2023.05.25

・#新規事業

採用サイト制作の手順と必要な情報・作成のポイントを徹底解説!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
採用サイト制作の手順と必要な情報・作成のポイントを徹底解説!

目次

採用サイトの重要性とは?

h2下の画像

採用サイトは、企業が採用活動を行う上で非常に重要な役割を果たします。

優秀な人材を獲得することは、企業にとって事業の運営、成長に欠かせません。

多くの求職者に自社の魅力を伝え、数ある企業の中から自社を選んでもらうために採用サイトを設定することが重要です。

また、企業のブランディングにも大きな影響を与えます。

企業の情報や仕事内容、社員の声などを掲載し、自社の魅力をアピールすることで、良い印象を与え、ブランド価値を高めることができます。

さらに、採用サイトは、求職者と企業との出会いの場としても機能します。

現代の就職活動では、求職者は新卒採用でも中途採用でも、インターネットを通じて企業の情報収集をすることが多いです。

採用サイトで企業を魅力的にアピールすることができれば、求職者に選ばれやすくなります。

そして、採用サイトから採用の面接や試験に応募できる機能を設置しておけば、多くの求職者を集めることができます。

また、採用サイト上で行われるオンラインイベントなどを通じて、企業と求職者との交流を深め、より良い採用につなげることができます。

最近では、採用サイトを設置することが当たり前のようになっており、企業間の差別化競争も激化しています。

2021年6月1日現在で、日本の企業数は367万4,000社です。

(引用:総務省「令和3年経済センサス‐活動調査 速報集計 結果の要約)」2023年3月24日時点)

約370万もの企業の中から、求職者に自社を選んでもらうためのツールとして採用サイトは必要不可欠と言えます。

総じて、採用サイトは、企業のブランディングや優秀な人材の獲得、採用活動の効率化にとって極めて重要な役割を果たします。

企業は、採用サイトの充実に努め、優秀な人材の獲得や採用活動の成功につなげていくことが求められます。

採用サイト制作のメリット

h2下の画像

採用サイト作成のメリットは以下の4点です。

  • 求職者に企業をアピールできる
  • 求人サイトよりも自由度が高い
  • 採用コストを抑えて応募を増やせる
  • 選考離脱・ミスマッチを防げる

求職者に企業をアピールできる

採用サイトを制作することで、企業は自社の魅力や強みを求職者にアピールすることができます。

企業のビジョンやミッション、社風や福利厚生、社員の声などを掲載し、求職者が企業の文化や価値観に共感することができるようになります。

また、採用サイトに企業の成長戦略やビジネスモデルなどを掲載することで、求職者に企業の将来性や業界におけるポジショニングを伝えることができます。

これらの情報が共有されることで、求職者は企業に興味を持ち、自ら応募することが期待されます。

求人サイトよりも自由度が高い

求人サイトに掲載する求人広告は、掲載形式や文字数に制限があります。

しかし、採用サイトを制作することで、企業は自由度が高い求人広告を掲載することができます。

例えば、ビデオや画像を使用した採用ページや、社員の声を取り入れた採用ページを作成することができます。

また、採用サイトに掲載する求人広告は、検索エンジンに表示されるため、企業のブランド認知度向上にもつながります。

採用コストを抑えて応募を増やせる

採用サイトを制作することで、企業は求人広告の掲載費用を抑えることができます。

また、求職者にアピールするための費用も抑えられます。

求人広告の代わりに、採用サイトをSNSやブログなどで拡散することで、無料で多くの人々にアプローチすることができます。

さらに、応募フォームを採用サイトに設置することで、応募する求職者のリストを集めることができます。

このリストを使用することで、採用活動の効率化や費用削減に繋がることが期待されます。

選考離脱・ミスマッチを防げる

採用サイトには、企業が求める人材像や職場環境などを詳細に掲載することができます。

これにより、求職者が自己申告できる能力や経験、志向などと企業が求める人材像や職場環境とのマッチングがスムーズに行われるため、選考離脱やミスマッチを防ぐことができます。

また、採用サイトでは、企業が求める能力や経験を明示することで、応募者に対して適切な情報を提供することができます。

これにより、応募者が自己申告できる能力や経験と企業が求める人材像との齟齬が生じることを防ぐことができます。

以上、採用サイト制作のメリットとして、求職者に企業をアピールできること、求人サイトよりも自由度が高いこと、採用コストを抑えて応募を増やせること、選考離脱・ミスマッチを防げることが挙げられます。

企業は、これらのメリットを最大限に活用することで、より効率的な採用活動を実現し、優秀な人材を獲得することができます。

採用サイト制作のデメリット

h2下の画像

採用サイト制作のデメリットは、以下の2点です。

  • 制作費用・運用費がかかる
  • 即効性が低い

制作費用・運用費がかかる

採用サイトを制作するには、専門的なスキルや知識を持つ人材や外部の制作会社に依頼する必要があります。

また、サイトの運用には、専任のスタッフを配置する必要がある場合もあります。

これにより、制作費用や運用費用がかかるため、企業にとって負担となる可能性があります。

特に、小規模な企業や中小企業にとっては、費用負担が大きくなりがちです。

即効性が低い

採用サイトは、求職者に対して企業の情報を提供するためのツールであり、応募者を獲得するための手段の1つです。

しかし、採用サイトを制作しても、すぐに応募者が増えるわけではありません。

採用サイトは、検索エンジン上での表示順位が上がるように、SEO対策を行う必要があります。

また、サイトの更新や運用にも時間と手間がかかります。

そのため、即効性が求められる場合には、他の採用手段と併用する必要があります。

以上のように、採用サイト制作には制作費用や運用費用がかかることや即効性が低いことがデメリットとして挙げられます。

しかし、採用サイトを制作・運用することで、求職者に企業をアピールできたり、採用コストを抑えたり、選考離脱・ミスマッチを防ぐことができるため、デメリットに比べて多くのメリットがあると言えます。

採用サイト制作の費用相場

h2下の画像

採用サイトの規模や機能によって、制作費用が変わってきます。

主に、企業情報や求人情報の掲載など、必要最低限の情報を掲載するシンプルな採用サイトの場合は、50万円程度で制作することができます。

応募フォームや採用管理システムなどの機能を盛り込んだ中規模の採用サイトの場合は、100〜150万円程度で制作することが一般的です。

大手企業や人材紹介会社などが制作する大規模な採用サイトの場合は、200万円以上の費用がかかる場合もあります。

大量の求人情報や採用データを扱う場合は、サイトの構造やデータベースの設計などに高度な技術力が求められるため、高い制作費用が必要となります。

また、採用サイトのデザインが複雑であるほど、制作費用が高くなる傾向があります。

訴求したい人物像に合わせて、採用サイト全体のカラーリングやコンテンツの内容と配置などを設計するのに手間と時間がかかります。

特に、カスタムデザインを外注する場合は、専門のデザイナーへの費用がかかるため、採用サイト制作の費用が高くなる傾向があります。

そして、採用サイト制作を誰が行うかによって、費用相場が異なります。

自社で採用サイトを作成する場合、費用を抑えることができます。

担当者の技術力にもよりますが、費用を抑えながら自社の特色を活かした採用サイトを作成できます。

自社の業務状態によっては、担当者の確保が難しくなることが課題です。

採用サイト制作を外注する場合、一般的に小規模な制作会社やフリーランスの場合は、費用を抑えた制作が可能な場合がありますが、技術力や経験が不足している場合もあるため、注意が必要です。

一方、大手のWeb制作会社やクリエイティブエージェンシーでは、高い技術力と豊富な経験を持つスタッフが多数在籍しており、高品質なサイトを制作することができますが、その分制作費用が高めになることがあります。

以上のように、採用サイトの制作費用は、企業の要望や制作の規模、デザイン、機能性などによって大きく異なります。

一般的には、数十万円から数百万円以上の費用がかかることが多く、更新や保守管理に必要な費用も含めて予算を計画することが求められます。

企業にとって重要な課題である採用活動において、採用サイトを有効に活用するためには、適切な予算の計画が不可欠です。

採用サイトを効果的に活用する方法

h2下の画像

採用サイトを効果的に活用する方法を3つ解説します。

  • 動画・画像などの任意コンテンツも充実させる
  • 求人サイトと連携する
  • オンラインで採用イベントを行う

動画・画像などの任意コンテンツも充実させる

採用サイトには、企業情報や求人情報などのテキスト情報だけでなく、動画や画像などのコンテンツも充実させることが重要です。

人事担当者や社員のインタビュー動画、オフィスの内部写真など、企業の雰囲気を伝えるコンテンツを掲載することで、求職者によりリアルなイメージを伝えることができます。

また、SNSとの連携やQRコードを活用することで、採用サイトへのアクセスを促すことも可能です。

求人サイトと連携する

採用サイトは、求人サイトと連携することで、より多くの求職者にアピールすることができます。

求人サイトの情報を採用サイトにリンクさせたり、求人サイトから採用サイトへのアクセスを促す広告を出すなどの方法があります。

また、求人サイトに掲載する求人情報と、採用サイトに掲載する企業情報や採用情報を統一させることで、より一貫性のあるメッセージを求職者に伝えることができます。

オンラインで採用イベントを行う

オンラインでの採用イベントを採用サイトで行うことで、求職者とのコミュニケーションを活発にすることができます。

採用イベントには、企業紹介や社員インタビュー、業務紹介など、求職者にとって有益な情報を提供することが重要です。

また、求職者との交流の場として、チャットやビデオ会議ツールを活用することも効果的です。

採用イベントに参加した求職者には、採用情報をメールで送信するなどのフォローアップを行うことで、より一層のアピールをすることができます。

以上のように、採用サイトを効果的に活用する方法として、動画や画像の充実、求人サイトとの連携、オンライン採用イベントの開催などがあります。

求職者にとっては、リアルな企業情報を提供してくれる採用サイトは、応募を決める重要な情報源となります。

採用サイトを活用して、企業の魅力を最大限に引き出し、求職者の関心を引くことができるよう努めていくことが重要です。

採用サイト制作の手順

h2下の画像

続いて、採用サイト制作の手順を解説します。

  • 採用サイトの目的を決める
  • 採用したい人物像を明確にする
  • 情報を整理する
  • ワイヤーフレーム作成・デザインを決める
  • コンテンツを作成する
  • 採用サイトを制作・公開する
  • 効果の検証・分析を行う

採用サイトの目的を決める

企業の採用戦略や採用目標を考慮し、採用サイトの目的を明確にすることが重要です。

目的が明確であれば、採用サイトの構成やコンテンツを効果的に作成することができます。

例えば、新卒採用を増やすための情報提供や、中途採用者に向けた魅力的な企業文化の紹介などがあります。

採用したい人物像を明確にする

採用したい人材像を明確にすることで、採用サイトのメッセージやターゲット層に合わせたコンテンツを作成することができます。

例えば、若手エンジニアや営業職、海外留学経験者など、企業が求める人材像を明確にすることが重要です。

情報を整理する

採用に関する情報を整理し、採用サイトのコンテンツに反映させます。

採用サイトは企業の顔となるため、情報の正確性や見やすさにも注意が必要です。

例えば、求人情報や募集要項、福利厚生、社員の声など、採用に関する情報を整理して掲載することが重要です。

ワイヤーフレーム作成・デザインを決める

採用サイトの構成やデザインを決めます。

まずはワイヤーフレームを作成し、サイトのレイアウトや構成を確認します。

その後、デザインを決定し、採用サイトのイメージを形にします。

デザインは、企業のイメージや採用したい人物像に合わせて、魅力的で分かりやすいものを選ぶことが重要です。

コンテンツを作成する

採用サイトのコンテンツを作成します。

例えば、企業の歴史やビジョン、社員の声、福利厚生、研修制度、仕事内容、社風など、採用に関する情報を魅力的に紹介することが重要です。

また、動画や画像などのコンテンツも活用し、視覚的にも伝えるようにすると効果的です。

採用サイトを制作・公開する

前の段階で決めたワイヤーフレームやデザイン、コンテンツをもとに、WebデザイナーやWebエンジニアなどのプロフェッショナルな人材に制作を依頼します。

制作期間は、採用サイトの規模や機能、作業者の人数や手法によって異なりますが、1ヶ月以上かかることが一般的です。

完成後、公開前に内部テストを行い、問題がないことを確認します。

効果の検証・分析を行う

採用サイトを公開した後は、求職者からの反応や応募者数、採用に至った人数などを定期的に集計・分析し、サイトの改善点を見つけ出します。

Google Analyticsなどのアクセス解析ツールを活用して、どのページがよく閲覧されているか、どの求人が注目されているかなどの情報を収集し、サイトの改善や運用方針の見直しに役立てます。

また、SNSなどの採用活動との連携も重要で、リンク数やシェア数などの数字も分析の対象となります。

これらの分析をもとに、採用サイトの改善点を見つけ出して、より効果的な採用活動を実現していくことが必要です。

採用サイト制作で失敗を防ぐポイント

h2下の画像

採用サイト制作で失敗を防ぐポイントを2つ紹介します。

  • 追加・更新がしやすいか確認する
  • 求職者目線で採用サイトを制作する

追加・更新がしやすいか確認する

自社で採用サイトを管理する場合、採用サイトは常に最新の情報を提供する必要があるため、追加や更新がしやすい構造にすることが重要です。

例えば、求人情報が増えた場合にも、迅速に反映できるシステムを導入することが必要です。

また、採用サイトを制作する際には、Web担当者の方に作業手順や運用マニュアルなども作成してもらうことで、追加・更新がスムーズに行えるようにすることが重要です。

採用サイト作成を外注する場合、機能の追加や既存コンテンツの更新にかかるコストを確認する必要があります。

サイト制作会社により、機能やコンテンツの追加、更新の料金が異なります。

そのため、採用サイトの作成は安価だけれど、機能やコンテンツの追加、更新を考慮するとトータルで他の制作会社より高価になってしまうことがあります。

採用サイト作成を外注する際には、採用サイトを作るだけでなく、機能やコンテンツの追加、更新がどれだけ発生するかを考慮する必要があります。

求職者目線で採用サイトを制作する

求職者目線で採用サイトを制作することは、企業が優秀な人材を獲得する上で非常に重要なポイントとなります。

求職者は自分自身のスキルやキャリアアップについて考え、その上で自分に合った企業を選ぶことができます。

そのため、採用サイトは求職者の視点で制作する必要があります。

まず、求職者が求める情報を提供することが大切です。

企業情報や募集要項だけでなく、社員の声や職場環境、福利厚生など、求職者が知りたい情報を掲載することが必要です。

さらに、採用サイトのデザインやコンテンツも、求職者が見やすく理解しやすいものにする必要があります。

情報量が多い場合には、わかりやすい目次やタブなどで整理すると良いでしょう。

また、求職者が応募する際のプロセスもスムーズにする必要があります。

応募フォームが簡潔でわかりやすく、アクセスしやすい位置に設置されていることが求められます。

また、求職者が応募後の進捗状況を把握しやすいよう、自動返信メールや選考状況の確認画面なども用意することが望ましいでしょう。

さらに、求職者とのコミュニケーションを積極的に取ることも重要です。

例えば、採用サイトに掲載されているFAQやお問い合わせフォームに対して、迅速で丁寧な回答をすることが求められます。

また、SNSなどを活用して、求職者とのコミュニケーションを促進することもできます。

総じて、求職者目線で採用サイトを制作することで、企業は求職者のニーズに応え、優秀な人材を獲得することができます。

企業のブランディングやイメージアップにも繋がるため、積極的に取り組んでいくことが望まれます。

採用サイト制作時に掲載すべきコンテンツ

h2下の画像

採用サイトに掲載すべきコンテンツは以下の9点です。

  • 募集要項
  • 事業内容
  • ミッション・ビジョン
  • 代表紹介・メッセージ
  • 社員紹介・メッセージ
  • キャリアパス
  • 福利厚生
  • 選考フロー
  • 他者との差別化を図るコンテンツ

募集要項

採用サイトの中心となるのは、募集要項です。

募集する職種、必要なスキルや経験、求める人物像など、具体的な情報を掲載しましょう。

また、募集人数や応募締め切り日など、期限に関する情報も必要です。

この情報は、求職者が応募する上で重要な役割を果たします。

事業内容

企業の事業内容は、求職者にとっても重要な情報です。

事業内容を掲載することで、企業のビジネスモデルや事業の方向性を知ることができます。

この情報は、求職者が企業に対する興味や関心を持つ上で役立ちます。

ミッション・ビジョン

企業のミッション・ビジョンは、企業の方向性や目的を示すものです。

採用サイトに掲載することで、求職者に企業の考え方や価値観を伝えることができます。

この情報は、企業と求職者のマッチングにつながる重要な情報の一つです。

代表紹介・メッセージ

企業の代表者についての情報やメッセージを掲載することで、企業の人間性や考え方を伝えることができます。

代表者がどのような考え方を持っているかを知ることで、企業に対する興味を持つきっかけになることもあります。

社員紹介・メッセージ

求職者に企業の社風や雰囲気を伝えるために、社員紹介や社員のメッセージを掲載します。

社員の声や経験談を通じて、求職者は企業に対するイメージを持つことができます。

また、社員の仕事の内容や役割についても紹介することで、求職者が実際にどのような業務に携わることができるかを知ることができます。

キャリアパス

求職者は、自分のキャリアアップに関心があります。

採用サイトには、企業でのキャリアパスについての情報を掲載することで、求職者のキャリアアップに向けた意欲を高めることができます。

また、キャリアアップのために必要なスキルや経験、研修制度などの情報も掲載すると良いでしょう。

福利厚生

企業が提供する福利厚生は、求職者が企業を選ぶ上で重要なポイントの一つです。

採用サイトでは、企業が提供する福利厚生について詳しい説明が必要です。

具体的な内容や特典、制度についての情報を掲載することで、求職者が企業に対する魅力を感じることができます。

選考フロー

求職者は、採用選考のプロセスに関心があります。

採用サイトでは、選考フローについて詳しい説明が必要です。

どのような段階でどのような選考があるのか、面接や試験の内容や形式、応募から内定までの期間など、具体的な情報を掲載することが重要です。

他者との差別化を図るコンテンツ

最後に、他者との差別化を図るために、企業独自の取り組みや特徴を掲載することが大切です。

例えば、社内の取り組みやCSR活動、業界でのリーダーシップ、研究開発の取り組みなど、企業が特に力を入れている分野や強みをアピールすることで、求職者にアピールすることができます。

さらに、企業独自の取り組みや社員の声などを動画にまとめて採用サイトに掲載したり、FacebookやLinkedInなどのSNSと採用サイトを連携させることで、独自性は増します。

採用サイト制作の効果を上げる3つのポイント

h2下の画像

採用サイト制作の効果を上げる方法を、3つ紹介します。

  • 目的を明確化する
  • スマホ上でも見やすいサイトにする
  • 応募への導線がスムーズなサイト設計を行う

目的を明確化する

採用サイトを制作する前に、まず目的を明確化することが必要です。

目的を明確化することで、求職者にとって必要な情報を提供することができます。

採用サイトの目的は、求職者に企業の情報を提供し、魅力的な働き方をアピールし、求職者が応募に踏み切ることを促すことです。

目的を明確化することで、採用サイトのデザインやコンテンツを最適化することができます。

スマホ上でも見やすいサイトにする

現代では、スマートフォンからのアクセスが急増しています。

特に、求職者は、通勤や移動中などの空き時間に求人情報を検索することが多いため、スマートフォンでの閲覧が非常に重要です。

採用サイトを制作する際には、スマートフォン上でも見やすいデザインにすることが必要です。

具体的には、大きな文字やシンプルなレイアウト、スクロールできる形式などが有効です。

また、画像や動画を使って、より分かりやすく魅力的な採用情報を提供することも重要です。

応募への導線がスムーズなサイト設計を行う

求職者が採用サイトを訪れた目的は、応募につなげることです。

そのため、採用サイトの設計には、応募への導線をスムーズにすることが必要です。

具体的には、求人情報ページに応募ボタンを設置することや、応募フォームの作成などが挙げられます。

また、採用サイト上での問い合わせや質問に迅速かつ丁寧に対応することも、応募につなげるためには重要です。

まとめ

h2下の画像

採用サイト作成の手順や盛り込むべきコンテンツについて紹介しました。

企業にとって重要な業務である採用を成功させるには、品質の高い採用サイトが必要不可欠です。

採用サイトの作成には自社で行う場合や外注する場合などの方法があり、自社の業務状態や予算の考慮、適切な方法の選択が必要です。

また、採用サイトに必要なコンテンツも求職者にとって魅力的なものに作り上げる必要があります。

この記事を参考に質の高い採用サイトを作ってください。

関連記事

採用サイトを制作するなら

⇒マッチングサイトの構築方法

⇒マッチングアプリ開発にかかる費用や抑える方法・開発事例

⇒マッチングサイト開発するならノーコード開発がおすすめです!

特にbubbleでマッチングアプリを開発することで、クオリティの高い採用サイトを、開発費用や期間を大幅に抑えて開発することが可能です。

パッケージ開発のメリット・デメリットについて

システム開発の見積もりで確認すべきポイント