2023.07.04

・#新規事業

チャットアプリの開発方法を徹底解説!おすすめのツールや費用も紹介

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
チャットアプリの開発方法を徹底解説!おすすめのツールや費用も紹介

目次

チャットアプリの開発を検討する際、以下のようなお悩みはないでしょうか。

  • 作り方がわからない
  • 費用を安く抑えたい
  • どの開発ツールを使えばよいかわからない

結論として、費用をおさえ、開発期間を短縮するなら、ノーコード開発がおすすめです。

弊社ではチャットアプリの開発も行っているため、その知見をもとにこの記事では、以下の2点にについて解説します。

  • 開発費用を抑える方法
  • 開発事例

QEDでは、以下のような企業様向けの開発を行なっております。

  • 必要最低限の機能でリリースし、市場の反応をみて改善したい
  • 開発期間・コストを抑えたい

チャットアプリの作り方3選

h2下の画像

チャットアプリの作り方を3つ紹介します。

  • ノーコードで開発する
  • プログラミングで開発する
  • 開発会社に発注する

ノーコードで開発する

チャットアプリを開発する方法として、ノーコードを用いて開発する方法があります。

従来のプログラムを用いた開発方法では、プログラミングの知識と技術がなければ難しいです。

しかし、ノーコードツールを使うことで、プログラミングの知識がなくても、アプリの開発ができます。

そして、いくつかあるノーコードツールの中で、AdaloとBubbleが人気でよく使われています。

Adaloは、直感的な操作が可能なので、手軽にアプリを作成できます。

一方、Bubbleはカスタマイズ性が高いので、自分に合ったアプリを開発できるのがポイントです。

ノーコードツールを使うことで、素早く簡単にチャットアプリを作成し、自分のアイデアを形にすることを可能にします。

ノーコードツールBubbleについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

プログラミングで開発する

チャットアプリを作る方法として、自分でプログラムを書いてアプリを開発するやり方もあります。

プログラムを書いて開発するメリットは、自由なカスタマイズが可能なことです。

アプリに必要なものを、プログラムを書くことで確実に実装することが可能になります。

このように、プログラムを使った開発では、ユーザーのニーズに最適なアプリを開発できます。

一方で、プログラムで開発するためには、プログラミングの知識が必要です。

プログラムを覚えるには長い時間をかける必要があり、様々なエラーやユーザーの要望に対応する必要があります。

開発会社に発注する

自分で開発が難しい場合や、特定の機能や品質を求める場合には、開発をプロの会社に依頼するのも一つの選択肢です。

まず、自分の求めるアプリの仕様や機能、予算を決めて、適切な開発会社を選びます。

その時に、実績や評価を見て選ぶと失敗しにくいです。

会社に連絡を取って見積もりを作ってもらい、料金や納期、保守の内容などを確認します。

契約後、開発が始まったら定期的に進捗を確認し、必要に応じて改善点などを報告します。

そして、開発が終了したらテストを行い、問題がなければ納品になる流れです。

システム開発の専門的な知識や経験を持つプロに任せることができ、安定した品質のアプリを手に入れることが可能です。

一方で、自分で開発する場合と比べ、開発会社に依頼する場合はコストがかかるので、システム開発の予算を考慮して、開発方法を選ぶ必要があります。

チャットアプリの開発費用

h2下の画像

チャットアプリの開発費用を紹介します。

  • 個人で開発する場合
  • 開発会社に発注する場合
  • ノーコード開発する場合

個人で開発する場合

自分でチャットアプリを開発すると、費用の見積もりは難しいです。

コストは大きく分けて、ツールの料金と自分の労力の2つに分けられます。

ツールの料金

開発に必要なソフトウェアやサービスの費用です。

例えば、”Node.js”や”Socket.io”は無料で利用可能ですが、データベース管理システムやホスティングサービスなどは、有料のものもあります。

自分の労力

学習時間や開発時間、デバッグ時間など、自分の時間をどのように使うかにもよります。

これらを考慮し、予算を設定すると良いでしょう。

開発会社に発注する場合

開発会社に発注するときは、明確な費用が発生します。

具体的には、次のような費用がかかります。

開発内容

アプリの機能や仕様により開発費用が異なります。

例えば、一方通行のメッセージ送信だけでなく、画像送信やビデオチャット機能を追加すると、費用が増えます。

開発期間

納期が長くなるほど費用は増えます。

保守・サポート

開発後のアップデートやバグ修正についてのサポートも費用に影響します。

これらを基に見積もりを取得し、予算を決定します。

開発会社に依頼する場合、透明性があるため、費用を事前に把握しやすいです。

ただし、高品質なアプリを求める場合、それなりの費用が発生します。

ノーコード開発する場合

ノーコードツールを活用したチャットアプリの開発費用は、選択するプラットフォームによります。

主なコストは以下の通りです。

プラットフォーム料金

多くのノーコードツールはサブスクリプション制で、月額または年額の料金がかかります。

プランによって提供される機能や利用制限が異なります。

カスタマイズ費用

プラットフォームの提供する機能だけでは不足し、追加のカスタマイズが必要な場合、費用が発生します。

独自ドメイン費用

企業用途では、独自ドメインで運用することが一般的です。

そのための費用も考慮に入れます。

ノーコードツールの良さは、複雑なプログラミング知識が不要で、初期費用を抑えられる点にあります。

しかし、アプリが成長しユーザーが増えると、運用コストは増えます。

チャットアプリの開発費用を抑えるには?

h2下の画像

チャットアプリの開発費用を抑える方法を紹介します。

  • ノーコードで開発する
  • 補助金・助成金を利用する
  • 個人で開発する

ノーコードで開発する

ノーコードツールを使うと、開発費用を大幅に削減することが可能です。

その理由は、以下の通りになっています。

学習時間の削減

プログラミングを学習する必要がないため、学習に費やす時間とそのための資金を削減できます。

開発時間の短縮

すでにあるテンプレートを基にカスタマイズすることで、1から開発するよりも早く開発することが可能です。

保守・運用の省力化

プラットフォームが更新・保守を行ってくれるので、運用にかかる時間とコストも抑えられます。

例えば、BubbleやAdaloなどのプラットフォームでは、月額20ドルから利用でき、簡単なチャットアプリならばこれで十分です。

しかし、規模が拡大した場合、利用プランをアップデートする必要があります。

Bubbleの料金について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

補助金・助成金を利用する

補助金や助成金を活用することで、開発費用を大きく抑えることが可能です。

これらの支援金を得るためには、以下の手順があります。

対象の補助金・助成金を探す

地方自治体や国の機関などが、技術開発や新規事業の支援として、様々な補助金を提供しています。

応募要件を確認する

それぞれの補助金・助成金には、応募資格や対象事業等が設定されていますので、詳細を確認します。

応募する

必要書類を用意し、期間内に応募します。

その後、選考を経て支給が決定されます。

なお、補助金・助成金は予算に限りがあり、競争率も高いため、事前の準備と企画書の質が重要となります。

そのため、適切なアドバイスを得るためにコンサルタントの支援を利用することも考慮すると良いでしょう。

IT導入補助金について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

個人で開発する

個人で開発する場合、自身の時間と労力が主な費用となります。

これにより、具体的には以下のような費用削減が可能です。

人件費の削減

外部の開発者や開発会社に支払う費用を節約できます。

カスタマイズの自由度

自分の好きなようにアプリを開発できるため、追加費用を発生させずにアイデアを具現化することができます。

スキル習得の利益

一度学べば何度でも、アプリ開発をすることができます。

しかし、注意すべきは開発だけでなく、保守や運用、更新などの手間が発生します。

例えば、バグの修正やセキュリティ対策など、継続的に行う必要があります。

チャットアプリを開発できるノーコードツール4選

h2下の画像

チャットアプリを開発できるノーコードツールを4つ紹介します。

  • Bubble
  • Adalo
  • FlutterFlo
  • Glide

Bubble

(引用元:Bubble

Bubbleは、いわゆるノーコード開発ツールとして知られています。

Bubbleは、専門的なコーディングの知識がなくても、ウェブアプリを作成することが可能なソフトウェアです。

以下に、Bubbleの主要な特徴を紹介します。

直感的なUI

Bubbleのユーザーインターフェースは直感的で、プログラミングの経験がない方でもアプリの構築が可能です。

データベースの管理

Bubbleにはデータベース管理機能が組み込まれており、アプリケーションで使用するデータを簡単に管理できます。

豊富な統合機能

Bubbleは、他のウェブサービスとの連携が可能で、アプリの機能性を高めることができます。

カスタムデザイン

Bubbleは、アプリに独自のデザインを適用することができます。

Bubbleを使用して開発された一例として、複数のウェブサービス(ZapierやTwitterなど)と連携した複雑なアプリケーションが挙げられます。

料金形態はプランによって異なり、以下のようになっています。

プランFreeプランStarterプランGrowthプランTeamプラン
月契約無料$32/月$134/月$399/月
年契約無料$29/月$119/月$349/月
(引用元:Bubble 2024年2月14日時点)

Bubbleについて、下記の記事でさらに詳しく解説しております。

Adalo

(引用元:Adalo

Adaloは、モバイルアプリを素早く作成できるプラットフォームとして知られています。

以下に、Adaloの特長を紹介します。

インターフェースが容易

ユーザーは、直感的なドラッグ&ドロップ機能を使用して、素早く機能の配置や編集を行うことができます。

テンプレートの多様性

Adaloは、多種多様なビジネスモデルに対応したテンプレートを提供しており、アプリケーション開発の時間を大幅に節約できます。

デザインの自由度

ユーザーは、独自のデザインやレイアウトを作成することができます。

具体的な使用例としては、オンデマンドサービスや予約システム、マーケットプレイスなど、多様な業界で利用されています。

料金形態はプランによって異なり、以下の通りです。

プラン無料スタータープロフェッショナルチーム事業
月契約無料$45/月$65/月$200/月$250/月
年契約無料$36/月$52/月$160/月$200/月
(引用:Adalo 2024年2月14日時点)

Adaloについてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

FlutterFlow

(引用元:FlutterFlow

FlutterFlowは、クロスプラットフォーム対応のチャットアプリ開発に活用できるノーコードツールとして注目を集めています。

インターフェースの使いやすさ

FlutterFlowは、直感的なユーザーインターフェースをしているため、ドラッグ&ドロップ操作だけで独自のアプリケーションを作成することが可能です。

テンプレートの多様性

様々な種類のアプリケーションに対応したテンプレートが提供されており、それを基に自分だけのアプリを作ることができます。

デザイン自由

FlutterFlowでは、自分だけの独自デザインを自由に作成できます。これにより、アプリケーションに独自性を持たせることができます。

具体例としては、フードデリバリーサービスやイベント管理アプリ、チャットアプリケーションなど、多岐にわたる業種で利用されています。

料金形態はプランによって異なり、以下の通りです。

プランFreeプランStandardプランProプランTeamsプラン
月契約無料$30/月$70/月$70/月
年契約無料$22/月$50/月$50/月
(引用元:FlutterFlow 2024年2月14日時点)

Glide

(引用元:Glide

Glideは、初心者でも手軽にアプリケーション開発ができる、ノーコードツールの一つです。

インターフェースのシンプルさ

Glideは、直感的な操作性のあるインターフェースをしているため、ドラッグ&ドロップだけで独自のアプリケーションを作り出すことが可能です。

テンプレートの多様性

様々なテンプレートが用意されており、それを基に自分だけのアプリを作ることができます。

デザインの自由度

Glideでは、自分だけのデザインを自由に作ることが可能です。

これにより、アプリケーションに独自性を持たせることができます。

具体的な利用例としては、レストラン予約アプリやイベント管理アプリ、チャットアプリケーションなど、多種多様な業界で利用されています。

料金形態はプランによって異なり、以下のようになっています。

プランFreeプランMakerプランTeamプランBusinessプラン
月契約無料$60/月$125/月$310/月
年契約無料$49/月$99/月$249/月
(引用元:Glide 2024年2月14日時点)

Glideのさらに詳しい情報を、下記の記事で解説しております。

ノーコードでチャットアプリを開発するメリット

h2下の画像

ノーコードでチャットアプリを開発するメリット以下の2点です。

  • コストを抑えて開発できる
  • 開発期間が短い

コストを抑えて開発できる

ノーコードツールを使用すると、開発にかかる費用を大きく抑えることが可能です。

プログラミングスキルが不要

高度なプログラミングスキルを持つエンジニアの雇用が不要になります。

ライセンス料の節約

多くのノーコードツールは無料プランを用意しているので、費用を抑えることができます。

メンテナンスコスト削減

高度なスキルを必要としないため、維持管理費用も抑えられます。

例えば、チャットアプリを開発する際にも、これらのメリットを活かすことができます。

専門的なスキルを必要とせず、予算内でチャットアプリを開発することが可能です。

開発期間が短い

ノーコードツールの使用により、アプリケーションの開発期間を大幅に短縮することができます。

インタラクティブなデザイン

ドラッグ&ドロップのみで操作可能なインターフェースにより、迅速な開発ができます。

テンプレート使用

既存のテンプレートを使用することで、開発時間を大幅に短縮することができます。

テスト環境

リアルタイムで変更を反映できるテスト環境が用意されているため、すぐにアプリケーションの動作確認が可能です。

チャットアプリケーションの開発では、短期間で機能を実装し、即時に検証することが可能になります。

これにより、素早く市場に投入することができ、ユーザーの意見をすぐに取り入れることが可能です。

ノーコードでチャットアプリを開発するデメリット

h2下の画像

ノーコードでチャットアプリを開発するデメリットは以下の2点です。

  • 複雑かつ大規模なチャットアプリ開発に向かない場合がある
  • プラットフォームに依存する

複雑かつ大規模なチャットアプリ開発に向かない場合がある

ノーコードツールは簡易的なアプリ開発に向いていますが、大規模かつ複雑な機能を必要とするアプリに対しては向かない場合もあります。

機能の制限

ノーコードツールの機能は固定されているため、特定の高度な機能の追加が難しい場合があります。

柔軟性の不足

自由度が制限され、完全にカスタマイズされたものを提供することが困難なことがあります。

パフォーマンス

大規模なデータを扱う場合、ノーコードツールがその処理に十分対応できない可能性があります。

例として、大規模なチャットアプリを開発する際、多くのユーザーを同時に管理したり、セキュリティ機能を導入することは、ノーコードツールだけでは困難な場合があります。

プラットフォームに依存する

ノーコードツールを使用することで、プラットフォームに依存してしまいます。

ツールの寿命

ノーコードツールの提供企業がサービスを終了すると、アプリケーションの維持が難しくなります。

更新の制限

プラットフォーム側のアップデートに左右され、必ずしも自分たちのタイミングで機能の追加や改良ができない場合があります。

移行が困難

プラットフォーム間の移行が難しく、新たな開発環境への移行に時間とコストがかかる可能性があります。

特定のノーコードツールでチャットアプリを開発していた場合、そのツールが更新された場合、アプリの機能に影響が出る場合があります。

また、プラットフォーム間の移行は、再開発を必要とし、それに伴う時間とコストが発生する可能性があります。

ノーコードで開発されたチャットアプリの事例3選

h2下の画像

ノーコードツールBubbleのチャットアプリ開発事例を3つ紹介します。

  • 企業と就活生のマッチング「ABABA」
  • オンラインMCマッチングサービス「ReMoCe」
  • ビジネス人材マッチングサービス「kitene」

企業と就活生のマッチングサービス「ABABA」

(引用元:ABABA

「ABABA」は、就活生と企業をつなぐマッチングサービスのチャットアプリです。

マッチング機能

就活生と企業を効率よくマッチングさせます。

共通の興味・関心がある就活生と企業を見つけ、互いの間で直接会話を行うことが可能です。

メッセージ交換

チャット機能を利用し、就活生と企業が直接コミュニケーションをとることができます。

これにより、一方向的な情報提供ではなく、双方向のコミュニケーションが可能です。

イベント情報共有

企業が開催するイベントやセミナーの情報を就活生に通知し、興味がある場合は直接申し込みを行うことができます。

具体的な活用事例としては、就活生が特定の企業に興味を持ち、直接チャットでやりとりを行い情報交換を行った結果、就職活動がスムーズに進行したというケースがあります。

オンラインMCマッチングサービス「ReMoCe」

(引用元:ReMoCe

「ReMoCe」は、ネットを介したMCマッチングサービスを提供するチャット通信アプリです。

MCとのマッチング

イベントやパーティの企画者とMCをつなぐサービスを提供します。

チャット機能

MC希望者との直接のやり取りを可能にし、具体的な要望やニーズを共有します。

イベントの詳細

イベントの詳細情報やMCのスキル、経験を伝え、適切なマッチングをサポートします。

具体的な事例としては、特定のパーティーの企画者が「ReMoCe」を活用し、MCとチャット機能で詳細なスキルや情報を聞いてマッチングを行いました。

その結果、パーティーに最適なMCとマッチングができて、大成功を収めたというケースがあります。

パーソナルトレーナーとトレーニー専用マッチングサービス「Kappa TrainUp」

(引用元:Kappa TrainUp

「Kappa TrainUp」は、パーソナルトレーナーとトレーニーをつなげるチャットアプリです。

トレーナーとのマッチング

トレーニーが自分の健康やフィットネス目標に最も合った、パーソナルトレーナーを見つけることができます。

個別のコミュニケーション

トレーナーとトレーニーが直接やりとりを行い、効果的なトレーニングプログラムを作成します。

トレーニング情報の共有

トレーナーはトレーニングスケジュールやダイエットプランをトレーニーに提供し、その進行状況を共有します。

具体的な事例としては、トレーニーが特定の目標を達成するために、チャット機能を活用して、どんなトレーニングをしたいか細かくトレーナーに共有しました。

その結果、経験豊富なパーソナルトレーナーとマッチングし、共にトレーニングプログラムを作成することができ、目標達成を早めたというケースが存在します。

Bubbleでの開発事例について、下記の記事でさらに詳しく解説しております。

チャットアプリを個人開発できる?

h2下の画像

チャットアプリを個人開発することは可能です。

ただし、ソフトウェア開発の知識が必要で、開発者の技術力と時間が大きく関わります。

一方、開発を専門の企業やフリーランサーに依頼すると、専門的なスキルや経験を持つ人々が開発を行います。

そのため、技術的な問題に直面したときにも、解決策を見つけ出す可能性が高いです。

また、自身で開発にかかる時間を節約し、他のビジネス活動に集中することもできます。

さらに、ノーコードツールを使うと、開発速度が大幅に向上し、コストも抑えられます。

この手法を利用すれば、アプリケーションの開発と運用に必要な専門的なスキルがない人でも、自分のアイデアを形にすることが可能です。

個人での開発は可能ですが、ノーコードツールの扱い方を1から覚えたり、作った後のメンテナンスも自身で行う必要があります。

開発を依頼すれば、自分で開発するよりもコストが安く済み、開発する時間も節約ができるためおすすめです。

まとめ

h2下の画像

この記事では、チャットアプリの開発について、その方法やコスト、ノーコードツールの利用例を詳細に解説しました。

チャットアプリの作成方法は主に、プログラミングでの個人開発や開発会社への発注、ノーコードを利用した開発の3つの選択肢があります。

そして、それぞれに利点と課題が存在します。

ノーコード開発はコストと時間を大幅に削減できる一方、複雑な機能や大規模なアプリ開発には制限があります。

しかし、具体的な事例を通して、ノーコードツールが実際にどのように活用され、成功を収めているかを理解することが可能です。

また、開発費用に関しては、個人での開発や開発会社への発注、ノーコード開発の方法と、さらにコストを抑えるための補助金・助成金の利用についても触れました。

個人でのチャットアプリ開発が可能ですが、専門的な知識と時間が必要であることから、依頼して開発するのがおすすめです。

そして、ノーコードツールの選択肢として、Bubble・Adalo・FlutterFlow・Glideを紹介しており、これらのツールを使えば、スキルがなくとも自身のアイデアを形にできます。

そのため、開発方法を選ぶ際は、自身の状況と目的に応じて最適な手法を選ぶことが重要です。