発しようとしている方には下記のツールを使用することをおすすめします。

  • Bubble
  • Adalo
  • Glide

Bubble

(引用:「Bubble」2023年7月3日時点)

「Bubble」は、開発におけるプログラミング技術を必要としない、ノーコードツールの一つです。
この特徴を以下に詳しく説明します。

  • ドラッグ&ドロップの操作でWebブアプリの開発が可能
  • データベースを直感的に設計し、データのやり取りを行える
  • ユーザ認証や決済機能などの一般的なWebサービスに必要な機能を構築できる

具体的には、簡易的なSNSやECサイトなど、一般的なWebサービスを開発できます。
この機能を活用すれば、コストや時間を節約しながらも、自分だけのWebアプリを作成することが可能です。

Adalo

(引用:「Adalo」2023年7月3日時点)

「Adalo」もまた、ノーコードでWebアプリ開発が可能なツールの一つです。
その特徴は以下の通りです。

  • モバイルアプリとWebアプリの両方を作成可能
  • デザインテンプレートが豊富で、美しいUIを構築できる
  • データベース機能があり、リアルタイムのデータ更新が可能

具体的には、会員管理システムや予約システムなど、データベースを活用したサービスを開発できます。

これを活用すれば、データベースを必要とするアプリを容易に開発することが可能です。

Glide

(引用:「Glide」2023年7月3日時点)

「Glide」はスマートフォンアプリを手軽に作成できるツールの一つです。
以下にその特徴を紹介します。

  • Google スプレッドシートをデータベースとして、直感的にアプリを作成できる
  • 自分のニーズに合わせて、アプリのデザインや機能をカスタマイズできる
  • 公開範囲を自由に選ぶことができ、自分だけのプライベートアプリから、全世界に公開する公開アプリまで作成可能

具体的には、イベントの予約管理アプリや、社内の業務効率化アプリなどを作ることができます。
このような特徴を生かして、手軽にモバイルアプリを作成することができます。

Webアプリケーションの構成一覧

h2下の画像

Webアプリケーションの構成一覧について、下記の順に解説します。

  • Webアプリケーションの3層構造
  • システム構成

Webアプリケーションの3層構造

Webアプリケーションの構成は、一般的に3層構造に分けられます。

これには、プレゼンテーション層(フロントエンド)、アプリケーション層(バックエンド)、およびデータベース層が含まれます。

プレゼンテーション層は、ユーザーインターフェースやユーザーの操作を処理し、アプリケーションの見た目や動作を担当します。

アプリケーション層は、ビジネスロジックやデータの処理を行い、クライアントからの要求に応じてデータを取得したり処理したりします。

データベース層は、アプリケーションで使用するデータを格納し、必要に応じてデータの管理や操作を行います。

システム構成

Webアプリケーションのシステム構成は、アプリケーションがどのようにコンポーネントやサービスを組み合わせて構築されるかを示します。

システム構成は、ハードウェアの要件やネットワークの設定、セキュリティ対策などを含みます。

そして、正確なシステム構成の計画は、アプリケーションの安定性や拡張性を確保するために重要です。

システム構成の設計には、適切なハードウェアとソフトウェアの選定、ネットワークの最適化、セキュリティプロトコルの導入などが含まれることがあります。

Webアプリケーションのセキュリティ

h2下の画像

Webアプリケーションのセキュリティについて、下記の順に解説します。

  • 負荷分散
  • 複雑なパスワードを設定
  • 内部ホスト脆弱性管理サービス
  • 不要なアカウントを削除
  • ファイアウォール

負荷分散

Webアプリケーションのセキュリティを確保する際に重要な一環として、負荷分散があります。

負荷分散は、アプリケーションへのアクセスが均等に分散されるようにすることで、サーバーへの負荷を軽減し、ダウンタイムを最小限に抑える効果があります。

複数のサーバーにトラフィックを分散することで、単一のサーバーがダウンした際にもアプリケーションの可用性を確保することができます。

複雑なパスワードを設定

セキュリティを強化するために、複雑なパスワードの設定が重要です。

単純なパスワードでは、悪意のある者が簡単に解読する可能性があります。

複雑なパスワードは、大文字小文字の組み合わせ、数字、特殊文字を含むことで、総当たり攻撃を難しくします。

また、定期的なパスワードの変更や二要素認証の導入もセキュリティを高める手段です。

セキュリティ診断

セキュリティの脆弱性を特定し、修復するために、定期的なセキュリティ診断が必要です。

セキュリティ診断では、アプリケーションに対する脆弱性や脅威を探索し、適切な対策を講じることが求められます。

侵入テストや脆弱性スキャンを実施して、システムやアプリケーションが攻撃に対して耐性を持つことができるようになります。

内部ホスト脆弱性管理サービス

内部のホスト、サーバーにおける脆弱性も注意が必要です。

内部ホスト脆弱性管理サービスは、アプリケーションの内部で検出されるセキュリティ上の脆弱性を監視し、適切な措置を講じる手段です。

これにより、攻撃者が内部からアクセスしようとする試みを阻止し、セキュリティを維持します。

不要なアカウントを削除

セキュリティを高めるために、不要なアカウントを削除することが重要です。

アクセス権限のないアカウントや使用されていないアカウントは、攻撃者にとって潜在的な脆弱性となる可能性があります。

定期的にアカウントの監査を行い、不要なアカウントを削除することで、セキュリティを向上させます。

ファイアウォール

ファイアウォールは、外部からの不正アクセスや攻撃を防ぐためのセキュリティデバイスです。

ネットワークやアプリケーションのトラフィックを監視し、不正なアクセスを遮断する役割を果たします。

ファイアウォールの設定や管理は、アプリケーションの安全性を確保する上で欠かせない要素です。

Webアプリケーションのメリット

h2下の画像

Webアプリケーションのメリットについて、下記の順に解説します。

  • 企業側のメリット
  • ユーザー側のメリット

企業側のメリット

Webアプリケーションの採用には、企業にとっての多くのメリットがあります。

まず、オンラインプラットフォームを介してサービスや製品を提供できるため、地理的な制約を超えて顧客にアクセスできます。

これにより、新しい市場を開拓し、売上を拡大するチャンスが広がります。

また、Webベースのアプリケーションはアップデートが容易で、新機能の追加や改善を迅速に行えるため、顧客満足度の向上と競争力の強化につながります。

ユーザー側のメリット

ユーザーにとっても、Webアプリケーションはさまざまなメリットを提供します。

例えば、利用者は専用のソフトウェアをダウンロード・インストールする必要がなく、Webブラウザを通じて直接アクセスできます。

これにより、デバイスやOSに依存せずに利用できるため、利便性が向上します。

また、ユーザーアカウントを作成することで、個人設定や履歴の保存など、カスタマイズされた体験を享受できるでしょう。

Webアプリケーションのデメリット

h2下の画像

Webアプリケーションのデメリットについて、下記の順に解説します。

  • 企業側のデメリット
  • ユーザー側のデメリット

企業側のデメリット

一方で、Webアプリケーションの導入には企業側にもデメリットが存在します。

例えば、セキュリティの懸念が挙げられます。

オンラインでのデータ転送や保存は、セキュリティ対策が不十分な場合、悪意のある者による攻撃のリスクを伴います。

また、Webアプリケーションの開発・運用には専門知識が必要であり、リソースやコストがかかる場合があります。

ユーザー側のデメリット

ユーザーにとっても、Webアプリケーション利用にはデメリットが存在します。

例えば、インターネット接続が必要であるため、ネットワークの不安定さや速度の遅さによって利用体験が悪化する可能性があります。

また、一部の機能がオフラインで利用できないことや、アプリケーションのアップデートによって使い方が変わることがあるため、適切な情報提供が求められます。

Webアプリケーションで成果を出すポイント

h2下の画像

Webアプリケーションを活用して成果を出すためには、いくつかのポイントに注意する必要があります。

まず、ユーザーのニーズや利便性を徹底的に理解し、使いやすいユーザーインターフェースを提供することが重要です。

また、セキュリティを確保するために、適切な暗号化やセキュリティ対策を施し、プライバシーの保護を徹底することが求められます。

さらに、競合他社との差別化や顧客満足度向上のために、継続的な改善とアップデートを行うことが成功のカギです。

まとめ

h2下の画像

本記事では、Webアプリケーションについての基本的な情報を紹介しました。

Webアプリケーションとは、インターネットを介して利用可能なソフトウェアであり、ユーザーがWebブラウザを通じてアクセスし、さまざまなタスクやサービスを利用できます。

記事は、Webアプリケーションの仕組みについて解説し、クライアントサイドとサーバーサイドの役割、データベースの重要性などに触れました。

次に、Webアプリケーションの開発に焦点を当て、フレームワークや開発言語の選択、開発の流れについて詳しく説明しました。

その後、Webアプリケーションの構成一覧を示し、3層構造やシステム構成の重要性を説明しました。

セキュリティに関しても詳細に解説し、負荷分散や複雑なパスワードの設定、セキュリティ診断などの対策を紹介しました。

さらに、Webアプリケーションのメリットとデメリットについて、企業側とユーザー側の観点から紹介しました。

本記事を通して、Webアプリケーションの知識を深めていただけたら幸いです。

最後に、Webアプリケーションで成果を出すポイントを示し、ユーザーのニーズへの対応やセキュリティ強化、継続的な改善の重要性を強調しました。本記事を通じて、読者はWebアプリケーションに関する基本的な知識やポイントを理解し、効果的な活用方法について学ぶことができるでしょう。