2023.08.15

・#ノーコード

ノーコードツールAdaloとは?使い方やアプリの作成方法を解説

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
ノーコードツールAdaloとは?使い方やアプリの作成方法を解説

目次

Adaloとは?

h2下の画像

Adaloは、アプリケーションの開発を容易にするプラットフォームです。

このプラットフォームを使用することで、アプリケーションの作成やカスタマイズが簡単に行えます。

また、プログラミング知識がほとんどなくても、ドラッグ&ドロップの手法で簡単にアプリを構築することができます。

Adaloが対応しているPWAとは?

h2下の画像

PWA、すなわち「プログレッシブ ウェブ アプリ」は、Web技術を使用して作られており、伝統的なアプリのような体験を提供するアプリケーションのことを指します。

Adaloは、このPWAをサポートしていて、手軽にPWAを開発することが可能です。

Adaloが対応しているPWAとは何か、下記の順に解説します。

  • PWAのメリット
  • PWAのデメリット

PWAのメリット

PWAのメリットは多岐にわたります。

まず、インストール不要でブラウザ上で動作するため、ユーザはアプリストアを介さずに利用できます。

また、オフラインでの利用も可能で、接続が不安定な場所でも快適にアクセスできる点が挙げられます。

例をあげると、電車の地下区間でもニュース記事を読むことができるといった場面での利用が考えられます。

PWAのデメリット

しかし、PWAにも課題が存在します。

一つは、全ての機能がネイティブアプリと同じようには動かないことです。

また、通知機能やカメラへのアクセスが制限される場合もあります。

さらに、一部のブラウザやデバイスでの対応が不完全な点も注意が必要です。

Adaloの5つの料金プラン

h2下の画像

Adaloの5つの料金プランについて、下記の順に解説します。

  • Freeプラン
  • Starterプラン
  • Professionalプラン
  • Teamプラン
  • Businessプラン

Freeプラン

AdaloのFreeプランは、無料で利用できるプランです。

このプランでは、基本的な機能を利用することができます。

これは、個人的なプロジェクトを始めたり、Adaloを試すために最適な選択肢です。

Freeプランの主な特典としては、以下が含まれます。

  • アプリケーションの作成とカスタマイズ
  • データベースの使用
  • 基本的なデザインツールの利用
  • クラウドホスティング

ただし、Freeプランでは一定の制約が存在します。

たとえば、特定の高度な機能やカスタマイズオプションは利用できません。

また、Adaloのロゴが表示されることもあります。

しかし、無料で始めるには十分な機能が提供されています。

Starterプラン

Starterプランは、個人開発者や中小企業向けに設計されています。

このプランは月額料金が発生しますが、より多くの機能やカスタマイズオプションが提供されます。

Starterプランの特典には、以下が含まれます。

  • Freeプランのすべての特典
  • カスタムドメインの使用
  • カスタムブランディング
  • アプリ内広告の非表示化
  • カスタマーサポートへの優先アクセス

Starterプランは、よりプロフェッショナルなアプリケーションを開発したいユーザーや、小規模なビジネスに適しています。

Professionalプラン

Professionalプランは、大規模なプロジェクトやプロフェッショナルな開発者向けに設計されています。

このプランでは、高度な機能やサポートが提供され、月額料金がかかります。

主な特典には、以下が含まれます。

  • Starterプランのすべての特典
  • カスタムデータベースの作成
  • プラグインの利用
  • セキュリティ機能の強化
  • APIの利用

Professionalプランは、大規模なプロジェクトを進行中の企業や開発者に適しています。

Teamプラン

Teamプランは、複数のユーザーが協力してプロジェクトを管理したい場合に最適です。

このプランでは、複数のユーザーアカウントと協力ツールが提供されます。

Teamプランの特典には、以下が含まれます。

  • Professionalプランのすべての特典
  • 複数ユーザーアカウントの作成
  • チーム内コラボレーションツール
  • プロジェクトの共有とアクセス管理

Teamプランは、プロジェクトを協力して進行させたり、多くのユーザーが関与する場合に適しています。

Businessプラン

まず最初に紹介するのは、Businessプランです。

これは大規模な企業や組織向けに設計されており、高度なカスタマイズとセキュリティが求められるプロジェクトに最適です。

Businessプランの特典には以下が含まれます。

  • カスタムデータベースの作成と管理
  • プラグインの利用とカスタムプラグインの開発
  • セキュリティ機能の強化とアクセス制御
  • APIの活用と統合
  • 優先サポートと専用カスタマーサポート

Businessプランは、企業の大規模なプロジェクトに対応し、高度な要件を持つユーザーに向いています。

以上がAdaloの主要な料金プランの概要です。

各プランには異なる特典と制約があるため、プロジェクトのニーズに合わせて最適なプランを選択できます。

Adaloは、さまざまなユーザーに使いやすいプラットフォームを提供しています。

Adaloのメリット・できること5選

h2下の画像

Adaloのメリットやできることについて、下記の順に解説します。

  • デザイン性の高いアプリをテンプレとパーツの組み合わせだけで開発できる
  • 短い期間でアプリ開発ができる
  • たくさんのテンプレートを利用できる
  • モバイルアプリの開発に特化している
  • 直感的に操作できるので簡単にアプリ開発ができる

デザイン性の高いアプリをテンプレとパーツの組み合わせだけで開発できる

Adaloは、デザイン性の高いアプリを開発するための手間を大幅に削減します。

その理由は、豊富なテンプレートとカスタマイズ可能なパーツを提供しているからです。

例えば、ボタンやフォーム、リストなどのパーツを組み合わせて、独自のアプリを作成することができます。

デザインに関する専門知識がない人でも、美しいアプリを簡単に構築できます。

短い期間でアプリ開発ができる

Adaloを使用することで、アプリの開発期間を大幅に短縮することができます。

テンプレートやパーツの利用、直感的なインターフェースにより、プロトタイプから本格的なアプリまで、迅速に開発を進めることが可能です。

これにより、市場投入までの時間を短縮し、競争力を保つことができます。

たくさんのテンプレートを利用できる

Adaloは、さまざまなアプリテンプレートを利用することができます。

これらのテンプレートはさまざまなカテゴリーに分かれており、特定の用途に合ったアプリを迅速に作成できます。

たとえば、eコマースアプリ、ソーシャルメディアアプリ、タスク管理アプリなど、様々な分野に対応したテンプレートが利用可能です。

モバイルアプリの開発に特化している

Adaloは、モバイルアプリの開発に特化しています。

そのため、モバイルデバイス向けの最適化が施されており、ユーザーがスマートフォンやタブレットでアプリを快適に利用できます。

モバイルファーストのアプローチにより、ユーザーエクスペリエンスを向上させることが可能です。

直感的に操作できるので簡単にアプリ開発ができる

Adaloは、直感的にドラッグアンドドロップで操作できるインターフェースを提供しています。

これにより、プログラミングの知識がないユーザーでも簡単にアプリの開発が行えます。

パーツやデータベースの操作、画面遷移の設定など、すべてが直感的に行えます。

新しいアプリを迅速かつ効率的に作成したい場合、Adaloは優れた選択肢です。

以上がAdaloの主要なメリットとできることの5つの選択です。

このプラットフォームを活用することで、簡単に魅力的なモバイルアプリを開発し、ビジネスやプロジェクトを成功させることができます。

Adaloのデメリット・できないこと4選

h2下の画像

Adaloのデメリットやできないことについて、下記の順に解説します。

  • PC画面に適したアプリの開発はできない
  • プラットフォームにアプリの運用やセキュリティが依存する
  • 基本的に日本語に対応していない
  • 開発が複雑な場合には向いていない

PC画面に適したアプリの開発はできない

Adaloはモバイルアプリの開発に特化しており、PC画面に適したアプリの開発は得意ではありません。

デスクトップ向けのアプリケーションを作成したい場合、Adaloでは制約が生じる可能性があります。

この点を考慮し、プラットフォーム選定時に検討が必要です。

プラットフォームにアプリの運用やセキュリティが依存する

Adaloを利用する場合、アプリケーションの運用やセキュリティに関しては、Adaloのプラットフォームに依存することになります。

したがって、Adaloが提供するサーバーとセキュリティ対策に頼る必要があります。

このため、プラットフォーム側の問題や制約に対処する必要が生じる可能性があります。

基本的に日本語に対応していない

Adaloは基本的に英語を主要な言語としてサポートしており、日本語に対応していないことがあります。

これは、ユーザーインターフェースやドキュメンテーションなどに関連します。

日本語を使用するユーザーにとって、一部の操作や設定が英語で表示されることが課題となる可能性があります。

ただし、この点についてAdaloは改善を進めているかもしれませんので、最新情報を確認することが重要です。

開発が複雑な場合には向いていない

Adaloは直感的に操作できる反面、一部の複雑なアプリケーションの開発には向いていないことがあります。

特に高度なプログラミングやカスタマイズが必要な場合、Adaloの制約により開発が難しくなることがあります。

このような場合、より柔軟な開発プラットフォームを検討することが重要です。

以上がAdaloのデメリット・できないことの解説です。

これらの点を考慮し、プロジェクトやアプリの要件に合わせてプラットフォームを選択することが重要です。

Adaloは特定の用途に適している場合もありますが、制約や課題も存在するため、注意が必要です。

Adaloの使用方法を解説

h2下の画像

Adaloの使用方法を下記の順に解説します。

  • Adaloに登録して初期設定を行う
  • 開発環境を構築してデータベース設計を行う
  • 画面を構築して実際に作ってみる

Adaloに登録して初期設定を行う

Adaloを利用するためには、まずAdaloの公式Webサイトにアクセスし、アカウントを作成する必要があります。

以下は、Adaloに登録して初期設定を行う手順の概要です。

  1. Adaloの公式Webサイトにアクセスします。
  2. サインアップボタンをクリックして、新しいアカウントを作成します。
  3. 必要な情報(名前、メールアドレス、パスワード)を入力し、アカウントを作成します。
  4. 登録後、メールアドレスの確認手続きを行います。登録時に入力したメールアドレスに確認リンクが送られてくるので、それをクリックして確認を完了します。
  5. アカウントが確認されたら、Adaloにログインします。

これでAdaloのアカウントが作成され、初期設定が完了します。

次に、開発環境を構築してデータベース設計を行います。

開発環境を構築してデータベース設計を行う

Adaloの開発環境を構築すると、アプリケーションの開発を開始できます。

以下は、開発環境の構築とデータベース設計の手順です。

  1. ダッシュボードにログインしたら、新しいアプリを作成します。アプリの名前や説明を入力します。
  2. アプリを作成すると、開発環境が表示されます。ここで、データベースの設計や画面の構築を行います。
  3. データベースを設計するには、必要なデータベーステーブルを作成し、各テーブルのフィールドを定義します。例えば、ユーザー情報を保存するテーブルや商品情報を保存するテーブルなどを作成します。
  4. フィールドには、テキスト、数値、画像などさまざまなデータ型を選択できます。データベースの関連性を設定することも可能です。

データベースの設計が完了すると、次は画面を構築して実際にアプリを作成する段階に進みます。

画面を構築して実際に作ってみる

Adaloでは、ドラッグアンドドロップのインターフェースを使用して画面を構築できます。

以下は、画面を構築して実際にアプリを作成する手順です。

  1. ページを作成し、各ページに対応する画面を設計します。例えば、ホーム画面、プロフィール画面、商品一覧画面などです。
  2. 各画面に必要なコンポーネントを追加します。ボタン、フォーム、リストなどをドラッグアンドドロップして配置します。
  3. コンポーネントに対して、データベースからデータを表示したり、ユーザーの入力を受け付けたりするロジックを追加します。
  4. 画面遷移を設定し、ユーザーがアプリ内で移動できるようにします。

これにより、実際に動作するアプリを作成する準備が整います。

Adaloは直感的で使いやすいツールであり、初心者からプロの開発者まで幅広く活用できます。

以上がAdaloの使用方法の概要です。

アカウントの作成から開発環境の構築、データベース設計、画面の構築まで、段階的に進めていくことで、自分のアイデアを実現するアプリを開発できます。

Adaloを学んで使いこなすための3つのポイント

h2下の画像

Adaloを学んで使いこなすためのポイントを、下記の順に解説します。

  • Adaloを触って操作に慣れる
  • 動画参考に使い方を覚える
  • 分からないところは公式のヘルプサイトを参考にする

Adaloを触って操作に慣れる

Adaloを効果的に使いこなすためには、まずAdaloのインターフェースに触れて操作に慣れることが大切です。

以下は、Adaloを触って操作に慣れるためのポイントです。

  • ダッシュボードにログインし、新しいプロジェクトを作成してみましょう。プロジェクトを作成することで、Adaloの開発環境にアクセスできます。
  • プロジェクト内で画面を作成し、コンポーネントを追加してみましょう。ボタン、テキスト、フォームなどのコンポーネントをドラッグアンドドロップで配置し、設定を試してみます。
  • データベースを設計し、データを追加・編集・削除する操作を行ってみましょう。データベースの設計と操作はAdaloの中核的な部分であり、慣れることが重要です。

Adaloを実際に触って操作に慣れることで、開発の基本的な流れや操作方法を体験し、よりスムーズにアプリを作成できるようになります。

動画参考に使い方を覚える

Adaloの学習には、動画コンテンツが役立つことがあります。

YouTubeなどの動画プラットフォームには、Adaloのチュートリアルや使い方を解説した動画が多数公開されています。

以下は、動画参考に使い方を覚えるポイントです。

  • Adaloの公式チャンネルや、信頼性のあるクリエイターが制作した動画を探しましょう。
  • 動画を視聴しながら、実際にAdaloを操作してみましょう。動画内の手順を追いながら実践することで、理解が深まります。
  • 途中で分からない部分があれば、動画のコメント欄や関連フォーラムで質問し、他のユーザーやコミュニティからのサポートを受けることができます。

動画を活用することで、より実践的なAdaloの使い方を学び、自分のプロジェクトに応用できるようになります。

分からないところは公式のヘルプサイトを参考にする

Adaloの公式ヘルプサイトは、ユーザーが疑問や問題に直面した際に役立つリソースが豊富に提供されています。

以下は、分からないところは公式のヘルプサイトを参考にするポイントです。

  • 公式ヘルプサイトにアクセスし、Adaloのドキュメンテーションを閲覧しましょう。ドキュメンテーションには詳細な説明やステップバイステップのガイドが含まれています。
  • ヘルプサイト内で検索機能を利用して、特定のトピックや問題に関する情報を見つけましょう。
  • フォーラムやコミュニティも公式ヘルプサイトに統合されており、他のユーザーとの交流や質問・回答が行われています。

Adaloの公式ヘルプサイトを活用することで、さまざまな情報にアクセスし、問題解決や学習をサポートできます。

以上がAdaloを学んで使いこなすための3つのポイントです。

Adaloを効果的に活用するために、基本操作の習得、動画参考、公式ヘルプサイトの活用が役立ちます。

自分のプロジェクトを成功させるために、Adaloの知識とスキルを着実に向上させていきましょう。

Adaloで開発したアプリの事例11選

h2下の画像

Adaloで開発したアプリの事例を、下記の順に解説します。

  • お気に入りで美味しいお店をシェアするアプリ:Sabinuky
  • キャリアを支援してくれる個人向けアプリ:LLoyd
  • モバイルでオーダーできる次世代のアプリ:SmartDis
  • サッカーファン必見のSNSアプリ:FootHub
  • フットボールファンの欲しい情報が詰まっているアプリ:BACKR Sports
  • 全国の大学生のためのSNSアプリ:Union
  • コーチと学生のアスリートを結ぶマッチングアプリ:Preps Recruiting
  • 大学進学を北表の学生が奨学金を探すための検索アプリ:Scolarcash
  • 偉人が実際にやっていた習慣を簡単に知れて、試せるアプリ:偉人の習慣
  • クリエイターと企業を結ぶマッチングアプリ:Chant
  • 月額料金を払ってドリンクをもらえるアプリ:Nomuca

お気に入りで美味しいお店をシェアするアプリ:Sabinuky

Sabinukyは、ユーザーが自分のお気に入りのレストランやカフェを共有し、美味しい食事体験をシェアするためのアプリです。

ユーザーは写真やレビューを投稿し、他のユーザーが新しい食事の目的地を見つけるのに役立ちます。

Sabinukyは食べ物好きなコミュニティを形成し、美味しい料理の発見をサポートします。

キャリアを支援してくれる個人向けアプリ:LLoyd

LLoydは、キャリア支援を必要とする個人向けに設計されたアプリです。

ユーザーは自分のスキルや経験をプロフィールに記入し、仕事やプロジェクトの機会を見つけることができます。

LLoydは、求職者と雇用主をつなぐプラットフォームとして、キャリアの成長をサポートします。

モバイルでオーダーできる次世代のアプリ:SmartDis

SmartDisは、飲食店やカフェでのオーダーをモバイルで簡単に行えるアプリです。

ユーザーは店舗内のQRコードをスキャンし、メニューを閲覧し注文できます。

また、注文の進行状況や支払いもアプリから追跡できます。

SmartDisは飲食業界の効率を向上させ、ユーザーに便益を提供します。

サッカーファン必見のSNSアプリ:FootHub

FootHubは、サッカーファン向けのソーシャルネットワーキングアプリケーションです。

ユーザーはサッカーに関する最新情報を共有し、試合のスコアやハイライトをディスカッションできます。

サッカーファンコミュニティの一部として、FootHubはサッカーファンの情熱を共有し、熱狂的なファン同士の交流を促進します。

フットボールファンの欲しい情報が詰まっているアプリ:BACKR Sports

BACKR Sportsは、フットボールファン向けの情報提供アプリケーションです。

ユーザーはリーグやクラブの最新ニュース、選手のスタッツ、試合の結果など、フットボールに関する多くの情報にアクセスできます。

BACKR Sportsはフットボールファンにとって必須のアプリで、スポーツ情報の一元化を提供します。

全国の大学生のためのSNSアプリ:Union

Unionは、日本全国の大学生が集まり交流するためのソーシャルネットワーキングアプリです。

ユーザーは自分の大学や興味を共有し、他の大学生とつながることができます。

イベント情報やサークル活動に関する情報も共有され、大学生活をより充実させるプラットフォームとして活用されています。

コーチと学生のアスリートを結ぶマッチングアプリ:Preps Recruiting

Preps Recruitingは、スポーツのコーチとアスリートをつなげるためのマッチングアプリケーションです。

アスリートは自分のスポーツ実力や目標をプロフィールに記入し、コーチは適切なアスリートを見つけることができます。

Preps Recruitingはスポーツの才能を発見し、成長させるプラットフォームとして、若いアスリートに大きな機会を提供します。

大学進学を考える学生が奨学金を探すための検索アプリ:Scolarcash

Scolarcashは、大学進学を検討する学生が奨学金情報を検索するためのアプリケーションです。

ユーザーは学業成績や専攻に基づいて奨学金のリストを閲覧し、応募のプロセスを追跡できます。

Scolarcashは学生が財政的な支援を見つける手助けをし、教育へのアクセスをサポートします。

偉人が実際にやっていた習慣を簡単に知れて、試せるアプリ:偉人の習慣

偉人の習慣は、歴史上の偉人たちが実際に行っていた習慣や日常の習慣を紹介し、ユーザーがそれを試すことを促すアプリケーションです。

ユーザーは偉人の習慣を学び、自分の生活に取り入れることで、効果的な習慣の形成に役立ちます。

偉人の習慣は、成功や成長を追求する人々に向けた啓発的なアプリです。

クリエイターと企業を結ぶマッチングアプリ:Chant

Chantは、クリエイターやアーティストと企業とを結びつけるためのマッチングアプリケーションです。

クリエイターは自分のスキルやプロジェクトをプロフィールに掲載し、企業は適切なクリエイターを見つけて協力できます。

Chantはクリエイティブなプロジェクトの成果を最大化し、新たなビジネスチャンスを提供します。

月額料金を払ってドリンクをもらえるアプリ:Nomuca

Nomucaは、ユーザーが月額料金を支払い、カフェやコーヒーショップなどの提携店でドリンクを毎日もらえるサービスを提供するアプリケーションです。

ユーザーは月額料金を支払うことで、コーヒーやティーなどのドリンクを毎日楽しむことができます。

Nomucaはカフェ巡りを楽しむユーザーに向けた便益を提供し、提携店に新規顧客をもたらします。

これらの事例は、Adaloを活用して様々なタイプのアプリケーションを開発し、ユーザーやビジネスに価値を提供する方法を示しています。

Adaloの柔軟性と使いやすさは、多くのアイデアを現実にするための力強いツールとして活用されています。

まとめ

h2下の画像

Adaloはモバイルアプリ開発を容易にするプラットフォームで、PWA(Progressive Web App)に対応しており、そのメリットやデメリットが明確にされています。

Adaloには5つの料金プランがあり、ユーザーのニーズに合わせて選べます。

このプラットフォームの最大の強みは、高いデザイン性を持つアプリを短期間で直感的に開発できる点にあります。

しかし、PC向けアプリの開発や複雑な開発は得意としておりません。

使用方法は初期設定から開発環境の構築、アプリの実際の作成まで段階的に行うことができます。

Adaloの習熟には、実際の操作や公式のヘルプサイトの活用が推奨されています。

さらに、Adaloを使って開発された多くのアプリ事例が存在し、これらを参考にすることで、その可能性をさらに広げることができるでしょう。